カテゴリ:岡山県( 2 )

 

海界の村を歩く 瀬戸内海 日生諸島(岡山県備前市)

2015/12/28
日生諸島は本土に近いところに大小14の島々からなっています。内、備前市(旧日生町)に属するのが鹿久居島、大多府島、頭島、鴻島などです。2今年、日生から鹿久居島へ橋が架かったため、以前から繋がっていた鹿久居島〜頭島によって、頭島までクルマで行くことができるようになりました。そこで、頭島から大多府島へ渡りました。
d0147406_18544019.jpg

島の北岸は天然の良港で、南側は奇岩に富む日生町有数の景勝地となっています。1698年(元禄11)岡山藩が開港、農民を移住させて開拓したといわれ、瀬戸内航路の風待港でもありました。現在島民は主に海運業に従事しています。
d0147406_18274685.jpg

まずは、防波堤の上に立って大多府集落を一望します。
港に面して比較的立派な二階建て民家が建ち並んでいるのは、この手の小さな離島としてはやや珍しいと思われます。
d0147406_1828677.jpg

d0147406_18282182.jpg

旅館のような規模。風待ち潮待ち港としての名残なのでしょうか。
d0147406_18284599.jpg

軒下のギザギザは水切りの役割でしょうか。
d0147406_18291049.jpg

水が貴重な島の生命線である井戸が2つ並んでいました。六角井戸の周りは石敷きです。
d0147406_19093927.jpg

頭島に戻ります。頭島は、日生諸島の中で人口が最も多いそうです。宿泊施設も複数あって、このエリアの観光スポットになっています。
d0147406_1830359.jpg

d0147406_18302462.jpg

緩やかな斜面に形成された集落は、いわゆる斜面上密集系漁村の部類ではあるものの、屋敷地には余裕があるように感じました。斜面の斜度が緩いからでしょうか。
d0147406_18305531.jpg

d0147406_18311079.jpg

d0147406_18313528.jpg

本瓦葺きの屋根が美しい家も複数軒残っています。
d0147406_18315311.jpg

この家は珍しい下見板張りの洋風住宅。よく郵便局とかで見かけますが、そうだったのかな?
d0147406_1832818.jpg

頭島から眺めた鴻島。ここには集落はありませんが、別荘地が整備されています。ポツポツ見える白い家は別荘。不思議な風景ですね。
d0147406_1833418.jpg

日生の町を歩きます。

d0147406_1833364.jpg

d0147406_18335127.jpg

旧日生町の中心地で、打瀬網の漁業地区。江戸後期に四国沿岸へ、明治期には朝鮮海岸へ、さらに台湾、シンガポールの近海へも進出し繁栄したそうです。
今では牡蠣を求める観光客が訪れる街。「牡蠣お好み焼き=カキオコ」の店がたくさんあって行列ができていました。

さて、これで2015年末の予定の旅程は終了ですが、一気に東京まで走るのも辛いので、途中もう一泊して帰ることにしました。ちょうど中間の三重県名張市のビジネスホテルを予約。
d0147406_19093909.jpg

名張へ向かう途中、同行している娘が廃墟化した「奈良ドリームランド」を見たいというので立ち寄りました。木造のジャンボコースターが残っていた。
d0147406_19094027.jpg

近くには明治期に建てられた奈良少年刑務所があります。なんとも不思議な取り合わせでした。

[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-12-28 20:00 | 岡山県  

はじまりはいつも雨

はじまりはいつも雨。チャゲ&飛鳥の唄ではありません。この縦走紀行、全部初日雨なのです。
しかも、高松空港が悪天候で飛行機は条件付き。もし羽田に戻るようであればこの旅が全て御破算になる。

新幹線に切り替えました。今回の旅は計画段階から土壇場変更が多い。こういう時はトラブルが連続するもの。前途多難な旅になりそうです。
d0147406_19225063.jpg


ふーっ
4時間20分かかって、やっと四国に入りました。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-05-02 18:34 | 岡山県