<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

週明け

週明け。今週も寒いのでしょう。

映画「三丁目の夕日64」を見ました。1964年の東京の俯瞰、長い編成のディーゼル特急の走るシーン、東京駅から0系新幹線が発車するシーン、看板建築たくさん、現代CG技術は凄いですね。知ってるロケ地も見つけ、楽しかった。いい映画でした。

それでもあら探しもしちゃうんですね。集落町並みの。

夕日町は戦災にあって、焼け野原から復興した設定だが、銅板看板建築など戦前系が多い。

千葉の漁村の設定だが、日本海にしかない舟屋がある。→舞鶴でロケ

東京駅の背景のビルがおかしい。

建物や琺瑯看板が古ぼけてる、当時はピカピカのはず。→これはしょうがないね

演技より背景見てしまいます。まぁ、でもすごいこだわりでした、あっぱれ‼
d0147406_8565098.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-01-30 08:34 | 東京都  

休日出勤

仕事を溜めてしまったので、休日出勤です。いけませんなぁ。

しかーし、寒すぎます。
d0147406_111948100.jpg


仕事を片付けて帰ろっと
帰り道でぶらりとしようかと思ったけれど、寒すぎて無理や

近所のスナップ写真
d0147406_16453594.jpg


d0147406_16453593.jpg


d0147406_16453651.jpg


d0147406_16453663.jpg


d0147406_16453765.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-01-29 11:06 | 東京都  

那覇にて

4日前にプライベートで来た那覇空港に仕事で来ています。仕事モードとはいえ、流石に感覚がかぶります。不思議。。。
d0147406_2162791.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-01-26 21:02 | 沖縄県  

ひかり

雪が降って空の塵がお掃除された。ひかりが澄んでます。
d0147406_857246.jpg


d0147406_857471.jpg


d0147406_857626.jpg


d0147406_8571169.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-01-25 08:54 | 東京都  

東京 雪

東京はこの冬一番の雪になりました。
臨港地区でもこれですから、多摩地区や山沿いはかなり積もってるでしょう。
d0147406_8171183.jpg

d0147406_817125.jpg


滑りそう(≧∇≦)
d0147406_931837.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-01-24 08:13 | 東京都  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日

川平です。かびらと読みます。
昨夜、一晩中動物の鳴き声がしていて、気になってよく眠れなかった。朝、宿の人に聞いたらカエルだそうです。内地では聴かない鳴き声でした。
カエルが鳴きまくってたから、朝はどしゃ降り。そんな中だけど、川平集落取材するか。

お馴染みサンゴ礁石垣と赤瓦。
特徴はといえば分棟型ではないとこ。座敷と炊事場の部分がつながっています。
d0147406_10221038.jpg


うおっ!ジープだ!
やっぱりいいなぁ、ジープ。
また乗りたいな。どノーマルで。
d0147406_10221449.jpg


御嶽(うたき)
拝殿は昭和12年築で伝統的な建築技術を知る上で重要なものですと。
d0147406_10221810.jpg


川平といえば川平湾。
どしゃ降りなのにこの青さは素晴らしい。
d0147406_10222512.jpg


取材が終わったら雨が止んだ
そんなもんです。

今日は石垣島での大イベント
石垣マラソン
4000名が参加しているそうで、あちこちで「マラソンですか」と聞かれる。集落探訪とは関係ないけど、タクシーでマラソンランナーの列を横断して空港に近づけない。大回りしてなんとかなりました。

日本最西端の地、与那国島へ渡ります。
d0147406_12103232.jpg


与那国島渡った。
祖納にてランチ
また地元の言葉が全くわからん
外国みたい(台湾すぐ近くだしね)
d0147406_12105136.jpg


祖納は与那国の行政の中心。ビルなんぞはありませんが、大きな屋敷も多く大きな街でした。
d0147406_15522761.jpg

d0147406_15523217.jpg


ここでも子供達が無邪気に遊んでいた。
沖縄八重山地方の離島には小学校と中学校まであって、高校からは石垣になります。だから、この子たちも中学卒業したら親元を離れなければなりません。そのことが逆に親子の結束を強めているそうです。
d0147406_1623469.jpg

d0147406_162408.jpg


祖納の街外れ
海を望む高台に集合した墓地
いわゆる亀甲墓というものです。
d0147406_1624335.jpg

川の段差にも
d0147406_1624854.jpg


そして、日本最西端へ
西崎です。
d0147406_1625227.jpg

その近くにある久保良集落
日本最西端の商店
d0147406_1625796.jpg


与那国島の3つ目の集落が比川
集落はたいしたことないけど
有名な場所がある
人気テレビドラマのロケで使われた
Dr.コトーこと志木那島診療所。なんと入場料300円だって。当然入りませんよ。
d0147406_163290.jpg


最後に祖納集落を俯瞰します。
d0147406_163644.jpg


19:00発琉球エアコミューターで那覇へ
那覇からJAL羽田行き最終便に乗り換え。
しかし、日本最西端の島を19:00に出て東京へ帰れるんだから凄いよなぁ。
でも、那覇空港内には食べ物はほとんどなく、これだけ。レンジでチンしてもらって豪華な夕食だ。今回、食べ物はお粗末な旅でした。
d0147406_2055795.jpg


さて、縦走紀行としては、とにかくつなげるのが味噌。本来であれば那覇から鹿児島空港へ飛ぶべきですが、便が限られていることとそのためだけに貴重な週末を使わなければならない。昨年末奄美を取材したことだし、ズルいようですがここは東京を経由させていただきます。
d0147406_23435987.jpg


第3日は、羽田から

つづく

by marunouchi_no1 | 2012-01-22 09:16 | 沖縄県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第1日

私は今、わが国の最南端の集落、波照間にいます。予告通り、
「にっぽん集落町並み縦走紀行」
が始まります。

ここから全国の未踏の集落町並みを辿って最北端の稚内を目指します。途中、辺境の集落も少なくなく、全うできるかなぁと不安もありますが、始まってしまったからには、必ずややり遂げなければなりません。

ここは、石垣島からの船が着く港から緩やかな坂道を上り、波照間集落の入り口にある食堂です。まだちょっとだけだけど、すでに良い集落の手応えがガッツんガッツん来ております。

港から村へ向かう道
沖縄の多くの島は隆起サンゴ礁の平坦な地形です。島の形は円形で真ん中が一番高く、そこに集落が形成されています。有名な竹富島(国重伝建)もそう。波照間島は竹富島を一回り大きくしたイメージ。
d0147406_1253418.jpg


集落の周りはさとうきび畑。この島の黒糖は日本一うまいそうです。
ちょうどさとうきびの収穫風景に出くわしました。12時のサイレント共に笛がなって皆さんの作業はストップ。各自家に帰ってランチタイムです。
d0147406_1253537.jpg


雰囲気あるいい食堂です。なぜかどこぞの外国の民族音楽が流れてる。こだわりというカレーをいただきました。
腹ごしらえして、いざ取材開始!
d0147406_1254913.jpg


波照間集落は結構奥深く広い。竹富や渡名喜のような単純な形ではない。バイクを借りました。
サンゴ礁の石塀とフクギ
d0147406_18105197.jpg


ここにもオバやん
島の村に似合いますねぇ
d0147406_18105545.jpg


島が最南端なら造酒屋も最南端
d0147406_18105919.jpg


最南端の電気屋さん
d0147406_1811348.jpg


この島では沖縄の民家スタイルであるヒンプン(玄関前の目隠し)があまり見られませんでした。この家はのこってました。
d0147406_1811974.jpg


いいかんじでしょ
d0147406_18111423.jpg


気温は19度
夕方寒くなるそうな
d0147406_18215365.jpg


村を歩いてたら三線の音が
教室ですね
d0147406_18215821.jpg


琉球石灰岩の採掘場
沖縄では始めてみたけど、こういうところから掘り出してるんですね
d0147406_1822387.jpg


そして、最南端の碑(有人島として)
あぁここまで来たんだなぁと
遠く北海道稚内、宗谷岬の方を向いて
これからの縦走紀行を
改めて誓うのでした
d0147406_1822679.jpg


波照間港から石垣港までは1時間。
高速艇は波が高いのに構わず飛ばします。
ジェットコースターに1時間乗ったみたい
きつかったぁ。

画像は、波照間島西浜ビーチ。
曇りなのにこの青さ!
今晩は石垣島川平湾の宿に泊まります。
d0147406_18351941.jpg


美しい川平湾で有名な川平集落
暗い!ちょこっとの明かりと野鳥の鳴き声だけ、、、やっぱ島ですねぇ。
ロータリーに面する消防署の明かりです。
d0147406_239518.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-01-21 12:38 | 沖縄県  

渋谷桜丘からヒカリエ

先週、地形が面白いと紹介しました渋谷桜丘の和館屋根越しにもうすぐ完成する予定のヒカリエ(旧東急文化会館)を仰ぎ眺めました。積み木みたいなビルですね。

ところで、近々「スリバチ地形」の本が出るそうです。この本で紹介されたデコボコ東京を歩くのは楽しいですよ。

d0147406_23394986.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-01-18 09:02 | 東京都  

日本縦走紀行 予告編

年頭挨拶でも書きましたが、集落町並み探訪も2000箇所到達に50個所、50歳まであと二年。ここいらで一区切りつけたいと益々強く思い始めています。
そこで思い立ったのが、「日本縦走紀行」なんですが、じゃぁどうやってその成果を自分が納得する一区切りにもって行けばいいのでしょうか。あれやこれやと妄想し、ようやく全体行程とこころの準備が出来ました。まだ十分練れてはいませんが、走りながら考えようと思います。

来週末、最南端の集落、波照間島からスタートです。
d0147406_99999.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-01-16 08:40 | 東京都  

渋谷桜丘町

先日、山手線から外を眺めていたら不思議なものがあったので歩いてみました。
恵比寿駅と渋谷駅の間、山手線外側の線路沿いです。

何が不思議かというと袖壁のように擁壁が残っている妙な町並み。
d0147406_19121679.jpg


なんでこんな現象が起こるのでしょうか。
じっくり見ていてわかった‼

元は山手線が拡幅された時に構築した擁壁が線路に平行にあった。段差の上は住宅敷地。

土地利用が変わってビルやマンションへ建て替わる際に、線路沿いの道路から出入りするようにするため、擁壁を崩した。しかし、隣地は丘のままだから建て替わった敷地の両袖に擁壁を構築した。
d0147406_19235788.jpg


次に隣地が建て替わることになり、擁壁は必要なくなったが、マンションの場合はそれを撤去する費用を払う合意がとれないのでそのまま残った。
d0147406_19235867.jpg


ということではないでしょうか。そう考えると辻褄が合う。そして、建て替えられた順序についても推測できるのです。実に面白い‼

続いて、丘の上を歩いてみました。まぁ、複雑な地形の町です。
戦前らしき住宅を発見。
d0147406_19285490.jpg


その隣に妙な洋風建築が。。。
通りかかったおっさんが、
「終戦後ホテルだった建物だよ。進駐軍がでいりしてた」
と教えてくれました。
d0147406_1928559.jpg


丘町の間にはすりばち地形がありました。鶯谷。
d0147406_19285610.jpg


面白かった‼
ブラタモリにネタ提供しようかなぁ。

by marunouchi_no1 | 2012-01-14 19:05 | 東京都