海界の村を歩く 日本海 見島(山口県萩市)

d0147406_19374419.jpg

2015/7/19。昨夜、台風11号が四国室戸岬に上陸しました。まっすぐ時速20kmで北上。もう無理かと諦めかけていましたが、午後には山陰を抜けなんとか交わすことができました。で、夜、宇部山口空港に着いた。
d0147406_00060031.jpg

(新山口駅新幹線口近くの海鮮割烹 若新)

d0147406_08580355.jpg

新山口駅前(旧小郡駅)で東萩駅行きのバスがやってきた。ん?これって路線バスでは、、、
萩まで1時間半弱、これなんだぁ。JRの特急バスはおそらく観光バス車両なのでしょうが、始発便はこれのようです。
小郡から萩まで、瀬戸内から日本海側へ行くわけで、それなりに山越えですが、これがまた丁寧に全て旧道をなぞって行く。日本海側が近いと言ってもねぇ。。。
d0147406_12290385.jpg

萩バスセンターで下車。萩の町の東の真ん中あたりです。萩の古い町並みはすでに歩いていますので、商店街を港へ向かいます。ここはあるいなかったけど、昭和ですね。
d0147406_12290300.jpg

東浜崎の旧遊郭。ここだけ歩いてなかった。
d0147406_12290351.jpg


d0147406_12290493.jpg

大きな料亭旅館が残っています。
d0147406_12290415.jpg

旧遊郭の趣はこの旅館の周辺だけでした。その近くにスナックはありましたが、スナック街のレベルではなかった。
d0147406_12290428.jpg

さて、国重伝建の浜崎町はスルーして、萩商港へ。
d0147406_12290524.jpg

日本海の孤島では、東京から行くのには中々大変な場所です。
d0147406_12290580.jpg

d0147406_12290686.jpg

前置きが長くなりましたが、これから萩海運の「おにようず」で見島へ渡ります。
d0147406_13434160.jpg

「おにようず」とは、見島で上げる大凧のこと
d0147406_13434188.jpg

見島本村港へ入る船の上から集落を見ると、アンテナが設置されている高い鉄塔に驚かされます。離島であまり見たことのないもの。これは朝鮮半島に対する防衛の島であることの証。見島からは東京よりソウルの方が近いのです。
上の画像は港にある神社から眺めた古い漁港と本村の町並み。

萩商港から北北西約44km、高速艇で70分。面積約7.8km、人口1200人の島。暖流対馬海流の中にあるため、冬でも温暖で雪が積もりません。
d0147406_13434255.jpg

古い漁港から一直線に見島神社へ向かう通り。
d0147406_13434277.jpg

これが集落の中心軸で、大きな屋敷が並んでいます。
d0147406_13434215.jpg

d0147406_13434373.jpg

入母屋屋根は赤瓦が多く、萩の町と同じ黒瓦もみられ、軒をRで塗りあげた漆喰壁が旧家のスタイル。
d0147406_14032942.jpg

d0147406_14033068.jpg

以外の家屋は基本的に板張りです。
d0147406_14033036.jpg

郵便局の後ろにそびえる鉄塔
d0147406_14033049.jpg

見島神社から眺める
d0147406_14033137.jpg

漁村にしては一軒一軒がゆったりしてる。農業も盛んですし、見島牛の放牧も行われてる。
d0147406_14033198.jpg

ランチができる店は一軒だけ。宇津港には店はないそうですから、ここで食べましょう。

d0147406_14033162.jpg

お墓は一つ一つ石積みで囲まれていました。近くの浜辺にジーコンボ古墳群という場所があって、そこも石積みでした。
見島にはもう一つ集落があります。本村の北東にある宇津集落。行きは船で帰りは歩くことにしました。
d0147406_19301493.jpg

本村に比べるとかなり小さいです。湾に沿った漁村集落。
d0147406_19301468.jpg

民宿はこっちの方が多い印象です。赤瓦の集落。
d0147406_19301402.jpg

d0147406_19301490.jpg

さぁて、戻ろうか。もう船便は無いので歩くしかない。4km〜5kmです。雲はどんどん少なくなって、日差しがキツイ。気温が低く風があるのが助かります。木陰で涼しい。
d0147406_19301449.jpg

見島は漁村でもあるけど農村でもある。田園が美しい。
d0147406_19301576.jpg

そして、牛の放牧までしてる。見島牛は朝鮮からやってきて、血が混ざらない状態で今に至っている種だそうです。見島牛放牧地まで頑張って山上った、、、んだけど一頭しかいなかったぁ。
d0147406_19301533.jpg

本村に戻りました。よく歩いたぁ。脚痛いです。
今や現役は珍しいタバコショーウインド。
d0147406_19301502.jpg

16:00、本村の赤崎旅館にインしてのびてます。釣好き俳優M方Hき氏の定宿という。
風呂入ってディナー。素晴らしいお料理でした。
d0147406_08374083.jpg

朝の見島本村。活気のある離島でした。

by marunouchi_no1 | 2015-07-17 18:51 | 山口県  

<< 海界の村を歩く 日本海 相島(... 海界の村を歩く 瀬戸内海 伊吹... >>