海界の村を歩く 有明海 湯島(熊本県)

熊本駅前でレンタカーを借り、今日は天草へ向かいます。
d0147406_23131237.jpg

宇土半島の北岸を西へ走ります。有明海の浅瀬がずっと続く。電信柱や竹の杭が海の中に立っています。
d0147406_23131346.jpg

船着場が海に向かって延び、段々下がっている。どういうことかな?
d0147406_20041697.jpg

今日の目的地は、有明海に浮かぶ湯島。こんなところに島があるとは、全く知りませんでしたが、グーグルマップの空中写真で良さそうなので、ピックアップしてました。
d0147406_23131325.jpg

上天草の江樋戸港から、簡単な船で渡ります。
d0147406_23131454.jpg

湯島に着きました。ご覧の通り雛段上の集落です。こうして見上げると、すぐに上りたくなる。
d0147406_23221544.jpg

d0147406_23221523.jpg

しかし、上りの縦道は行き止まって、横道がないため一旦下りて、また隣の縦道を上る、の繰り返しです。
d0147406_23221537.jpg

そうこうしているうちに、斜面中腹の横道に出ました。これは集落をまっすぐ横刺ししているメインストリートのようです。
だから、漁村はメインストリートを探せと何度も自分に言い聞かせているのに、一向に学習しない。
d0147406_23221666.jpg

d0147406_23221665.jpg

山の上のタバコ屋さん。上に商店があるというのは珍しい。
d0147406_23221664.jpg

メインストリートを下ります。
d0147406_23221767.jpg

ここにも中腹の商店あり。
d0147406_23221705.jpg

旧屋敷の残骸。
d0147406_23221770.jpg

いい景色でしょ
d0147406_23221762.jpg

なんじゃ、この壁に富士山のお家は、、、
d0147406_23282435.jpg

あっという間の2時間半
湯島を後にします。
d0147406_23282411.jpg

熊本市内を横切って、阿蘇外輪山の麓にある熊本空港へ向かいます。途中、菊陽町の原水にある鉄砲小路へ。
d0147406_23282483.jpg

ここは郷士集落の形態で、延々と生垣が続くのが特徴。どうかよろしくお願いいたします。
d0147406_23282564.jpg

d0147406_23282542.jpg

d0147406_23282504.jpg

まっすぐなんで、鉄砲なのかな。



[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-07 22:58 | 熊本県  

<< 海界の村を歩く 東シナ海 与論... 海界の村を歩く 日本海 六連島... >>