海界の村を歩く 瀬戸内海 阿多田島(広島県)

d0147406_15152686.jpg

(阿多田島の阿多田集落)
岩国港からタクシーで山陽本線を二駅分北上し、広島県大竹市の玖波の町を時間調整で歩きます。
d0147406_15152723.jpg

何と無く見たことあるような。
d0147406_15152806.jpg

後で自分のデータベース見直したら、玖波は既に歩いていました。しかし、普通ならわかるだろうに、、、耄碌してきてるんでしょうかね。
d0147406_15152922.jpg

小方港の待合所です。ここで、いらかぐみの孫右衛門さんと合流です。彼は、広島在住で、今日一日中付き合ってくれる。一緒に阿多田島に渡ります。
d0147406_15153017.jpg

大竹市の南東約8.5km、安芸の宮島に隣接する島。標高約200mの高山が最高点で平地が少なく、山林が多い。明治初期から海外移民が盛んな島で、特にハワイへの移民が多かった。近年ではハマチ、タイ、カキなどの養殖が盛んで、出荷量も増加しており、広島県内の養殖業のメッカとなっている。島の周囲には美しい砂浜や岩場が点在し、海水浴や釣りが楽しめる。(『シマダス』より)
阿多田島は、厳島のすぐ隣にある小さな島。大勢の釣り人が同じ船に乗っていましたが、阿多田港で降りたら迎えに来ていたバスに乗って、港の養殖釣り場に移動してました。島歩きの客は私らだけ。
d0147406_15153011.jpg

漁村歩きの鉄則に従って、メインそうな道から入っていきます。蔵があるからそうでしょう。
d0147406_15153185.jpg

港近くの起伏のないエリアに、比較的大きな屋敷が並んでいます。
d0147406_15153292.jpg

海に近い家では、石塀がそのまま防波堤になっていました。
d0147406_15310316.jpg

集落の奥へと入っていきます。あまり起伏ない感じ。
d0147406_15310474.jpg

この蔵の左隣に扉があって、何の看板も無く「営業中」とだけ書いてある。島では大抵こういう感じ。島の人は皆知ってるから、いちいち店の名前や業種を表示しないのです。
さて、何の店でしょうか。広島の住宅地で良くあるお好み焼き屋さんか、それとも比較的大きければどんな集落にもある理髪店か?そっと扉を開けて覗いたら、、、理髪店でした。
d0147406_15310694.jpg

d0147406_15310733.jpg

この島も石材には苦労していない様子。
d0147406_15310892.jpg

通路を確保して二階はできるだけ広く!
かな
d0147406_15310833.jpg

斜面に上って集落を振り返る。つまり細長い谷の中にすっぽり埋まっているんだな。左側の緑は港へ向かって伸びる尾根で、先端に神社が建っていました。
d0147406_15385765.jpg

神社のある尾根の右側の集落に入っていきます。
d0147406_15385831.jpg

d0147406_15390033.jpg

こっちも海に近い平らなところに比較的大きな屋敷がある。
d0147406_15390176.jpg

そして、こちらは谷を囲む斜面にも集落が広がっていました。
d0147406_15390199.jpg

d0147406_15390243.jpg

しかし、どうも秩序がない。大抵、地形にしたがって形成されているもんなんですが、ここでは擁壁を築ければ何でもアリといった感じ。しかも、擁壁が高い。造成された時期が比較的新しいのかもしれません。
d0147406_23104838.jpg

斜面の中腹になまこ壁の家があった
d0147406_23104923.jpg

d0147406_23105008.jpg

飛び出した敷地を階段路地がグルッと取り巻いてる
d0147406_23105195.jpg

全く逃げない島猫
d0147406_23105204.jpg

阿多田島、完了です。




by marunouchi_no1 | 2016-10-16 15:02 | 広島県  

<< 海界の村を歩く 瀬戸内海 似島... 海界の村を歩く 瀬戸内海 柱島... >>