海界の村を歩く 東シナ海 請島(鹿児島県)

与路島の民宿で一夜を過ごしました。朝起きたら戸外でゴーゴーいってる。風と波の音です。低い雲が速い速度で流れているし、こりゃ今日は荒れそう。第一に奄美大島へ戻れるか、第二に飛行機が飛ぶか心配です。
d0147406_22182907.jpg

ふじた丸は、予定通り9時に港で待っていてくれました。よくぞ来てくれた。向かいの請島、池地へ渡ります。
d0147406_22182942.jpg

請島池地集落は、ブロック塀の町並み。隣同士の島でこれほど違うものかと驚きです。
d0147406_22182970.jpg

しかも、このように大きな岩を使った庭が特徴です。これは一時期、請島の人たちが畜産で財を成したことの証ではないでしょうか。

請島
加計呂麻島の南方に位置し、瀬戸内町の中心地古仁屋から海路およそ21kmの外洋性の島で、請阿室、池地の2集落がある。総面積の90%は山林で占められている。若い人たちも定着し、畜産が盛んで、肉用牛と豚が飼育されている。町内の他の集落と比較して経済力があり、所得も高い。
(「シマダス」より)


d0147406_22183098.jpg

お墓も立派でした。この建物は何かわかりませんが、墓地の中にありました。
d0147406_22183061.jpg

集落の中でも古そうな民家
d0147406_22183074.jpg

d0147406_22183177.jpg

一部に珊瑚石の石塀が残っていました。
d0147406_22315608.jpg

d0147406_22183188.jpg

船でもう1つの集落の請阿室に移動。
d0147406_22183139.jpg

港近くにあった古い石塀。
d0147406_22183152.jpg

そして、集落から離れた場所に立派な石塀がありました。大きな屋敷の跡です。なんで、豪農豪商は、集落の外れにあるのか。不思議でなりません。
ここで、ついに雨が降り出した。やっぱりきました。
d0147406_22315677.jpg

古仁屋へ戻るチャーター船から。波の高さは3m!怖かったぁ。
d0147406_22315626.jpg

古仁屋から空港へ向かうにしたがって、雨脚は強くなり土砂降りへ。
視界不良で各地からの便が降りられない。羽田からの便もその中に含まれています。すると、鹿児島便、那覇便と欠航が決定し、折り返していく。
私が乗る予定の羽田便は条件着きなので、今なら無料で明日へ変更できる。よーし、名瀬で一泊して明日朝の便(鹿児島県経由)で帰ることにしようっと。
d0147406_22315689.jpg

名瀬の郷土料理喜多八です。前にも入ったことあります。
d0147406_22315776.jpg

店の女将が与路島のみどり荘の女将のことよく知ってて、盛り上がりました。
羽田便は結局着陸できたので折り返し飛んだけれど、まだ休暇が続くGW、神様のプレゼントかな001.gif



by marunouchi_no1 | 2016-05-03 22:00 | 鹿児島県  

<< いらかぐみオフ会2016 伊勢 海界の村を歩く 東シナ海 与路... >>