カテゴリ:佐賀県( 3 )

 

海界の村を歩く 日本海 馬渡島・小川島(佐賀県)

d0147406_17353814.jpg

(小川島)
2016年12月24日イブ、クリスマス三連休の旅の中日です。昨日は天候不良により玄界島・姫島へは行けませんでした。今日から島旅です。
d0147406_17353979.jpg

唐津からバスで30分、呼子へ。船が出るまで2時間以上ある。呼子の町をぶらり歩こう。
d0147406_18365723.jpg

落ち着いて見てみると窓のデザインがいろいろある。ざっと歩いたところで集めて見た。
d0147406_18365899.jpg

d0147406_18365838.jpg

d0147406_19472252.jpg

d0147406_19472343.jpg

だいたいこういう形っていうのは地域で同じなんだけど、呼子は互いに競っているかのごとく異なっています。
d0147406_19472351.jpg

d0147406_19472442.jpg

こりゃ鏝師のお遊びかな?
d0147406_19472462.jpg

迷路のような町を行ったり来たり歩いているから、同じ子供に何度も出会う。最後にピースしてくれた😅
d0147406_19472587.jpg

馬渡島に渡りました。港に古くて大きな建物が連なっています。島のコンビニのような酒屋でしたが、この建物群は元々何でしょう。
d0147406_19472683.jpg

上からみるとこんな感じ。旅館か料亭のようだ。
d0147406_19472610.jpg

集落は湾の線形に沿ったすり鉢状の斜面で、綺麗に等高線に沿って家々の棟を並べています。
d0147406_19472783.jpg

d0147406_19472892.jpg

瓦屋根が揃っていて、石垣も相まって中々景観の良い集落です。
d0147406_19593365.jpg

d0147406_19593447.jpg

集落の大きさはコンパクト。1時間もかかりませんでした。
d0147406_19593498.jpg

呼子に戻って、別の渡船に乗り換える。時間調整で観光客相手のイカ料理レストランに入った。その名も「まんぼう」。高いだけで大したことなかったけど、名前に免じて許す。
d0147406_19593534.jpg

今度は小川島に行きます。馬渡島より近い。ところがこっちは船の乗客も多いし、集落も大きそうだ。
d0147406_19593511.jpg

割と平らなあまり起伏のない土地に形成されています。
d0147406_19593681.jpg

家々が割と大きく立派な家もある。
d0147406_19593703.jpg

鯨見張所?そうか捕鯨で潤ったんだ。
呼子周辺の島は捕鯨が盛んだったようですが、小川島は江戸時代から昭和30年代まで続いていたそうです。
d0147406_19593749.jpg

d0147406_19593804.jpg

d0147406_20070306.jpg

各家に祠があるのは何でしょうか。
d0147406_19593820.jpg

小屋の隅に祀られているお地蔵さん。
d0147406_20070414.jpg

d0147406_20070445.jpg

石垣石塀が少し立ち上がっているのも特徴
d0147406_20070574.jpg

切石の石垣もあり
d0147406_20070683.jpg

この民家は古そうだ。前庭に石が敷き詰められていました。
d0147406_20070651.jpg

d0147406_20070793.jpg

大きく結構たっぷり歩きました。小川島は☆3つを差し上げましょう。
d0147406_20070742.jpg

唐津に戻り、予約しておいた昨夜と同じ居酒屋大八車へ
d0147406_20070848.jpg

昨日は時化で漁がなく魚の種類が少なかったけど、今日は揃ってる。ところが酒が進まない。歩き疲れたか。







by marunouchi_no1 | 2016-12-25 17:29 | 佐賀県  

海界の村を歩く 玄界灘高島(佐賀県唐津市)

d0147406_2114469.jpg

唐津は古くから、唐(韓-唐)などの大陸との窓口(津-港)だった街。その唐津湾にポッコリと浮かぶ高島に渡るため唐津市街にやってきた。渡船の時刻には余裕がある。唐津の町並みは一通り取材済みなので、前回たどり着けなかった建物を見に行く。
西唐津に埋立地。大通りから住宅地に右折したら、、、真正面に現れた!
d0147406_2114523.jpg

旧三菱合資会社長崎支店唐津出張所
明治41年竣工。設計は、三菱合資会社丸ノ内建築所。設計顧問に曽禰達蔵が携わった。
丸ノ内建築所とは、私の勤める三菱地所設計に至る創設期の設計組織。会社には三菱一号館からの図面が130年にわたって残されているが、その中に唐津出張所の図面もある。それを調べた上での訪問だったので感動した。
d0147406_2114590.jpg

歴史民俗資料館として活用されていたが、現在は老朽化のため閉鎖されている。
d0147406_2114675.jpg

港も当時の石垣が残っている。
建物は塗装や屋根など剥げ落ちているものの、思ったよりしっかりしている印象だ。
d0147406_211474.jpg

現地で修復か、移築復元か、検討されているようだが、やはり場所の記憶は大事なので是非原位置で継承願いたい。
d0147406_211488.jpg

さて、本題の高島に渡航しよう。唐津城の城郭内にあたる千代田町の桟橋から船に乗る。
d0147406_2114857.jpg

高速艇10分で着いた。結構混んでる。釣り客でもないのに、高島へ何しにいくのだろう。
答えは船を降りてすぐわかった。
d0147406_2115243.jpg

d0147406_2115365.jpg

「宝当神社」という社があり、縁起担ぎで宝くじフリークの聖地になっているのだそうだ。皆桟橋から徒歩3分の宝当神社に参り、帰りにお土産と宝くじを買って、すぐに今きた船で戻る模様。集落など全く興味ない。
d0147406_2115454.jpg

高島の集落は、高い山とは対照的に真っ平らで、切妻の平屋建てが並ぶ。漁業や農業で潤ったというもにではなく、簡素な民家たちである。
d0147406_2115568.jpg

d0147406_2115549.jpg

d0147406_2115637.jpg

特徴は黒板壁といったところか。景色はいいのだけれど集落的には星一つかな。
d0147406_2115791.jpg

d0147406_2115725.jpg

集落の真ん中あたり、例の宝当神社があった。
d0147406_2115810.jpg

ここだけ潤ってるのがあからさまである。まぁ結構なことだけれど、なんとなく面白くないのでお賽銭も参拝もしないで出てきた。宝くじには興味はない。
d0147406_2115930.jpg

d0147406_211596.jpg

しかし、どこにいっても花が綺麗である。帰りの船の出航まで一時間も余してしまった。ド派手な土産もの屋の写真を撮ってたら店の中から店員が出てきたので逃げてきた。入りたくもない。
d0147406_212069.jpg

港に場違いなカフェがあったので、時間つぶしでビールおつまみセットを頼んだ。

by marunouchi_no1 | 2015-05-03 16:01 | 佐賀県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第5日

にっぽん集落町並み縦走紀行の第三弾。前回の中継地、福岡から。長崎自動車道で佐賀大和インターへ、国道を富士町へと向かいます。途中、佐賀県らしい角屋民家が多し。
d0147406_11393892.jpg


背振山地の山里、富士町上無津呂。江戸時代に建てられた重文吉村家住宅をはじめ、茅葺き(トタンカバー)屋根の直家の集落です。
d0147406_11395226.jpg

d0147406_114024100.jpg


そして、地元で産出する御影石の石垣が強烈な印象でした。石が大きい。
d0147406_11412814.jpg


富士町から唐津に向かい山をおります。
唐津のちょっと手前にある、浜玉の町並みは、小さかったけど結構いい。やっぱり北部九州は見所多しです。裏切らないもん。
d0147406_14321528.jpg


菜の花が咲き乱れています。
d0147406_14321630.jpg

d0147406_14321678.jpg


そして、懸案だった伊万里本町。窯元の町並みは訪れて居ましたが、商家街をやり過ごしていました。
d0147406_14321786.jpg

d0147406_14321736.jpg


何となく作られ感が強いけど、まぁ古いんでしょうな。
d0147406_14321743.jpg


伊万里から海岸線を西へ進みます。ずっと松浦鉄道が国道に沿ってる。かわいい一両編成がトコトコと。松浦は予定にいれて居たけれど、めぼしい町並みはありませんでした。パス!

平戸大橋を渡る。うーん、15年ぶり二回目。平戸の街を歩きます。まず商店街の一番端っこに行くと「こんや街通り」という小さな小さなスナック街があった。
d0147406_1744697.jpg


そのそばにかわいい石橋が。市役所の前には立派な石造アーチ橋があるけど、この小さいのはそのために試作したんだそうな。
d0147406_17441773.jpg


いやはや、例によってまったく町並みの記憶にないのだ。ていうより、こりゃ作ってるね。
d0147406_17442784.jpg


そして、有名なザビエル教会を寺越しに見上げるポイントへ。手薄だった平戸のリベンジ達成でした。
d0147406_1744345.jpg


的山大島への船は18:10発だから余裕じゃ。ところが船着場で時間見たら冬時間で17:30じゃないか、、、あぶねー!乗り遅れたら渡れなかったじゃんよぅ。松浦がよかったら完全乗り遅れてたな。

船が着いた的山港からマイクロバスに揺られて神浦18:30到着!すっごいいい島の予感です。
d0147406_18492316.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-03-17 12:32 | 佐賀県