北海道 くじ引き紀行

d0147406_12152094.jpg
今回は、北海道での新たな発見を期待する旅。札幌から出発して4日間ビッチリ、行き先をクジで決め移動し続ける旅です。
d0147406_12152028.jpg
やり方は、北海道放送の大人気番組だった「水曜どうでしょう」の「カントリーサインの旅」の真似です。娘がこの番組の大ファンで、一度やってみたいというので企画しました。画像のようなカントリーサイン(行政区境の国道の脇に立っている)が現在176ヶ所ありますが、その画像をチップにして袋に入れてよくかき混ぜ、エイヤッと取り出すだけ(島が出たらパス)。
d0147406_12152146.jpg
これが、カントリーサインのチップの山です。
d0147406_12495380.jpg

d0147406_13322236.jpg
この公園は、北海道放送本社の横にあるもので、「水曜どうでしょう」の前後枠で出てきます。水どうマニアには聖地的な場所でして、旅はここからスタートです。
d0147406_12495390.jpg
1回目に出たのは、なんと松前!北海道の最南端。最短距離で305km。ガックリする一方で、なんとなく嬉しくなってくるのはなぜでしょう。途中、大火復興の街である岩内と江差の商店街を組み入れます。走りっぱなしでも6時間半かかる。さぁ、しゅっぱーつ!
d0147406_13322268.jpg
札幌から定山渓・中山峠・羊蹄山の麓を走って、日本海に出ます。
d0147406_13322266.jpg
積丹半島の南側付け根にある岩内の街を歩きます。岩内は1954年の大火により中心市街地が全焼しました。今見る街は、その後の復興期のものです。
d0147406_13322321.jpg
防火建築帯のような復興の街ならではの町並みを期待しましたが、北海道の他の街とさほど変わらないようです。まぁ、北海道で大流行した看板建築がそもそも隣地からの延焼を防ぐ目的の防火建築ですからね。
岩内より渡島半島の日本海側を南下して行きます。寿都〜熊石間は遠回りになるので、より直線的に走れる噴火湾側の長万部・八雲を経由しましょう。
d0147406_13322329.jpg
江差町田沢町の民家。
d0147406_13322487.jpg
江差の商店街。江差の古い町並みは、海岸線に沿った低い場所にありますが、丘の上にその後の時代の街が形成されています。
d0147406_23060602.jpg

d0147406_17482452.jpg
松前到着18:30、札幌出てから8時間。日没の早い北海道ではもう暗い。ここで、2回目のクジ引きだ。
d0147406_17575084.jpg
うわぁ、札幌の隣町の江別が出たぁ。今来た道を戻らねばならない。
d0147406_00335138.jpg
今日そろそろどこかで一泊したいが、近くの函館では明日がしんどいので、東室蘭まで戻ります。
d0147406_20595032.jpg
江別は煉瓦の町。かつて仕事がらみで来て以来です。名所という名所は一切行かない今回に旅ですので、大通りの商店街をチョロッと歩くだけ歩いておきましょう。
画像のような片流れ屋根の看板建築は北海道のスタイル。屋根の雪を後ろへ落とすため。
d0147406_20595079.jpg
さて、3回目のクジは?浦臼?どこ?ぶどうのマークとは、まさか十勝?
d0147406_22093968.jpg
割とすぐ近くだった。ふーっ。
d0147406_22094023.jpg
浦臼町は、ぶどう栽培とワイン造りの街です。画像のような洋館の店もあり、
d0147406_22094005.jpg
このような軟石による立派な蔵もある。
d0147406_22094105.jpg
ワインで栄えたのでしょうか。
d0147406_22094103.jpg
手打ち蕎麦屋さんが一軒だけあった。うまかった。
そして、4回目は?
d0147406_22094252.jpg
中札内村とは、どこだ?
d0147406_22094230.jpg
十勝だ。帯広のやや南。
d0147406_22094295.jpg
途中、岩見沢の街を歩く。
d0147406_23060638.jpg

d0147406_23060713.jpg
渋いでしょ。元々店舗系の建物じゃなさそうですが。
d0147406_23060781.jpg
栗山村の小林酒造。煉瓦建築群があるというので立ち寄りました。
d0147406_23060826.jpg
スバラシイ。やはり開拓の時代に建てられた建物含め、北海道の歴史的建造物の良さは煉瓦ですな。
d0147406_23060806.jpg
小林酒造の事務所。銀行建築のようなインテリアでした。
d0147406_23060951.jpg
アレェ、これって水曜どうでしょうのオープニングに出てくるキャラクターでは、、、^_^
d0147406_23060947.jpg
日が暮れない時間に間に合ったぁ。中札内村のピョウタンの滝。ここで、5回目のクジを引く!
d0147406_23061097.jpg
中川町って、またどこだかわかんない。貝殻みたいなのはアンモナイトのようだけど、アシカみたいなのがいるからオホーツクかな?
d0147406_23061007.jpg
やっちまいました。道北です。また、300km越かぁ。これ、ヤラセしてませんからね。
d0147406_23321922.jpg
帯広泊。豚丼食った後、夜の飲食店街を巡る。
d0147406_23322018.jpg
いやぁ、賑やかです。
d0147406_23322073.jpg
ブルーライン系の通りがたくさんあります。入り口だけビルっぽいけど、入ると長屋みたいな。画像のは、ちょっと作り込んだ感がありますが、いいじゃないですか。
d0147406_23322110.jpg
帯広の夜がこんなに賑やかだとは知りませんでした。
d0147406_08552037.jpg

d0147406_23322161.jpg
帯広を朝早く出発。さぁ北へ向かって走るぞ!上士幌町の気球たち。
d0147406_23322228.jpg
糠平湖畔を走っていた旧国鉄士幌線の廃線跡。
d0147406_23322299.jpg
橋梁がいくつも残っていますが、中でもここ「タウシュベツ川橋梁」は美しい。
d0147406_23571340.jpg
大雪越えて高速道路経由して、名寄国道を北上します。途中、士別という街に入ると、面白そうだぞ。
d0147406_23571403.jpg

d0147406_23571495.jpg
本州では一般に国道は旧市街を避けてバイパス化しているものですが、北海道の場合、旧街道がそもそも幅広なので、バイパス化することは基本的にありません。このように看板建築が幅広の国道に面して並び、商店街となっています。そして、雪を後ろへ落とすため、屋根は後ろに向かっての片流れになり、必然的に正面の看板は高くなります。
d0147406_23571544.jpg

d0147406_23571513.jpg
国道の一本裏が夜の飲食店街。ゲートが店の集合サインになっています。
d0147406_23571603.jpg
こんな集合店舗街もありました。栄えていたんですね。
d0147406_23571671.jpg
そして、走り続けること6時間、着きましたよ中川町。道北のかなり北部です。
d0147406_23571703.jpg
中川駅前。何にもない。
d0147406_23571768.jpg
天塩川の下流域。空が広いですね。
d0147406_23571811.jpg
橋の袂にあるドライブインという名の食堂でランチ。
d0147406_00084689.jpg
そして、中川町エコミュージアムセンターに行ってみた。これが凄い!
d0147406_00084634.jpg
中川町は化石の発掘場所として超有名な地でした。いくらでも掘り出されているという感じ。カントリーサインの絵はアンモナイトと恐竜だったんですね。
エコミュージアムで6回目を引く。流石に道南が出ると引き直した。
d0147406_00084641.jpg
出たのが、中頓別という隣の行政区。しかし、隣町まで1時間近くかかる。北海道は広いです。
d0147406_00084773.jpg

d0147406_00182733.jpg
中頓別町の中心市街地まで行く気がしないので、カントリーサインのすぐ近くで7回目!
d0147406_00084735.jpg
ドン!ヒエー!道東が出たぁ( ̄∇ ̄)
d0147406_00084812.jpg
ようし、今宵の宿は網走にしよう。網走まで走るんだ。もう無茶苦茶です。
d0147406_00084874.jpg
オホーツク海だ。今朝、帯広に居たのになぁ。
d0147406_00084806.jpg
オホーツクの町=流氷の町で有名な紋別を歩く。
d0147406_00084959.jpg

d0147406_00084964.jpg
帯広とまではいきませんが、ここはこれで夜賑わうんでしょうね。
d0147406_00182770.jpg
夜の網走。網走刑務所は、かつては北海道旅行の華でしたが、富良野人気ですっかり観光客が減ってしまった。北海道内の旅のルートが変わってしまったんですね。街もホント寂れている。
d0147406_00182818.jpg
美幌です。これが、なかなか大きな街。札幌や帯広のように都市計画されていていました。
d0147406_00182867.jpg

d0147406_00182997.jpg
味わい深い遊里がありました。
d0147406_00182986.jpg

d0147406_00183043.jpg

d0147406_00183071.jpg
なんかいいでしょ。北海道の町並みの良さががわかるようになってきた。
d0147406_00183171.jpg
こんなオサレっぽいカフェもある。
d0147406_08552060.jpg

d0147406_00272688.jpg
8回目は訓子府町。これも直ぐそば。
d0147406_08552154.jpg
そして、最終日に行ける範囲で9回目を引いたら、
d0147406_08552149.jpg
新篠津村が出ました。札幌のそばだ。これなら、行きたかった留萌に寄れる。
d0147406_00272759.jpg
北海道の道央を横断して留萌へ。
d0147406_00272764.jpg
留萌で、やっと北海道らしい海の幸をいただきます。
d0147406_00272886.jpg
留萌の夜の飲食店街。
d0147406_00272866.jpg

d0147406_00272967.jpg

d0147406_00272993.jpg

d0147406_00273054.jpg
渋い町並みがたくさんある。
d0147406_00320593.jpg

d0147406_00320631.jpg
再び日本海を拝む。礼受けの鰊漁場。
d0147406_00320636.jpg
そして、最終地である新篠津村に到着。カントリーサインの建物はここだったんダァ。
d0147406_08553059.jpg
カントリーサインくじで行った行政区を順次塗りつぶしていきました。
d0147406_00320717.jpg
この図で、赤がクジ引きで出た場所、黄色は立ち寄り地です。全走行距離は、4日間で2250km。実によく走りました。















by marunouchi_no1 | 2017-08-25 12:00  

<< エル復活紀行 復興の町を歩く 飯田(長野県) >>