<   2011年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

歴史をつなぐこと

google earth のストリートビューですが、東日本の被災地の画像が震災後のものに更新されました。そこで、私が訪ねた被災前の画像と比較してみました。
心配通り失われてしまった町はあるけれど、心配していたが大丈夫だった町もありました。そして、驚いたことには、ニュースやyou tubeで津波画像が流れているような町でも以外にも古い建物が残っているということです。
これらの建物は、チリ地震の時の大津波でも残り、火事や戦災も受けず潜り抜けたものですが、幾たびの災害をも乗り越えているということはすごいことだと思います。
今後、被災地では復興事業が進められることと思いますが、ぜひともこれらの建物が「歴史をつなぐ」大切な宝物として維持継承されることを願います。

では、<力強い建物たち>をご紹介しましょう。
彼らは強い!
勇気や力をもらいます。

【岩手県宮古市鍬ヶ崎】
宮古市の旧港町で一本の道に沿って町並みが形成されていました。この画像の場所は、そこから山側へ伸びた支道です。
d0147406_1153913.jpg

震災後
手前の主要な町は残念ながら失われてしまいましたが、やや高い敷地であったこの建物から上が残っています。
d0147406_117079.jpg


【岩手県釜石市浜町】
釜石市の旧港町です。低いところに商店街があり、旧遊里を挟んで山に向かって住宅地が延びています。画像はその住宅地の下のあたり。
d0147406_1192486.jpg

住宅地の部分はかろうじて助かったようです。低い広がった土地にある旧遊里や商店街のところは全面ですが、旧遊里の建物が一軒外装だけ残っていました。
d0147406_11113076.jpg


【宮城県気仙沼市魚町】
古い港町の一角。この辺りは戦前大火があって、その復興でできた洋風商店の町並みです。
d0147406_11124310.jpg

この交差点から右手方向へ商店街が伸びていますが、そこにある洋風商店も残っているものがありました。ただし、その道から海側は失われていました。
d0147406_11143066.jpg


【宮城県石巻市中央】
戦災を受けている石巻市街で唯一見られる戦前の町並み。洋風建築が向かい合っています。
d0147406_1116243.jpg

震災後。1階まで津波が入ったようですが、建物は残りました。
d0147406_111762.jpg


【福島県亘理町荒浜】
太平洋の海岸直ぐ近くの阿武隈川の河口土手下にある集落。土蔵造りの建物が並んでいます。
d0147406_11182457.jpg

ここは震災後の報道にも出てこないので、様子がわからずでしたが、ほとんど失われてしまっていました。が、この土蔵造りの民家は残っていました。奇跡的です。
d0147406_11204149.jpg


【福島県いわき市久之浜】
太平洋海岸線近くの陸前浜街道の街村。
d0147406_11215548.jpg

ここでも、土蔵造りの建物が残っています。土蔵造りはしっかり造られていて重いから、水に浮きにくく流されないからなのでしょうか。
d0147406_1123952.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-31 11:24  

ぐんたま紀行

今年最後の旅です。先日、日没となり十分に歩けなかった行田にいます。奄美にもあった九州に多いファミレスジョイフルが何故か行田にある。ここで腹ごしらえして始めます。
d0147406_8113479.jpg


行田は足袋の生産で栄えた町
d0147406_1024585.jpg


なかなか見所多い
d0147406_10245968.jpg


この工場は一番大きな足袋工場
いまでは別のもの作ってるけど
ほとんどが大正期の建物です
見応えあって1:45かかりました
d0147406_1025146.jpg


群馬県伊勢崎市
境島村は、利根川を挟んであります。
幕末から明治にかけての養蚕農家が群をなしています。すごいです。

こちらは利根川北岸
d0147406_12555447.jpg

上州空っ風を防ぐ屋敷林
d0147406_1255571.jpg


だだぴろい利根川を挟んで同じ大字っていうのもすごいです。
南岸には大型古民家が特に集まってる。いやーびっくりしました。
d0147406_1256098.jpg


本庄児玉インターから関越道にのって富岡で下りた。旧信州街道宮﨑宿(富岡市)は丘の上の集落。図説日本の町並みに紹介されていた宿場町ですが、今やなんでもない集落でした。下の一ノ宮も同様。
d0147406_1681226.jpg


冬の探訪はつかの間です。もう日が傾いてきた。
最後に富岡製糸場の門前町を歩きます。旧信州街道(川越街道)には商家の蔵造りがちらほらと。製糸場の前には商店街と歓楽街というこれまた典型的なパターンです。
d0147406_168133.jpg


d0147406_1681465.jpg


d0147406_1681592.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-30 08:07 | 埼玉県  

海界の村を歩く 永良部奄美 ムービー

海界の村を歩く 永良部奄美 ムービー
をアップしました。
余興ばっかりになってしまって、集落町並みの画像が少ない!とお叱りを受けそうですが。。。
印象記をじきアップする予定ですので、町並み画像はそちらをご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=jI_Kqeqs2Ew&feature=youtube_gdata_player
d0147406_12405738.jpg


仕事納めで銀ぶら
d0147406_22492654.jpg


ドキッ
d0147406_22492990.jpg


あと3日かぁ
d0147406_22493013.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-28 10:37  

海界の村を歩く 奄美大島2

この島、ソフトバンクに弱いようで、昨日はライブレポできず、ホテルの無線につなげて一気アップでした。すいません。

最終日です。昨晩、島の紅白歌合戦をやっていた文化会館の敷地内に古民家が移築されていました。いわゆる分棟型民家で居宅と台所が別れています。
d0147406_9955100.jpg

プランはこんな感じ
d0147406_995531.jpg

内部
d0147406_995689.jpg


昨日歩いた集落でも茅葺屋根は流石に無いですが、屋根を落とした分棟型民家はたくさん見ました。一軒でも茅葺屋根があればデータベースにアップしちゃうんですが、台風常襲地域でもあり、その維持は大変ですよね。(画像は大和村今里)
d0147406_995682.jpg


名瀬の町を歩きます。細長い入江の先っぽと両側に展開。当然繁華街はその先っぽで、港から見て左が物販店街、真ん中が行政関係、右が飲食店街、バックはすぐ山という典型的な港町。

まずは、物販店街から。数本の直交した街路に商店街が形成。川に沿った所にいい感じの町並みあり。この画像はその中の市場です。
d0147406_1040931.jpg


なんの戒めや
d0147406_10401165.jpg


次に飲食店街。昨晩呑んだくれた街です。
「なんくるないさー」とは、どうにかなるさ。沖縄と同じ方言だ。
d0147406_10401431.jpg


公園があったんで、こりゃ怪しい、、、でたぁ、遊里建築だ。実はもう一軒見つけました。
d0147406_10401634.jpg


名瀬から東シナ海に突き出す半島を廻ります。龍郷町秋名という集落がなんとなく期待できそうな予感です。
そして、集落へ入って行ったら「あった‼」現役の高倉。
d0147406_12333121.jpg


さっそく探索。ダチョウ型が並んで2棟、トタンカバー(写真)が1棟発見。集落景観的にもなかなか良い。やっと星3つかな。
d0147406_12334379.jpg


ひさ倉という地元や観光客で有名な店で、奄美名物鶏飯(けいはん)食しております。
d0147406_12335638.jpg


さぁ、ラストスパート!
奄美最北の笠利町。空港のある町です。
赤木名という集落。かつて大島代官所があった。というだけあって、今までとは全然格が違う生垣の町です。家も立派なのがある。いわゆる薩摩の麓ですな、これは。
d0147406_14345983.jpg

d0147406_14351646.jpg


空港近くの節田集落。小さい集落ながら、なんと4棟も高倉があった。一棟は寄棟トタンです。
d0147406_14353290.jpg


ダチョウ型が2棟並んでるぅo(^▽^)o
d0147406_1435471.jpg


で、奄美終了です。
鶏飯フリーズドライをお土産に買って、
ご清聴ありがとうございました。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-26 09:02 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 奄美大島1

奄美大島を含む南西諸島は、私にとって最大の未踏エリアです。ここを歩けば、日本全国全ての地方に足を踏み入れたことになる。
奄美大島は去年歩く予定でしたが、大水害の直後で断念しました。まだその傷跡も残っているとは思いますが、念願の奄美探訪を開始します。
外は寒波襲来で依然、強風がやみません。

名瀬の南、大和村にやってきました。大和浜の集落から離れた川沿いに高床式倉庫=高倉が群をなして残っている。ずっとここに来たかった場所なんだが、「あれここかぁ」ってな場所でした。道路脇。
d0147406_6373129.jpg


集落は火災の危険があるので、倉を離して群で建てたそうです。対馬の倉もそういう形態だったなぁ(長崎県対馬のデータベース参照)
d0147406_6572848.jpg


大和村の一番端の今里。サンゴ礁の岩の石垣集落です。海に直接面しているから、風が強いんでしょうね。高倉は昔あったそうですが(群倉形式ではない)、今は取り壊されたそうです。
d0147406_6572988.jpg


奄美大島の南部はリアス式海岸。焼内湾に面する宇検集落。今里からここまでの道は険しかったぁ。山越えして下ったところにあります。
あった~、高倉を改造したダチョウ倉!?。そう、茅葺屋根を落として低くしたもんだから、ダチョウみたいなのです。
d0147406_6573091.jpg


ここにも別形式のがあった。八丈島でも同様の現象を見たぞ。
d0147406_6573015.jpg


可愛い
d0147406_6573120.jpg


焼内湾の最奥にある湯湾集落で
d0147406_6573117.jpg


太平洋側の東海岸を上がります。こちらはさらに山がけわしく、尾根筋の県道から一つ一つおりて行って集落を訪ねなければなりません。
嘉徳という隔絶された集落。なんと元ちとせの出身地だって。
d0147406_6573130.jpg


集落の入口にあったマスコット?!
d0147406_6573213.jpg


ほんとどこでも花が綺麗です
d0147406_6573367.jpg


マングローブの原生林
d0147406_6573355.jpg


奄美一の繁華街へ繰り出しました。
島唄が聞けるライブハウスや居酒屋へでもと思いましたが全部休み、、、文化会館で島の紅白歌合戦をやってるそうな。歌い手さんは当然そこへ出場してるのね。
郷土料理のお店。島料理と黒糖焼酎がどんどん出てくる。定額です。お料理は沖縄に似てる。そういえば、言葉も似てる(口語はわからんから文語ね)。同じなんですね、奄美も沖縄も。江戸時代、方や薩摩で方や琉球だっただけ。
豚肉の塩っけと野菜のあっさりが絶妙な組み合わせです。
d0147406_8374172.jpg


焼酎も美味しくいただきました。
d0147406_8374196.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-25 05:44 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 沖永良部島2

天気は回復の方向だけど、風が強く海は時化ています。船は出るかなぁ、壱岐の前例があるんで心配です。
ジッちゃんの朝飯食って出発だ。
d0147406_7564095.jpg


和泊の町を歩きます。ここは、西郷隆盛が島流しになって幽閉されていた場所。牢屋の建物とその中に西郷さんの銅像が居た(こわい)。近くの川に石橋が残ってた。
d0147406_9532730.jpg


和泊の集落。
d0147406_9532951.jpg


色とりどりの花が綺麗です。
d0147406_953307.jpg


知名町余多集落
石垣が多かったから取材しました。
データベースにいれとかどうしようか迷うところ。瀬利覚に加えればいいか。
d0147406_1013301.jpg


d0147406_10133248.jpg


王家の墓
d0147406_12292381.jpg


和泊町国頭集落
サンゴ礁の石垣
d0147406_1256435.jpg


集落の中にぽっかり洞窟が口を開けていました。沖永良部島には河口近くにしか川がありません。石灰岩質の地盤のため水は地中に染み込んでしまいます。川は鍾乳洞をつくって地中に流れてる。したがって、集落は地中川に下りられる場所や地中川が地表に現れた場所に形成されるのです。いやー、いろんな土地の特徴にしたがって集落ってつくられているんですね。

小学校の校庭に日本一のガジュマルの木。
d0147406_1256858.jpg


やっと観光地らしい店があった。西郷隆盛が上陸した港。エビの店だそうで、テーブルにエビの殻が展示してあった。あまりありがたいものではないです。。。
しかし、ここでも昭和歌謡が流れてるぅ。
d0147406_12561232.jpg


さて、沖永良部島を後にして奄美へ渡ります。揺れるぞ~。
d0147406_1723628.jpg


揺れることを予測してベッドにしました。外も見ずひたすら寝るだけ。
やっぱり、すごかったぁ。。。
今、徳之島に停泊しております。ここから3時間20分。
d0147406_1725847.jpg


ひゃーゆれたゆれたぁ
徳之島停泊中に缶チューハイ買って飲んだのがいけなかった
気分悪くなって吐く寸前(*☻-☻*)
やっとこ着いた
奄美大島名瀬港
d0147406_22242638.jpg


ホテルまで約1km歩く。
うーん、やっぱ違うな、奄美大島。
ファミレスあり(ジョイフルだけど)、ほか弁あり、焼肉チェーン店あり。
焼肉屋に入って遅いディナー。
牛、豚、ホルモン、ついついたくさん食べすぎちゃった。
d0147406_22242968.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-24 07:31 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 沖永良部島1

鹿児島空港のレストランロイヤルで早い昼食をとっています。レストランロイヤルといえば、ロイヤルホストの発祥となった九州での空港レストラン。うまくもないのに高い。。。

そんなことより、これから未踏地帯の南西諸島攻め第1回を行う予定です。
しかし、飛行機がまたもや条件付き。沖永良部島に着陸できるか確実ではありません。したがって、仮称でスタートします。
d0147406_10541096.jpg


飛びまーす
d0147406_11261551.jpg


屋久島
d0147406_1524138.jpg


沖永良部島だぁ
ぐるっと回って
d0147406_15241472.jpg


無事着陸‼
よかったぁ。
d0147406_15241524.jpg


天気悪いです。
しとしと雨が、、、
こういう時はメインの集落をいち早く歩くに限ります。
d0147406_15241662.jpg


知名町瀬利覚
おじさんが「取材ですか?」「えぇ集落の取材です」
やばい、長話につかまるパターン。
でも時間あるし村の話きこう。
ということで、色々と話を伺いました。
知名町が島で一番大きい町だった。昔は。
その中でも瀬利覚が古い由緒ある集落。
和泊はずる賢く、知名はおっとりしていて中心の座を奪われた。

どうも島でふたつ町があると中悪いんですよね。よくある話。
古い方の由緒ある町の方が保守的で、新しいものの導入にちゅうちょしている間に、二番ての町に持ってかれてしまう。
d0147406_15241795.jpg


瀬利覚、いい集落でした。
でも最後に土砂降り
d0147406_1524182.jpg


島の半分はなだらかな山で、そこに昇竜洞という鍾乳洞があります。そうだ、八つ墓村のロケ地になった場所だ。
入ってみた。びっくりした。なんと美しいことか。綺麗な場所ではすごい湿気でレンズが曇ってしまってお伝えできないのが残念です。
後ろから、ロウソク頭に付けた田治見要蔵が走ってきそうで怖かった。
d0147406_16542575.jpg


明日も時間がたっぷりあるんで、今日は切り上げ。和泊港近くのビジネスホテルに、、、っていうかただのアパートみたい。
玄関は片付けられておらず、インターフォンしても誰も出てきやしない。しょうがないから電話をすると別の棟があるらしく、そこからおっさんがやってきた。ところがお待たせしましたもすいませんもない、挙句にはてに予約は入ってないという。そして、彼は何を考えたのか、何も言わずぬ私を置いて出て行ってしまった。暫らくして電話が入り、別棟が空いているという。当然、もう結構ですと。まったくもう、商売っ気がないんだね。

気を取り直して町を徘徊し、良さそうな宿見つけて転がり込んだ。ジッちゃんが一人でやってるビジネスホテル。古いけど小綺麗にしてある。超安いわりに部屋に風呂もあるし。はぁ、良かった良かった。
d0147406_17535366.jpg


ジッちゃんに教えてもらった店
おいっ!地元のカラオケスナックじゃないかい!
おっちゃん達がいる
d0147406_1945714.jpg


おっちゃん達の会話、訛りが強すぎてなにいってるのかわかんない。
外国にいるみたい。
「乾杯」と「三十年」だけわかった。
おつまみを飯代わりに飲んでます。
ところが、、、となりで何かが始まるぅ
d0147406_19251166.jpg


クリスマスのダンスパーティーが始まるそうな。取材してってもいいかと思ったけど、怖くなって(笑)抜けてきた。なんでしょうねこの島は。ラーメン屋に寄ろうかとのれんくぐりかけて怖くなってやめましたぁ。

ホテルに戻ったら、ロビーに昭和歌謡が流れてる。どこから?と探したら、ジッちゃんの仕事場のラジオからAM放送で、、、昭和の映画の中に紛れ込んだみたい。
面白すぎるぞ、沖永良部島‼
d0147406_19515631.jpg


明日、晴れないかなぁ
おやすみなさい
d0147406_22343146.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-23 10:47 | 鹿児島県  

津波のあと 宮古市鍬ヶ崎

岩手県宮古市に住んでいる友人に3.11以来はじめて会いました。彼は市街の海に近いところに住んでいますが、被害は受けず無事だった。

彼とは以前、「企業城下町紀行 釜石編」で同行取材し(印象記参照)、その旅の最後に彼の地元、宮古市の旧港町である鍬ヶ崎を歩き、彼行きつけの美味しい寿司屋さんで奥さんも呼んで打ち上げをしたのでした。↓が彼
d0147406_9393214.jpg


鍬ヶ崎はYouTubeの宮古津波の映像にでてくる、まさにのまれてしまった街です。この家も残っていないでしょう。
d0147406_9393567.jpg


ところが、例の寿司屋さん。なんと、すぐ前にあったでっかい倉庫に守られて建物が残り、今では営業を再開しているというのです。驚きとともに勇気づけられるいい話だなぁと思いました。
http://s.ameblo.jp/respirar-rin/entry-11068465062.html

鍬ヶ崎では海に近い規制区域外では新築が始まっているそうです。着実に復興が進むことを願います。

おお‼
東京中央郵便局現る‼
d0147406_2258479.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-20 09:16 | 岩手県  

ラスト二週

ラスト二週だ。
会社の記念本の仕事に集中しなければ。。。
しかし、こういう時って何か厄介なことが起きるんですよね。

いつもの運河を反対側から
d0147406_8423852.jpg

今日も水鳥が優雅に浮かんでた
d0147406_8423953.jpg

厄介なこと起こりません様に
なまんだーぶつ、なまんだーぶつ
d0147406_8424038.jpg


ぶら丸ノ内
d0147406_1305139.jpg


復原東京駅が現れてきた。
d0147406_1305461.jpg


上の綺麗なレンガタイル部分が復原部
d0147406_1305568.jpg


東京中央郵便局の開発
d0147406_1305790.jpg


保存部分の復原煙突が現れてきた。
d0147406_1305960.jpg


紅=東京駅、白=東京中央郵便局
の紅白対決が楽しみです。
d0147406_131081.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-19 08:37 | 東京都  

朝ぶら

ふー
胃が痛みます。
飲みすぎちゃいかんと思いながらもついついピッチが上がってしまいます。

さて、今日もスイターを持って朝ぶらしてます。
d0147406_108812.jpg


d0147406_108932.jpg


d0147406_108969.jpg


おっと
旅心に誘われてモノレールに乗ってしまった
昭和島で降りちゃった。
d0147406_113128.jpg


昭和島は物流街
運河沿いに公園がありました。
d0147406_1131587.jpg


運河を渡ると大森の軽工業地帯です。
こうばの音がしてる。
d0147406_1131872.jpg


呑川の水門
d0147406_11311099.jpg


そして、おなじみの羽田道に残る民家
d0147406_11311246.jpg


羽田道を戻ると何時の間にか旧道を外れてしまった。
でも真っ直ぐ西へ、、、どこに出るのかな。
梅屋敷にでたぁ!
この辺は何度歩いて覚えられない
地理が難しいです。
d0147406_11544585.jpg


あー、またラーメン食っちゃった。
このまま年越したら太るぞぉ

なんとなくトロピカル
d0147406_124222.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2011-12-18 09:56 | 東京都