復興の町を歩く 四日市・桑名(三重県)

d0147406_10270466.jpg
(四日市 三和商店街)
津市街に引き続き、三重県の戦災都市を歩きます。四日市は、かつて「四日市ぜんそく」で名を知られた戦後の工業都市です。今では青い空が広がっています。
d0147406_19053920.jpg
中心市街地はことごとく戦災を受けており、戦後は大々的に復興都市計画がうたれました。戦前の町割りが全然意識できないほどです。特に、近鉄四日市駅前の繁華街は、戦前は影も形もない。
d0147406_19053922.jpg
近鉄四日市駅とJR四日市駅を結ぶ大通り。クスノキの街路樹をセンターに配した復興都市計画のシンボルロードです。
d0147406_19054087.jpg
近鉄四日市駅前の一番街をはじめとする大アーケード商店街。今朝は静かなもんですが、昨夜はたいそう賑わっていました。
d0147406_19054189.jpg

d0147406_19054181.jpg
物販店や飲食店ばかりではなく、キャバクラなんかも隣り合っています。ごった煮ですね。
d0147406_19175628.jpg

d0147406_19054268.jpg
アーケード街の地名は諏訪栄町。つまり、旧東海道の諏訪神社の近くに作られた戦後の町です。アーケードの主軸「諏訪公園通り」を抜けると、森とつながる諏訪公園。そこにスクラッチタイルの近代建築が残っていました。すわ公園交流館は四日市市図書館だった建物。戦災を乗り越えたんですね。
d0147406_19175797.jpg
旧東海道のスワマエ商店街。
d0147406_19175721.jpg

d0147406_19175805.jpg
諏訪神社横の商店街。表はモダンですが、裏はバラッキーです。
d0147406_19175951.jpg
JR四日市駅。駅前広場は、これでもかというくらい広いけれど、近鉄四日市駅前とは対照的に寂れてる。
d0147406_19175911.jpg
プロフィリットガラスのダブルスキン建物。まさに戦後の高度成長期って感じですが、街の建物はそこで時間が止まってますね。
d0147406_19180028.jpg

d0147406_19180082.jpg
本町商店街とJR四日市駅をつなぐ、駅前の繁華街?
d0147406_19180099.jpg

d0147406_19180157.jpg
そこの中に出ました!三和商店街。うーむシビれる。
d0147406_19233728.jpg

d0147406_19233824.jpg

d0147406_19233839.jpg
スゲ〜ぞ!
d0147406_19233939.jpg

d0147406_19233927.jpg

d0147406_19234026.jpg

d0147406_19234084.jpg
まだまだ営業している店が複数ありますが、建物は半分壊れてますよ。地震が来たら怖い。
d0147406_19234157.jpg

d0147406_19234127.jpg
存在自体が奇跡的です。
d0147406_19234230.jpg

d0147406_19392446.jpg
隣にややしっかりした?建物がありました。アーケードはつながっているようです。
d0147406_19392521.jpg
桑名に移動します。桑名は東海道の七里渡の渡し場があった宿場町であり城下町でもあり、そこから発展した街ですが、第二次世界大戦時は一部を除いて戦災を受けています。
d0147406_19392675.jpg

d0147406_19392686.jpg
駅前の桑名一番街。
d0147406_19392723.jpg

d0147406_19392706.jpg
名古屋に近いため、マンションへの建て替えが進行していました。マンションへ建て替わるとそこだけ商店街が途絶えてしまう。
d0147406_19392844.jpg
一番街の隣にある銀座商店街。
d0147406_19392834.jpg

d0147406_19392917.jpg
サインが面白い。
d0147406_19392989.jpg
ここも隣はマンション用地の空き地でした。戦後復興の町は、もう直ぐ姿を変えてしまうのでしょうか。








by marunouchi_no1 | 2017-05-28 10:21 | 三重県  

<< 復興の町を歩く 大垣・岐阜(岐阜県) 復興の町を歩く 津(三重県) >>