カテゴリ:新潟県( 2 )

 

中越紀行

昨日は、思い立ったように新潟へ行きました。目標は長岡にある超コテコテの鏝絵(こてえ)で装飾された土蔵です。
関越道に練馬で乗ったのが7:00過ぎ。渋滞もあって、長岡についたのが10:00過ぎでした。小出あたりで天候があやしくなり、豪雨。。。

長岡市宮内駅近くにある摂田屋という場所は、有名な吉之川酒造のある街で、他にも醸造業が集まっています。
d0147406_1922487.jpg

何とこの道が旧三国街道だそうで、工場の中の道かと思いました。
d0147406_1922551.jpg

その道を入って行くと正に工場の中を抜け、右手に林があり「飄亭」という名の酒造資料館がありました。ひっそりと「会館中」とある。扉を開けたら人が居て詳しい(楽しい)説明をしていただきました。
d0147406_1922582.jpg

旧三国街道は実は裏通りでして、表側の通りに回ると二つの酒造業のお屋敷が向かい合っています。一つは、今入った吉之川酒造、もう一つは「機那サフラン酒」を作っていた醸造所。
こここそ、「超コテコテの鏝絵の蔵」のあるお屋敷。
d0147406_1922680.jpg

↓以下抜粋
明治時代から続く“機那サフラン酒本舗”と言えば、昔は一世を風靡した薬草酒。
※現在は薬用ではなく、リキュールの扱いとなっていて、薬効をうたうことはできません。
数百年の歴史ある吉澤家伝法の秘蔵の酒を竹筒に入れて販売したのが始まりと言われています。
昭和初期には海外まで販路を広げたと伝わっています。
d0147406_1922979.jpg

凄いでしょ!ずっと見に行きたかった場所。中越地震の被害もあったそうです。
d0147406_1922964.jpg

その酒蔵が向かう会う通りを宮内駅方面に歩いていくと、新潟名物「雁木の町並み」が見られます。
d0147406_1923043.jpg

d0147406_1923175.jpg


クルマを走らせること1時間。日本海の寺泊です。遅い昼飯を観光市場の二階で食す。
d0147406_1923131.jpg

d0147406_1923276.jpg


リストアップしていた幾つかの町並みを探りますが、訴えるものがなくパス。巻町の稲島という旧北国街道の宿場町を散策。
d0147406_1923332.jpg

d0147406_1923465.jpg


渋滞調整もあり、21:30に三条燕インター乗って、東京に1:00am着きました。あー眠かった。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2013-07-15 18:36 | 新潟県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第25日

伊香保温泉の朝は晴れています。涼しい。けど、日中は暑くなるんでしょうね。
d0147406_8195895.jpg


昨晩歩いた温泉街を歩きます。浴衣の泊まり客らが散歩してる。土産物屋や饅頭屋さんはもう開店してる。
d0147406_8223012.jpg


ここいいでしょ
石階段の下には温泉の源泉が流れていて、各旅館に平等に分配される仕掛けがありました。
d0147406_8272729.jpg


さて、今日は新潟県中越下越の3か所を予定しています。第25日を最終地を村上にして、次回第26日は夜行列車で村上駅を通り過ぎることではじめ、山形県酒田で降りようと思っています。そのためには夜行列車=特急あけぼのを確保しなければなりません。特急あけぼのは、今や日本に残る最後のブルートレインです。9月の3連休前夜だし、1か月切っているし、切符が確保できるかが問題です。伊香保温泉から渋川に下り、渋川駅のみどりの窓口で切符を買おうとしたけど、B寝台A寝台ともに×でした。こうなると、第25日の最終地をどこで迎えておくか、悩ましい。

国境越えて新潟県。十日町近くの松代にきました。日傘さして町探索。
d0147406_13143970.jpg


三国街道の宿場町です。切妻妻入の町並み。日本海側らしいでしょ。
d0147406_13163142.jpg


この辺りは棚田が美しいです。
d0147406_1318339.jpg


小白倉へ向かう途中にいい集落発見。「歴史とロマンの里 室島」と書いてあるが、ただの集落です。この辺りは、いい集落がたくさん見られます。
d0147406_13211779.jpg


小白倉集落。いわゆる中門造りの民家が占める集落。
d0147406_13194487.jpg


いい集落です、、、が暑くてじっくり歩けない。。。
d0147406_13201753.jpg


関越道小千谷ICに出て、一気に下越まで走ります。北鹿自動車道は新潟から日本海東北道となり酒田までつながっている(途中無料区間あり)。どんどんできていくんだなぁ。
村上を過ぎ国道7号線、朝日村の猿沢という旧宿場町を取材。
d0147406_1326267.jpg


この暑さ、日傘をさすと随分と違って、東京の暑さとは違う。そうか、今日はフェーン現象かも。
d0147406_1327928.jpg


まだ14:30です。よ~し、酒田まで行ってしまおう。国道7号線を北上し、鼠ヶ関もすぎて庄内平野まで来てしまいました。鶴岡の港町加茂。文献に紹介されていたから来たのだけれど、大したことないかも。まぁ、猿沢と加茂が計画上のネックでしたからこれで、第26日以降の自由度が増しました。
d0147406_13293079.jpg


第25日最終地酒田。思えば遠くへ来たもんだってな感じで、東京から100kmそこそこの伊香保温泉のついでにさらに400km遠くまで走ってしまいました。酒田山居倉庫で日暮れ。
d0147406_13322915.jpg


平田牧場の「とんや」で夕食。2006年に家族旅行で東北を回ったときもここ酒田が最終地で、この店でとんかつ食べて帰りました。今日も一緒。平田牧場は東京にもお店があり、娘も好きでちょくちょく行きますが、地元で食べるのはまた格別です。
縦走紀行24~25日は、東京から一気に山形県まで進んじゃいましたが、次回は山形から福島へ向けて南に戻るような旅になる予定です。
d0147406_13355949.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-08-18 08:17 | 新潟県