海界の村を歩く 姫島(大分県姫島村)

昨日の天気予報では雨でした。雨の島旅は最悪ですので諦めていたのですが、見事に天気予報が外れて10:00頃から晴れてきた。よーし島渡ろう!
d0147406_20542840.jpg

国東半島の先端、伊美港からフェリーで30分弱。姫島にやってきました。
d0147406_20542938.jpg

集落内はほぼ真っ平ら。保戸島とは対照的です。かつて塩を作っていましたが、製塩所は廃止されました。
d0147406_20543054.jpg

名残はレンガ蔵だけに残っています。
d0147406_20543029.jpg

d0147406_2054316.jpg

土地に余裕があるのか、ちゃんと塀や付属屋で屋敷を構え、平屋が多い。
d0147406_20543235.jpg

旅館街がありましたので、県内からの観光客も多いのでしょう。
d0147406_20543279.jpg

d0147406_20543436.jpg

集落の西端に、旧庄屋宅の屋敷があった。村の名士らしく郵便局を営んでました。
d0147406_20543439.jpg

d0147406_20543593.jpg

建物は文化財として保存公開されていた。透き通ったウグイスのさえずりが良かったな。
d0147406_20543678.jpg

d0147406_20543623.jpg

船が12:00発と思い込んで急いで港に戻ったらガラーン、、、あれ?1時間間違えた。
d0147406_20543718.jpg

島に唯一の?食堂で「えびたこ丼」を食しました。車海老は姫島特産ですが、解禁は6月だそうです。したがって、これは冷凍。

宇佐市院内という農村を2時間かけて巡ります。この村には、沢山の石橋が見られます。江戸期から昭和初期まで。全ては無理なのでめぼしいものだけみて廻りました。では一気に、
d0147406_20543815.jpg

d0147406_20543919.jpg

d0147406_20544035.jpg

d0147406_20544165.jpg

d0147406_20544244.jpg

d0147406_2054434.jpg

d0147406_20544417.jpg

d0147406_20544540.jpg

d0147406_20544654.jpg

d0147406_20544799.jpg

しかし、昔の人の技術って凄いなぁ。

by marunouchi_no1 | 2015-03-29 19:41 | 大分県  

<< 海界の村を歩く 紀伊水道 伊島... 海界の村を歩く 保戸島(大分県... >>