2012年 07月 29日 ( 1 )

 

にっぽん集落町並み縦走紀行 第21日

お天気ニュース見てたら昨日の飯田市は長野県の中でも最高気温だったとか。今日も暑さが続く見込みですが、何とか午前中に富士山麓へ上らないといけません。朝早く出発して伊那八幡の町を歩いたあと、中央道に乗ってサクッと甲府へいくか、別所街道を南下して浜名湖に出るか。後者にしたいが、ある程度山道なのでまたラジエターの水温が上がってしまう恐れがあります。悩ましく夜中に目が覚めてしまいました。

そのウトウト。5:30にホテルをでます。町を天竜川方面へ下った伊那八幡を歩きます。八幡宮の門前町であると共に、三州街道から秋葉街道への分岐点でもある。
d0147406_14203033.jpg

いい!本うだつありーの海鼠壁ありーの。短いけど濃いい町並みです。
d0147406_14261353.jpg


まだ6:30だし涼しいぞ。気を良くして、やっぱり町に立ち寄ろう。阿南町は長野県南端エリアで未踏です。谷底から一気にかけ上がると高原状に集落があった。新町は旧遠州街道の宿場町でしょう。
d0147406_14312962.jpg


盆踊りが有名らしい。旧街道そいではない場所に料亭があった。
d0147406_14332141.jpg


まだ8:00台。ここから太平洋岸へ出るのはどのルートにしようか。真っ直ぐいけば愛知県豊橋、計画で組み入れていた静岡県佐久間を経由すれば山越えして浜北へ。調子に乗って後者を選んでしまった。
散々山越えしてダム湖の途中で通行止め。大きく迂回しなければならない。ガソリンがない!もう一回ミスればガス欠の恐れもあります。が、愛知県豊根村の中心部に出られました。いいじゃないか!取材!
d0147406_14443795.jpg


そして、やっとこさ静岡県佐久間に抜けられた。
d0147406_144633.jpg

水窪へ抜ける途中の中芹集落。ここは、以前から目を付けていたところ。やっと歩けた。
d0147406_1448259.jpg

山深い天界の村の町って感じ。
d0147406_1449619.jpg

暑くなってきやがった。森町立ち寄ろうと思っていたけど、早くしないと富士山麓へ登れないぞ。新東名で富士宮まで移動。やめときゃいいのに富士宮をチェックするが無い(前にもチェックしたのにやっぱり無い)。
ラッキーなことに曇ってくれて気温が上がらず、登れました!
d0147406_14543030.jpg

本栖湖の畔にある本栖集落。以前は茅葺集落でしたが、もうねーよ!観光地だしそりゃそうだ。
d0147406_14561668.jpg

代わりに鳴沢村を取材。懐かしい!
d0147406_14584611.jpg


河口湖町にあるほうとうの小作でランチ。2:00だっていうのに超満員。もちろんちゃんこほうとう。
山中湖から国道413号線で東京へ向かいます。この国道は若い頃の私のドライビング練習コースでした。おハコの道。道志村を通って神奈川県へ。まだ中央道がこんでるので、大垂水峠越え。水温が98度まで上がっちゃった。ギリギリセーフ!!!
高尾インターから中央道にのって、18:00無事東京港区へつきました。フー。縦走紀行第21日は東京が終点です。
縦走紀行の次回はお盆に東京巡りをします。私が生まれて初めて計画した町歩き、昭和52年8月13日、14日全く同じルートで!!!乞うご期待。

by marunouchi_no1 | 2012-07-29 03:25 | 山梨県