2017年 11月 03日 ( 1 )

 

海界の村を歩く 瀬戸内海 六島(岡山県)

d0147406_17363621.jpg
(岡山県笠岡市六島前浦)

10月は雨ばかりで週末は台風が立て続けに襲う始末。11月初めの連休はやっと秋晴れの予報です。連休前日遅くに岡山県の西端、笠岡に入りました。
d0147406_17395775.jpg
d0147406_17400074.jpg
東本町、伏越旧遊郭を経て戦後埋立地に造られた街のホテルへ。駅から徒歩20分と遠かった。
d0147406_17413554.jpg
今回の島旅は、まず笠岡諸島から攻めます。笠岡諸島は、数々の島が連なるもので、過去に2回訪れていて、真鍋島と北木島は取材済み。今日は、六島と白石島を歩きます。
d0147406_17451169.jpg
笠岡港発6:50。これに乗るために笠岡に泊まったわけです。
d0147406_14081336.jpg

六島

笠岡諸島最南端の島。笠岡市から約15kmに位置する。岡山県の最南端でもある。島の南側は潮流の速い海峡で、瀬戸内海の大型船の航路となっている。この航路の安全を守るため、岡山県で最初に設置された灯台がある。地形は、山が海岸まで迫り、平地がなく、山裾に民家が軒をならべて建っている。かつては、瀬戸内有数の「活船(いけぶね)」(生魚運搬船)の島だった。島内のあちこちにスイセンが自生していて、1〜2月には可憐な花を咲かせる。(「シマダス」参考)

d0147406_19223422.jpg
7:45 六島(むしま)湛江港着。島の北東端の岬につながる尾根上にあって、両側が海に面しています。
d0147406_21315212.jpg

d0147406_21315550.jpg
港には石垣による古い防波堤が見られた。
d0147406_21330372.jpg
d0147406_21330505.jpg
湛江地区のメインの縦道を入っていく。町並みの特徴は特にないかな。
d0147406_21340400.jpg
d0147406_21340781.jpg
徒歩で湛江から前浦地区へは10分弱。こっちの方が大きいかな。
d0147406_21353232.jpg
六島は瀬戸内海の本州と四国のほぼ中間地点ゆえ、大型船が行き交う姿が見えます。
d0147406_14065196.jpg
斜面上の集落。石垣を積んで宅地を造成し、山側に主屋の棟を等高線と平行に配置し、両側に部屋を突き出す。その特徴がよくわかると思います。
d0147406_14131495.jpg
瓦は本瓦、桟瓦両方ありますが、古いものは本瓦と思われます。
d0147406_14292729.jpg
笠岡諸島は島自体が花崗岩でできている。石垣の材料は幾らでも調達できます。
d0147406_14311187.jpg
共同井戸だ。今は使っていないのか屋根で塞がれている(上水は引いてるかも)。洗い場は石畳み。
d0147406_14330408.jpg
d0147406_14330705.jpg
見事に積み上げた石垣。
d0147406_14382295.jpg
d0147406_14352079.jpg
斜面中腹の古い民家。冒頭書いたように、主屋が山側にあり、海に向かって両腕を出すように付属屋が付いているコノ字型。
d0147406_14375077.jpg
d0147406_14375309.jpg
斜面下の平地の民家。やはり外周を建物で囲んで庭を風から守っている。
d0147406_14400873.jpg
六島前浦集落は良かった!
さぁ、高島を経由して白石島へ向かいます。

by marunouchi_no1 | 2017-11-03 18:00 | 岡山県