カテゴリ:長崎県( 4 )

 

対馬食べ残し紀行

二度目の対馬にきています。ほぼ網羅している長崎県でなぜかたくさんリストアップされていて、多く食べ残しているのが対馬です。随分前に歩いていますが、南部がその食べ残しエリアです。

まずは厳原。もちろん歩いていますが、前回は知人と一緒だったので十分に歩けていない。手薄なエリアを重点的に歩きます。
街は直線の道路と蛇行する川との間並びに周囲に広がっています。対朝鮮半島の重要な防衛拠点であり、朝鮮通信使をもてなした町でもある。武家屋敷の石塀が現在でも多く残っています。
d0147406_10315084.jpg


そして、かつての町人地の一角に女性街があった。
d0147406_10315392.jpg


こんなオモロイ建物も
d0147406_10344520.jpg


厳原の近くの久田という場所には対馬藩のお船屋あとがあります。現在の遺構は寛文3年のものらしい。静かな場所でした。
d0147406_10345029.jpg


島の南端を目指します。ツツ(字が出な)いという集落。重文主藤家住宅。
d0147406_1628831.jpg

つつせ
d0147406_16281072.jpg

対馬らしい小屋が集められて並ぶ集落です。
d0147406_16281395.jpg


西海岸、厳原町久根田舎という集落で石屋根小屋が現る!火事から家宝を守るため鉄平石で葺いてる。椎根が有名だが、峠を挟んで南側にもあったんだ。
d0147406_1636261.jpg


ところで、レンタカーの新型ヴィッツ最低です。ダッシュボードが盛り上がっていて見切り悪すぎ。狭い道で一苦労です。イライラ。
d0147406_16402097.jpg


対馬の中央部はリアス式海岸になっていて、静かな入江が続いています。そこにある和多都美神社。潮の干満で鳥居が浸水します。
d0147406_1802566.jpg


そこを浅茅湾という。なんと穏やかな海。
d0147406_186244.jpg


東シナ海に臨む半島先端の「廻」という集落まで来たけど、取り上げるほどでもなかった。対馬北部は前回歩いたところで十分のようです。掘り出しもの無し。。。
d0147406_1863395.jpg


長崎に着きました。盛り場に繰り出す気力ないので、駅前でちゃんぽんとビール。
d0147406_21571328.jpg

改めて対馬の印象をまとめると。とにかく美しい石塀と木の小屋(蔵)ですね。小屋は鰐浦や椎根のように一箇所に集められている(火災から守る)形態がすべてではなく、今回歩いた集落でもツツ(字が出ない)のように、点在しているあるいは家の敷地内にある場合もある。そして南部の西海岸へいくと鉄平石が現れ、石塀や屋根に使われている。
これで対馬は完璧でしょう。はぁ疲れました。マッサージ頼もうっと!
終わり。。。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-07-08 10:29 | 長崎県  

リベンジしたい町並み 長崎県

データベースに載せている件数では、長崎県は多い方でしょう。島系も含めかなり歩いたので残ってる場所が目立ちます。
実は対馬。一回概ねを回っていますが、食べ残しが多くある。5、6ヶ所かな。何とかしたいものです。
d0147406_8594774.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-06-27 08:44 | 長崎県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第6日

的山大島で朝を迎えています。
小さな島はクルマの音もなくシーンと静まり返った夜でした。
昨日は晩飯のお魚が美味しかったため、お米を沢山食べすぎて夜中にひどい腹痛に見舞われました。

さぁて、朝飯終えて取材開始
高台に墓地があり、ご先祖様に見守られながら暮らしています。
d0147406_14423178.jpg


神浦の町並み
緩やかにカーブして面白い
d0147406_14423735.jpg

d0147406_14424557.jpg


さすが重伝建地区!いい町並みです。
ここは、捕鯨で潤った漁村。たいしたもんです。
d0147406_14424620.jpg


2時間歩いて一休み。さぁ、的山まで6キロ歩くぞ。
途中で、棚田がすごく綺麗。
d0147406_14424791.jpg


的山まで一時間かかりました。また船着場で休憩。四日間あるので体力を温存しなければ後が大変です。
的山(あづち)は神浦と違って起伏のある集落。
d0147406_14581130.jpg


港近くにへんてこな建物がありました。
d0147406_14581389.jpg

d0147406_14581414.jpg


木造三階建ても数棟見られた。
的山大島、いい島でした。
平戸に戻り、大村へ。
d0147406_14581515.jpg


大村に武家屋敷街があるという。
どこどこ?
駅から大きく離れた丘の上
あるわあるわ
五本の通りに立派極まった石垣と生垣だ。
d0147406_17294536.jpg


もう一本
d0147406_17294619.jpg


あまりに広くて歩きじゃ無理です。
クルマで一番お目当てのカラフル石の練塀の家を探索。ないないない。
最後、護国神社の並びに、、、ありました。日没寸前で夕陽にカラフル石が輝いてた。
d0147406_1756333.jpg

o(^▽^)o
d0147406_175648.jpg


さぁて、一気に大分県日田まで横移動します。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2012-03-18 13:46 | 長崎県  

リベンジしたい町並み 平戸

平戸は二度訪れているが、天主堂巡りばかりで町をあるいていない。町並みは以前対したことネェやということで真面目に見なかったが、それなりに整備されているようです。さらに船で渡る大島もその存在を知らない間に重伝建地区になっていました。ウッカリエリアです。


d0147406_12285114.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-07-22 12:00 | 長崎県