カテゴリ:三重県( 5 )

 

海界の村を歩く 太平洋 鳥羽諸島 菅島(三重県)

d0147406_19152008.jpg

いらかぐみ2016/伊勢オフ会の後、三度目の鳥羽佐田浜フェリーターミナルにやってきました。鳥羽諸島の四つの島、五つの集落を去年から歩いてきましたが、いよいよ残りの一つ、菅島です。
d0147406_18495853.jpg

《菅島》
鳥羽港の東0.8km、標高237mの大山を中心とした東西に長い島。大半が山地で、家屋は島の北側一カ所に集中する。弥生式土器や須恵器が出土、『吾妻鏡』や『神鳳抄』にも島の名がみえる。漁業就業者が約40%、旅館・民宿などの観光業約40%となっている。水産業は沿岸小規模漁業で一本釣りや海女漁、冬期にはノリ・ワカメ養殖が主となる。洋式灯台の草分けと言える日本最古の菅島灯台や、海女が雌雄のアワビの初獲りを競う「しろんご祭」など、島の素朴さと自然景観、海の幸を求める観光客で通年賑わう。(シマダスより)
d0147406_18495809.jpg

菅島は一つの集落。山がちのこの島では、集落は細長い主に二本の谷に集落が形成されています。
d0147406_18495949.jpg

港に降り立つと丘の上に鉄筋コンクリート造の建物がそびえている。小中学校でしょうか。そして、何やら円筒形の塔がシンボリックについている。一体なんだろうか。
d0147406_18495993.jpg

一番長い谷の集落から歩きます。
d0147406_18495961.jpg

谷の真ん中に道があって、そこに家々が取り付くというオーソドックスなもの。
d0147406_19152038.jpg

その一本道から奥深い敷地にアプローチするための細道。まぁ、普通やな。
d0147406_19152140.jpg

特に目玉もなく、一番奥まで抜けてしまったぁ。これはボツかな002.gif
そこに「菅島灯台600m」の道標が。行ってみるか。ところが、結構キツイ尾根を越える。
d0147406_19285801.jpg

あららカワイイ016.gif
d0147406_19152146.jpg

菅島灯台は明治6年に建てられた日本で最も古いレンガ造灯台だそうです。海上交通の要衝だった伊勢湾の岩礁が多いエリアだそうで、早々に灯台が建設されたんだって。
d0147406_19152153.jpg

今来た道を戻ります。所々に伊勢っぽい民家があることはある、が、、、
d0147406_19152204.jpg

もう一本の谷を入っていく。
d0147406_19285889.jpg

ふむふむ
いいんでないかい003.gif
d0147406_19285847.jpg

下見板張りの民家が出てきた。こっちの谷の方が古そうだ。
d0147406_19285919.jpg

主軸の通りから入る道はこういう感じ。でも奥の家も古そうだ。
d0147406_19285991.jpg

そして、現れたぁ。伊勢地方の民家形態。これで、ボツを免れた!
d0147406_19322662.jpg

急坂を登っていくと出たぁ
そそり立つ家だ!
d0147406_19322669.jpg

反対側の斜面から見てもこんな感じ。スゲい
d0147406_19434393.jpg

d0147406_19434343.jpg

急斜面部の集落。駆け上がり方が、私好み。
d0147406_19434475.jpg

よしよし、まとまった。ですが、星1個かなぁ。目玉がもうちょっとあればねぇ。
d0147406_19434405.jpg

港に戻った。着いた時に見上げた小中学校の円形の塔の意味がわかりました。島のシンボル=菅島灯台だったんだぁ。

これにて、伊勢湾の島はコンプリートいたしました017.gif


[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-06-05 18:13 | 三重県  

いらかぐみオフ会2016 伊勢

いらかぐみ第14回オフ会は、サミットの余韻冷めやらぬ伊勢。近鉄四日市駅でuranoさんと待ち合わせて、レンタカーで三重県の伊勢街道の町並みを歩きます。
四日市市日永と鈴鹿市石薬師は、七ちょめさんが紹介している街道町並みですが、私共のお口に合わず確認だけしてスルー。鈴鹿市神戸(かんべ)から町並み探訪をスタートです。
d0147406_14023659.jpg

四日市市追分で東海道から分岐した後の旧伊勢街道は伊勢神宮を目指して南下、鈴鹿市内を横切るところが宿場町神戸。古い町家が結構残っています。
d0147406_14023626.jpg

町並みの南端エリアの町並み。
d0147406_13580855.jpg

町並みの北端エリア。
d0147406_13580954.jpg

現役の旅館があり、欄干に装飾があった。
d0147406_13580917.jpg

鈴鹿市白子 旧伊勢街道の宿場町でした。
d0147406_13580998.jpg

右 参宮道
左 神戸四日市道
d0147406_16475914.jpg

切妻平入りの町家が一直線に連なる。
d0147406_16475983.jpg

旧伊勢街道 津市 上浜町
なかなか重厚です。画像の屋敷は超でっかく角地に構える。
d0147406_16475934.jpg

この屋敷、板塀が美しかった。
d0147406_16480008.jpg

そして、本ウダツを上げた醤油醸造元「阿部喜兵衛商店」
d0147406_16480063.jpg

出っ歯式のオオダレ
伊勢に近づいていることを感じます。
d0147406_16480051.jpg

津市阿漕(あこぎ)の旧伊勢街道の町並み。
北端のエリアに完璧につながる家並みあり。間口の小さな立ちの高い切妻平入り。
d0147406_17491612.jpg

素晴らしいっす。
d0147406_16480102.jpg

オオダレのある軒先き周りのディテール。
d0147406_17491611.jpg

d0147406_17491681.jpg

d0147406_17491618.jpg

松阪市上川、豊原の旧伊勢街道。
宿場町ではなく街村ですが、そこそこいい。
d0147406_17491725.jpg

オオダレの内側。雨が吹き込まないように軒を思い切り出して、さらにオオダレをつけています。
d0147406_17491765.jpg

そして、今日のオフ会でメンバー全員が集まるのは、参宮線が敷かれてから伊勢市駅と外宮との間に形成された街。
d0147406_17491751.jpg

お宿は木造3階建ての「山田館」です。スッゲェ迫力。年季が入っているを通り越して、建物全体がゆがんでおります。
d0147406_17491770.jpg

シャキッとしてた頃の山田館。
d0147406_20023377.jpg

中をご覧あれ。
d0147406_17491867.jpg

d0147406_20023324.jpg

とにかく軸組や床壁天井全てがゆがんでます、、、
しかし、料理は多くて美味しかったですね。
地震が来ないことを祈りながら寝ました。
d0147406_17593604.jpg

d0147406_17593725.jpg

d0147406_17593748.jpg

翌早朝。朝飯前の町歩きはいらかぐみオフ会の儀式のようなものです。伊勢市河崎地区を歩きました。雨だぁ😓
d0147406_17593739.jpg

朝飯済ませて、山田館の前で全員記念写真を撮った後解散。5人のメンバーで伊勢内宮へ。その途中に二軒茶屋を歩きました。
d0147406_17593886.jpg


d0147406_17593895.jpg

おはらい町と内宮の参拝(一応ね)。
d0147406_17593821.jpg

そして、おきまりの赤福。朝雨降ったんで人出が少なく助かった。
d0147406_17593867.jpg

d0147406_17593938.jpg

外宮と内宮との間にあった遊郭の建物が一軒だけ残っています。麻吉旅館。斜面に建つ六層の旅館は、何度見ても見事だ。

再び伊勢市駅に戻って5人とお別れしました。
また来年お会いできることを楽しみにしております。001.gif

[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-06-05 13:03 | 三重県  

海界の村を歩く 伊勢湾 坂手島・答志島(三重県鳥羽市)

2015/12/30
瀬戸内の島を巡る旅の最終日はどうしようか。先週行った鳥羽の離島。神島、答志島(答志・和具)に訪れましたが、かなり良かったので他の島や集落も期待できる。未踏の逆手島と答志島桃取を歩こうと思います。
d0147406_20120186.jpg

逆手島は、鳥羽港の東約0.6kmと志摩諸島の中で最も本土に近い島。標高110mほどの山地の南斜面のわずかな平地に集落が一つ形成されています。
d0147406_20304026.jpg

本土と近く通勤に便利なことから、本土通勤者が多く、この日も多くの人が船に乗っていました。バスみたいな感覚ですね。
d0147406_20120125.jpg

d0147406_20120228.jpg

それだけ便が良いからなのか集落には老人ばかりでなく若い人や子供たちも見かけました。しかし、家屋の改修はあまり進行していない印象で、伊勢の伝統的な様式が良く残っています。
d0147406_20120205.jpg

d0147406_20120267.jpg

中心部に神社の前でもないのに広場のような空間があります。そきに面して店舗が営業していて人の往来も多い。このような空間は珍しいと思います。
d0147406_19135372.jpg

d0147406_20125586.jpg

伊勢様式の民家が多く見られます。
d0147406_20120356.jpg

d0147406_20120332.jpg

平地が狭いので、集落は海岸線伝いに延長しながら背後の斜面にも駆け上がっていました。

鳥羽佐田浜港に戻りました。駐車場のクルマの中で寝てた娘を起こして、次の島に連れて行きます。
d0147406_20304081.jpg

答志島は先週東側の集落を歩いたので、今日は西側にある桃取を訪れます。両者の間には山があって行き来はしづらく、いずれも別々に鳥羽港から船が出ているのです。
d0147406_19145635.jpg

集落は城壁のような高い防波堤が外周を囲んでいて、防潮扉のところからしか入れません。
d0147406_19153470.jpg

伊勢らしい切妻妻入りの下見板張り、破風に水切り板のついた民家が並ぶ町並み。
d0147406_19154968.jpg

集落の奥にあった大きな井戸。
d0147406_19161527.jpg

d0147406_19164522.jpg

漁村の密集した良さは東の答志集落の方ですが、桃取は伊勢様式の町並みが見られます。
d0147406_1917336.jpg
d0147406_19172834.jpg

伊勢湾、三河湾の離島はハズレがないですね。佐久島、日間賀島、篠島、神島、答志島、逆手島、いずれもDataBaseに載せられる価値があります。残る一島の菅島もおそらくいい町並みが見られるでしょう。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-12-29 20:00 | 三重県  

海界の村を歩く 伊勢湾 答志島(三重県鳥羽市)

神島から戻る船は、次に予定している答志島に寄ってくれればいいのに、答志島を横目に見ながら通り過ぎて、菅島に立ち寄ってから鳥羽佐田浜港に戻るのです。佐田浜で1時間10分くらい時間がある。昨日夜に歩いた鳥羽の町並みを再チェックしに行きました。
d0147406_18095032.jpg

間違いなく旧遊郭です。実は自分の作った「全国津々浦々遊里リスト」に「鳥羽町遊郭、鳥羽駅下車」って載ってました。
d0147406_18095050.jpg

d0147406_18095150.jpg

この建物は待合って解説されていました。

もう一回、佐田浜港へ戻って、答志島へ渡ります。どんより曇ってはいたものの、なんとかもっていた天気ですが、ついに雨が降り出した(ホント雨男です)。しかも寒くなってきやがった。
d0147406_18095180.jpg

東西に長い答志島には3つの集落があります。答志と和具が東端に互いに1km離れてあり、西端には桃取という地区がある。東西は答志島スカイラインという道がつないでいるもののバス便はない。答志と和具へ行く船と桃取へ行く船は、佐田浜港から別々に出ています。
d0147406_18095112.jpg

船は、和具港で多くを下ろした後、答志港まで行って折り返します。港にはたくさんの漁船が停泊していて、漁業が盛んなことが伺えます。
d0147406_19090141.jpg

答志集落へ入っていきます。細い道です。これがこの集落での当たり前の道幅。
d0147406_19090151.jpg

d0147406_19090290.jpg

すごいですねぇ。狭い通りの密集系漁村はたくさんあるけど、この集落は違う。一軒一軒がしっかり建てられていて、手入れがされている。
d0147406_19090260.jpg

d0147406_19090301.jpg

そして店がたくさんある。これは過疎化があまり進行していない現役で栄えている集落の姿です。
d0147406_19090323.jpg

d0147406_19090454.jpg

d0147406_19090431.jpg

まぁ、本来全ての集落がこうだったわけですけど、今ではこっちの方が珍しい。伊勢湾、三河湾エリアの島では愛知県の篠島も栄えていましたが、双璧といっていいでしょう。
d0147406_19090559.jpg

d0147406_19090562.jpg

しつこいくらい写真を掲載したから伝わるかなぁ。密集系漁村の良さってなかなか一枚の写真では表現しづらい。近いうちに動画をアップしますので、そっちも是非ご覧ください。
d0147406_19193910.jpg

1キロ程歩くともう1つの集落、和具があります。こちらも港にたくさんの漁船がビッシリ。すごいなぁ。
d0147406_19194042.jpg

和具地区は答志地区に比較して新しい家が多い印象です。井戸が煉瓦造なのが特徴かな、随所で見かけました。
d0147406_19194030.jpg

d0147406_19194079.jpg

このような石を積み上げた塀があった。古い防潮堤かしら。
d0147406_19194059.jpg

現在の船着場に近い端っこのエリアに大きなホテルがあって、周りに飲食店か割烹旅館だったっぽい建物がありました。
d0147406_19194117.jpg

賑わっていたんでしょうね。

1時間半歩きっぱなし。雨脚も強まってきたので、予定より早い船で戻ろうと思います。
d0147406_19194188.jpg

近鉄鳥羽駅で松坂牛の肉まん。何んと一個400円以上する。味は、松坂牛言われれば、そうなのかなぁ〜。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-12-23 17:23 | 三重県  

海界の村を歩く 伊勢湾 神島(三重県鳥羽市)

天皇誕生日の前日、鳥羽に入りました。
d0147406_10380327.jpg

鳥羽の町の「てんびんや」という店で海鮮料理と地酒熱燗でお腹を満たした後、夜の町を歩いてみました。
d0147406_10380307.jpg

海上交通の要衝にあり港町として発展した町には古い町並みが見られます。
d0147406_10380398.jpg

d0147406_10535226.jpg

特に裏通りはスナック店も数軒営業していて、遊里の風情が感じられて面白かった。明日、時間があれば昼歩こうと思います。
d0147406_10535239.jpg

今宵の宿は駅近くの旅館。かつては中居さんが居るような大きな施設だったのでしょうが、今や細々とビジネスホテルとして営業しているようです。来年、伊勢志摩サミットが開かれることで注目されている地ですが、おそらく関係ないでしょうね。
d0147406_10535323.jpg

日が変わって祝日。今日は伊勢湾にある神島と答志島を歩きます。上の写真は、手間が鳥羽駅で、最も遠くに見えるのが神島です。
d0147406_15441050.jpg

d0147406_10535314.jpg

鳥羽佐田浜港から40分、波の高い伊勢湾口を横切って神島に着きました。揺れた揺れた。
d0147406_10535391.jpg

神島は、鳥羽港の北東約14km、愛知県伊良湖岬西約3.5kmの伊勢湾口の海上に浮かび、古代から海上交通の要所でした。島の美しい自然や素朴であたたかな暮らしを背景に、海女と漁師の若い2人を描いた、三島由紀夫作の恋愛小説『潮騒』の舞台となったことで、「恋人の聖地」と言われているそうです。
d0147406_11111771.jpg

さぁ歩きましょう。帰りの船まで3時間ありますから、じっくり攻めます。例によって端から集落に入りかけましたが、引き返してメインストリートから始めます。横道と縦道の辻に時計がありました。かつてここに島で唯一の時計台があったそうです。縦道を登ります。
d0147406_11111795.jpg

d0147406_11111731.jpg

中段の横道との交差部。下見板張に赤瓦の民家が島の様式です。
d0147406_11111858.jpg

ところが見てください、このカラフルさ!同じ湾内の佐久島とは対照的です。
d0147406_15592682.jpg

↑佐久島(2014年)
集落は入江に面するわずかな平坦地と周りの傾斜地。こういうのが漁村ならではで、私を興奮させてくれます。
d0147406_15592683.jpg

集落西側斜面上から見る
d0147406_15592635.jpg

集落東斜面上から見る
d0147406_15592639.jpg

隣地の屋根をかわすために角が斜めにカットされた家。面白いですね。
d0147406_15592785.jpg

斜面を駆け上がる集落
d0147406_15592704.jpg

古そうな商店がありました。

時間が1時間以上余ってしまった。定期船の待合所。出航30分前になると切符売り場におばちゃんがやってきて。そして、集落中に響きわたる放送で、住人の名前を連呼しています。50人以上は読んだかなぁ。終わって「なんだったんですか?」とたずねたら「船で荷物が届く方々ですよ。船が着く前にFAXが流れてくるから、それを読み上げるんです。」これは初めての経験でした。小さな島の集落ならではですね。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-12-19 19:10 | 三重県