海界の村を歩く 東シナ海 小浜島(沖縄県竹富町)

2015/12/12羽田空港。6:40石垣行きJTA71便の出発を待っています。
d0147406_06061324.jpg

今年もあっという間に時が過ぎもう師走。忙しい一年でした。その骨休みとでもいいましょうか、ゆっくりするのに冬の沖縄はいいですね。あったかいのはもちろんだけれど、人が少ないのがいい。先島諸島は3年ぶりで、前回は波照間島と与那国島を目的に日本縦断の旅の始まりの時でしたが、今回はのんびりと小浜島、黒島を歩きます。

「にっぽん集落町並み縦走紀行 第1日」
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/01top-page/sintyaku-page/juso_kiko/01/juso_01.html
d0147406_16134724.jpg

石垣島空港には到着予定時刻より15分早く着いた。市内行きのバスは同時刻発だが、早まることを計算に入れているのか。
d0147406_16134741.jpg

石垣離島ターミナルから高速船で30分。小浜島11:00着だから羽田から4時間半。
d0147406_05473740.jpg

d0147406_16134851.jpg

小浜島(こはまじま)は、先島諸島西表島の東約2km、マンタウエイと呼ばれるヨナラ水道を隔てて位置する島。古くは西表島古見からの島分けといわれ、米作りが可能だったことから八重山地方の中でも豊かな農業伝統をもつ。現在はサトウキビと米が主に栽培されている。1771年の「明和の大津波」のあと、石垣島へ320人が移住させられた歴史がある。また、島でインド藍が穫れ、独特の明るい藍染め物がつくられている。(「シマダス」より)
d0147406_16134874.jpg

隆起サンゴ礁の島であるが、割と起伏がある。この手の島ではお決まりで、真ん中の丘の上に集落が形成されています。
d0147406_16134817.jpg

d0147406_16134949.jpg

沖縄の集落らしく、規則正しい町割りで、赤瓦とRC造が混在する町並み。
d0147406_16134961.jpg

NHKの朝ドラ「ちゅらさん」の舞台になった古民家「こはぐら荘」。観光客はこの家を見るだけ。
d0147406_16285253.jpg

d0147406_16285353.jpg

d0147406_16285390.jpg

今回のカメラは、いつものCANON G7xに加えて、SONY α7+ツァイスイエナ フレクトゴン 2.8/35も持ってきました。写真はみなイエナです。オールドレンズの味わいが沖縄の集落に合いますね。
d0147406_16285411.jpg

d0147406_16285439.jpg

小浜は放牧と農業が盛んのようで、住民も多く、子供が走り回っていました。
d0147406_16285487.jpg

d0147406_16285592.jpg

地元民が利用する食堂で一服。「ミート&卵焼き」頼んだらこういう料理でした。ミート=スパムなんですね。美味しかった。
d0147406_16340866.jpg

d0147406_16340874.jpg

細崎という半島から眺める。右が小浜島で左が西表島です。すぐ近く!
d0147406_16340905.jpg

石垣港に戻って時間調整中。夕方のフェリーで黒島に渡ります。

by marunouchi_no1 | 2015-12-11 21:08 | 沖縄県  

<< 海界の村を歩く 東シナ海 黒島... 海界の村を歩く 宇和海 大島(... >>