海界の村を歩く 瀬戸内海 金輪島(広島県)

海界の村を歩く 瀬戸内海 金輪島(広島県)
d0147406_23143870.jpg

広島港の目と鼻の先に金輪島(かなわじま)があります。造船所のある島として知られ、地元の人でも用事がなければ(造船会社会関係者でなければあるわけないが)行こうとは思わない島。そこに行ってみようと思います。


金輪島

宇品港の東約1km、安芸郡坂町鯛尾の近くに位置する島。全島花崗岩からなる島で、最高点は金輪富士の標高158m。西岸と東岸に海食崖が発達するが海岸線は単調だ。戦時下には軍の施設がおかれたが、戦後造船所として再生した。(「シマダス」参照)

d0147406_23144166.jpg
渡船は宇品港の広島市営桟橋から一日12往復しています。まぁ仕事の島なので勤め人、取引先など行き来があるのは当然か。
d0147406_23144590.jpg
渡船は1km離れた島を約10分で結びます。小さな船のくせに、結構定員は多い。
d0147406_23144762.jpg
宇品半島のプリンスホテルが見える。半島は昔は島で、この先端にも造船所があったそうです。その跡地に建っているのが、プリンスホテル。
d0147406_23144988.jpg
船は島の東側に回り込む。造船所が見えてきました。
d0147406_23153896.jpg
島の桟橋に着くとすぐに工場の守衛所があり、あちこちに立入禁止のサインが立ってる。その中から唯一立入禁止ではない工場の脇の道を歩いていきます。
d0147406_23154092.jpg
この工場の敷地の脇の道が、島の北部にある集落へ通じています。右手には造船所が丸見え。金網も低くてセキュリティとかかなりゆるい感じ。
また、花崗岩でできた崖線には、戦時中の防空壕が何ヶ所か見られました。
d0147406_23154203.jpg
今日は休業日(土曜日)だからかな、工場は静か。
d0147406_23154476.jpg
民家が現れた。島北部の集落です。お店か何かかな。
d0147406_23154686.jpg
金輪島の集落。堤防の外には漁船や養殖場もありましたので営んでいる家があるのかな。あるいは、工場関係の仕事をされている家なのか。
集落の奥には個人向けの小さな造船所もありました。
d0147406_23162326.jpg
今来た道を少し戻り、途中から分岐して島の西側へ抜けられるトンネルを歩く。
d0147406_23162562.jpg
トンネルを出て右に曲がり、海岸へ降りていくと、新しい家が数軒集まっていた。ライブハウス土龍(もぐら)とある。黒い建物がライブハウスのようで、中を覗いたら、さっき船で一緒だった方が寛いでおられた。
d0147406_23162762.jpg
トンネルを抜けた左側の道を行くと、別荘のような造りの建物が数軒建ってる。トンネルの完成がバブル崩壊後の1996とありましたので、バブル期企画され売り出された別荘地何かではないでしょうか。
d0147406_23163070.jpg
d0147406_23163299.jpg
海岸沿いにはクルマが捨てられていた。
d0147406_23172671.jpg
トンネルを戻ると、トンネル内を工場の操業音がこだましている。昼休みが終わったのでしょう。さっきまでの静寂が一変しました。
d0147406_23173427.jpg
守衛所から南は工場の中で、守衛所に立ち寄り金輪神社を見に行くと断る必要がある。神社の脇から上っていくと工場の社宅街がある。
d0147406_23173676.jpg
空のドック
d0147406_23173854.jpg
大型船を製作しているドック。
d0147406_23174026.jpg
二つ目のドックから山に向かって眺める。右手に金輪神社への参道があり、左手は集落が形成されている。いずれも工場とは境界がなく、工場内の施設のように見える。
d0147406_23183606.jpg
集落の様子は、比較的立派な造りであり、空き地が多いものの雛壇状に宅地化されている。
d0147406_23183861.jpg
d0147406_23184036.jpg
d0147406_23184383.jpg
ここはおそらく造船所会社の社員社宅のエリアだったのであろう。
d0147406_23184704.jpg
旧社宅街からドックのある造船所を眺める。
d0147406_23190955.jpg
桟橋に近い位置の写真。
d0147406_23191167.jpg
わずか2時間半の滞在時間でしたが、人家のある集落を全て歩くことができました。

# by marunouchi_no1 | 2017-11-19 23:12 | 広島県