海界の村を歩く 保戸島(大分県津久見市)

大分県豊後水道近辺の二つの島を歩きます。
一つ目は保戸島。聞いたことないでしょう。超マイナーですからね。
d0147406_1994328.jpg

船の出る津久見港。港の対岸は巨大なセメントプラント。近くの石灰の山がゴッソリ削られていました。
d0147406_1994498.jpg

島に近づくにつれ、一風変わった集落の光景が目に飛び込んできた。なんだなんだ。
d0147406_1994583.jpg

d0147406_1994556.jpg

見る限り瓦屋根がほとんど無い。しかも、港近くにはRC造の三階建てが建ち並んでいる。
d0147406_1994717.jpg

島でRC造が密集した集落は、他には長崎県の軍艦島しか知りません。凄いです。
d0147406_1994738.jpg

港近くのRC造三階建てに挟まれた通り。生活を支える店舗や郵便局、漁協が並んでました。
d0147406_1994943.jpg

d0147406_1995092.jpg

古い木造家屋も結構残ってはいます。
d0147406_199512.jpg

そしていよいよ、斜面の密集地帯に入っていきます。
d0147406_1995296.jpg

d0147406_1995375.jpg

d0147406_1995416.jpg

どこに道が繋がっているのかわかんない。すごいすごいと興奮しっぱなし。
d0147406_1995466.jpg

d0147406_1995543.jpg

そしてぱっと視界が広がったぁ
d0147406_1995659.jpg

d0147406_1995794.jpg

d0147406_1995970.jpg

保戸島。かなり特異です。火災を恐れ不燃化、スペースがないので上へ上へと伸びる。太平洋セメントの工場が津久見にあることも要因の一つかな。
必見の集落と言ってイイでしょう。^_^

津久見に戻って内陸の未到地を歩きます。
d0147406_19232260.jpg

d0147406_19232398.jpg

d0147406_19232434.jpg

豊後大野市の三重町
d0147406_19232594.jpg

d0147406_19232626.jpg

d0147406_19232764.jpg

竹田市の玉来
いずれも福岡の民家形態に近い気がします。
d0147406_19232859.jpg

そして最後は湯布院。今や九州を代表する観光地にのし上がった湯布院。
駅前から由布岳に向かって一直線の通りは2kmくらいあるかなぁ。先に何があるわけでもないのに、人が沢山流れてる。
d0147406_19232929.jpg

d0147406_19233058.jpg

作られた町並みだけど、中々楽しいな。
d0147406_19233095.jpg

d0147406_19233152.jpg

人っけのないこの界隈が一番良かったかな。
d0147406_19233297.jpg

d0147406_19233311.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-03-29 18:49 | 大分県  

<< 海界の村を歩く 姫島(大分県姫島村) 群馬シルクロード紀行 >>