カテゴリ:兵庫県( 9 )

 

復興の町を歩く 神戸長田・西宮

d0147406_06093601.jpg

阪神淡路大震災からもう20年です。神戸の街はすっかり復興し、意識をして歩かなければ震災の面影を感じることはありません。だけど、被災したエリアとそうでないエリアとで現在見る町並みに違いがあるはずです。そこのところを20年経た今、確認しながら歩こうと思います。
d0147406_06093754.jpg

神戸市長田区のJR新長田駅周辺では、大震災時、何ヶ所かで火災が発生し街が焼失しました。
d0147406_06505923.jpg

d0147406_06093796.jpg

1枚目の画像の中で、赤いエリアが火災のあったエリア。緑が全壊したエリア。2枚目の地図が現在で、両エリアの境目であるピンクのルートを歩きます。
d0147406_06350929.jpg

市営地下鉄海岸線の駒ヶ林駅で下車し、六間道商店街の西の端から取材開始。↑画像は六間道を西側から東を見たもので、右側が火災のなかったエリア、左側が火災のあったエリア。一目瞭然で対照的です。
d0147406_06351078.jpg

火災のなかったエリアは、実は第二次世界大戦時に空襲を受けておらず、↑画像のようにクルマの入れない道路が多く木造家屋が密集していました。
d0147406_06351020.jpg

長田区は靴を製造する工場と住居が一緒になった建物が多く、火災が発生した原因と言われていますが、木造密集地区であるため消火ができず燃え広がったのでしょう。
d0147406_06351121.jpg

六間道商店街。右の南側には古い商店が並んでいます。左は大火の後復興した街区で、高層集合住宅の足元に商店等が造られています。
d0147406_06351190.jpg

関西地方に多い二階にスクラッチタイルを貼った平入りの町家。
d0147406_06351273.jpg

このようなモダンなファサードもあります。
d0147406_06351252.jpg

一方、北の新長田駅方向へのびる商店街は、復興街区に挟まれている真新しいもの。でもどうでしょう、店のつくりや飾り付けにより、古い商店街に同化してきているように見えます。
d0147406_06351361.jpg

駒ヶ林駅から東へ進むと、周りは全て火災や全壊ではなかったエリアとなります。すると古い建物が次々に現れる。
d0147406_06351393.jpg

d0147406_06494374.jpg

d0147406_06494332.jpg

d0147406_06494464.jpg

建物の年代を戦前か戦後か判別できない様式ですが、昭和中期以前であることは間違いなさそうです。
d0147406_06494481.jpg

アーケード街からヨコを見ると「丸五市場」なる文字。戦後のマーケットだ。
d0147406_06494572.jpg

d0147406_06572433.jpg

d0147406_06494583.jpg

うーむ、戦後のヤミ市から発展したマーケットでしょうか。戦災にはあっていませんが、戦災復興期の面影が感じられます。
d0147406_06494679.jpg

二度の復興を果たした神戸長田街には、戦前、戦後、震災後という3つの時代の対比が見られる街でした。
d0147406_06494671.jpg

d0147406_06494798.jpg

新長田駅近くの復興公園に居た鉄人28号。復興を果たした街の力強さを象徴しているようでした。

d0147406_15060473.jpg

大阪神戸間でもう一ヶ所、西宮を歩きます。大阪のベッドタウンとして知られた街は、↑画像のようにJR西宮駅から南をほとんど戦災で焼失しています。また、その約50年後に阪神淡路大震災を経験している街でもある。
d0147406_06572584.jpg

線路沿いに西へ行くと古い建物群が現れました。
d0147406_08184582.jpg

錆びた鉄フレームに目を奪われる。
d0147406_08184599.jpg

d0147406_08184617.jpg

d0147406_08184645.jpg

西宮市東地方卸売市場。1874年(明治6年)に西宮駅が開業した後、すぐの1934年(昭和9年)に民設の西宮東卸売市場が開業し、1948年(昭和23年)には公設の西宮市地方卸売市場となったそうです。
d0147406_14411071.jpg

d0147406_14411017.jpg

この東市場の一角は、中心市街地の広範囲が戦災で焼失した西宮にあって、戦災を受けていません。しかし、東川の西に在った西市場の方は阪神淡路大震災で大きく被災し閉場しているところを見ると、この東市場もある程度被害を受けたものと思われます。
d0147406_14411145.jpg

d0147406_14411257.jpg

d0147406_14411275.jpg

ところが、一見してそのようなことも感じない、レトロな空間となっています。さほど被災しなかったのか、或いは20年の年季なのか、わかりません。
d0147406_14411361.jpg

d0147406_14411383.jpg

JR西宮駅から阪神西宮駅へ向かう通りの町並み。このあたりは戦災地区のはずだから、いわゆるスクラッチタイルの町家は戦後なのか?どうも阪神エリアはまだまだ判定するだけの知識に乏しい。

[PR]

by marunouchi_no1 | 2017-02-25 12:30 | 兵庫県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 家島群島(兵庫県)

2015/12/27
姫路市の南、飾磨港から家島群島の家島と坊勢島を訪ねます。飾磨港は辺り一面工場工場!重工業地帯の真っ只中。イメージあまり良くないですが、工場群の迫力はあります。
d0147406_20031470.jpg

家島は、姫路市の南西部18kmの播磨灘にある家島群島の中心島。六甲山地の隆起に伴う播磨灘西部の沈降によって残った山頂部だそうです。溺れ谷によって海岸線は変化に富み、奥深く湾入している。だから大きな船が入れる天然の良港となっているのです。
そのため、家島港に近づくと小さな離島とは思えない光景に驚かされます。一面が造船工場!
d0147406_20204377.jpg

島の北部の大きな入り江・家島港の周りに主要な集落が形成されています。湾の西側に真浦港、東側に宮港がそれぞれ、海岸線と細かな入り江、そして斜面に人家が築かれています。
d0147406_22303698.jpg

まずは、真浦港の船着場から海岸線に沿った街を、陸に向かって右側から歩いて行きます。
d0147406_22303694.jpg

湾に向かう尾根と谷が交互に現れる地形。尾根が海に落ちる部分は、道一本の両側に家が建つ一皮の街。いやいや、海側はビルです。小さな離島では珍しいでしょう。
d0147406_22303620.jpg

しばらく歩いて行くと、造船所が現れた。写真右手が海側の造船所です。
d0147406_21424558.jpg

集落と工場が一体となった街。
d0147406_22303738.jpg

谷のところでは集落が奥に広がっていて、斜面に
駆け上がっている。そこから眺めた港の風景。
d0147406_21424563.jpg

部品としてのスクリューが道からすぐそばの場所に置いてある。金キラに輝いていますが、何でできているのかな。
d0147406_16372164.jpg

定期船乗り場付近に戻り、谷に広がった中心集落に入って行きます。ビルの一階がくりぬかれていて、集落の通りとなっている。
d0147406_10492535.jpg

主軸の通りに出たら魚屋さんがあった。活きたまま売られています。
d0147406_17462997.jpg

大きなお屋敷の脇から路地に入る。
d0147406_17462921.jpg

背後の斜面に上がった集落から。
d0147406_17463090.jpg

家島湾を取り囲むもう1つの集落が宮地区。こちらは単純な構成で海岸線に沿った一本の道と斜面に上に広がっています。
d0147406_17463076.jpg

主軸の一本道。一般的な平入の町並み。
d0147406_17463076.jpg

一見して古いとわかる民家は数軒しかありませんでした。
d0147406_17463007.jpg

造船施設。クレーンの骨組みみたいなのがゴロゴロ置いてあった。
d0147406_17463193.jpg

ここから島の反対側まで歩きます。といっても2kmくらい。一応山越えるので、30分くらいかかる。網手港から坊勢島へ小さな渡船で渡ります。
d0147406_17463184.jpg

坊勢島も旧家島町(姫路市)です。この島、シマダスによれば群島で唯一人口が増加しているのだそうです。
d0147406_17552621.jpg

船上から眺めても、確かに海岸近くから丘の上まで密集している様子がわかります。
船着場には今乗ってきた渡船意外にも、姫路からの高速艇やフェリーなどが頻繁に運行しています。しかし、海岸近くは漁業施設だけで集落はない。すべて斜面から丘の上にかけてあるようです。まずは、主軸っぽい縦道を上っていきましょう。
d0147406_18144270.jpg

丘の上の大きな道もない密集した集落でありながら、ご覧のような立派な住宅が建っている。かなり漁業で成功しているのでしょう。人口増もうなづけます。
d0147406_18144298.jpg

道は狭いですが、階段ではなく道路になっている通りが多い。つまり、バイクで上がってこられる。集落の重要な交通機関はミニバイクです。
d0147406_18144319.jpg

お父さんもお母さんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、子供を乗せた若いお母さんも、皆バイクで坂道を勢いよく上り下りしてる。「ウイーン」とエンジン音がしてきたら、歩行者から注意して避けないと危ないほど。
d0147406_18144322.jpg

港と反対側を見下ろす。
d0147406_18144340.jpg

d0147406_18144419.jpg

すごいですね人間は。住むためにこれだけ開発してしまうのですから。漁業が盛んな島というのは、離島集落の醍醐味です。
d0147406_18144449.jpg

d0147406_18144431.jpg

姫路飾磨港に戻りました。飾磨の町は港から比較的内陸にあります。陸と海の交通結節点だった重要な港町だった飾磨ですが、どんどん海が埋め立てられて、海との間に工場地帯が形成されたため、港町というよりは街道町といった風情でした。
d0147406_18144516.jpg

今宵は岡山県の日生泊です。料理旅館で海の幸をたらふく食べて、明日の日生諸島に臨みます。







[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-12-27 20:00 | 兵庫県  

海界の村を歩く 紀伊水道 沼島(兵庫県)

2015/12/26
2015年最後の旅は、紀伊水道から瀬戸内海東部にかけての島旅です。12/25深夜、クルマで東京を出発。東名→新東名→新名神→名神→明石大橋→神戸淡路鳴門道とノンストップで走って7時間、8:00淡路島の東南部土生港に着きました。
d0147406_20301393.jpg

淡路島の南東部には、島内最高所の諭鶴羽山地が海から切り立っていますが、土生港はその崖下のような場所にあります。ポツンと港だけがある感じ。お天気はポカポカ、マフラーいらないほどあったかい。
d0147406_23473743.jpg

渡船で10分4km、紀伊水道に浮かぶ沼島へ渡ります。船を降りると、今度は超寒い。土生港は北風を諭鶴羽山地が屏風のように遮っているからあったかいんだそうです。
d0147406_22405439.jpg

沼島の集落は1箇所だけ、淡路島に向かってあります。
歩き始めてまず目に入ってきたのが本瓦葺きの屋根。これは南あわじ市で生産されている全国的に有名な淡路瓦です。いぶし銀の輝きがとっても美しい。
d0147406_22464331.jpg

海岸線に沿って家々に挟まれた主軸の通りから、直交する細い路地に入ってみると、板壁に囲まれました。
d0147406_2244885.jpg

港から登る長い階段が見えてきた。沼島八幡神社です。長〜い参道を頑張って登ると広々とした境内から集落が俯瞰できた。
d0147406_22451359.jpg

さらに西へと歩いて行きます。大黒屋という銭湯が現れた。今でも営業してそうです。淡路島の北端にある岩屋を歩いた時も、同じような感じで銭湯が現れたことを思い出しました。
d0147406_22472565.jpg

集落西エリアを海岸から眺める。妻面を海に向けた甍並みです。
d0147406_2248290.jpg

主軸の通りを東へ戻ります。島の中心にある山の頂から港に向かって下る尾根を集落が跨いでいます。視点が高さ方向に変化するシークエンス。本瓦葺の大きな屋根を見下ろすことができます。この町並みの見どころスポットでしょう。
d0147406_22483919.jpg

尾根を越えて東側の谷に下る。道によって円弧にカットされた庇のある家がありました。庇は銅板葺で緑色が目に新しい。
d0147406_22493333.jpg

尾根下のエリアには、旅館っぽい佇まいの建物が集まっていました。もしかしたら遊里かもしれない、そんな想像をしながら歩きます。
d0147406_22509100.jpg

島では重要な役割を担う手押車が、路肩に縦列駐車してました。自動車のない小さな島里ならではです。

土生港に戻ります。ここから淡路島の西側の集落を歩きます。
d0147406_23575050.jpg

南あわじ市阿那賀。淡路島から四国徳島へ鳴門海峡を渡るには福良港が有名ですが、鳴門大橋ができる前、フェリー用の港としてここ阿那賀からのルートもありました。
d0147406_23585061.jpg

南あわじ市湊は、西淡地方の中心。江戸期は大阪に送る藩米の積出港であり、明治期には大阪と四国との間を就航する大阪商船の寄港地として栄えたそうです。また、淡路瓦エリアの中心でもあり、瓦屋根が美しい町並みでした。
d0147406_00356.jpg

五色町都志万歳地区は、南から来た街道が都志川の橋に向かって下っていくところに街が形成されており、印象的な町並み景観をみせています。一軒一軒は特筆すべき古い民家はなさそうでした。

ほかにも数か所立ち寄りましたが、取り上げるには値しませんでした。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-12-26 20:00 | 兵庫県  

神戸市長田 ぶらり

今日は仕事で神戸に居ます。ちょっと時間ができたので、神戸市長田地区を歩きました。阪神淡路大震災で大火になってしまった街です。昨日、津波の被害を受けた気仙沼と陸前高田を歩きましたが、震災から復興した街を見たくなりました。
d0147406_18234664.jpg


高速長田駅からなんかすると、震災復興で区画整理された町となります。その中に御蔵北こうえんというのがあって、震災の時のまま残されている電柱がありました。
d0147406_182744.jpg

d0147406_18273493.jpg


そして、被災地の真っ只中にこのような家屋があった。新築なのか保存なのか。
d0147406_18291741.jpg


JR高架線の北側、菅原通り沿いは焼けなかったようです。
d0147406_1832432.jpg


高架下の街。
d0147406_1832681.jpg


JRの南側の町は古い。
d0147406_18494256.jpg

通称JR和田岬線。朝晩しか走っていません。
d0147406_18494496.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-09-24 18:19 | 兵庫県  

ヘトヘト神戸

先週は沖縄、今週は長崎、神戸と流石にヘトヘトです。今日、神戸に向かう新幹線の中で疲れがどっと出てきて、どうなることかと思いました。

神戸の南京町。久しぶりに訪れましたが、雰囲気ありますね。四川料理食べて飲んで、フー辛い!
d0147406_2119015.jpg

d0147406_21202746.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-08-31 21:16 | 兵庫県  

明石

神戸仕事のついでに早朝に出て明石を歩きました。旧山陽道の宿場町であり、長い間淡路島への玄関口でもあった。
d0147406_17532275.jpg


縦走紀行の時にチェックいれてた港町。
d0147406_17532067.jpg


雰囲気はあり
d0147406_21224599.jpg


港町の端っこがいきなり高台になっていた。物見櫓でもあったのかな?
d0147406_17553891.jpg


あんまり残ってやいませんが
駅と港をつなぐ商店街にて
d0147406_17593280.jpg


神戸は暑かった
東京は涼し
d0147406_21212346.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-08-08 17:48 | 兵庫県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第14日

縦走紀行第14日、西神ニュータウン8:30発。
第14日は淡路島と徳島の藍住町です。計画では先ず一番遠い藍住まで行って戻る様に淡路を巡り明石を経由して新大阪で終える予定でしたが、気が変わりました。
進む方向で訪ねて行きたい。淡路から始めて徳島で終わろうと思います。

淡路の北の玄関口、明石海峡を臨む漁村であり港町岩屋です。橋ができて街は廃れ、ついに明石と往き来するタコフェリーも無くなっちゃった。
d0147406_11344985.jpg


観光客相手の看板や店の名残がありました。
d0147406_11345057.jpg


背後の山にも集落は駆け上がっています。
d0147406_11345086.jpg


紀伊水道が最も狭まっているところにある漁村が由良。実はこの集落、25年前に四国を経由して九州まで行く旅行の途中で通ったのことあり。道幅が狭くとてもクルマを置くことができないので、やり過ごしました。写真はその時のもの。
d0147406_12175849.jpg


今では海岸沿いに道が通っていた。
このように木壁の町並み
d0147406_12222437.jpg


うむ?また雷だぁ
10分で土砂降り。。。
d0147406_12222588.jpg


でも懐かしかった。
淡路は瓦の名産地ですから、本瓦の家が多いですね。
d0147406_12222539.jpg


徳島側からの玄関口、福良港。ここも岩屋とおなじで大鳴門橋のせいで寂しくなってしまいました。岩屋と違って橋が見えないから、今では単なる漁村、だけど大きいなぁっていう印象です。
d0147406_18224664.jpg

d0147406_18224728.jpg


もう体力の限界。阿那賀という集落もピックアップしてたけど、歩く気力ない。
d0147406_18224832.jpg


大鳴門橋を渡り徳島平野へ。
藍住は藍染で富を得た豪邸の屋敷が見られる。いつだったか「藍の館」まではいったものの、時間切れで藍屋敷を探せなかった。
d0147406_1847989.jpg


資料館にもなっている奥村家
建物の写真撮るのに庭の銅像人形が邪魔だよ
d0147406_2043935.jpg


何だその周りにも藍屋敷は数軒あったんだ。
まぁ、村中いたるとこにありますが
d0147406_1854739.jpg


フー、4日間の長旅が終わりました。よく降られたけど、計画通り消化できたのでオッケー。
最後に次回の出発点になる、徳島阿波おどり空港へわざわざ立寄り、旅を終えます。
でも、今回、直前に計画を見直したのは正解でした。4日目はめちゃきっついわ。
次回は紀伊半島なのに、ここから出発かぁ。大変そうだ。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-05-06 07:18 | 兵庫県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第13日

縦走紀行13日、7:00、豊岡。
豊岡は城下町です。町人地は円山川に平行の元町と城南町でした。現在その町を歩くと間の部分の町割りがおかしい。城下町時代は町人町ではなかったのを後世につなげたからのようです。古い町並みはちょこっとですが、立派な商家が数棟見られました。
d0147406_8371638.jpg


元町の路地にて。
d0147406_8373251.jpg


日本海に出た。久美浜は江戸時代幕府の直轄領陣屋町、慶応四年には久美浜県の中心になり栄えました。
d0147406_11204654.jpg


かつての短冊状の町割りが現在にも引き継がれています。
d0147406_11204934.jpg


塩水湖に面する静かな水面と町並み。
d0147406_11205124.jpg


丹後半島の付け根を東へ横断します。近年、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された加悦を歩きます。
d0147406_11311570.jpg


さすが重伝建だぁ
でも、守られてるとなると感動しないもう一人のひねくれものの自分がいます。
d0147406_11311695.jpg


岩滝はうーむ、、、スルー

舞鶴市の半島の先っぽにある漁村、三浜、小崎を歩く。海岸には舟屋が並ぶ集落。
d0147406_16143576.jpg


おおっ!凄い茅葺民家が残ってた。
d0147406_16143773.jpg


いざ、福知山へ
d0147406_16143818.jpg


ヤバイ遠くでカミナリが鳴ってる。急いで取材
d0147406_16161835.jpg

d0147406_16162037.jpg


取材を終わりアーケードに入った途端にバリバリバリ
ひょうだ
d0147406_17344796.jpg

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ひょうがバリバリクルマの屋根に当たってます。穴しちゃうよってくらい。でも、ちょっと南へ走ったら晴れた。福知山だけかいな。
さて、淡河へ急ごう。しかーし、大型連休の高速は半端ではありません。中国道の出口で大渋滞。18:00回りましたが、日はしずんではいません。
d0147406_19151896.jpg


この集落、神戸周辺でポツリと残していた厄介者。小さいけど、茅葺民家もあり中々でした。神戸周辺は民家の残存率が高いですね。
d0147406_19151915.jpg


西神ニュータウンのオリエンタルホテルが最後の宿です。最後くらいリッチにステーキでも食いますかな。
いやー旨い!
d0147406_19462180.jpg


20年ほど前、神戸で仕事していた時、始めてステーキの鉄板焼なるものを経験しました。肉といいガーリックライスといい絶品でした。その味が忘れられず、その後何度も神戸で鉄板焼を食べた、でもあの味を超えるものはありませんでした。
ところが、今晩の西神オリエンタルホテルの鉄板焼きレストラン。熟年のシェフに巡り合ったのもよかったのか、あの時の感動が再現されました。こういう時ってめちゃ幸せですね。ありがとう‼
d0147406_20185825.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-05-05 07:06 | 兵庫県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第12日

縦走紀行第12日、5/4 8:10、姫路駅。
中国山陽地方に戻りました。
姫路城は修復中で鞘堂が被されています。しかし、石垣の上にそそり立ってるお城の外側によく上屋を構築できるものですね。

これから岡山県北東部にある大原へ向かいます。
d0147406_8125312.jpg


美作の大原。因幡街道の宿場町はかなりいい建てものが残っていました。やはり岡山県の町並みを構成してる家屋はグレードが高いなぁ。
d0147406_12444056.jpg

d0147406_12444315.jpg


道路脇には側溝があって盛んに水が流れている。それを利用した水車で動くアートをならべたストリートギャラリーが開催されていました。写真はゴルフのパッティングをする人形。いろんなのがあって村のみなさん楽しんでいました。
d0147406_16143459.jpg


鳥取県に入ります。2006年の「鳥取ぼけぼけ紀行」で智頭と近くの板井原を訪れましたが、間違えをしていた。トンネルができるまでは隔絶性の高かった板井原には智頭町板井原と用瀬町板井原があるのですが、2006年次は後者を訪れてしまい、家に帰ったあとで前者が行くべき集落だと判明、悔しんだ。
ということでリベンジで智頭町板井原の方へやってきた。何と伝建地区ですと。
d0147406_1811496.jpg


しかるにいい集落です。無住の家が多いですが。やっとホッとしました。
d0147406_1811591.jpg


次はちょっと離れてる兵庫県北部の村岡町祖岡という集落へ。途中、ショートカットすべしと県道を辿って行ったら、峠が通行止め。えりゃー遠回りしなくてはなりません。やっぱ今回の旅、トラブルがつづます。
で、高原の棚田を見ながらやっとたどり着きました。
d0147406_1811660.jpg


兵庫県にもあったとはびっくりなほどの天界の村。天界度はかなりです。
d0147406_185201.jpg


母屋も但馬地方独特な作りですが、蔵が二棟セットになってるのも共通のようです。
d0147406_18441385.jpg


山を下り、国道9号を東へ。八鹿町八木です。ところが文献で取り上げるほどではなかった。
d0147406_18175939.jpg


古くは城下町だったそうですが、今は本うだつと三階だての民家が見られる町並み。
d0147406_1818040.jpg


今日は一日中雨。レンズを拭き拭き一苦労だった。早々と豊岡のホテルに転がり込んで休んでいます。2日目にしてバテバテです。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-05-04 08:08 | 兵庫県