カテゴリ:埼玉県( 8 )

 

復興の町を歩く 熊谷〜平塚(埼玉県・神奈川県)

d0147406_14275577.jpg

2016年もあと30時間で終わる。熊谷の夜です。
d0147406_14275578.jpg

駅周辺は繁華街というより歓楽街。なんででしょうか。
d0147406_14275695.jpg

飲食店街と色街がごった煮になっている。晩飯をどこで食べようかと飲食店を品定めしたいのに、いちいち呼び込みのにいちゃんやお姉さんに声かけられる。鬱陶しいので、結局駅前ビルの鳥飯屋に入りました。
d0147406_14412891.jpg

大晦日は埼玉県熊谷と神奈川県平塚を歩きます。
旧中山道の宿場町としての発展し、近代は工業都市として発達した熊谷。戦災を受け戦後復興しました。
戦災都市地図の中の緑ラインが旧中山道で、戦災復興により国道17号線がバイパス化されることなく旧街道の線形で拡幅されました。左上の旧街道が鉤型に折れているあたりに熊谷寺(ゆうこくじ)があります。
d0147406_14412807.jpg

斜めに走る旧街道により鈍角の交差点が生まれ、看板建築が面してる。
d0147406_14412919.jpg

後ろはとっても複雑でした。
d0147406_14412905.jpg

旧中山道であり国道17号線でもある大通り。町割りが街道に対して直角じゃないので、こういう左右非対称なモダニズム看板建築が生まれております。
d0147406_14413066.jpg

駅前大通りは駅から真っ直ぐ国道17号線に向かってのびています。そこに面する看板建築。ボクシーですね。
d0147406_14413154.jpg

この国道17号線には、戦災にあっているにもかかわらず、戦前建築が点在して残っています。おやと思い戦災都市概況図を見てみると、戦災は所々になっている。なるほど残っているんだ。
d0147406_14530426.jpg

しかし、道路は拡幅されているけど、、、おそらく曳家したのでしょう。震災復興の東京昭和通りでも、沿道の建物を曳家して造った。
d0147406_14530513.jpg

戦災地区を外れるとこうして戦前の民家が現れます。
d0147406_14530630.jpg

国道と直交する大露通り商店街の入口。
d0147406_15200814.jpg

d0147406_15200984.jpg

防火建築帯のような細長い建物。モダニズですね。
d0147406_15201075.jpg

その向かい側は看板建築。
d0147406_15201006.jpg

d0147406_15201177.jpg

国道17号線をどんどん歩いてきたら、地元のでかいデパートが建ってるじゃない。なんでこんな辺鄙な場所に?いえいえここが熊谷の中心で、旧中山道沿いに町が発達していました。駅が離れてできて、その間が近代の街として形成されたのです。
d0147406_15201139.jpg

戦災復興でつくられた、真ん中に川の流れる通り。
d0147406_15201240.jpg

d0147406_15201246.jpg

近代に形成された街は、周辺の工業立地と共に発達。戦災と非戦災が入り混じる独特な街になっていました。

d0147406_15201316.jpg

埼玉県熊谷から圏央道で1時間半、一気に南下して神奈川県平塚です。旧東海道の宿場町にして工業都市でしかも戦災にあってる。熊谷と似たような境遇の町。
d0147406_15275640.jpg

それゆえ、駅周辺は商業と色街のごった煮具合が似てます。
d0147406_15275711.jpg

旧東海道沿いは道幅が広いアーケード商店街。
d0147406_15275897.jpg

d0147406_15275814.jpg

旧街道の宿場町らしい商店街並んでいます。しかし、拡幅された道幅は界隈性がないなぁ。
d0147406_15275960.jpg

一本南の通りの方が歩行者天国でいい感じかな。そこにあったジモティの集まるカフェでランチ。
d0147406_15275983.jpg

これは戦災を免れた建物でしょう。角Rのモダンなスタイル。
d0147406_15280029.jpg

その通りを裏から攻めると、、、
d0147406_15280095.jpg

d0147406_15280151.jpg

d0147406_15280236.jpg

d0147406_15334065.jpg

表は看板建築でも裏は木造丸出し。戦災に遭っていても、戦前の町家や石蔵なんかが僅かに残っていました。
d0147406_15334071.jpg

d0147406_15334178.jpg

紅谷町は色街。その真っ只中に建つタワーマンション。
d0147406_15334150.jpg

d0147406_15334230.jpg

北の平塚八幡宮へ向かう参道。
d0147406_15334326.jpg

d0147406_15334399.jpg

レトロな建物が見られます。
d0147406_15334443.jpg

d0147406_15334473.jpg

そして、旧東海道の北側の明石町。そこも、夜の飲食店街でした。需要があるんだなぁ。
色街の真っ只中のタワーマンションに住んでる妹を呼び出しお茶して帰ってきました。住むにはちょっと落ち着かない町じゃない?

[PR]

by marunouchi_no1 | 2017-01-01 14:19 | 埼玉県  

さいたま おっかけ散歩

d0147406_17445689.jpg

(浦和裏門通り)
毎晩、会社から帰ると「じゅん散歩」の再放送を見ているのですが、さいたま市の回が中々面白かったし、未踏の街が出てきたのでおっかけ散歩しました。
d0147406_17445739.jpg

1日目は浦和駅で下車。浦和は中山道の宿場町から発展した埼玉県の県庁所在地=浦和市だった街。「街道を歩く 中山道」で十数年前に歩いていたけれど、じゅん散歩で紹介された「裏門通り」は知らなんだ。
d0147406_17445820.jpg

駅前の市街地は、東京のベッドタウンとして戦後急速に変わりました。画像は昭和37年の浦和駅西口。
d0147406_17445968.jpg

「浦和コルソ」前の広い歩行者専用道に面した店舗。旧中山道沿いはかつて古い建物が見られましたが、もう無い感じ。
d0147406_17445993.jpg

旧中山道を北へ進み、直交する「裏門通り」を西に向かって入ります。するとヒューマンスケールな町並みになった!
d0147406_17531657.jpg

戦前でしょう、可愛らしい看板建築。
d0147406_17531702.jpg

脇道に入るとレトロな写真館。
d0147406_17531818.jpg

立派な造りの銭湯も。
d0147406_17531935.jpg

そして、テレビでも紹介されたこの一角。いい町並みですね!
d0147406_17531910.jpg

d0147406_17532003.jpg

真ん中の白い家もモダンだけど古そうだ。両側を出桁造りの町家が挟んでる。
d0147406_17532169.jpg

d0147406_17532202.jpg

立ち寄りたくなるお店もいくつかあった。
d0147406_17532227.jpg

裏門通りとは、県庁の裏門へ通じることからその名がついたそうな。
d0147406_17532394.jpg

さて、周辺をウロウロしてたら、変わった建物に遭遇。
d0147406_17591864.jpg

さいたま市民会館うらわ。窓のないマッシブなタイル貼りの箱がいい。
d0147406_17591877.jpg

裏門通りの旧中山道より東側の町並み。駅に近づき飲食店街となります。

d0147406_18190773.jpg

d0147406_18190814.jpg

2日目は北浦和。旧中山道は駅のすぐ東側を走っているけど、西口から歩きます。駅を出て、北浦和西口銀座に入ってすぐ右に折れます。するとモルタル看板建築群が現れる。
d0147406_18190846.jpg

d0147406_18190960.jpg

d0147406_18191058.jpg

「三州屋商店会」
かつて三州屋という大きな旅館があったのですが、地下に貨物線が通るのを契機に取り壊され、飲食店街が作られたのだそうです。
d0147406_18191185.jpg

微妙に駅前の繁華街から外れていて、38軒あった飲食店は今では1/3だとか。新しい借主が入ってきて復興しようとしているらしいです。
d0147406_18191241.jpg

d0147406_18191319.jpg

北浦和西口銀座の揚州商人という中華料理屋さんで腹ごしらえ。
d0147406_19530480.jpg

北浦和西口銀座を歩きます。奥まで行くと裏に不思議な一角が、、、
d0147406_19530561.jpg

d0147406_19530595.jpg

飲食店が集まるロの字の街でした。
d0147406_19530689.jpg

JRの高架下をくぐって線路の東側へ。旧中山道沿いの町は、西口より形成が古い。
d0147406_19530779.jpg

商店街の中に大きな銭湯♨️がありました。
d0147406_19530818.jpg

JRで移動、大宮から東武野田線に乗り換え二駅目の大宮公園駅で下車。
d0147406_19530960.jpg

ここは「盆栽町」という珍しい地名の住宅街。東京千駄木で菊人形や盆栽を作っていた植木職が、関東大震災後に広い敷地を求めて集団で移住したのだそうです。
d0147406_19531014.jpg

盆栽業を営んでいる屋敷は10軒ほどあるとか。大きく屋敷林が立派な家が多い。
d0147406_19531000.jpg

d0147406_19531168.jpg

d0147406_20043165.jpg

街の一番北に「市立盆栽美術館」というのがありました。
d0147406_20043305.jpg


d0147406_20043344.jpg

屋敷は残ってるけど、古い家はあまりなさそうでした。
d0147406_20043489.jpg

駅近くのカフェで休憩☕️🍰。もう日が暮れる。

ガンバって3日目もやってきました、大宮へ。今日歩くのは、大宮駅東口の繁華街です。
d0147406_20043529.jpg

まず、駅前通りより南から。旧中山道の宿場町から発展した遊里です。一般的な飲み屋→スナック→ラブホという典型的なかたち。それが、旧中山道に直交する町割りは奥行き約100mなので、短冊状に土地が所有されていることによる、面白い形態の町並みが見られます。つまり、私道沿に店が並ぶという現象になり、通りごとに個性が生まれてます。
d0147406_20043649.jpg

駅の近くは飲み屋街
d0147406_20043716.jpg

d0147406_20223774.jpg

その南がスナック街。さらに南に行くとラブホ街です。
d0147406_20223888.jpg

宿場町時代からの短冊状(奥行約100m)の敷地故に、敷地内を店に借地しようとするとアプローチする私道が必要になる。したがって、東西の道は私有地内の道が多い。
d0147406_20223916.jpg

d0147406_20224040.jpg

そしてこのような長屋状のスナック街が形成されるのです。
d0147406_20224062.jpg

旧中山道に平行した西側の通りにあった古い酒屋。
d0147406_20224126.jpg

奥へ奥へと建物が繋がっています。
d0147406_20224281.jpg

こちらは、旧中山道に面した古い民家。隣が空き地になってるのでよくわかる。左手旧中山道に面して主屋があり、庭があり蔵があり、その先は別棟の二階屋が何軒も。
d0147406_20224331.jpg

d0147406_20224377.jpg

旧中山道に面したビル。宿場町の町割りからどうしても間口が狭く奥深いビルになってしまいます。
d0147406_20224483.jpg

旧中山道は拡幅されていますが、立ち退いていない古民家が出っ張るように存在していました。
d0147406_20320045.jpg

d0147406_20320067.jpg

これも短冊状の敷地の中に路地を通して、横丁化した飲食店街。
d0147406_20320137.jpg

大宮駅前に戻ってきました。そこには、駅前通りに面して高島屋と大一ビルという長細いビルがあります。
大一ビルは、戦後大火があって、その後に昭和35年に建設された再開発ビル。当初はデパートだったそうですが、現在は九龍城のようになっています。
d0147406_20320299.jpg

一階はアーケードになっていて、歩道から地下に降りる階段がある。
d0147406_20320368.jpg

大門地下道とな、、、
d0147406_20320455.jpg

階段を降りたところにメガネ屋さんがあったけど、その先はシャッター街で営業していない模様。
d0147406_20320568.jpg

地上階の店の倉庫のように使われていました。
d0147406_20320534.jpg

そして、地下道が東へ延びている。旧中山道の下をくぐり、交差点の対岸に出られます。でも、交差点を渡るためにこの地下道を利用する人は誰もいない、いるわけない。
d0147406_20320746.jpg

大一ビルの裏側。凄まじいビルです。
d0147406_20383475.jpg

d0147406_20383561.jpg

d0147406_20383527.jpg

大一ビルの北側一帯は、一番街アーケードなど、密集した飲食店街。おそらく戦後のドサクサ闇市系もあったでしょう。ヒューマンスケールといえばヒューマンスケールですが、火事でもあったら大変だ。
d0147406_20383690.jpg

旧中山道と平行した東側の通り。現在拡幅中ですが、かつていい古い町並みがあった。今やこれくらいしか残っていない。
d0147406_20383731.jpg

d0147406_20383815.jpg

一番街アーケードから氷川神社参道へ向かっている通りには、古い町並みがわずかに残っています。十数年前に取材した家もまだあった。
d0147406_20383959.jpg

氷川神社参道は多くの人が往来していました。いい空間ですね。〈おわり〉
[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-11-13 17:34 | 埼玉県  

ちちぶらり=ちちぶ+ぶらり

なんだか怪しげな響きになっちまいました。
年末墓参りの帰り道(とはいえ更に遠方へ向かったのですが)に、秩父方面の町のぶらり旅です。

飯能と秩父との間にある吾野という町から。ここは、旧秩父往還の宿場町で、現在の国道299号線から旧道が分かれています。
d0147406_2074424.jpg

国道299号線といえば、今まで何十年も何十回も通りすぎてました。ここに古い町並みがあったとは、不覚でした。
d0147406_2074515.jpg

町並みは切妻平入の典型的なものですが、出桁造りがここまで連なっているのは壮観です。中には二段出桁もありました。
d0147406_2074694.jpg

d0147406_2074660.jpg

下見板張りの洋館が組み合わさった家。お医者さんかな?
d0147406_2074798.jpg

屋根が道路にはみ出してる。っていうか道路が拡がったのかな。
d0147406_2074710.jpg


小鹿野。1年半前に言った時、日暮れ前で慌てた取材だったんで再訪です。
d0147406_2074887.jpg

d0147406_2075023.jpg

冬の太陽は高度が低く、逆光撮影がやりづらい。
d0147406_2075186.jpg

d0147406_2075139.jpg

この商家はデザインがいいなぁ。
d0147406_2075230.jpg

d0147406_2075323.jpg

d0147406_2075452.jpg

ツァイスイエナレンズが引き立つ色!
d0147406_2075424.jpg

裏っ側は蔵が並ぶ
d0147406_2075549.jpg

d0147406_2075625.jpg


最後は秩父甲州街道の旧贄川宿。秩父鉄道終点の三峰口駅に近い。
この国道も何十年何十回通ったことか。旧道に入ってビックリです。あったんだぁ。
d0147406_2075697.jpg

d0147406_2075788.jpg

古い町並みとして純度が高いemoticon-0102-bigsmile.gif
d0147406_2075881.jpg

d0147406_2075846.jpg

名家の大屋敷といった佇まい
d0147406_2075987.jpg

ガス灯の外装が残っていました
d0147406_208048.jpg

d0147406_208035.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-28 18:57 | 埼玉県  

奥秩父サイレン紀行

お盆休み。
昼飯食べている我が娘に、「受験勉強の息抜きに何処か行くか」と声かけたら出かけたいという。「サイレン」というホラーゲームがあって、そのモデルとなった廃村が奥秩父にあるからそこへ行きたいとな。
d0147406_3334867.jpg

という訳で13:00スタートで日帰りの家族旅行となりました。首都高→中央道→勝沼(山梨県)→雁坂トンネル経由して埼玉県秩父市旧大滝村の中津川へ。どんどん中津川林道を進んでいき、小倉沢方面へ分岐し長い手掘りのトンネルをくぐると鉱山町が現れました。
d0147406_3334922.jpg

日窒鉱山廃墟群。私としても以前より気になってた場所ではありますが、集落町並み探訪家であっても廃墟探訪家ではないとしているだけに、今までためらっておりました。
おお!小倉沢の郵便局だ!
d0147406_3584582.jpg

鉱山施設群の始まり。川の反対側に渡るための吊り橋の残骸がある。
d0147406_3584449.jpg

まだ一部稼働している鉱山施設がありました。
d0147406_3584671.jpg

銭湯の廃屋。
d0147406_3584752.jpg

d0147406_3584841.jpg

中に入るとタイル張りの風呂やタライの残置が、、、
d0147406_3584918.jpg

道路脇に真っ白な場所。産出した石灰を積んでいるらしい。
d0147406_3585165.jpg

その背後に大きな木造建築が樹々に覆われていた。集合住宅か、宿泊施設か。
d0147406_3585278.jpg

d0147406_3585336.jpg

鉱山町の購買部の跡かな?
d0147406_4113039.jpg

立ち入り禁止の橋の先は社宅群となっています。
d0147406_426985.jpg

d0147406_4261126.jpg

橋は朽ちて危ないので、反対側から入ります。
d0147406_411319.jpg

病院のようにも見えますが、集会所かもしれません。
d0147406_4113247.jpg

娘が「廃墟巡り面白い」という。かつて岩手県八幡平の松尾鉱山跡に行った時、母親も廃墟探訪にハマってましたが、血を引いているのでしょうか。emoticon-0101-sadsmile.gif

さて、荒川に沿って下り旧大滝村を跡にします。秩父市の武甲山の裏側にあたる浦山という大字のエリア。浦山ダムのすぐそばに中心集落がありますが、その集落の奥にある廃村もゲーム「サイレン」のモデルの一つになったという。。。

クルマを置いて歩いて行く。
d0147406_4261286.jpg

もう時刻は18:30頃。日がくれる寸前で心細い、、、
d0147406_4261362.jpg

練馬区のキャンプ場があり、その先舗装路が途絶えた林の中に民家が現れました。
d0147406_4261440.jpg

d0147406_4261571.jpg

ヤバイ、本当にゲームと一緒だ。ゾンビが出てきそうemoticon-0106-crying.gif
d0147406_426163.jpg

d0147406_4261734.jpg

今晩は眠れそうにありません、、、
[PR]

by marunouchi_no1 | 2013-08-15 03:13 | 埼玉県  

ぶつけた紀行

今朝、お墓参りに出かけようとして、白い万訪号を機械式駐車設備から出そうとしたところ、右リアを支柱に思いっきりこすってしまいました。二台を交互に乗っていると運転感覚が最初狂います。黄色い万訪号はフロントノーズが長く運転席がリアタイヤに近い。白い万訪号はミニバンだから運転席が前輪に近く後ろが長い。つまり内輪差を考慮したステアリングを切るタイミングが違うのです。ついボーッとしてハンドルを早く切ってしまい、やっちゃいました。emoticon-0125-mmm.gif
久々にぶつけた。こういう時は、クルマの運転が雑になっている時であり、大きな事故につながる前に神様が忠告してくれたんだと納得するようにしております。
d0147406_13275150.jpg


ムシャクシャするので、クルマを修理に出したあと電車に乗って北へ向かった。東北本線栗橋で降りました。
栗橋は日光街道で利根川を渡る南側の宿場町。
d0147406_13275149.jpg

旧宿場町は駅から離れているので、そこへ向かって商店街が延びています。
d0147406_13275265.jpg

旧宿場町は川に平行。
d0147406_13275360.jpg

歯抜けですが、出桁系の町家が数件見られました。
d0147406_13275499.jpg

d0147406_13275514.jpg

d0147406_13275691.jpg

久喜。東北自動車道のインターチェンジで有名ですが、町は小さい。駅前に古い建物がありましたが、中身は駐輪場でした。emoticon-0102-bigsmile.gif
d0147406_17161011.jpg

旧街道沿に向かい合うお屋敷あり。ここだけだけど、質は高い。
d0147406_17161289.jpg

d0147406_17161439.jpg

d0147406_17161696.jpg

東武伊勢崎線で加須へ。中山道と奥州街道を結ぶ脇街道の宿場町を母体とした町並み。これがつながりが良く保たれていて、GOODなのです。emoticon-0104-surprised.gif
d0147406_17161646.jpg

d0147406_17161746.jpg

折れたあともいい!
d0147406_17161973.jpg

d0147406_17161997.jpg

勢いに乗ってタクシーとばし、加須市騎西へ。
☆的には一コかな。
d0147406_17162187.jpg

d0147406_17162244.jpg

銅板外装の木造三階建てのタバコ屋さん。このマークなんの銘柄だっけ。emoticon-0114-dull.gif
d0147406_17162344.jpg

帰りは特急で!曇りで良かった。emoticon-0113-sleepy.gif
d0147406_17162438.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2013-07-13 13:12 | 埼玉県  

さいたま広角紀行

どうして毎日早朝4時に目が覚めてしまうのだろう。寝付けず苦しんでいるよりどこかに出かけようか。

埼玉の町並みを児玉から東京方面へ戻るように歩こうと思います。21mmの超広角レンズで風景を切り取っていきます。

本庄駅前にチェーン店ではない地元のコーヒー店があったのでモーニングコーヒーしました。なんとも言えんいでたちです。
d0147406_8235854.jpg


本庄駅からバスで児玉へ向かいます。
なんと開放的なバス。
d0147406_8315339.jpg


児玉本町の端っこでおりて歩きます。
意外に長い町並みです。見所は神川方面への街道にいい民家がありました。
d0147406_10191285.jpg


やはり川越型ですな。というより江戸東京のつくり。
d0147406_10191381.jpg


奥まったところに変な建物!
こりゃ銭湯だな、、、あたり!
なんで銭湯って奥まって建ってることが多いんでしょうね。
d0147406_10191317.jpg


八高線に乗って小川町へ。
以前、仕事の関係できたことがあり、旨い鰻を食べた記憶がある。町並みも良さそうでしたが、上司と一緒だったので歩けなかった町。

女郎うなぎというのが有名なそうな。
d0147406_1204895.jpg


旧街道沿いと裏に蔵造りが多数、出桁つくりも多数。これは窓が洋風の店蔵です。
d0147406_1205218.jpg


d0147406_1205047.jpg


嵐山(らんざん)には何もなし。
東松山にやってきました。まずは腹ごしらえをしたかったのですが、飲食店が全然やってない。歩いて歩いて、本町の蕎麦屋がやっとこさ営業してた。
そして、煉瓦壁に挟まれた町家があった。
d0147406_163389.jpg

d0147406_16331036.jpg


で、商店街と全然関係ない通りの方に店蔵の町並みがあった。
d0147406_16331232.jpg


通りに対して斜めに建ってるから、町並みは雁行しています。ユニーク‼
d0147406_16331460.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-05-12 08:16 | 埼玉県  

ぐんたま紀行

今年最後の旅です。先日、日没となり十分に歩けなかった行田にいます。奄美にもあった九州に多いファミレスジョイフルが何故か行田にある。ここで腹ごしらえして始めます。
d0147406_8113479.jpg


行田は足袋の生産で栄えた町
d0147406_1024585.jpg


なかなか見所多い
d0147406_10245968.jpg


この工場は一番大きな足袋工場
いまでは別のもの作ってるけど
ほとんどが大正期の建物です
見応えあって1:45かかりました
d0147406_1025146.jpg


群馬県伊勢崎市
境島村は、利根川を挟んであります。
幕末から明治にかけての養蚕農家が群をなしています。すごいです。

こちらは利根川北岸
d0147406_12555447.jpg

上州空っ風を防ぐ屋敷林
d0147406_1255571.jpg


だだぴろい利根川を挟んで同じ大字っていうのもすごいです。
南岸には大型古民家が特に集まってる。いやーびっくりしました。
d0147406_1256098.jpg


本庄児玉インターから関越道にのって富岡で下りた。旧信州街道宮﨑宿(富岡市)は丘の上の集落。図説日本の町並みに紹介されていた宿場町ですが、今やなんでもない集落でした。下の一ノ宮も同様。
d0147406_1681226.jpg


冬の探訪はつかの間です。もう日が傾いてきた。
最後に富岡製糸場の門前町を歩きます。旧信州街道(川越街道)には商家の蔵造りがちらほらと。製糸場の前には商店街と歓楽街というこれまた典型的なパターンです。
d0147406_168133.jpg


d0147406_1681465.jpg


d0147406_1681592.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-30 08:07 | 埼玉県  

ぶらり旅 武蔵編

溜まっていたサイトアップ作業が全て完了しました。そうするとまたどこか行きたくなる。もう、病気ですね。
なんとなく北西に向かっています。

d0147406_816886.jpg


池袋でどっちに乗ろうかな
東武東上線or西武池袋線
後者に乗りました

d0147406_8254674.jpg


飯能。いつか歩いてやろうと思っていたリベンジものの町並みです。
旧秩父街道の宿場町ですが、この地域の交通の要衝らしく大きい街。
江戸東京で流行った黒漆喰の蔵造りがありました。

d0147406_10394818.jpg


d0147406_10395089.jpg


仲町から左へ折れると旧遊里があった。

d0147406_10395438.jpg


入間川が町並みの近くを流れていて、川水浴をしてました。

d0147406_10395778.jpg


飯能銀座の看板建築。

d0147406_10395981.jpg


しかし、暑いぞ
川越へ

d0147406_1042739.jpg


川越駅前のカフェで一服
美味しそうなケーキについつられて
たべてしまった

d0147406_11213527.jpg


おお!鏡山酒造が保存されてる!
この造り酒屋の保存計画はかれこれ15年くらい前に私が提案しました。三つの時代の蔵を残しレストランや物販店に改装する、設備を新しくした平成蔵を建てて酒造りをつづけてはいかがかという案。その時、バブルも弾けたあとだしご主人はやっぱりまだ今まで通りの酒造りをつづけたいというので実施されませんでした。その数年後ご主人はお亡くなりになったようで、もう誰も継げなかったようです。マンションにならず、市が買い取り、こうして明治蔵、大正蔵、昭和蔵が私の提案したのと同じように保存されたのは喜ばしいことです。自分が設計に携わることができなかったのは残念ですが、何かきっかけになっていたとしたら嬉しいな。

d0147406_12541369.jpg


d0147406_12541426.jpg


おなじみ商工会議所前

d0147406_14165880.jpg


万訪一押しスポット

d0147406_1417045.jpg


d0147406_1418585.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-08-13 08:13 | 埼玉県