カテゴリ:熊本県( 2 )

 

復興の町を歩く 熊本(熊本県)

熊本を襲った直下型地震=熊本地震が発生したのは2016/4/14。8ヶ月が過ぎて今まさに復興を始めたところ。私が今回歩くのは、戦災復興の町です。
d0147406_13394849.jpg

加藤清正が設計した熊本城。被災したため立ち入りが制限されていますが、加藤神社まで入ることができます。加藤くんと天守。建物は瓦をのぞいて大丈夫そうですが、石垣は内側に崩れたそうです。20年かかる復旧を見守りたいと思います。
d0147406_13394960.jpg

熊本で戦災を受けたのは、中心市街の7割くらいでしょうか。現在の中心商業地の新市街から下通町、かご町辺りは戦災を受けていますが、熊本駅周辺、新町古町、上通町辺りは非戦災地区です。
d0147406_13394999.jpg

非戦災地区の電車道にある戦前のオフィスビル。地震の被害はなさそう。
d0147406_14200653.jpg

非戦災地区の古町。碁盤目状の区画は城下町形成時からのもの。旧第一銀行熊本支店は傷んでなさそう。
d0147406_17483792.jpg

だが、画像の西村邸はじめ、木造の古民家がことごとく熊本地震で被災している模様。
d0147406_17483820.jpg

新町電停のこの洋風の商家は大丈夫。
d0147406_17483940.jpg

しかし、新町のこの薬問屋松花堂は、、、
d0147406_17483985.jpg

震災前に訪れた時の写真。なんとか修復して蘇ってほしい。
d0147406_17484087.jpg

d0147406_17484097.jpg

非戦災地区の新市街から下通町にかけて歩きます。
d0147406_17484149.jpg

戦後の闇市で形成されたと思われる玉屋通り。
d0147406_17484135.jpg

この右手の建物は改修だよね。
d0147406_17484253.jpg

木造建物たちだけど、地震の影響はなかったみたい。屋根がトタンで軽いからかな。
d0147406_17512157.jpg

栄町通りに面するビルとビルの隙間に形成された横丁。とても営業していると思えない。
d0147406_19110420.jpg

下通商店街アーケード
もうすぐクリスマスだ
活気があります
d0147406_19110535.jpg

三年坂通りの熊本ビル
一見してディープこの上ない感じ
d0147406_19110690.jpg

通りから直接急な階段が一直線に上がってる。
d0147406_19110667.jpg

団地みたいに階段室に面して店が付いており、横移動する廊下はありません。三階は階段室ごとお店のカラーリングになっていたぁ。
d0147406_19110771.jpg

駕町通りのセントラルビル
村野とうごさんぽいデザインだ
d0147406_19192035.jpg

スナックビルはこのように、通りに面してオープンな通路があって、両側に店が張り付く
d0147406_19192168.jpg

武蔵ビルというレトロなビル。
d0147406_19192113.jpg

通りに面してオープンな廊下は、向こうの通りまで貫通していた。こういうのって、銀座が発祥なのかな。右手の喫茶店に入っていっぷく。
d0147406_19192237.jpg

うーむ、店内もご覧のように超レトロ。地元の旦那衆が入れ替わり立ち替わり出入りしてた。
d0147406_19523934.jpg

さぁ、もう1つの非戦災地区、上通町を歩きます。北へ伸びる商店街のアーケードは下通地区とあまり変わりはしない。裏手の町がちょっと違うかな?
d0147406_19524062.jpg

アーケードが終わるところに、あったぁ!
木造の町家。間違いなく戦前です。
d0147406_19524188.jpg

あるある!
d0147406_19524140.jpg

d0147406_19524215.jpg

坪井町の町並み。地震の被害はややありそうですが、新町古町のほどではない感じ。
d0147406_19524258.jpg

熊本電鉄藤崎前駅からまっすぐ南へ歩く。上通町アーケードの一本東側の道です。ここにも古い町並みがある。
d0147406_20124517.jpg

それらの建物がオサレなお店に使われている。
d0147406_20124679.jpg

界隈性が魅力になっているのか。こういう商業地での古い建物の活用は、今各地で見られます。熊本では下通町がそのスポットとして人気を集め始めているようでした。






[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-12-24 13:13 | 熊本県  

海界の村を歩く 有明海 湯島(熊本県)

熊本駅前でレンタカーを借り、今日は天草へ向かいます。
d0147406_23131237.jpg

宇土半島の北岸を西へ走ります。有明海の浅瀬がずっと続く。電信柱や竹の杭が海の中に立っています。
d0147406_23131346.jpg

船着場が海に向かって延び、段々下がっている。どういうことかな?
d0147406_20041697.jpg

今日の目的地は、有明海に浮かぶ湯島。こんなところに島があるとは、全く知りませんでしたが、グーグルマップの空中写真で良さそうなので、ピックアップしてました。
d0147406_23131325.jpg

上天草の江樋戸港から、簡単な船で渡ります。
d0147406_23131454.jpg

湯島に着きました。ご覧の通り雛段上の集落です。こうして見上げると、すぐに上りたくなる。
d0147406_23221544.jpg

d0147406_23221523.jpg

しかし、上りの縦道は行き止まって、横道がないため一旦下りて、また隣の縦道を上る、の繰り返しです。
d0147406_23221537.jpg

そうこうしているうちに、斜面中腹の横道に出ました。これは集落をまっすぐ横刺ししているメインストリートのようです。
だから、漁村はメインストリートを探せと何度も自分に言い聞かせているのに、一向に学習しない。
d0147406_23221666.jpg

d0147406_23221665.jpg

山の上のタバコ屋さん。上に商店があるというのは珍しい。
d0147406_23221664.jpg

メインストリートを下ります。
d0147406_23221767.jpg

ここにも中腹の商店あり。
d0147406_23221705.jpg

旧屋敷の残骸。
d0147406_23221770.jpg

いい景色でしょ
d0147406_23221762.jpg

なんじゃ、この壁に富士山のお家は、、、
d0147406_23282435.jpg

あっという間の2時間半
湯島を後にします。
d0147406_23282411.jpg

熊本市内を横切って、阿蘇外輪山の麓にある熊本空港へ向かいます。途中、菊陽町の原水にある鉄砲小路へ。
d0147406_23282483.jpg

ここは郷士集落の形態で、延々と生垣が続くのが特徴。どうかよろしくお願いいたします。
d0147406_23282564.jpg

d0147406_23282542.jpg

d0147406_23282504.jpg

まっすぐなんで、鉄砲なのかな。



[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-07 22:58 | 熊本県