2017年 09月 09日 ( 1 )

 

エル復活紀行

d0147406_06505478.jpg
3月末に奥会津で2回転スピンしフロントを潰してしまった、わが愛車のエルグランド。地元の下郷町の修理屋さんに預けていましたが、やっとやっと修理が終わった連絡が入りました。

エンジンは無事だったもののフレームが圧縮変形していたので、エンジンルーム内の全てを一度取り外し、修正機で引っ張ってフレームを戻し、エンジンや壊れた部品の中古品を取り付けて、さぁエンジンかけようとしてもかからない、、、
何せスーパーチャージャー装着から冷却系、燃料系全てワンオフで改造してましたので、簡単にノーマルに戻らない。
しょうがないので、同型のエルグランドの解体車を一台取り寄せて、横に並べて見比べながらノーマルと異なる改造されている部品を一品一品取り外し、解体車の部品を移植したんだそうです。
d0147406_07034999.jpg
これが、わがエルグランドへ部品を供給してくれた解体車。キミの臓器がわがクルマに移植され動くようになった。ありがとう!
d0147406_07080265.jpg
そして、5ヶ月ぶりの再会。エルくん、ごめんな。でも、よく立ち直ったね。
d0147406_07102935.jpg
みてくださいよ、この凛々しい姿。町内の道で走行テストしましたが、ハンドルのブレもなく違和感はありません。ストレートマフラーのカーンというエギゾーストサウンドも変わらないけど、過給器なしなので中高回転時のGは足りない。しかし、いいフィーリングだ。
d0147406_07154279.jpg
いやぁ、苦労して治してくださった東洋車体さん、本当に感謝いたします。大事に乗り続けたいと思います。
d0147406_07171653.jpg
ということで、ここ下郷から西会津を走って新潟→群馬と経由して帰ろうと思います。
画像は、走行テストの際に発見した下郷町落合集落です。いらかぐみのuranoさんも紹介している、見事な蔵座敷の古民家が見られます。
d0147406_07202537.jpg
d0147406_07205600.jpg
会津は蔵造りが多い地域で、通りに面して蔵を並べて自己主張する様式が多数見られる。ここは、蔵と主屋が1つ屋根の下に覆われた形態、面白いし大きく迫力があります。
d0147406_07273174.jpg
山を越えて只見町にやってきた。福島県の最も西の地域です。曲り家の集落、黒谷。
d0147406_07455927.jpg

d0147406_07460412.jpg
街道沿いの集落にも曲り家がたくさんある。
d0147406_07471230.jpg

d0147406_07471571.jpg
会津の町並みはやはり濃いいなぁ。
d0147406_07484259.jpg
新潟県境の田子倉湖。峠越えの国道は結構険しいです。
d0147406_07494044.jpg
そんな山深いところを只見線が走っている。タマゲタ。
d0147406_07525993.jpg
新潟県を経由して群馬県に抜けました。目的地は沼田の再訪です。日本一の河岸段丘上の町。画像は段丘下にある沼田駅付近から段丘を臨んだところ。高低差は60mだとか。
d0147406_07554277.jpg
町へ上る坂道は3つありますが、最も険しい瀧坂を上ります。坂の途中から利根川の谷を臨む。
d0147406_07570019.jpg
d0147406_07570444.jpg
ここにきたかったのだ。瀧坂の大階段。冬凍結した時、滑って危ないので屋根がかかっているのでしょう。
d0147406_07581805.jpg
なんで時計があるのかわかんないけど、、、
丘の上の高校に駅から通う学生さんのためかなぁ。
d0147406_11205432.jpg
d0147406_11205885.jpg
途中でひねってる。屋根の架構が面白いです。
d0147406_11222307.jpg
階段抜けてもまだ坂道は続く。
d0147406_11232139.jpg

d0147406_11232418.jpg
丘の上の沼田の中心市街地。
d0147406_11243399.jpg
d0147406_11243796.jpg
古い町並みはさほど残ってはいませんね。
d0147406_11253016.jpg
前来た時は修理中だった旧銀行の建物。
あの階段だけでも見に行く価値あるぞ。

by marunouchi_no1 | 2017-09-09 11:27 | 福島県