カテゴリ:和歌山県( 3 )

 

密里を歩く 紀伊水道(和歌山県)

d0147406_11425391.jpg
(和歌山県有田市宮崎町 矢櫃港)

紀伊半島の密集系集落を歩く旅。前回は、2008/12に三重県から時計回りに巡りました。その際、白浜温泉で高熱を出して寝込み、以降の旅、すなわち白浜温泉から北の紀伊半島西岸の集落を訪ねられずにいました。今回は約9年ぶりにつづきの宿題を果たす旅です。
d0147406_11314741.jpg
早朝、和歌山の紀和にある「天王新地」から歩きます。今回テーマの「密里」じゃありませんが、今年2月に歩き忘れた和歌山の遊里の町並みです。国道24号線の土手道、地蔵の辻という交差点のそば、「天王料理組合」なるゲートが目印。

店の看板を掲げ、まーるい照明をぶら下げた長屋形態の建物。如何にも関西で見る新地ですね。

まだ営業してるようです。土手道から二本の道に看板が出ていて、U字型に料飲店街が形成されている。
長屋の通りと違う方の通り。こっちにはお店の看板は出ていないので、もうやってないのかな。2012年に歩かれたいらかぐみYasukoさんの写真によれば、両側に建物がありました。画像、カフェー調の店がある。10分くらいの取材でした。
さぁ、今日のテーマの密集系漁村へ。
紀伊半島西岸のリアス式海岸には、急峻な岬がいくつか突き出していて、その先端付近、北岸南岸に密集系集落が見られます。
まずは、「アメリカ村」から。なんでアメリカ村? 美浜町三尾は、北アメリカ大陸のカナダへの移民を多く送り出した村として知られています。

d0147406_11411400.jpg
漁業権争いに負けるなどしたため、新天地を求めて移住が始まったそうです。一時は、カナダで成功した方々からの送金で裕福な集落になったそうですが、第二次世界大戦では財産を没収され、強制的に日本へ戻されたとか。現在はカナダへ戻り、三尾はカナダ移民ルーツの村となっています。
d0147406_11385277.jpg

d0147406_11390121.jpg
こういった洋風の住宅は、移民が日本へ戻った時に建てたものでしょうか?
d0147406_11400760.jpg

三尾集落は、本瓦を漆喰で固めた屋根が多く、
軒先きに雨返しをつけた家も複数あり、台風上陸や多雨の紀伊半島らしい集落でした。
d0147406_01132804.jpg
日ノ御埼半島の三尾とは反対側にある集落 阿尾。

家々は主屋と付属屋ならびに塀で囲まれた形式が多そう。
神社の参道のところが広場のようにちょっと広くなっていて、鳥居前に土佐商店という万屋があった。「土佐」って高知県だよねぇ。
斜面に差し掛かるところの屋敷。密集系漁村の場合、斜面の下が埋め立て地で、このような縁の道が旧海岸線だったりする。だから、斜面側の家が由緒あったりする。
石垣にアーチがあります。古くはないが、石垣にアーチによってスペース生み出している。この家は因みに自転車置き場でした。
さぁ、どんどん北上しましょ。
紀伊水道の面するリアス式海岸、宮崎ノ鼻岬の半島南岸の漁村集落です。地名では宮崎町ですが、漁港の名前が「矢櫃(やびつ)」なので、そう呼びます。
櫃港に近づくにつれて道幅が狭くなり、最後はクルマが入れなくなってしまった。港に停めようと考えてましたがアクセス不可能。バックして駐車場に停めました。駐車場周りの斜面の中腹には、国民宿舎くろしおがあって他にも廃墟化したホテルが数軒あります。景勝地だったんですね。
素晴らしい!こういう集落と出会えるからやめられません!
下津町青石鼻の半島、南側にある大崎港。画像のように古い町並みがありそう、ココロが踊る。

海岸線に沿った町並み。いいですねぇ。大崎港は、紀伊水道の風待ち潮待ちの港だったようです。

お店があった。屋号が「土佐屋」。おや?阿尾にもあったぞ。この地域は四国へ渡るルートだったようで、四国の地名がついた店が多いそうです。

中央構造線に分布する青石エリアであるため、青石の石垣石塀が多い。
斜面集落に登っていくとこのような塀が現れた。波で現れた海岸でとれる青石の丸石を積んだ塀。素晴らしいです。
丘上の町並み。本瓦と漆喰が美しい古民家がありました。

港に戻ったら、かざまちカフェがオープンしてました。町おこしで、地元の人たちが地元の食材でケーキや料理を出している。
とても居心地が良く、多くの人で賑わっていました。
同じ半島の北側、塩津浦の隣にある戸坂港です。ここも、Googleマップの航空写真で当たりをつけてきた集落。
おおっ!斜度がキツイぞ。

大当たり!

密里テーマの対象となる集落は終了。関西空港の最終便まで時間が残っているので、海南市黒江を21年ぶりに歩きました。漆器で栄えた町。記憶にないがいい町並みと改めて思います。

隣の日方地区も良い。和歌山県の集落町並みは見所多しです。

by marunouchi_no1 | 2017-09-13 11:43 | 和歌山県  

復興の町を歩く 和歌山

d0147406_16050056.jpg

和歌山の中心市街地もほぼ全域が戦災を受けています。しかるに今までずっとラーメン食う以外はスルーして来ましたが、今のテーマ「復興の町を歩く」の戦後の町を知るには最もわかりやすくなっているはずです。
d0147406_16050188.jpg

朝8:00、町並み探訪開始。和歌山市の中心市街地は、東のJR和歌山駅と西の南海和歌山市駅のちょうど中間にあります。まずは、JR和歌山駅近くのアーケード街「みその商店街」と「東卸市場」から歩きます。
d0147406_16134604.jpg

〈和歌山〉
和歌山は、紀ノ川の下流域の和歌山平野に位置し、紀伊水道に面する。1585年(天正13年)豊臣秀吉が紀州を平定、弟秀長に和歌山城を構えさせた。江戸時代は徳川御三家のひとつ、和歌山藩55万5千石の城下町として繁栄した。近代は、鉄鋼・化学を主とする重化学工業で栄えた他、繊維工業、製材・木工業、皮革加工などの伝統産業も活発である。
和歌山の中心市街地は、西に南海和歌山市駅、東にJR阪和線・紀勢本線和歌山駅に挟まれた城下町で、中心市街地の大部分が第二次世界大戦時の空襲で町が焼失している。したがって、現在見ることができる町は、戦災復興による戦後の町並みである。特に、終戦直後の物資が乏しい時期に、ヤミ市が駅前周辺や水路沿いに形成され、現在もその名残あるいは換地による商店街が見られる。
d0147406_16134731.jpg

d0147406_16134783.jpg

JR和歌山駅前の美園商店街や東卸市場もその一つで、美園商店街は、綺麗に区画されており、交差点に大きな角切りがあるため、アーケードのトップライトも八角形の美しい架構となっています。まだ朝早くってシャッターだらけ。まぁ、日曜日だから昼間も休業が多いかな。
d0147406_16134854.jpg

d0147406_16134835.jpg

アルミスパンドレルが標準外装のようです。
d0147406_16134942.jpg

d0147406_16134929.jpg

d0147406_16135019.jpg

標準外装は味気ないと思われたのか、店毎に工夫を凝らして改修している。
d0147406_16135082.jpg

中には二階を少しだけキャンチで出している店もありました。
d0147406_16135165.jpg

↑喫茶店がやってたのでモーニング食べに入りました。
d0147406_16144978.jpg

d0147406_16264475.jpg

これが完璧なる昭和レトロな店だぁ。トーストとコーヒーも美味しかった。
d0147406_16264576.jpg

d0147406_16264592.jpg

美園商店街の向かい側にある東卸市場。ここもなかなか良い。
d0147406_16264630.jpg

旧市街の中心部を目指し、西へ移動する。昨夜入った居酒屋のあたりから西側は一帯が夜の飲食店街。ラブホもあったからブルーラインもあったなきっと。
d0147406_16264620.jpg

和歌川沿いの家並み。そうそう、これが見たかったんだ。和歌山は戦災復興都市。水路沿いにヤミ市から発展した商店街や飲食店街があると聞いていました。
d0147406_16264736.jpg

右側は新しいけど、スナックの入った長屋建築。まさに、でしょう。
d0147406_16264857.jpg

このあたりは、まだ建物が水面上に張り出していません。
d0147406_16264820.jpg

興奮してきましたが、ここでいっちょ和歌山ラーメンで腹ごしらえだ。
d0147406_16264989.jpg

d0147406_16264958.jpg

和歌山の繁華街ぶらくり丁商店街(アーケード街)界隈を歩きます。繁華街は本町通りを南北の中心軸とし、ぶらくり丁アーケードが東西に二本走ります。
d0147406_16320085.jpg

築地浜通りと銀座通りに夜の飲食店が集まっていた。
d0147406_16320178.jpg

そして、、、スゲー。水路沿いに店舗(物販店&飲食店)がビッシリ川にはみ出して並んでいます。おそらくこれらは、戦後のヤミ市を起源とする建物群でしょう。川岸という公共の空地にヤミ市は形成されますから。でも、見事な景観です。
d0147406_16320130.jpg

築地通り側。
d0147406_16320206.jpg

歩道上にアーケードが続く。
d0147406_16320239.jpg

裏の水路の反対側にも飲食店の入った長屋がやっていました。
今では、戦災復興都市計画の幅広な通りとともに、和歌山を代表する町並み景観と言っていいでしょう。
d0147406_16320350.jpg

最後に和歌山城の南を歩きました。武家屋敷跡のような閑静なお屋敷街になっていまして、塀にこの地域ならではの青石が使用されていました。今回、和歌山市内を巡る時間は、食事を除いて4時間。電動アシスト付きレンタサイクルが威力を発揮してくれました!

by marunouchi_no1 | 2017-02-26 18:00 | 和歌山県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第15日

縦走紀行第15日。今日は徳島港5:40発和歌山港行き南海フェリーにて紀伊水道を渡ります。そして、紀伊半島東側の御坊、醤油のまち湯浅、紀伊山地を登って山上都市の高野山まで。

昨晩は徳島市街の外れにあるビジネスホテルに泊まりました。クルマを停め早朝5:00にスムーズに出られるためです。徳島ラーメン、スープ残したけど胃がもたれてます。
d0147406_5533711.jpg


天候は大荒れ。紀伊水道も波高く船が揺れる揺れる。
d0147406_556680.jpg


御坊9:00着。早朝フェリーの効果絶大だけど、雨も絶大!
御坊の町をまず流すと、旧熊野街道の商店街があって、そこもいいんだけど一本裏が良い。
まず、旧遊郭らしき一角を発見してウキウキに。
d0147406_12244480.jpg


その一本裏の道を歩きます。
d0147406_1227349.jpg

すると雨足が強烈に!ズボンはぐっしょりだ。
商店街の町並みもいい。本瓦が質をあげてます。
d0147406_1227420.jpg


湯浅へ移動。湯浅はじゅうでんけんになるずっと前にきたことがあって感動した町。だけど、十分歩いていなかった。三年前にリベンジにきた時、白浜温泉で高熱を出して泣く泣く帰宅し歩けなかった。その時の苦労話は印象記「高熱紀行」をご覧あれ。

じつに広範囲に残ってる。以前も感じたが、これほど道路整備が進んでいない町も珍しい。だから残ってるんだ。
d0147406_12334961.jpg

d0147406_12335245.jpg

d0147406_12335357.jpg


角長醤油
しかし、また土砂降り!一眼レフ全く封印です。
d0147406_12335421.jpg


有田川に沿って高野街道を進みます。どんどん山深くなって行く。出ました天界の村たち。紀伊山地は天界の村の宝庫です。
d0147406_2028381.jpg


登り切ったら、高野山の町が山のてっぺんにありました。すご!こんなところにとしがある。大学も野球場もある。
d0147406_20284467.jpg


奥の院に近いところにある蜜厳院が今宵の宿坊。
d0147406_20285292.jpg

d0147406_20285757.jpg


御膳で
いただきまーす
d0147406_2029663.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-06-16 05:32 | 和歌山県