海界の村を歩く 東シナ海 宇久島(長崎県佐世保市)

鷹島から伊万里を経由して佐世保に着いた。これから五島列島北端の宇久島へ渡ろうというわけだが、出航の2時間前に着いてしまった。というのもGWということとこの雨。まずクルマを停められるか。その点は、雨のおかげもあって渡航する人が少ないからか、港の駐車場が空いていたのでOK。
もう一つの心配が「船が出るか」である。港の切符売り場で聞いてみたら、「一便は欠航した。夕方の便はまだわからない。」という。
d0147406_2129657.jpg

新しくできたフェリーターミナルのレストランにてツマミとビールで時間つぶし。
d0147406_2129662.jpg

切符が売り出される出航30分前に窓口に行ったら列ができている。よかったぁ船は出るようだ。
船は九州商船の高速船。ジェットフォイルではないが、近い高速で航行する。しかし、海は相当時化ていて、まるでジェットコースターのように揺れる。さすがに途中から中速走行になった。予定より遅れて宇久平港に到着した。
旅館は船着場から離れている。小雨強風の中、集落の主軸思われる通りを歩いて旅館に辿り着いた。あぁくたびれた。
d0147406_2129771.jpg


宇久島は五島列島の中でもひときわ地味な存在。長崎ではなく佐世保からのアクセスということもあり、また便数も少なく、観光化されていない。したがって、気の利いたリゾートホテルなどあるわけなく、昔からの旅館が数軒ある。それらの旅館もネットでサイトを立ち上げているようなものはないし、楽天トラベルにも加盟していない。宇久町観光協会のHPにかろうじて旅館名と電話番号があり、Yahooで画像検索して、ぼやけた外観などを参考にして中でも良さそうな井原旅館を予約していた。電話での応対はハキハキしてたので悪くはなかった。しかし、あまり期待もしていなかった。通された部屋は小さな一間だし、食事するという部屋にはすでに料理が並べられていた。私はさっさと風呂に入り、浴衣を着て夕食のお膳を前にした。
d0147406_21298100.jpg

冷たいビールで一人で乾杯!この瞬間がいい。そして、食事だが、、、うまいではないか。刺身も地魚で新鮮である。これはよかった。

日が変わり、朝食を済ませ、いざ出陣!宇久平郷と呼ばれる街を歩く。
d0147406_2129938.jpg

d0147406_2129931.jpg

まず、街を貫いている海岸線と平行した主軸の通りを西に行く。いわゆる寂れた商店街で町並み的には今ひとつ。
d0147406_2129107.jpg

d0147406_21291089.jpg

古い民家は入母屋が多く、これが一つの特徴だと感じる。
d0147406_21291186.jpg

そして、主軸の通りから内陸へ向かって歩いていくと石垣石塀が現れ出した。武家屋敷街の様相である。
d0147406_21291273.jpg

d0147406_21291282.jpg

そして立派な石垣があった。説明板があり、「宇久氏7代の館跡」だという。なるほどなるほど。
d0147406_21291311.jpg

その続きに東光寺というお寺があり、また説明板に「平家の落人、7代の墓がある」とある。落人伝説は全国の辺境の地にあり、壇ノ浦系は九州に多く、平清盛のうんたらはあちこちに落ち延びていることになっている。
d0147406_21291477.jpg

d0147406_21291492.jpg

さて、旅館まで戻り今度は東半分を歩こう。こっちは西側と違って密集度が高い。つまり漁村あるいは漁師町の造りである。
d0147406_21291596.jpg

d0147406_21291651.jpg

d0147406_2129179.jpg

二階建てが並んでおり、丘陵地の斜面に駆け上がっている。町並み景観としての見所はこのあたりかな。
d0147406_21291764.jpg

3時間たっぷり歩いてフェリ乗り場に戻った。

佐世保港に着いたのは昼過ぎ。今日午後は、平戸を往復する。
佐世保から北へ30分くらい。江迎町長坂という場所。旧平戸街道の宿場町かな。
d0147406_21291893.jpg

d0147406_21291988.jpg

徒歩時代の旧街道の石段や遊廓っぽいエリアもあった。
d0147406_2129204.jpg

d0147406_21292066.jpg

d0147406_21292117.jpg

中でも見応えがあったのが、醸造元の旧家の家並み。これだけで星が一つ二つ増える。
d0147406_21292244.jpg

d0147406_21292272.jpg

もう一ヶ所興味をひいたのが、新道沿いの戦後看板建築の家並み。モルタル系片流れ屋根が同じデザインで連結しながら並んでいた。

平戸大橋渡る。平戸は何度も来ており、一昨年歩き直しているから通過。今日の目的地は平戸の町の裏側と表現したらいいのか、山の反対側にある薄香という漁村だ。
d0147406_21292345.jpg

大きな入り江状になっている薄香湾に面する天然の良港に鏡川町薄香の漁港がある。昭和30年代は市内でも一番の漁獲量を誇ったという。
d0147406_21292310.jpg

d0147406_21292427.jpg

d0147406_21292448.jpg

平戸の北の的山大島には国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている神ノ浦という漁村があるが、薄香は神ノ浦の町並みと良く似ており、勝るとも劣らない町並みと思った。
d0147406_21292596.jpg

d0147406_2129267.jpg

近年、高倉健主演の映画「あなたへ」のロケ地になったことからロケ地巡り観光で訪れる人も多いようだ。

佐世保の夜。駅前にホテルはあるが、駅前には気の利いた飲食店がない。繁華街は離れている。せっかく来たので、夕飯がてら街に繰り出した。
d0147406_21292783.jpg

d0147406_2129275.jpg

ところが、歓楽街の様子がちょっと他と違う。お水系が少なく風俗店がない。長崎県は観光県で売っている。したがって、性風俗は条例で禁止しているのだそうだ。
それでも小さなキャバレー街みたいなのがあって、そこに観光客の入ってない空いてるラーメン屋があったので入った。
d0147406_21292840.jpg

地元系の老舗だそうで、おばやん3人で切り盛りしてる。
d0147406_21292987.jpg

d0147406_21292915.jpg

焼酎お湯割り頼んだら、原液とお湯が別々に出てきて自分で作れという。これで350円は安いし3、4杯は飲める。おでんとラーメンを食べ終わった時にはかなり酔いが回っていた。
そこへUSarmyが2人入ってきて、焼飯頼んだ。おばやんがTWO オーダーと言ってカタカタと作り始めた。焼飯うまそうだ。私はついに、焼飯まで頼み、全て平らげてしまった。カロリー摂りすぎemoticon-0107-sweating.gif
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-05-10 19:13  

<< 海界の村を歩く 東シナ海 池島... 海界の村を歩く 玄界灘 神集島... >>