海界の村を歩く 島浦島

高千穂の街の朝です。谷に雲が垂れ込めて幻想的です。
d0147406_18384728.jpg

昨日、五ヶ瀬川流域の集落を巡りましたが、とにかく棚田あるいは段々畑で、集落はその上に形成されていました。高千穂の街も全くその延長線上です。
d0147406_18384895.jpg

d0147406_18384850.jpg

だからこのような風景が町の中に現れるのです。
かつては高千穂線が通い、日本一高い鉄橋や渓谷、夜神楽で多くの観光客が訪れていましたが、今や鉄道も廃止になり、すっかり寂れています。
バスターミナル
d0147406_1838494.jpg

高千穂神社
d0147406_18385074.jpg

門前町の旅館街ですが、これは廃業した旅館です。
d0147406_18385135.jpg


昨日歩いた石垣の集落のあった日之影町。五ヶ瀬川に支流の日之影川が合流する場所に谷底の町場が形成されています。
d0147406_18385220.jpg

五ヶ瀬川を挟んで両岸で一つの街。五ヶ瀬川左岸にはバス停や銀行があった。
d0147406_18385239.jpg

d0147406_18385324.jpg

右岸には役場と酒蔵などがあります。
d0147406_18385471.jpg

d0147406_18385519.jpg

パラソルが鮮やか001.gif
d0147406_18385626.jpg

吠えずおとなしいワンちゃん
d0147406_18385636.jpg


さて、今日のテーマは山ではありません。海です。延岡市の北、島浦島に渡ります。浦城港から高速船で10分。
d0147406_18385797.jpg

乗客は10人ほどでした。
d0147406_18385816.jpg

密集系漁村を歩く時の鉄則。すぐ路地に入りたくなりますが、メインストリートを探しそこから攻めよ!です。
鉄則に従って、店のあるところから入っていく。
d0147406_18385853.jpg

かつての海岸線と思われる通り(と言ってもめちゃくちゃ狭いが)に主要な建物や旧家があるのです。これは郵便局。バックはお寺と墓地。ご先祖様に見守られながら皆生活をしているのです。
d0147406_1838594.jpg

集落内は密集系漁村ならではの迷路。
d0147406_1839042.jpg

d0147406_183904.jpg

d0147406_1839150.jpg

歩くにつれて頭の中のマップが出来上がっていく。
これはかつての防波堤が集落内に残っている場所。
d0147406_1839236.jpg

お寺の周りの墓地に登りました。集落が一望できます。
d0147406_183927.jpg

この島は木造ながらモルタル外装の陸屋根がおおい。密集しているから防火対策もあるのでしょう。
d0147406_1839330.jpg

寺から長い階段を下るとこの建物にぶち当たった。酒屋さんでした。
d0147406_1839427.jpg

随所に板壁の民家も残っていました。木の風合いがいいですね。
d0147406_183968.jpg

d0147406_1839784.jpg

二時間たっぷり歩きました。クタクタです。
d0147406_1839816.jpg


陸に戻り遅い昼食。延岡市で行列のできるラーメン屋さん再来軒。いわゆるバリバリのトンコツでした!
d0147406_1839894.jpg

by marunouchi_no1 | 2015-03-08 18:07 | 宮崎県  

<< 群馬シルクロード紀行 天界の村を歩く 五ヶ瀬川流域 >>