カテゴリ:宮崎県( 3 )

 

海界の村を歩く 島浦島

高千穂の街の朝です。谷に雲が垂れ込めて幻想的です。
d0147406_18384728.jpg

昨日、五ヶ瀬川流域の集落を巡りましたが、とにかく棚田あるいは段々畑で、集落はその上に形成されていました。高千穂の街も全くその延長線上です。
d0147406_18384895.jpg

d0147406_18384850.jpg

だからこのような風景が町の中に現れるのです。
かつては高千穂線が通い、日本一高い鉄橋や渓谷、夜神楽で多くの観光客が訪れていましたが、今や鉄道も廃止になり、すっかり寂れています。
バスターミナル
d0147406_1838494.jpg

高千穂神社
d0147406_18385074.jpg

門前町の旅館街ですが、これは廃業した旅館です。
d0147406_18385135.jpg


昨日歩いた石垣の集落のあった日之影町。五ヶ瀬川に支流の日之影川が合流する場所に谷底の町場が形成されています。
d0147406_18385220.jpg

五ヶ瀬川を挟んで両岸で一つの街。五ヶ瀬川左岸にはバス停や銀行があった。
d0147406_18385239.jpg

d0147406_18385324.jpg

右岸には役場と酒蔵などがあります。
d0147406_18385471.jpg

d0147406_18385519.jpg

パラソルが鮮やか001.gif
d0147406_18385626.jpg

吠えずおとなしいワンちゃん
d0147406_18385636.jpg


さて、今日のテーマは山ではありません。海です。延岡市の北、島浦島に渡ります。浦城港から高速船で10分。
d0147406_18385797.jpg

乗客は10人ほどでした。
d0147406_18385816.jpg

密集系漁村を歩く時の鉄則。すぐ路地に入りたくなりますが、メインストリートを探しそこから攻めよ!です。
鉄則に従って、店のあるところから入っていく。
d0147406_18385853.jpg

かつての海岸線と思われる通り(と言ってもめちゃくちゃ狭いが)に主要な建物や旧家があるのです。これは郵便局。バックはお寺と墓地。ご先祖様に見守られながら皆生活をしているのです。
d0147406_1838594.jpg

集落内は密集系漁村ならではの迷路。
d0147406_1839042.jpg

d0147406_183904.jpg

d0147406_1839150.jpg

歩くにつれて頭の中のマップが出来上がっていく。
これはかつての防波堤が集落内に残っている場所。
d0147406_1839236.jpg

お寺の周りの墓地に登りました。集落が一望できます。
d0147406_183927.jpg

この島は木造ながらモルタル外装の陸屋根がおおい。密集しているから防火対策もあるのでしょう。
d0147406_1839330.jpg

寺から長い階段を下るとこの建物にぶち当たった。酒屋さんでした。
d0147406_1839427.jpg

随所に板壁の民家も残っていました。木の風合いがいいですね。
d0147406_183968.jpg

d0147406_1839784.jpg

二時間たっぷり歩きました。クタクタです。
d0147406_1839816.jpg


陸に戻り遅い昼食。延岡市で行列のできるラーメン屋さん再来軒。いわゆるバリバリのトンコツでした!
d0147406_1839894.jpg

by marunouchi_no1 | 2015-03-08 18:07 | 宮崎県  

天界の村を歩く 五ヶ瀬川流域

9:15宮崎空港に降り立ちました。これから宮崎県の山村と漁村を巡ります。

まずは、かつての日向地方の中心地だった佐土原を歩きます。町並みサイトの地図を頼りに上田島という場所に着いた。
ん?古い町並みはどこ?ここ商店街?
一軒だけ旧商家が保存されてる。
d0147406_21291581.jpg

せっかくなので入って見ましょうか。
d0147406_21291625.jpg

ガイドの方がいらっしゃって、たっぷり1時間近く説明をしていただきました。
佐土原人形。400年前秀吉の朝鮮出兵で日本に渡った高麗の職人が薩摩焼を始めたのと同じように佐土原焼も始まったのだそうです。今では人形が作られています。
d0147406_21291621.jpg

佐土原のかつての写真。明治期は日向地方の中心地であり県庁所在地だったのですが、その後観光都市宮崎市が県庁所在地となり、佐土原は廃れます。
d0147406_21291780.jpg

この町は城下町時代、外堀の外の町人町だったところの新町という町で、昭和初期の頃の地図だと人形屋が多く、隣に料亭街(下図の黄色)も見られます。
d0147406_21291821.jpg

料亭街の場所には、料亭街が一軒、スナックが一軒ありました。また、別の場所ですがこんなスナックも003.gif
d0147406_2129199.jpg

また、古い街には必ずある和菓子屋さん。鯨ようかん005.gif
d0147406_2129201.jpg


佐土原を後にします。北へ約70km延岡まで走ります。宮崎は全国でもワースト3に入るほど、道路事情の悪い県。ようやく東九州自動車道できて、延岡も近くなりました。
延岡から西へ方向転換し、九州山地の山里を目指します。途中、街道沿のドライブインで宮崎名物チキン南蛮を食しました。
d0147406_21292173.jpg

五ヶ瀬川を遡ること30分。日之影町に来ました。するとある交差点で、「石垣の村」という標識を発見!「なんだ?行ってみよう」ということでハンドルを切ります。
細い林道を行くと棚田と小集落が次々と現れる。地元で採れた石を使っているのでしょう。石垣が美しい。
d0147406_21292360.jpg

d0147406_21292427.jpg

ここは五ヶ瀬川の支流、日之影川右岸の平清水という集落。
d0147406_21292417.jpg

d0147406_2129252.jpg

クルマを停めて歩きます。
d0147406_21292628.jpg

斜面を石垣で切土盛土し屋敷。飼われている牛がモーモーないてます。石蔵もこのエリアの特徴でしょう。
d0147406_21292755.jpg

d0147406_21292812.jpg

そして、深い谷から駆け上がった天界の村が続きます。
d0147406_2129299.jpg

d0147406_21293088.jpg

林道は益々細く荒れてきたので、ここらで谷の県道へ降りることにしました。そこでも美しい石垣を発見!
d0147406_21293110.jpg

そして、谷底の県道に降りたら見覚えのある集落が、、、
なんだぁ石垣の村とは戸川のことだったんだ028.gif来たことあった。。。
d0147406_2129326.jpg


五ヶ瀬川本流に戻って遡ります。日之影町の隣の高千穂町に入りました。ご存知天の岩戸伝説のある地です。
五ヶ瀬川の支流、岩戸川の左岸に広がり連続する棚田集落群が目的です。
d0147406_21293293.jpg

棚田の迫力は凄まじいものがありますが、集落としては今ひとつかな。
d0147406_21293347.jpg

この後五ヶ瀬村も行きましたが同様です。ていうか、寝不足で眠くて堪らん020.gif
16:30早々と高千穂の宿にチェックインしました。
夕飯に高千穂牛がでた。旨かったです。011.gif
d0147406_2129341.jpg

by marunouchi_no1 | 2015-03-07 19:45 | 宮崎県  

わが国最後の焼畑農業継承者

天界の村 宮崎県椎葉村
この最奥の集落に「わが国最後の焼畑農業継承者」のおばやんがいます(現87歳)。1995年9月、「天界の村」取材で、おばやんがいる民宿「焼畑」にお世話になりました。その時はご夫婦でした。

昨晩、そのおばやんが取り上げられた、NHKスペシャル「クニ子おばばと不思議の森」を見ました。民宿に泊まった際、焼畑の話は伺っていましたが、映像で見るとすごい!感動しました。そして、懐かしかったなぁ。

天界の村 椎葉村 
熊本県五家荘から椎葉村へ九州山地の稜線を超える「椎葉越」より椎葉村を見る
d0147406_7342722.jpg


ここからNHKスペシャルの映像から
椎葉村不土野地区
d0147406_7353848.jpg


焼畑は8月のしかるべき日に行われます。
しかるべき日とは、風向き、湿気、直後に雨が降る天気を読んだ日。行う直前に経験で決めると、あの時おばやんは言っていたな。焼畑をする前の安全祈願。
d0147406_7374538.jpg


焼畑の様子
d0147406_7384131.jpg
d0147406_7385455.jpg
d0147406_7392438.jpg


焼くのが終わるとすぐ蕎麦の種を蒔く
d0147406_7403158.jpg


蕎麦の花。きれいでしょうね。
d0147406_7405767.jpg


焼畑は毎年場所を変えて行い、30年で1サイクル
d0147406_7421314.jpg


秀夫さんがお元気だったころ
d0147406_7431322.jpg


1995年、お世話になれたこと、大切な思い出として心に刻んでいます。
d0147406_7451786.jpg


ルナルナさん、教えてくださってありがとうございましたo(^▽^)o

by marunouchi_no1 | 2011-10-07 07:45 | 宮崎県