カテゴリ:神奈川県( 18 )

 

ぶらり東海道 そして天界の村

先日仕事で大船に行った帰り、横須賀線の車窓から眺めていてとんでもない斜面住宅地を見つけました。まぁ横浜にはたくさんありますが、ひと際凄そうに見えました。忘れないうちに行っておこうと思います。
d0147406_07555947.jpg
保土ヶ谷駅で下車です。線路に沿ってバラッキーなものがある。まずは、ここから歩きましょう。
d0147406_07555971.jpg
保土ヶ谷駅の東口。駅を出るとすぐに国道1号線、駅前広場は国道を渡ったところにあります。そこへの歩道橋から建築群を眺めます。
d0147406_07560070.jpg

d0147406_08360825.jpg
保土ヶ谷駅東口商店街。戦後復興期に形成されたのでしょうか。駅近くは屋根が見せますが、離れると看板建築スタイルです。
d0147406_08360810.jpg

d0147406_08360960.jpg
南側からアーケード下を歩いてみます。
d0147406_08360972.jpg

d0147406_08361095.jpg

d0147406_08361007.jpg
日曜日の朝だからシャッターが多い状態でした。平日はもう少し店やってるのかな。
d0147406_08361187.jpg
国道1号線を戸塚方面へ歩いて行くと右側から旧東海道が合流し、旧東海道そのものが幅広い国道1号線になります。一軒だけ古い家がありました。
d0147406_08361121.jpg
さぁ出てきました。急斜面上住宅地=天界の村だ。画像は北側斜面なので家が向こう向いてます。南斜面ならこうはならない。2階から入って1階に下りるように作るでしょうが、北側斜面でそれやると、一階が全部北向き部屋になっちゃいますからね。思い切り底上げしています。
d0147406_08361219.jpg
そして、先日車窓から眺めて行こうと決意した住宅地へ。「初音ヶ丘」といいます。
d0147406_08361247.jpg
一望できる場所。おおスゲ〜! まぁ長崎には勝てませんが、尾道や呉とはいい勝負の高低差があります。
d0147406_08535963.jpg
このように集合住宅も斜面にへばりついている。住人の方々は上から出入りされていました。
d0147406_08535913.jpg
一階を駐車場にして擁壁立ち上げ平らな面を造ってから家を建てています。
d0147406_08540071.jpg
上の方が開発が古そうでした。急階段でしかアクセスできない家々。
d0147406_08540059.jpg
この坂に面する家の方とお話をしました。配達に来る郵便屋さんが広島県尾道の出身だそうで、この場所に立つと故郷を思い出して懐かしいとおっしゃったそうです。
d0147406_08540167.jpg
大谷石の階段。震災後の昭和初期の開発かなぁ。
d0147406_08540146.jpg
毎日ここを上り下りするのは大変だ。
d0147406_08540224.jpg
尾根上から戸塚方面を眺める。真ん中が東海道線。こうして見ると保土ヶ谷が谷地であることがよくわかります。一説で「ほど」とは女性器をいうそうで、スリバチ地形であることが地名の由来なのでしょう。
d0147406_08540287.jpg
おおっ!山岳集落(本当の山村)でおなじみの移動スーパーが居た。坂下りて買い物行くの大変ですから、需要あるのでしょうね。
d0147406_08540395.jpg
谷底に下りて、旧東海道を神奈川宿方面へ歩きます。
d0147406_08540370.jpg
商店街の中に所々宿場町らしさを感じる建物が残っています。
d0147406_09040572.jpg
旧保土ヶ谷宿の範囲を外れ、川を渡ると賑やかな商店街。
d0147406_09040699.jpg
横浜洪福寺松原商店街=横浜市西区と保土ヶ谷区にまたがる市場みたいな商店街。
d0147406_09040662.jpg

d0147406_09040789.jpg

d0147406_09040739.jpg
こんなに道路にはみ出していいの?ってぐらいはみ出てる。それが、アジアっぽい賑わいを醸し出しています。
d0147406_09040816.jpg

d0147406_09040828.jpg
1つの建物に複数の店が入っているところもある。
d0147406_09040924.jpg

d0147406_09040989.jpg
建物は戦後看板建築。戦災にあった横浜にて、戦後復興期の闇市の系譜でしょう。とにかく賑わっています。
d0147406_09162500.jpg
大船へ移動。大船は戦前まで何もない農村でした。駅周辺はもともと田圃。そこに蒲田から松竹撮影所が移転し、住宅地化が進行しました。撮影所は今はありません。
d0147406_09162527.jpg
旧松竹撮影所前のミカサレストランでランチしようと行ってみたが休みだった。別のイタリアンでピザセット。
d0147406_09162688.jpg

d0147406_09162644.jpg
大船駅前の商店街。
d0147406_09162712.jpg
裏に入ると飲食店街。
d0147406_09162785.jpg

d0147406_09162849.jpg

d0147406_09162855.jpg
飲食店ビル。昭和ですね。
d0147406_09162943.jpg

d0147406_09162958.jpg
住宅街が飲食店に食われるように形成された商業地区といった感じ。独特です。
d0147406_09264164.jpg
最後は藤沢の街。何度も通過すれどまだ歩いていなかった。北口でてさいか屋百貨店の西側を斜めに通う通りが銀座商店街。旧東海道藤沢宿のあった藤沢本庁へ続く道です。
d0147406_09264276.jpg
その銀座通りから脇へ入ると怪しげな街が、、、質屋とバラック。コリャ期待できる。
d0147406_09264243.jpg
ほうほうスゲ〜。
d0147406_09264300.jpg

d0147406_09264385.jpg
戦後闇市系の夜の飲食店街。
d0147406_09264325.jpg

d0147406_09264456.jpg
周りは急速にマンション街へと変化しつつある、かつての遊里だ。無くなる寸前なんだろうか。
d0147406_09264497.jpg

d0147406_09264558.jpg
しかし、どこもかしこも壁面緑化が半端じゃない。湘南は蔦の生育がいいんだろうか。
d0147406_09285223.jpg

d0147406_09264531.jpg
お稲荷さんの鳥居。賑やかな頃に来てみたかった。
d0147406_09520674.jpg
民家をオサレなカフェに改修した店もある。
d0147406_09520782.jpg
旧藤沢宿は駅からメッチャ遠い。汽車が市街地を走って欲しくなかったとはいえ、遠すぎます。
d0147406_10010515.jpg

d0147406_10010520.jpg
旧東海道の町並みとしては、品川平塚間で一番残っていますね。幹線道路として拡幅されていると思いきや残ってる。
d0147406_14102210.jpg

d0147406_14102398.jpg

旧藤沢宿エリアの端っこ。ここで、江ノ島道が分岐しています。江ノ島道を行くと藤沢駅に至る。
d0147406_14102334.jpg
江ノ島道にも蔵を添えた商家がありました。













by marunouchi_no1 | 2017-05-21 18:00 | 神奈川県  

復興の町を歩く 横浜・横須賀(神奈川県)

d0147406_17092988.jpg

(横浜福富町のコリアン街)
横浜の戦災エリア伊勢佐木町・福富町・元町を歩こうと思います。だがその前に、横須賀にも防火建築帯があるというので先に行ってみよう。
d0147406_17093028.jpg

横須賀は軍港の町。にもかかわらず中心市街地は戦災を受けていない。谷間の町である汐入地区の一部(戦災都市概況図の右側の赤)とJR横須賀駅のところ(図中左側の赤)だけです。その汐入から歩いてみました。
d0147406_17093118.jpg

駅前に石蔵を持つ町家が残ってる。
d0147406_17093177.jpg

谷底の商店街を奥へと行きます。この辺りは図中の赤いエリアです。戦後のモルタル系看板建築がみられますが、
d0147406_17093231.jpg

明らかに関東大震災後から戦前に建てられたと思われる銅板看板建築も見られました。戦災を受けたのは一部だけ何でしょうか。
d0147406_17093372.jpg

d0147406_17093336.jpg

出桁造りの町家
この家も昭和初期な感じがします。
d0147406_17093548.jpg

銭湯
d0147406_17093527.jpg

d0147406_17093686.jpg

家々が谷底を埋めていて、背後の斜面にも駆け上がっている。まるで漁村集落のようです。
d0147406_17192557.jpg

私が「いいな」
と思う集落には必ずこの看板があったりします。
d0147406_17192657.jpg

路地の風景
d0147406_17192642.jpg

d0147406_17192780.jpg

一番奥の町並み。
d0147406_17192826.jpg

d0147406_17192845.jpg

綺麗な銅板。汐入は一部戦災に遭っていますが、横須賀の古い町並みとして紹介して良いでしょう。
d0147406_17192921.jpg

汐入駅に戻って、どぶ板通りを横須賀中央駅方面へ。
d0147406_17193008.jpg

通りにはスカジャン屋が何軒もありスカジャン着たお兄さんならぬおじさんが歩いてる。
d0147406_17193136.jpg

一本山側の裏町も渋いっすね。
d0147406_17380970.jpg

その裏町沿に出ました防火建築帯?
d0147406_17381092.jpg

大滝名店ビル飲食街
d0147406_17381048.jpg

d0147406_17381163.jpg

一階は路面店で2階3階が中廊下式の飲食店街。
d0147406_17381269.jpg

そして、大滝町の三笠ビル。
d0147406_17591358.jpg

横須賀市の中心に位置していた三笠商店街は市制50周年の記念事業の一環として昭和34年11月当時日本でもめずらしい共同ビル、三笠ビル商店街として生まれ変わりました。以来今日に至るまで、時代の流れとともに数々の変容をとげてまいりましたが、多くの方々に親しまれ、愛されつづけてきました。(商店街サイトより)
d0147406_17381202.jpg

Googleマップで見ただけでは分からなかったが、この青枠の範囲が1つの建物「三笠ビル」なのです。左側のグレーは、海岸地形の崖上にある寺。
d0147406_17381300.jpg

両側にこの円筒の形がある。何が入っている訳でもなくビルの入り口の表現。リニューアル後の姿のようです。
d0147406_17381414.jpg

200mと長〜い建物の前面には深い庇が付いている。
d0147406_17381459.jpg

センターロード。地図では道に見えたけれど、建物の中廊下。
d0147406_17381555.jpg

上の階の事務所へ上る階段。えっ?これだけ?
d0147406_08055725.jpg

2階3階には光庭がある
d0147406_08055824.jpg

d0147406_08055954.jpg

センターロードに「豊川稲荷・成田不動尊」の記載あり。靴修理屋さんが面するこの赤い道が参道です。
d0147406_08055952.jpg

参道は崖を駆け上る階段。その途中から、三笠ビルの裏を見る。ややこしいけど地形との関係が素晴らしい!
d0147406_08112283.jpg

冒頭の概況図によれば、京急横須賀中央駅の周辺は戦災に遭っていないですが、さすがに戦前の建物はないかな?
と探していたら、側面に伊豆のまだら石か房州石を使った店蔵がありました。
d0147406_08112286.jpg

三崎街道沿の商店街。
d0147406_08112363.jpg

その裏にかなりディープな夜の飲食店街がありました。
d0147406_09151427.jpg

そこは、横須賀ブラジャー発祥の地
「若松マーケット」
d0147406_16394203.jpg

見事な空間が広がっている。夜を見て見たい。
d0147406_16394312.jpg

背後の崖上から見下ろした若松マーケット
地形に従ってハマった感じが横須賀らしい。
d0147406_16394499.jpg

京急横須賀中央駅前
なんじゃこのビルは、、、
d0147406_16394460.jpg

横浜に移動。横浜はご覧の通り、中心市街地のほぼ全域が戦災を受けています。
d0147406_16394531.jpg

マップは関内・伊勢佐木町地区の防火建築帯。紹介サイトから。
d0147406_08530230.jpg

伊勢佐木町モールの入り口にあるイセビル。昭和初期の防火建築で、関東大震災後の復興期に建てられた。今まで意識して見ていなかった。
d0147406_08531331.jpg

2階のカフェ&バル。バルってバーのことなんですね。
d0147406_08531821.jpg

2つ隣の都南ビル。この建物もいままで意識してなかったなぁ。
d0147406_07081726.jpg

福富町の町並み
d0147406_07081832.jpg

d0147406_07081952.jpg

防火建築帯の町並みですが、跳ね上がったアーケードの屋根のせいなのか、看板のせいなのか、異国アジア的なのです。
d0147406_07081987.jpg

d0147406_07082036.jpg

まだまだ健在、都橋商店街
スナック商店街です。
d0147406_09110614.jpg

これも防火帯建築でしょうか
d0147406_09110654.jpg

かなりディープで中に足を踏み入れる勇気がなかった。
d0147406_09110739.jpg

横浜三大商店街の1つ、横浜橋商店街アーケード
d0147406_09110820.jpg

旧遊郭の永楽町・真金町の隣。画像は塀のあった通りかな。
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/kanagawa_data/eirakumagane_file.htm
d0147406_09341947.jpg

戦後の復興期を象徴するモルタル系看板建がベースの町並み
d0147406_09110858.jpg

ありました、闇市の名残を残すマーケット。
d0147406_09342036.jpg

横浜橋商店街の先にある三吉橋商店街
日本一短い商店街だとか。芝居小屋があります。
d0147406_09552929.jpg

運河を越してまた違う商店街になった。
この先は山手に続く海岸段丘。段丘下の町を運河に沿って海へ向かいます。
d0147406_09552913.jpg

JR根岸線、石川町駅。通りを横切って駅がある。
d0147406_09553093.jpg

元町商店街に到着!日が沈んでしまった。
d0147406_09553037.jpg

両側の建物は一階に歩道を形成して、オーバーハングして建てるのがルールになっています。
d0147406_09553102.jpg

一本山手側の通りは飲食店街。
d0147406_09553295.jpg

復興の町を歩く横浜編を終わります。
中華街や関内などは、サイトのデータベースをご覧ください。








by marunouchi_no1 | 2016-12-13 15:21 | 神奈川県  

奥相模 道志みちの集落

道志みち=国道413号線は、神奈川県相模原市から山梨県富士吉田市へ通じる道。富士五湖地方に行った帰り、中央高速や甲州街道が渋滞する時期には抜け道としてよく利用されます。また、二十年前くらいからアウトドアブームに乗って、道志川の河原のキャンプ場がたくさんできて知名度が上がりました。
私は学生時代からこの道が大好きで、ワインディングロードのドライビングテクニックは413で磨かれたといっても過言ではありません。その後は、413の交通量が増えたので、一本北側の大秋山村を抜ける県道に移り、道志みち=国道413号線は通らなくなりました。

ところで、神奈川最終戦は、道志みち沿いの集落となりました。久しぶりです。20年~30年前にはもっとたくさん古民家があったのに、運転に集中して町歩きはしてなかったというのが正直なところ。今頃歩くことになりました。
国道413号線はずいぶんバイパス化が進んでいますので、旧道の集落を東から攻めます。青野原集落。この突き当りの美容院は記憶にありました。
d0147406_20114678.jpg

河原の丸石で積み上げた石垣が美しいのがこのあたりの集落の特徴ですが、この集落だけではデータベースに載せられるレベルではありません。
d0147406_20132560.jpg


路肩に雪が増えてきた。晴天続きなので、路面凍結は免れてよかった。
青根の字平丸地区。道志川の河岸段丘上に段々畑が広がっていました。
d0147406_20154754.jpg

微妙な集落が続く。このワンカットはいいが、ここも単独では載せられません。
d0147406_2017365.jpg


そして、青根の中心集落である字上野田にやってきた。旧道を走ると記憶がよみがえります。そうそう、このあたりで死にそうになったんだ。当時ジムニーに乗っていたんですが、故障でハンドルがまったく効かなくなった。テレビゲームのハンドルのようにくるくる回っても操舵できなかったのです。
そして、その死にそうになったあたりにいい町並みがあった!そうそうあったあった!
d0147406_20204441.jpg

d0147406_2021853.jpg


いいですねぇ
d0147406_20213025.jpg

d0147406_20215992.jpg


道志みちを抜けて山中湖まで行きました。富士山がドドーンと横たわり最高でした。山中湖の小作でほうとうを食べて、帰りは中央道でサクッと帰りました。

by marunouchi_no1 | 2015-01-18 20:22 | 神奈川県  

丹沢大山宿坊町

車検の終わったS2000を今度は磨くために平塚の工房へ届けました。そして代車のホンダライフで丹沢の山懐にある大山に行ってきました。
d0147406_1756554.jpg

大山は、山腹にある阿夫利神社(古くは雨降山大山寺)への参拝者が宿泊する宿坊から発展した旅館街です。
現在、先導師(宗教活動のみの宿)を含め全部で47の宿があります。参拝を目的として宿泊するので、参籠所(さんろうじょ)と呼ばれてもいます。各宿には、神殿があり、諸般の事情で山に登拝できない人は、ここで参拝をします。
d0147406_17565624.jpg

d0147406_17565719.jpg

車道は川の西側を通っていますが、かつての道は左岸右岸を行ったり来たりしています。
d0147406_17565769.jpg

途中から旧道が分かれ急坂となります。
d0147406_17565850.jpg

d0147406_17565831.jpg

この坂「とうふ坂」という名前で、登山者が名物の豆腐をすすりながら登ったことからその名がついたそうです。
d0147406_17565952.jpg

いたるところに奉納した人や講中の名が刻まれている。
d0147406_1757146.jpg


旅館には豆腐料理の看板も多かった。豆腐屋さんもありました。
d0147406_17565995.jpg

近在だったのにはじめて訪れましたが、いい街でした。

by marunouchi_no1 | 2015-01-17 17:36 | 神奈川県  

はまさがみ紀行

年末年始の北関東攻め(埼玉県、茨城県、栃木県)のデータベースをアップしスッキリしましたが、また体がうずいて今度は南へ向かいます。

京浜急行に乗って金沢八景で下車、シーサイドラインに乗り換えます。「日本の古い町並み」というサイトで紹介されていた町並みを歩こうと思います。
横浜市内で最も大きな漁港だという柴漁港。
d0147406_1741336.jpg

海辺は埋めたてが進んでいてしばらく平地が続く。
d0147406_17413430.jpg

そこから急斜面に駆け上がる集落が展開します。
d0147406_17413461.jpg

d0147406_17413525.jpg

d0147406_17413536.jpg

d0147406_17413776.jpg

丘の上からは八景島シーパラダイスが見える。
d0147406_17413731.jpg

d0147406_17413882.jpg

d0147406_17413926.jpg

JR磯子駅まで移動して下車。埋立地はマンションばかりで、かつての海岸線から丘上にかけては古い住宅地となっています。そして、目的の浜マーケットに来ました。
d0147406_17413989.jpg

d0147406_17414053.jpg

終戦直後の闇市から発展した商店街かな?横浜では六角橋が有名ですが、面白いですね。
d0147406_17414133.jpg

d0147406_17414183.jpg

d0147406_17414235.jpg

d0147406_17414278.jpg

d0147406_17414460.jpg

2日目は、クルマを新山下のショップで車検に出した後、横浜駅で旧車カラーの踊り子号にひかれて思わず乗ってしまいました。
d0147406_17414498.jpg

そんで、湯河原で下車。ちょっとした旅です。
駅前の老舗っぽいカフェでランチ。
d0147406_17414547.jpg

d0147406_17414630.jpg

そして、湯河原の温泉街を徘徊します。なんとはじめて。灯台下暗しとはこのことですね。
d0147406_17414762.jpg

d0147406_1741486.jpg

いやぁ、風情があります。
d0147406_1741497.jpg

d0147406_17414994.jpg

残っている古い旅館の建物は廃屋が多い。景観的には重要ですが、どうなっちゃうんでしょ。
旅館街の下が湯河原の商店街。
d0147406_17415075.jpg

背後の崖がすげーです。
d0147406_17415114.jpg

湯河原から東京方面へ一駅戻って真鶴駅で下車。タクシー飛ばして福浦漁港へ来ました。ここは以前すでに歩いているんですが、うっかり写真を消去してしまったので、再訪です。
d0147406_17415120.jpg

港から相模湾を臨みます。初島の向こうにどどーんと大島が横たわり、遠くに利島、新島までもが見えました。
さて、筋肉痛で脚が痛いが坂の町を歩きましょう。
d0147406_17415214.jpg

d0147406_17415396.jpg

d0147406_1741538.jpg

やっぱり福浦はいいですね。画家中川一政がこよなく愛した街。
d0147406_1741585.jpg

石垣がいいですね。真鶴で採れる安山岩。そう小松石です。東京でも江戸城石垣や建物で見られます。
d0147406_17415584.jpg

d0147406_17415692.jpg

ここで15:00。あと一時間で日が暮れる。よーし欲張ってもう一箇所。
国府津まで移動し、御殿場線に乗り換えます。
d0147406_1741564.jpg

御殿場線はかつての東海道本線。今は単線ですが、複線時代の線路の跡がわかります。
30分揺られて山北駅。日は山の影に隠れようとしていましたが、間に合ったぁ。
d0147406_1741576.jpg

なかなか良いではありませんか!駅前に角Rの洋風看板建築が向かい合って残っている。出桁造りの町家に石蔵、戦後の不燃系モルタル看板建築群もある。
d0147406_17415874.jpg
d0147406_17415931.jpg

d0147406_1742068.jpg

d0147406_1742074.jpg

そして、ついに日がくれました。クルマもいいけど、鉄道の旅もいいですね。
d0147406_1742175.jpg

d0147406_174222.jpg

by marunouchi_no1 | 2015-01-12 16:35 | 神奈川県  

六角橋ふれあいのまち

先日夕方に訪れた横浜「六角橋商店街」を再訪です。
東急東横線白楽駅を降りて、
d0147406_1352688.jpg

ちょっと行くと商店街の通りにぶつかります。左折するとまっすぐに延びている。
d0147406_1352738.jpg

戦後の看板建築の間から顔を覗かせる銭湯。なぜ銭湯っていうのは一歩下がってあるのだろう。そのくせ大掛かりな建築なのはなぜだろう。
d0147406_1352749.jpg

その近くに、戦後の闇市から発達した商店街「六角橋ふれあい通り」の入口が小さく構えてる。
d0147406_1352833.jpg

なんということでしょう!入ってみると別世界。細いアーケードが一直線に300m続いてる005.gif
いちいち解説しませんが、いろんなショットをご覧ください。
d0147406_1352845.jpg

d0147406_1352988.jpg

d0147406_1353058.jpg

d0147406_1353070.jpg

d0147406_1353166.jpg

d0147406_1353132.jpg

d0147406_1353297.jpg

d0147406_1353335.jpg

外側はこんな感じぃ。バラックです。
d0147406_1353372.jpg

d0147406_1353485.jpg

反対側の入口。神奈川大生や地元のおばちゃんがひっきりなしに往来してます。
d0147406_1353497.jpg

表通りの商店街もかなりレトロだぁ
d0147406_1353573.jpg

一箇所空き地があったけど、いつまでも変わらないでいて欲しいな003.gif
d0147406_1353681.jpg

by marunouchi_no1 | 2014-12-06 12:49 | 神奈川県  

白楽 ふれあい通り

昨日、神奈川大学へ行く用事があり、東横線白楽駅で降りて、駅前商店街を雨の中歩き始めました。夕方なので、駅へ向かう神大生の流れに逆らう様に、、、

そうしたら、神大生の流れが途中、脇の路地から湧いてくるではありませんか。なんで?005.gif

ムム?入口の設えから、なんか怪しいぞ!
そこを入ってみると、でたぁ003.gif
d0147406_4405944.jpg


そうそう前に白楽にあるって聞いたことあった!
闇市系の商店街だ。
d0147406_441053.jpg


結構長く、一直線に繋がってる。
全国の闇市系歩いてるけど、ココはかなりランクが高そうですぞ!029.gif
近いうち探訪いたします。
d0147406_441054.jpg

by marunouchi_no1 | 2014-11-21 04:27 | 神奈川県  

束の間のゴールド免許か、、、

先週末、横浜新山下のショップへクルマを預けに出かけました。娘に声をかけたら一緒にいくというので、つれてった。ところが、横羽線の川崎大師ランプをすぎた鶴見あたりで、ボーッと走ってたら目の前が真っ赤に!
やっちまいました。オービスです。制限60km/hのところ110km/hくらい出てたから、一発免停でしょう007.gif
10年ぶり5回目の免停(うち1回は免取)はほぼ確実でしょう。まぁ、黄色いクルマに乗るようになってから、いく度となくきわどい場面が連続してましたから、時間の問題だったのでしょう。あーあ、ゴールド免許よさようなら。。。
d0147406_2253100.jpg

赤レンガ倉庫。ここにあるBILLsというレストランの朝食メニューが世界一だとかいうので行ってみたら、予約でいっぱい。更に11:00からの列も長蛇。なんじゃぁ021.gif
当然やめましたが、赤レンガ倉庫の朝食目的にいつもの湾岸を走らず、横羽線走って捕まってんだから世話ないです。

気を取り直して新山下のショップ、ASM YOKOHAMAへ。
d0147406_225418.jpg

ついに黄色い万訪号(HONDA S2000)の最終チューンナップです。
d0147406_225452.jpg


で、今宵、ショップへ引き取りに行ってまいりました。
エンジンをかけ、アクセルをチョンと踏み込んだだけでわかる!軽量フライホイールの効果で、エンジンがファンファン吹け上がります(戸田レーシング軽量フライホイール)
d0147406_225543.jpg

そして、クラッチはザックスレースエンジニアリング社製のノンアスタイプ。WPC加工を施したレリーズベアリングガイドのスムースさもあいまってか気持ち良いほどスパンスパンつながります。003.gif
d0147406_225613.jpg

最後が無限ハイパフォーマンスエアクリーナーの装着です。ラジエター前面のより冷たい給気を可能とする優れものパーツ。エンジンルームの雰囲気もガラッと変わった。効果は高速域でないとわかりません。
d0147406_225681.jpg

これにて、改造計画はひとまず終止符ということになります。006.gif
さて、袖森1分18秒切りは果たせるかな。それさえ達成すれば、あとは素直に3ヶ月免停を食らっておとなしくしていようと思います。

by marunouchi_no1 | 2013-09-10 21:41 | 神奈川県  

くるまでぶらり 横浜

今日は横浜にきています。第8代万訪号のTune up計画で、新山下にあるS2000専門のチューナーであるレカロシートの正規代理店でもあるASM YOKOHAMAでフルバケットシート&4点式シートベルトへの交換。やはりサーキット攻めるためには、安全と運転姿勢の最適化が重要です。
d0147406_17563455.jpg

d0147406_189378.jpg


さて、クルマが出来上がるまで、このブログの趣旨である町歩きを始めましょう。
新山下は港に隣接した埋立地。新しい街かと思ってましたが、割とシブい!
d0147406_17563593.jpg

元町の入り口まで歩いてきました。このあたりからおしゃれ系の店が現れる。イタリアンレストランでランチしよ。家族連れが多く有名なのかしら?
d0147406_17563695.jpg

元町商店街は多くの人で賑わっています。私は一本山側の静かな通りが好き。石川町駅近くのこの一角もいいです。
d0147406_17563771.jpg

石川町駅→関内駅→上大岡駅
上大岡駅の周りは山岳住宅地の宝庫です。丘陵地をどんどんと住宅開発して結果出来上がった現代版山岳集落と言っていいでしょう。以前から目をつけていましたが、ようやく歩くことができました。
d0147406_1756376.jpg

クーっ!すごい坂。そのてっぺんに住宅がへばりついています。買い物も大変でしょうねぇ。
d0147406_17563827.jpg

尾根筋のいわゆる稜線にマンションが次々に建設されていました。だけどマンションの向こう側は崖っぷち。
d0147406_1756403.jpg

斜面の戸建住宅の庭先かざぐるまぁ
d0147406_17564077.jpg

そして山裾には古民家が見られます。つまり、上大岡駅周辺の商業地や山裾の宅地が古い町で、山の上が山林を開発した斜面上住宅地。それにしても足腰が鍛えられる町ですね。
d0147406_17564170.jpg

新山下に戻ってきました。できてるかな。バッチリです。
d0147406_17564272.jpg

娘が横浜えきのそばの専門学校で模擬試験受けてる。本物のセンター試験のあとに同じ場所で受ける模擬試験だそうで、こんな夜遅くに。迎えに来たんだが、ガチ、歓楽街の真っ只中じゃ。呼び込みにやたら声かけられてうるさいのなんのって。女子高生が模試受ける場所じゃないですなぁ。
d0147406_20302259.jpg

横浜駅前の歓楽街にこげなシブい集合住宅がありました。はっはぁ。
d0147406_20302319.jpg

by marunouchi_no1 | 2013-01-19 13:00 | 神奈川県  

箱根ぶらり

昨日の話。平塚に住む妹を娘と迎えに行くついでに、箱根をドライブ。
足柄街道、金時山下の矢倉沢(地蔵堂)は、美味いしうどん屋があって人が集まっている以外、集落としては、、、でリストから削除します。うどんは今度食べてみよ。
d0147406_602391.jpg


地蔵堂から金太郎さんで有名な金時山経由で箱根に登れますが、一般車通行止めのようなので、御殿場→乙女道路→仙石原と迂回して登ります。昔は行けたのになぁ。

強羅。十数年ぶりに来たか。40年前に親父、お袋、妹、祖母の家族五人で梅雨時に来たことがあった。旅嫌いの親父にしては珍しかった。あの時は大雨だったなぁ。
d0147406_6114630.jpg


当然その時は町など探索せずでして、その後何度も来てるけど町歩きはしていませんでした。駅の周りは大型の旅館街であまり風情はない。駅から強羅公園へ上って行く通りに商店街があった。
d0147406_6114659.jpg


写真とってる観光客もいた。
d0147406_6174842.jpg

かなり急坂だ
d0147406_6175056.jpg


元箱根は旧東海道の町だけどもう何もない。寄木細工で知られる畑宿へ。旧東海道の間の宿でもありました。
d0147406_6221752.jpg


旧東海道の石畳(左手ね)
d0147406_622183.jpg


一里塚が残っています。わかりやすい。
d0147406_6221982.jpg


町並み的には、寄木細工で有名じゃなければリストから消し去るところだけど、旧街道沿だし残すことにしましょ。
d0147406_626244.jpg


箱根を小田原へ下る途中、綺麗な虹がみえました。

by marunouchi_no1 | 2012-09-02 05:51 | 神奈川県