ぶらり小田急線・世田谷線を歩く

突然始まった「東京の戦前までに開発された郊外住宅地の商店街を歩く」シリーズ。まぁ、いつかやらねばと思っていました。「アド街」「途中下車の旅」「〇〇散歩」的な番組で散々やられているので後回しにしてきましたが、いよいよ戦後の町並みも薄れていく状況ですので、一念発起してはじめました。前回は京王線、今回は小田急線沿線です。
d0147406_22135805.jpg

新宿から二駅の参宮橋。小さな駅前商業エリアにモルタル吹付けの看板長屋があります。
d0147406_22135947.jpg

3つ目の代々木八幡駅。
d0147406_22181601.jpg

d0147406_22181758.jpg

一歩入ると住宅街です。
d0147406_22181703.jpg

代々木上原へ歩く。沿道の建物に落書きが、、、しかもいくつも。酷いなぁ。
代々木上原は〈データベース:上原駒場〉で取材しているので軽くスルー。
d0147406_16341480.jpg

経堂まで一気に移動してしまいます。
〈経堂データベースより〉
経堂は、世田谷区の中央部に位置し、小田急線経堂駅を中心に北西と南の両方向に商店街が形成されている。住宅地の道路は、農村から無作為に宅地化が進行したため複雑かつ通り抜けが難しくなっており、タクシー運転手の間では「経堂迷路」と呼ばれている。
駅から北西へ向かうすずらん商店街の道は、古くからの街道のようで、若林から調布市仙川へ至る。また、駅前から南下し東京農大へ向かう農大通りにも商店街が形成されている。豪徳寺駅は経堂から一つ新宿寄りの駅。東急世田谷線山下駅と接続しており、駅の下を南北に走る谷間の通りが商店街になっている。いずれの駅も小田急線が開通した後、農村から住宅地となった町の商店街である。
d0147406_17020484.jpg

経堂駅北口から八幡山の方まで続く古い道に商店街が続いてる。
d0147406_17020435.jpg

d0147406_17020546.jpg

一方、南口からのびる農大通り。

うーむ、小田急線沿線はあまり面白くないなぁ。豪徳寺・山下駅で東急世田谷線にスイッチします。
d0147406_17020552.jpg

上町から世田谷通りを歩いて松陰神社参道までやってきた。おおっこれだ。松陰神社通り商店街は人通りもあって活気がある。
〈若林データベースより〉
世田谷区若林にある松陰神社は、幕末の志士吉田松陰を祀る神社である。その参道は、神社から南へ世田谷線松陰神社前駅を過ぎ、世田谷通りまで商店街を形成している。界隈性のある商店街で、新しい店と古い店が共存していて日々賑わっている。その賑わいは、両側の住宅地にもじわっと染み出していて、ヒューマンスケールな味わいがいい。中でも松陰神社前駅近くにある共悦マーケットは、戦後の香り漂う50mほどのアーケード商店街で、このようなマーケットは、山手の住宅地の駅前商店街の一角で他にも良く見かける。今では貴重な都市空間である。区若林にある松陰神社は、幕末の志士吉田松陰を祀る神社である。その参道は、神社から南へ世田谷線松陰神社前駅を過ぎ、世田谷通りまで商店街を形成している。界隈性のある商店街で、新しい店と古い店が共存していて日々賑わっている。その賑わいは、両側の住宅地にもじわっと染み出していて、ヒューマンスケールな味わいがいい。中でも松陰神社前駅近くにある共悦マーケットは、戦後の香り漂う50mほどのアーケード商店街で、このようなマーケットは、山手の住宅地の駅前商店街の一角で他にも良く見かける。今では貴重な都市空間である。
d0147406_17020519.jpg

松陰神社前駅の南側近くにある戦後ヤミ市系のマーケットスポットだ!
d0147406_17020629.jpg

d0147406_17020642.jpg

d0147406_17020615.jpg

こういうのがなくっちゃ、町歩きも面白くない。↑このお店、散歩番組で見たことあります。
d0147406_17020772.jpg

東急世田谷線 松陰神社前駅。
d0147406_17100075.jpg

はんこ!
d0147406_17020711.jpg

参道から別れた道にも
d0147406_17100044.jpg

古い銭湯も

その後、三茶から三宿、池尻、神泉を経て渋谷まで歩き、30000歩(途中電車乗ってますが)。最後はなぜか清澄庭園で町歩き終了です。歩いた割にあまり収穫なかったなぁ。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2017-01-28 18:00 | 東京都  

<< 復興の町を歩く 浜松・豊橋 ぶらり京王線を歩く 初台〜明大... >>