がまあんこう紀行

2014年最後は、脈絡なく茨城攻めとなりました。「ガマの油」で有名な筑波山麓からアンコウ鍋の大洗まで、がまあんこう紀行の始まりです。

練馬でいらかぐみ太泉さんを乗せて常磐道を東へ。谷和原ICで降り、国道294を北上します。道路は凍結しているし、辺りは濃霧。注意しながら運転しなければなりません。

石下(いしげ)。濃霧の中、周りが全く見えませんが、幻想的な町歩きとなりました。造り酒屋が二軒ありました。
d0147406_044769.jpg

d0147406_044888.jpg

一風変わった看板建築。通りに対して45度に面してる。両方向から見て目立つことを意図したのかな。
d0147406_044836.jpg

隣町の下妻を探ってみました。一部あったことはありました。
d0147406_044951.jpg

側面の壁がウロコ貼りの銅板外装の町家。
d0147406_044990.jpg


次は筑波山の周りの集落です。筑波山の周りは何度も訪れてますが、二三残っている。
西の麓の沼田は、かつて筑波鉄道の終点だっ街で、長く登山観光の玄関口でした。ところが古い町並みはなく、造り酒屋1軒を訪問するだけ。
d0147406_045048.jpg


筑波山を越えて東麓に下ります。古くは水戸街道の石岡から道が分岐して筑波山を東から登る街道が通っていて、山麓の沿道に小幡という町があって、立派な民家が並んでいます。今日はその隣の須釜を取材。
そして、柿岡という町にやっまいりました。鉄道が通っているわけでもないのに、割と町が大きいです。
d0147406_045097.jpg

d0147406_045149.jpg

茅葺の蕎麦屋もあった。
d0147406_045141.jpg


柿岡からちょっと東へ行ったところにある志筑という集落。これがすばらしい003.gif
d0147406_045279.jpg

茨城県らしい立派な農家の屋敷群

土浦の北、千代田町にあたる旧水戸街道稲吉宿。本陣家の前から。
d0147406_045376.jpg

あるお宅の庭にガマが、、、
d0147406_045395.jpg


高速に乗って北へ移動します。笠間市の宍戸という町。旧街道沿に商家が間隔を空けて並ぶ町並み。
d0147406_045462.jpg

d0147406_045415.jpg

軒の造形
d0147406_045530.jpg


そして、大洗へ。
10年近く前に北海道苫小牧からフェリーで着いた以来かな003.gif
遅めのランチをアンコウ鍋といきましょ。中心よりやや離れた処にある「味処大森」というお店に入った。
d0147406_045696.jpg

「あんこうの吊るし切りが見られますので店先まで」
ほっ005.gif
d0147406_045611.jpg

あっという間に
d0147406_045730.jpg

鍋になっちゃった(今おろしたのとは別ですけど)美味しかった。
d0147406_045754.jpg


大洗の町並み
d0147406_045812.jpg

d0147406_045863.jpg

d0147406_05087.jpg

この八百屋さん、セットみたいだった!
d0147406_05083.jpg

d0147406_05146.jpg


続けて翌日の大晦日も茨城攻め。
旧水戸街道の藤代宿と牛久宿、龍ヶ崎、川港の布川、鹿島神宮まで足を延ばしたけれど全てスカ、スカ、スカのスカパラダイス008.gif
龍ヶ崎の商店街にあったこの民家くらいかなぁ
d0147406_05145.jpg

最後、最東端の旧波崎町まで来てしまった。防風対策の生垣集落の見られる地域。
d0147406_05255.jpg

d0147406_05321.jpg

d0147406_05363.jpg


川尻という集落
ここが2014年最後の集落町並みとなりました。
d0147406_05448.jpg

d0147406_05427.jpg

d0147406_05510.jpg


では、良いお年を001.gif
[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-30 21:26 | 茨城県  

<< 2015歩き初めは栃木攻め ちちぶらり=ちちぶ+ぶらり >>