海界の村を歩く 日本海 馬渡島・小川島(佐賀県)

d0147406_17353814.jpg

(小川島)
2016年12月24日イブ、クリスマス三連休の旅の中日です。昨日は天候不良により玄界島・姫島へは行けませんでした。今日から島旅です。
d0147406_17353979.jpg

唐津からバスで30分、呼子へ。船が出るまで2時間以上ある。呼子の町をぶらり歩こう。
d0147406_18365723.jpg

落ち着いて見てみると窓のデザインがいろいろある。ざっと歩いたところで集めて見た。
d0147406_18365899.jpg

d0147406_18365838.jpg

d0147406_19472252.jpg

d0147406_19472343.jpg

だいたいこういう形っていうのは地域で同じなんだけど、呼子は互いに競っているかのごとく異なっています。
d0147406_19472351.jpg

d0147406_19472442.jpg

こりゃ鏝師のお遊びかな?
d0147406_19472462.jpg

迷路のような町を行ったり来たり歩いているから、同じ子供に何度も出会う。最後にピースしてくれた😅
d0147406_19472587.jpg

馬渡島に渡りました。港に古くて大きな建物が連なっています。島のコンビニのような酒屋でしたが、この建物群は元々何でしょう。
d0147406_19472683.jpg

上からみるとこんな感じ。旅館か料亭のようだ。
d0147406_19472610.jpg

集落は湾の線形に沿ったすり鉢状の斜面で、綺麗に等高線に沿って家々の棟を並べています。
d0147406_19472783.jpg

d0147406_19472892.jpg

瓦屋根が揃っていて、石垣も相まって中々景観の良い集落です。
d0147406_19593365.jpg

d0147406_19593447.jpg

集落の大きさはコンパクト。1時間もかかりませんでした。
d0147406_19593498.jpg

呼子に戻って、別の渡船に乗り換える。時間調整で観光客相手のイカ料理レストランに入った。その名も「まんぼう」。高いだけで大したことなかったけど、名前に免じて許す。
d0147406_19593534.jpg

今度は小川島に行きます。馬渡島より近い。ところがこっちは船の乗客も多いし、集落も大きそうだ。
d0147406_19593511.jpg

割と平らなあまり起伏のない土地に形成されています。
d0147406_19593681.jpg

家々が割と大きく立派な家もある。
d0147406_19593703.jpg

鯨見張所?そうか捕鯨で潤ったんだ。
呼子周辺の島は捕鯨が盛んだったようですが、小川島は江戸時代から昭和30年代まで続いていたそうです。
d0147406_19593749.jpg

d0147406_19593804.jpg

d0147406_20070306.jpg

各家に祠があるのは何でしょうか。
d0147406_19593820.jpg

小屋の隅に祀られているお地蔵さん。
d0147406_20070414.jpg

d0147406_20070445.jpg

石垣石塀が少し立ち上がっているのも特徴
d0147406_20070574.jpg

切石の石垣もあり
d0147406_20070683.jpg

この民家は古そうだ。前庭に石が敷き詰められていました。
d0147406_20070651.jpg

d0147406_20070793.jpg

大きく結構たっぷり歩きました。小川島は☆3つを差し上げましょう。
d0147406_20070742.jpg

唐津に戻り、予約しておいた昨夜と同じ居酒屋大八車へ
d0147406_20070848.jpg

昨日は時化で漁がなく魚の種類が少なかったけど、今日は揃ってる。ところが酒が進まない。歩き疲れたか。







by marunouchi_no1 | 2016-12-25 17:29 | 佐賀県  

<< 海界の村を歩く 日本海 小呂島... 復興の町を歩く 博多・福岡(福岡県) >>