<   2011年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

能取湖のアッケシソウ群落

道東紀行で通った網走近くの能取湖。秋にアッケシソウ(サンゴ草)の群落が見事です。しかし、薄っすら赤いくらいでクルマを止める気にならなかった。まだ季節じゃないのかなぁと。

今朝、能取湖のアッケシソウ群落に異変が起きてるとニュースでみた。なんでも地元観光協会が海水の流入を防ぐために土手を築いたら、水が減って乾燥してしまって群落が半分になっちゃったという。なんでそのような工事を観光協会が行ったのかわからないが、残念です。

元気な頃は、
d0147406_9105175.jpg


今年はこんな感じでした(イメージ)
d0147406_9105788.jpg

by marunouchi_no1 | 2011-09-29 08:46 | 北海道  

出雲紀行

今日は仕事で出雲にきています。東京はぐずってたけどいい天気。

松江城。いままで登ったことはありませんでした。オリジナルで残ってる貴重な城です
d0147406_23385797.jpg


塩見畷の武家屋敷跡。
d0147406_2339168.jpg


宍道湖の夕陽、美しかったです。
d0147406_2339356.jpg


玉造温泉朝歩き
川が真ん中に流れていて、色んな形の橋がかかっています。城崎温泉に似てますね。
d0147406_8282481.jpg


旅館の形も様々。時代を感じます。
d0147406_8284915.jpg


さて、遊里系の町はいかに
d0147406_8285419.jpg


でました!スナック集合体建築!
北海道道東紀行で見たものとは違い、しっかり二棟に別れていました。
d0147406_829436.jpg



d0147406_829698.jpg


なんだ?
d0147406_8292581.jpg


出雲大社参道、一番大社寄りのところにある老舗旅館。竹内マリアの実家だそうな。
d0147406_2043578.jpg


出雲大社。大社造は妻入りで入口が右によっています。非シンメトリー。鳥居もさらに右に寄ってるため、鳥居から見ると斜めに正面のように見える。むかしの人はよく考えたものですねぇ。
本殿の大遷宮の工事現場を見学しました。
d0147406_20436100.jpg


丘の上から見た大社の町
d0147406_2043779.jpg


国鉄大社駅。鉄道は無いが駅が保存されています。すっごい手が込んでる。
d0147406_2043845.jpg


一畑電鉄。去年レールウェイズの舞台になった。懐かしい京王線の車両が活躍していました。雲州平田駅にて。
d0147406_20431037.jpg


出雲空港にて。
はーぁ、一週間に渡る旅の連続
マジくたびれましたぁ

おわり

by marunouchi_no1 | 2011-09-27 23:32 | 島根県  

道東紀行LAST

釧路の町並み取材は完了。
現在釧路駅裏で15:00。17:15釧路空港発の便には時間的余裕があります。
釧路湿原が見たくなりました。どこへ行けばいいかといえば、釧路湿原が一望できる岩保木山(いわぼっきやま)に決まってます。学生時代に初めて釧路に来た時に、釧路まきばユースホステルのヘルパーに教えてもらい、確かユースのツアーで行った覚えがある。とっても感動しました。
その後、25年前にはマイカーで登りました。釧路に着たら必須のポイントと思っています。
で、今回も計算していたように時間が出来たわけです。やや際どいですが。

向かう途中道がわからず、画像の湿原脇の土手に出てしまいました。そうかあの別れ道、右かぁ。土手を出た時点で15:45。
岩保木山へ登るダートの林道。途中に何とスタックしているクルマがいるじゃありませんか。おじさんに引っ張ってくれと頼まれましたが、「ごめんなさい、助けたいのですが時間がないのです」おじさんは快く次の来客をあてにするといかせてくれました。申し訳ない!

ところが、その先で分岐した岩保木山への道は荒れていてとてもこのクルマじゃ無理だ。山に登るのはやめにして、引き返せばよいものをこの道を進み国道に出て空港方面へ戻ることにしました。ところが、走れど走れど国道には辿りつかない。おじさんを助けなかったバチがあたったのでしょうか。
ダートはもう北海道ラリー選手権の気持ちで走り、やっと国道にでたのが16:15。ここでカーナビの目的地を空港にセットするが到着予想時刻はなんと17:05だ。まにあわないよ。
間に合わなければ今日中に帰れない上に飛行機代も二重にかかる。最後の最後に封印を解き交通量の少ない道を駆使して、レンタカー営業所に無事16:35に着きました!間に合ったぁ。

17:15、定刻通りに全日空羽田行きは発ちました。空からの夕焼けは根室で見たように美しかった。

道東紀行、終わります。
おじさん、脱出できたかなぁ。

d0147406_1923628.jpg

by marunouchi_no1 | 2011-09-26 18:11 | 北海道  

道東紀行4

道東紀行の最終日です。
最近の自分の傾向として4日目はヘロヘロになりますから、今日は釧路だけにしました。ホテルにギリまでいて散策に出かけます。
画像はフィッシャーマンズワーフMOO
d0147406_855848.jpg


ゆっくり出発。昨晩飲んで酔っ払ってしまったので、夜の街の取材が出来なかった栄町から開始します。

こまい木造が密集する栄楽街という一角が見所でした。中に大きな建物があって、裏手に回ったらボーリング場だと判明。発見の楽しさもあります。
d0147406_13223719.jpg


港のレンガ倉庫街
d0147406_13224193.jpg


d0147406_13224566.jpg


釧路駅と幣舞橋の間が繁華街ですが、空き地ばっかり。建物より空き地のほうが多い印象です。その空き地は全て駐車場ですが、ほとんど埋まっているのもすごい。
あっそうそう、釧路駅中々渋いっす。
d0147406_13225059.jpg


幣舞橋に戻りました。橋を渡ってMOOをパシャり。停泊している漁船が例の花咲でも見たドハデ系です。もちろん機能からこうなったのでしょうが、デコトラに通じるものを感じます。そしてすごいと思ったのが、MOOのデザインがこれらの漁船と周りのレンガ蔵に調和してること。建築家毛綱さん生きてたら今頃すごいんだろうな。
d0147406_13225451.jpg


この旅の出発点に戻ってきました。
川のほとりの復元し建物。メタボ回避で軽く昼飯です。
d0147406_13225762.jpg


釧路の南大通(幣舞橋の南側の街)を歩きます。先端が米町というところで寺町と弁天浜を臨む遊郭のあった場所。旧遊郭の方は何も痕跡がありませんでした。
d0147406_14595216.jpg


釧路駅の反対側(北側)に変な建物を見つけたので行って見た。そうしたら駅の北側は旅館と飲み屋が密集してた場所でした。北海道の漁に東北から出稼ぎに来た人たちが泊まって遊ぶ街だったのか。
d0147406_14595760.jpg


そして、網走で見かけたスナック集合体建築の親玉みたいなのがあった。外からみると一つの建物に見えるけど、真ん中に通路がって戸建て長屋が連なっているのです。掘り出し物に興奮するも、かなりディープ。最近が遊里系はやめてたので一歩踏み込む勇気がありませんでした。
d0147406_14595994.jpg

by marunouchi_no1 | 2011-09-26 08:02 | 北海道  

道東紀行3ー2

ブログサーバが調子悪いや
その3の後半は新しくおこします。

太平洋にのぞむ花咲集落
花咲蟹で有名ですね。これは蟹船?イカ船?すげー派手です。
d0147406_12545196.jpg


廃屋多しですが、かつてはかなり栄えた模様。遊里跡も残っていました。手前がスナック集合建築。
d0147406_12551423.jpg


その中
廃屋なのに看板が綺麗だ。まさか現役じゃないでしょうね。
d0147406_1255332.jpg


まっすぐな線路。沿ってまっすぐな道路も走ってます。
d0147406_125658.jpg


おお、馬だ。ずっとうしばっかりでしたが、海岸近くの牧草地は馬のようです。潮風がいいんだな。
d0147406_12563990.jpg


霧多布はスカ。地形的に期待して行ったのに、残念。
ここらは湿原地帯です。その中にある火散布集落を訪ねました。さて、なんて読むでしょう。ヒチリップです。浜中町はこんぶ収穫日本一だとか。火散布も昆布漁集落です。
d0147406_1881491.jpg


家の前に砂利敷の広い干場があって、一軒一軒の干場に面して船がつけられます。そしてクレーンも常備されている。
d0147406_1883578.jpg


なるほど、よほど昆布漁が調子いいんだ。
だからこの小島までも昆布漁集落があるんですね。写真見えますか。昆布漁の時だけ人が住み、学校まであったそうです。定期船はないのでチャーター船を調べましたが、三万円以上するのでやめました。定住の島だったら無理して行ったでしょうが。
d0147406_1883844.jpg


ところが小島なんか目じゃない集落があった。みてください、浜が全て昆布の干し場です。相当潤っているのでしょう、家々はあたらしい。でも面白い。
昆布の乾燥小屋も一軒毎にありました。熱風で強制的に乾かしていました。こっちの方が干すより楽なんでしょうね。
d0147406_1884280.jpg


釧路。今回の旅の出発点に戻ってきました。
とった宿は幣舞橋の袂、後ろは夜の街です。最終日なので奮発して寿司屋へ行こう、ということで八千代鮨本店というちょいと高級そうな店に入りました。
カウンターに通されたのですが、隣に超ウルサイ何処ぞの飲み屋の女将が男と一緒に来て、板前相手にワンワン騒いで飲んでいる。しかも道産子じゃなく大阪弁。おいっ!早く帰ってくれよ!
あーあ、最終日だというのに外したと思っていたら、料理がめっちゃ美味しいではありませんか。ウルサイ女将が帰った後、地酒頼んで飲み直しました。この店は釧路に来たらオススメです。
d0147406_2022955.jpg


20:00ちょうど。幣舞橋の川っぺりでブログ書いてます。ここから始まったんだなぁ。あー満足満足。
d0147406_2023924.jpg

by marunouchi_no1 | 2011-09-25 17:42 | 北海道  

道東紀行3ー1

3:00am
その3、もう始めなきゃ。
日本最東端で日の出見たい。

納沙布岬、夜明け前。日本で行くことのできる日本最東端です。
d0147406_450866.jpg


どこから出るかな?
d0147406_523253.jpg

きたーっ
d0147406_5231173.jpg

おおーっ
d0147406_5231919.jpg

日本で一番早い日の出でした
日の出と同時に灯台の灯りが消えた
d0147406_5232857.jpg


日本最東端の集落
d0147406_1074614.jpg


根室の朝歩きスナップショット
d0147406_1075025.jpg


d0147406_1075613.jpg


d0147406_1075973.jpg


d0147406_108258.jpg


d0147406_108599.jpg


d0147406_108947.jpg


d0147406_1081649.jpg

by marunouchi_no1 | 2011-09-25 03:07 | 北海道  

道東紀行2

おはようございます。窓を開けたら朝日を浴びた風景。斜里の朝歩きから。
d0147406_9282557.jpg


斜里の駅前から眺めた斜里岳。
d0147406_928279.jpg


昨晩、飲み歩いた時にチェックしておいた大きな古民家。もうかなりガタがきてるようですが、手直しして頑張ってもらいたいな。
d0147406_9283195.jpg


知床半島突入。観光スポットスルーのつもりですが、オシンコシンの滝だけみてくか。
d0147406_9283783.jpg


ウトロスルー、知床横断道路知床峠もスルー。羅臼町に下って、、、やっぱり最奥の瀬石へ行きたい。なんだか25ねん前のトレース紀行だ。

瀬石温泉
ここって民地なんですぅ。
海の向こうに見えるのは北方領土だ。
d0147406_10465151.jpg


d0147406_10465524.jpg


d0147406_1047018.jpg


では、羅臼の町から気合いいれて、、、とピックアップした集落を巡れど、スカスカスカ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
標津まできちゃった。福住総本店という地元では有名そうな蕎麦屋で鴨南そば食べた。温まりました。
d0147406_12335069.jpg


d0147406_12335329.jpg


なんだ、標津もスカスカじゃい。
港から国後島を臨む。寺泊から佐渡島眺めるより近くに見えるよ。
d0147406_12584973.jpg


遠くの山は斜里岳から知床半島にかけての山脈の一部。草原はパイロットファームってやつでしょうか。
d0147406_13224211.jpg


うっしっし(^-^)/
d0147406_18282534.jpg


ついに日本最東端の町、根室にやってまいりました。根室半島は北海道で唯一足を踏み入れていないエリア。念願の地です。さーて、どんな町を見せてくれるのかな。
d0147406_18282795.jpg


先ずは地酒、北の勝の蔵元
いいねぇ
d0147406_18372854.jpg


市内はかなり起伏があります。海岸段丘ってやつ。そこに地形と関係なく構わずグリッティな町割りをしたようで、なんというかサンフランシスコみたいです。
d0147406_1837302.jpg


丘の上の町が海に面しているところへ近づいて行った。画像の場所は材木屋さんの敷地。
「ここから夕陽がとっても綺麗に見られるからどうぞ入っていいよ」
と事務所のオバやんが声をかけてくれた。北海道らしいなぁ。
d0147406_18373165.jpg


おおっ
すっげー綺麗だ、夕焼け
d0147406_18373269.jpg


たまりません。
d0147406_18425490.jpg


日中あんなに荒れていた海が、なんとも静かに
d0147406_1842567.jpg


日がくれたあとは、繁華街へ。割と活気あるじゃない。
根室にしてはおしゃれな飲み屋があったんで、開店を待って入りました。これが超当たり\(^o^)/
d0147406_18425883.jpg


地酒でイカと旬のサンマを刺身で
うーむ、最高です
d0147406_1843025.jpg


サンマの刺身と一緒に一味唐辛子が出てきました。こちらでは、何とサンマに一味をかけて生姜醤油でいただくんですと、、、いやいやイケる!
d0147406_18543882.jpg


その後、夜の遊里の町並みを取材。画像アップできるカメラで撮るの忘れたぁ。ネオン街で閉めたかったけどごめんなさい。

その2を終わります。

by marunouchi_no1 | 2011-09-24 07:01 | 北海道  

道東紀行1

台風15号は吹き荒れて東日本を縦断していきました。そして奴が行った半日後を全く同じルートで飛行機は飛び、釧路空港に無事着きました。
さぁ、始まります。25年ぶりの道東紀行
d0147406_16491518.jpg


幣舞橋の袂にあるフィッシャーマンズワーフ
ネオンが水面に映って綺麗でした
ここから一気に北見まで走ります。阿寒湖越えて140km。

北見着2時間半ですから、捕まらない速度で走っても平均速度60km
流石北海道の道です。
d0147406_22184711.jpg


北見での朝歩き。この建物は旧ホクレン北見薄荷工場事務所。戦前は世界の七割の生産量を誇っていたとか。すごいですねぇ。
d0147406_7464714.jpg


サロマ湖のほとりにある中湧別です。学生時代にきた時には鉄道が走っていて、この駅を通りました。
d0147406_1224655.jpg


映画館や洋風建築もある中々よい町並みじゃ
d0147406_123671.jpg


そして、サロマ湖の砂洲上の集落、登栄床。青空素晴らしい
d0147406_1232570.jpg


d0147406_1234941.jpg


網走刑務所。三回目なのに始めてきたみたいな記憶\(//∇//)\
d0147406_1524138.jpg


網走は今では観光ルートから外れてか、地元民も中心市街地には買い物にいかないのでしょう、うら寂しい町になってしまいました。
飲屋街にあった楽天地という古いスナック集合体建築。入ると建物は二棟に別れています。そして各店二階がある。だれが考えたかこのスタイル。全国ブルーラインエリアに見られます。
d0147406_16564377.jpg


斜里の海鮮飲み屋で一杯。コーンバターがうまかったぁ。1、2日目終了。
d0147406_011311.jpg


ここまでのスナップショットをお届けしましょう。
機内より
d0147406_011925.jpg


北見
d0147406_0111273.jpg


廃線跡の駅に置いてあった客車車両
d0147406_0111436.jpg


中湧別
d0147406_0113561.jpg


中湧別
d0147406_0113852.jpg


中湧別
d0147406_011425.jpg


登栄床
d0147406_0114611.jpg


登栄床
d0147406_0115050.jpg


網走
d0147406_0115562.jpg


網走
d0147406_0115895.jpg


網走
d0147406_012175.jpg


おやすみなさい(~_~;)

by marunouchi_no1 | 2011-09-22 16:36 | 北海道  

肩こったぁ

この連休
朝歩き以外ずっと家で仕事してました。
肩こったぁ\(//∇//)\
d0147406_963273.jpg

by marunouchi_no1 | 2011-09-20 09:00 | 東京都  

朝歩き 秋空紀行2

今日も東京はいい天気です。
会社まで歩いて行こう!

交通交錯地帯
d0147406_9222388.jpg


モノレール浮遊感覚スポット
d0147406_9222535.jpg


バラックスポット
d0147406_9222680.jpg


超トンネルスポット
d0147406_9222630.jpg


三田タワースポット
d0147406_9222775.jpg


三田曾禰達蔵スポット
d0147406_9222712.jpg


オット
ここで西へ向かってしまった
小山町が如何なったか気になる

ジョサイアコンドルスポット
d0147406_10342356.jpg


その前の建物
d0147406_10342482.jpg


小山町は一部が高層マンションに
小山湯の界隈はまだあったけど
開発反対ののぼりがたくさんあった
d0147406_10342515.jpg


麻布台
ここは神谷町から徐々に再開発が始まってた
もうすぐ無くなる町並み
d0147406_10342589.jpg


神谷町愛宕山下の木造民家群
何度見ても奇跡だ
d0147406_10342696.jpg


日比谷公園にこげな建物あったんだ
d0147406_10342812.jpg


ふーっ
会社到着!
13600歩‼
d0147406_10342976.jpg

by marunouchi_no1 | 2011-09-19 07:58 | 東京都