カテゴリ:山梨県( 4 )

 

復興の町を歩く甲府・沼津(山梨県・静岡県)

《甲府》
今週も戦災復興都市巡りです。8:00に甲府に着きました。天気は最高、富士山、南アルプス、八ヶ岳全部見えます。
d0147406_13213334.jpg

手始めに甲府市の郊外、湯村温泉から。ここは戦災都市では無いですが。1200年前に弘法大師が開いた信玄の隠し湯の筆頭だそうです。このフレーズ他でも聞きますが、その度に「弘法大師は温泉リゾート開発してた人?」「信玄ってなんで温泉隠すの?」と思ってしまいます。
d0147406_13213446.jpg

d0147406_13213564.jpg

入り口あたりに歓楽系店舗が集まっていました。数が減ってるんでしょうけど、風情はある。
d0147406_13213513.jpg

太宰治や井伏鱒二もよく訪れていたとか。作家って温泉好きなんだなぁ。正面の「明治」っていう旅館は太宰治の宿って書いてあった。
d0147406_13213681.jpg

でも、かなりさびれています。
d0147406_13320818.jpg

甲府市の戦災概況図
d0147406_13320937.jpg

さぁ、甲府市中心市街に戻って、戦災復興の町を歩こう。
d0147406_13321002.jpg

d0147406_13321137.jpg

駅北の朝日町にある新天街。この辺りは、戦災エリアと非戦災エリアの境界部です。アーケード両側にバラック系飲食店が長屋状に並んでいる形態。
d0147406_13321142.jpg

かなり痛んでる。屋根は朽ちてます。
d0147406_13321275.jpg

d0147406_13321397.jpg

でも、営業している店はまだあるようです。
d0147406_13321428.jpg

トイレが綺麗にしてありましたから。モザイクが時代を感じさせる。
d0147406_13321504.jpg

屋根を挟んで建物はきっぱり分かれている。正面だけくっついてるんだ。
d0147406_13321520.jpg

d0147406_13371489.jpg

新天街の裏手を歩くと古い民家が残っていました。戦災に遭っていないエリアに入ったのでしょう。
d0147406_14051068.jpg

駅の南に広がる繁華街を歩きます。
今まで甲府に十数回はきているでしょう。でも、街は歩いていなかった。そもそも、駅前に城跡(舞鶴城)があることを今日初めて知りました。
d0147406_14051045.jpg

北のオリオン通りから繁華街を南下していきます。映画館でもあったのかな。
d0147406_14051190.jpg

地元岡島百貨店と相対する山梨中央銀行本店。文字通り中心地です。
d0147406_14051223.jpg

2つの建物が面する交差点から、南へのびる商業軸の かすがもーる〜春日あべにゅう
。健全な商店街です。
d0147406_14051367.jpg

昭和な建物がチラホラ。
d0147406_14051377.jpg

東西に通う銀座通り商店街。とても綺麗なアーケードですが、、、
d0147406_14104561.jpg

裏側はこのような木造だったりします。
d0147406_20201671.jpg

春日あべにゅうの一本東を通る裏春日。その名の通りに裏町で、飲食店が並んでいます。
d0147406_20201701.jpg

スナックやバーがたくさん入った建物。「地下バー街」とは面白い表現だ。
d0147406_20201856.jpg

d0147406_20201894.jpg

更に入った南銀座は、スナックやキャバクラが軒を連ねる遊里。朝から営業している店もあり、客引きの目を盗んでの取材です(お客さん撮影したらどやされるので注意)。
d0147406_20293479.jpg

スナックやキャバクラが入った銀座街。
d0147406_20293589.jpg

同様のたき通り。
d0147406_20293609.jpg

そして、オリンピック通りです。なんでオリンピックなのかわかりませんが、
d0147406_20293753.jpg

d0147406_20293743.jpg

特にグローバルな店が入っているわけでも無い。
d0147406_20293874.jpg

こちらは、銀座通りアーケードから入る仲見世。
d0147406_20293929.jpg

長屋形態の横丁。
d0147406_20293973.jpg

コリド桜町通りに面するもう一方の入り口に「NAKAMISE」と書かれたゲートがありました。
d0147406_21083723.jpg

コリド桜町通りの建物。2つの建物の間に屋根がかかってる。
d0147406_21083870.jpg

両方の建物の2階3階に通じる外部階段がありました。面白い作りだ。

《富士宮》
d0147406_21083961.jpg

甲府から精進湖・朝霧高原を経由して静岡県富士宮に移動。2週間前も通ったけど、日が暮れて歩けなかったので。
d0147406_21084044.jpg

門前の参道の先にある看板建築。オデコが大きいから後ろへの片流れ屋根だな。
d0147406_21084186.jpg

その並びにある民家。
d0147406_21084132.jpg

裏側は3階建てだった。
d0147406_21084294.jpg

富士宮名物の焼きそば屋さんが囲んでいるお宮横丁。
d0147406_21084367.jpg

d0147406_21084387.jpg

富士山の伏流水は飲み放題。焼きそばはやや太麺で塩とソースのハーフアンドハーフにて腹ごしらえだ。
d0147406_21084469.jpg

大社通り宮町の町並み。アーケードに面して看板建築店舗が並ぶ。
d0147406_21194201.jpg

d0147406_21194387.jpg

大月線(県道414)沿の看板建築と町家建築。やっとここで、古い町並みが見られた。
d0147406_21194431.jpg

浅間神社の東側界隈。料亭が現れた。こりゃ遊郭くさいな。
d0147406_21194571.jpg

文化財として保存している長屋門。ここにはかつて大きな料亭があったそうだ。やっぱり遊郭だ。
d0147406_21194642.jpg

マイロード本町の看板建築。

《沼津》
d0147406_09135348.jpg

最後は沼津です。15:00だけど、おひさまがかなり傾いている。急がねば。
画像は沼津の戦災概況図です。ほぼ全域が消失した。
d0147406_09135420.jpg

中心市街地は城下町と宿場町を基盤としている。沼津駅から南側アーケード名店街の入り口あたりまではお城だったと言いますから驚き。近代に整備された街です。
d0147406_09135599.jpg

駅からまっすぐ南下する仲見世商店街。
d0147406_09135598.jpg

あまり賑やかではありませんね。
d0147406_09135685.jpg

上本通り商店街
d0147406_09135662.jpg

そして、上本通りの南にあるアーケード名店街。本日のメインディッシュです。
d0147406_09225309.jpg

戦後復興期の昭和28年に整備された商店街。計画道路に指定されていて幅員を広げなければならなかったところ、一軒の戦災を免れた百貨店があり、その建物を残して一階をくり抜く形で歩道上空地を整備する手法が認められ、異例の都市計画道路指定解除によって実現したという商店街。もちろん、一階をアーケード状にして高さなど形態規制がなされています。
d0147406_09225460.jpg

当初は、一階をアーケードとした二階建てが多く、
d0147406_09225574.jpg

昭和30年代に三階が増築されたそうです。
d0147406_23303261.jpg

d0147406_23303468.jpg

d0147406_23303440.jpg

モダニズム建築の町並み。これは面白いです!
d0147406_23303515.jpg

アーケード建築は先に訪れた清水にもありましたが、ここ沼津が発祥だとのこと。大変興味深いですね。
d0147406_23303693.jpg

路地の風景。
d0147406_23303712.jpg

旧沼津宿にあたる本町。こういう町家は戦災を免れたのでしょうか?
d0147406_23303860.jpg

本町の町並み。看板建築がいい。
d0147406_23303970.jpg

本町商店街の東側裏町に、旧遊郭らしき臭う場所あり。
d0147406_23303977.jpg

d0147406_23304065.jpg

さすが、伊豆半島の付け根、伊豆石の蔵が多く見られます。
d0147406_04002082.jpg

d0147406_04002182.jpg

新仲見世商店街のアーケード
写真右手の喫茶店ダニエルでゆっくり静かにお茶してたら、うるさいオバハンが入ってきたので店を出た。もう日が暮れてきたから帰ろ。沼津駅周辺を歩くの忘れました。



[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-12-04 13:08 | 山梨県  

天界の村を歩く 南アルプス 茂倉(山梨県早川町)

d0147406_23332857.jpg

離島を片っ端から攻める「海界の村を歩く」シリーズに取り組んでいると、時折山に行きたくなるものです。
d0147406_23332848.jpg

奄美群島から戻った翌週、雪解けも進んでるでしょうということで、山梨県南アルプス東側の山岳集落を訪ねました。
d0147406_23332984.jpg

早川町茂倉(もぐら)。早川の谷を走る道路から新倉で支線に入り、ひたすら上っていくと突然でっかい集落が出現しました。
d0147406_23332952.jpg

かつて鉱山で賑わったという村。単なる焼畑農業では考えられない家々の集積度にびっくりしましたが、その理由からなるほど納得しました。
斜面はさほど急ではない。等高線の間隔が広がる緩い勾配のエリアに、狙ったように集落が形成されています。
d0147406_23432560.jpg

家々の型は、茅葺屋根ではなく、かつての板葺き、現在は金属板による切妻平入が主流でした。
d0147406_08150818.jpg

斜面集落の真ん中にクルマが通れる横道があって、上下に展開しています。まず、上から入っていきましょう。
d0147406_08150817.jpg

写真ではなかなか伝わらないのですが、向こう側の谷はとても深いです。
南アルプスの西側にある天界の村「下栗」にひけをとらない天界度です。しかも蔵を備えた家が多い。往時をしのばせます。
d0147406_08322900.jpg

横道の下を歩きます。大きな二階家が見られる。
d0147406_08322937.jpg

d0147406_08322969.jpg

集落町並みWalkerのデータベース的には星4つ獲得です。素晴らしい!
まだまだありますね。天界の村は終わりません。
d0147406_08323059.jpg

新倉(あらくら)に戻りました。ここは谷底に面する斜面上集落。奈良田に通じる旧街道から見上げる。崖線の上下に集落が二段に構成されています。
d0147406_08323012.jpg

この家、昔は旅館か何かかなぁ。そんな造り。鉱山下の集落として栄えたのかな。
d0147406_08323049.jpg

崖を上っていくと上部の集落にたどり着く。蔵も立派!
d0147406_08422385.jpg

十分、天界の村っぽいです。
d0147406_09210887.jpg

川原の石を使った石垣が美しい。
d0147406_08422467.jpg

なんか、建物のデザインが皆凝ってるというかセンスがいい。当時の棟梁の力かな。
d0147406_08422488.jpg

早川を下ると対岸にいい感じの集落があった。早川集落です。茅葺トタンカバーの民家が沢山残ってた。
d0147406_08422501.jpg

養蚕によって屋根が改修された民家が多く見られました。
d0147406_08422586.jpg

富士川に戻って甲府へ向かいます。双葉の小作でほうとう食べて、韮崎から清里へ旧道を走ります。
d0147406_08422554.jpg

d0147406_08422663.jpg

旧児玉町の若神子(わかみこ)。佐久甲州街道の宿場町かなぁ。ここらは海鼠壁が多いですが、伊豆から富士川を上って普及したと言われます。
d0147406_08422655.jpg

凝った木組み。
d0147406_08422612.jpg

凝った漆喰塀。
d0147406_08524623.jpg

佐久甲州街道を北へ進み、長野県には入ります。八ヶ岳の麓、南牧村の海尻。
d0147406_08524601.jpg

d0147406_08524676.jpg

海鼠壁の円弧の塀。
d0147406_08524665.jpg

突き当たりに火の見櫓がそびえてた。その先の旧道へ行こうとしたら、上の木と木の間を何かが飛んだ!猿でした😱
d0147406_08524709.jpg

さて、どうやって東京に帰ろうか。
長野県と群馬県の間の峠は皆まだ冬季閉鎖中。しかし、佐久市臼田町から東へ越えていく田口峠だけは開通している。その理由はなぜかわかりますかぁ。
上の地図をご覧ください。青の一点差線が県境ライン。緑が稜線です。広川原&馬坂という集落が長野県なのに峠の東側にある。
d0147406_09015951.jpg

普通に群馬県から全く違和感なくアクセスできて、群馬県羽沢地区の一部のように見えます。しかし、佐久へ行くにはとんでもない険しい峠を越えなければならない。
不思議ですね☺️




[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-27 23:18 | 山梨県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第21日

お天気ニュース見てたら昨日の飯田市は長野県の中でも最高気温だったとか。今日も暑さが続く見込みですが、何とか午前中に富士山麓へ上らないといけません。朝早く出発して伊那八幡の町を歩いたあと、中央道に乗ってサクッと甲府へいくか、別所街道を南下して浜名湖に出るか。後者にしたいが、ある程度山道なのでまたラジエターの水温が上がってしまう恐れがあります。悩ましく夜中に目が覚めてしまいました。

そのウトウト。5:30にホテルをでます。町を天竜川方面へ下った伊那八幡を歩きます。八幡宮の門前町であると共に、三州街道から秋葉街道への分岐点でもある。
d0147406_14203033.jpg

いい!本うだつありーの海鼠壁ありーの。短いけど濃いい町並みです。
d0147406_14261353.jpg


まだ6:30だし涼しいぞ。気を良くして、やっぱり町に立ち寄ろう。阿南町は長野県南端エリアで未踏です。谷底から一気にかけ上がると高原状に集落があった。新町は旧遠州街道の宿場町でしょう。
d0147406_14312962.jpg


盆踊りが有名らしい。旧街道そいではない場所に料亭があった。
d0147406_14332141.jpg


まだ8:00台。ここから太平洋岸へ出るのはどのルートにしようか。真っ直ぐいけば愛知県豊橋、計画で組み入れていた静岡県佐久間を経由すれば山越えして浜北へ。調子に乗って後者を選んでしまった。
散々山越えしてダム湖の途中で通行止め。大きく迂回しなければならない。ガソリンがない!もう一回ミスればガス欠の恐れもあります。が、愛知県豊根村の中心部に出られました。いいじゃないか!取材!
d0147406_14443795.jpg


そして、やっとこさ静岡県佐久間に抜けられた。
d0147406_144633.jpg

水窪へ抜ける途中の中芹集落。ここは、以前から目を付けていたところ。やっと歩けた。
d0147406_1448259.jpg

山深い天界の村の町って感じ。
d0147406_1449619.jpg

暑くなってきやがった。森町立ち寄ろうと思っていたけど、早くしないと富士山麓へ登れないぞ。新東名で富士宮まで移動。やめときゃいいのに富士宮をチェックするが無い(前にもチェックしたのにやっぱり無い)。
ラッキーなことに曇ってくれて気温が上がらず、登れました!
d0147406_14543030.jpg

本栖湖の畔にある本栖集落。以前は茅葺集落でしたが、もうねーよ!観光地だしそりゃそうだ。
d0147406_14561668.jpg

代わりに鳴沢村を取材。懐かしい!
d0147406_14584611.jpg


河口湖町にあるほうとうの小作でランチ。2:00だっていうのに超満員。もちろんちゃんこほうとう。
山中湖から国道413号線で東京へ向かいます。この国道は若い頃の私のドライビング練習コースでした。おハコの道。道志村を通って神奈川県へ。まだ中央道がこんでるので、大垂水峠越え。水温が98度まで上がっちゃった。ギリギリセーフ!!!
高尾インターから中央道にのって、18:00無事東京港区へつきました。フー。縦走紀行第21日は東京が終点です。
縦走紀行の次回はお盆に東京巡りをします。私が生まれて初めて計画した町歩き、昭和52年8月13日、14日全く同じルートで!!!乞うご期待。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-07-29 03:25 | 山梨県  

渋滞

岐阜県中津川からの帰り。
中央道談合坂で渋滞。久しぶりにかぶってます。
d0147406_163721100.jpg


くー
八王子から高井戸までも
えぃ北野街道だ
なつかし
[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-06-10 16:33 | 山梨県