ぶらり東武東上線・西武池袋線を歩く 大山〜東長崎

d0147406_21532982.jpg

東京の戦前に開発された郊外住宅地の商店街を歩くシリーズは、池袋エリアにやってきました。
d0147406_21533000.jpg

現在の埼京線の池袋〜赤羽間は、赤羽線、その前は山手線でした。板橋駅旧中山道と交わった場所に駅があり、旧中山道とそこから別れる古い道に商店街があります。戦前に宅地化された郊外住宅地の中の商店街。
d0147406_21533095.jpg

d0147406_21533133.jpg

駅周辺は戦災地区なので、今までじっくり歩いていませんでしたが、今日はじっくり歩きます。まず、駅前にディープな飲食店街!旧ヤミ市でしょうね。
d0147406_21533156.jpg

旧中山道
d0147406_21533251.jpg

そこから滝野川の住宅地へのびる「きつね塚通り」なかなかいいね。レトロ看板建築が見られます。
d0147406_21533322.jpg

d0147406_21533375.jpg

おお、面白い建物があるある!
d0147406_21533433.jpg

d0147406_21533513.jpg

d0147406_22033939.jpg

いい町並み見つけたと思って、あとで自分のサイトのデータベース見たらちゃんと取材していました。しかも、全て同じアングルで写真撮っている。ホント忘れちゃってるわ。
d0147406_22033927.jpg

旧中山道を北上していきます。
d0147406_22034042.jpg

旧板橋宿の仲宿から分岐する旧川越街道を進み、山手通りを渡ると大山の商店街:遊座大山に入ります。
d0147406_22034006.jpg

裏の飲食店。
d0147406_22034115.jpg

旧中山道板橋宿から分岐した旧川越街道は、江戸時代より物資の輸送でも重要な役割を果たしていました。一方、東武東上線は、1914年(大正3年)に東上鉄道として池袋~川越間が開業したもので、都内の私鉄では最も古い路線でもあります。
d0147406_22034120.jpg

大山駅は、1931年(昭和6年)に旧川越街道との交差地点に開業、同時に周辺の宅地開発が進行し、戦前から旧川越街道沿いに自然発生的に商店が並ぶようになりました。
d0147406_22034206.jpg

終戦後にはヤミ市が駅周辺や商店街中央部にできて多くの人が集まるようになりました。ヤミ市は一時期100軒を越えたといわれます。高度経済成長期の大山駅は、乗降客数で池袋を除いて東上線で第一位を続けるほど繁栄したそうです。
d0147406_22034385.jpg

d0147406_22143385.jpg

アーケードの隙間の向こうに何かあるぞ!
d0147406_22034383.jpg

d0147406_22034487.jpg

d0147406_22143423.jpg

戦後のヤミ市のような飲食店街:すずらん通りがありました。
d0147406_22143439.jpg

線路沿いに伸びています。
d0147406_22143550.jpg

d0147406_22143540.jpg

d0147406_22143612.jpg

旧川越街道に沿って形成されている商店街は、山手通りから現在の川越街道(国道254号線)までの約1.1km、ちょうど中間に大山駅があり、駅から西側が全天候型アーケードになっています。
d0147406_22143682.jpg

雁行した看板建築。
d0147406_22143700.jpg

一度池袋に戻り、西武池袋線にスイッチします。池袋から一駅の椎名町で降りる。
d0147406_22143853.jpg

すずらん通り商店街という長さ100m程度の可愛いアーケード街。
d0147406_22143941.jpg

西武池袋線は、前身の武蔵野鉄道が1915年(大正4年)池袋~飯能間に開業、椎名町駅は路線の開通より遅れること大正13年6月にオープンしました。関東大震災後の東京郊外の宅地開発のためです。
d0147406_22220928.jpg

d0147406_22221016.jpg


d0147406_22221112.jpg

d0147406_22221148.jpg

d0147406_22221245.jpg

すずらん通り商店街と平行した「仲通り商店街」
d0147406_22221252.jpg

d0147406_22221313.jpg

d0147406_22221333.jpg

西の東長崎駅周辺の十字会商店街とつながる「サミット通り商店街」
d0147406_22221483.jpg

d0147406_22221516.jpg

d0147406_22250132.jpg

長崎十字会商店街。
d0147406_22250288.jpg

d0147406_22250248.jpg

d0147406_22250364.jpg

d0147406_22250377.jpg

そして最後は、東長崎駅北口にある長崎銀座。



[PR]

by marunouchi_no1 | 2017-03-04 18:30 | 東京都  

<< 海界の村を歩く 北大東島(沖縄県) 復興の町を歩く 和歌山 >>