<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

縦走紀行第五弾前夜

d0147406_8415420.jpg


大型連休後半で予定している縦走紀行第五弾。高松に夜入って四泊四日で大阪まで。瀬戸内海の男木島、小豆島をゆっくり巡り、徳島県の藍住、3日目に淡路島と神戸市北部の淡河、最終日に岡山県大原、鳥取県智頭町板井原、兵庫県豊岡、京都府加悦、福知山を経て新大阪から新幹線で帰るというかなりの強行軍です。
d0147406_8415585.jpg


で、三日目四日目の詰めをしてたら、、、四日目の計画が破綻してることが昨日わかりました。直前だし、連休だし予定変更はしなんの技、ひーっ!
d0147406_8415534.jpg


二日目昼までのゆったり小豆島を見直し、初日に脱出、その日の内に岡山経由で兵庫県まで移動。県内で借り乗り捨て代かからない小型車が借りられるレンタカーを探したがどこも満車。やっと確保できたのがマツダレンタカー姫路駅前営業所でした。しかし、岡山も姫路も宿はない。中間の寂しい相生駅前の東横インをGET。

さて、ここから3日間700kmの工程を、様々なリスクを考えながら組まねばなりません。渋滞、乗り遅れ、体力、、、うーん。
d0147406_8415620.jpg


次に復路の予約。最終の新幹線も取れず、何本か前のグリーン車をなんとかとった。それに間に合わないと大変だから、クルマを返す明石に近い淡路島と徳島県藍住を最終日に持ってきて、岡山⇒兵庫県⇒京都府⇒明石を中の二日間で回る方針に切り替えた。

豊岡のビジネスホテルをおさえ、中日の二日間の行程を決定!逆に余裕も生まれた。

津山の老舗旅館や小豆島旅館での祝2000箇所打ち上げもなくなり、全部味気ないビジネスホテルになってしまったけれど、組み直せたからとよしとするか。(^-^)/
d0147406_841579.jpg


探訪歴35年のノウハウをすべて注ぎ込んだ今回の旅の計画。四国から始まって日本海まで行ってからまた四国に戻ってくるユニークとも無謀ともいえる行程になっちゃったけど、どうなりますやら。

あさっての夜スタートです‼

by marunouchi_no1 | 2012-04-30 08:08 | 東京都  

三崎紀行

やっとお天気が回復
京浜急行線に乗って三浦半島の三崎港へやってきました。石の町並み。
d0147406_14194023.jpg

d0147406_14194391.jpg


地層に連続する町並み
d0147406_14194277.jpg


まだら石
地元産でしょうが伊豆のまだら石に近い
d0147406_14194479.jpg


石は伊豆方面から運ばれてきたとも言われてるようです。
d0147406_16212235.jpg


明治32年頃に大火があって、
その後復興した町並み
d0147406_18461380.jpg


ポカポカGWだけど、商店街には観光客はさほどおらぬ
d0147406_1846148.jpg


横浜へ移動。
京急日ノ出町で下車し、色街を横切る。
ここは完全に戦災復興の町並みですが、何となくアジアっぽい。と感じて店を見入るとコリアンタウンですね。
d0147406_18461583.jpg


伊勢佐木町モール。一時は横浜一の商店街でしたが、今や綺麗な街ではありませんでした。横浜松坂屋本館は三年前に取り壊され、イメージ継承されたスーパーになってた。
d0147406_18461684.jpg


西館は残ってた。
d0147406_18461637.jpg


関内のオフィス街。
d0147406_18461753.jpg


トライアンフのレトロカーが停まってた。
d0147406_18461889.jpg


県庁
d0147406_18461937.jpg


修復された旧露亜銀行。ぎせきやり直したのかなぁ。だとしたらすごいです。
d0147406_1846206.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-04-28 14:15 | 神奈川県  

いいお天気

昨日とはうってかわっていいお天気‼
新緑の緑がとっても美しいです。
d0147406_762645.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-04-24 07:03  

霧と雨

天気悪いです。西日本は昨日荒れたようで。
d0147406_8593835.jpg


先日撮った東京駅前。もうすぐ赤と白が完成します。
d0147406_8594421.jpg


こちらは白金トンネル北側の一角の町並み。戦災を免れたエリアの端っこです。
d0147406_8594592.jpg


2ヶ月伸びた髪、さすがに鬱陶しい。かつて住んでた目黒の美容院へ。
その下にスパゲティ屋が出来てた。ので、夕飯。
d0147406_20494759.jpg


ステンレスが綺麗
d0147406_20494890.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-04-23 08:55 | 東京都  

中城城跡

写真アップがやっとできるようになりました。
Itunesのiosをバージョンアップしたら治った。その代わり設定が元に戻ってやり直しがキツイですが、、、
今まで通り、ライブレポができます。ほっと(^-^)/

中城城跡のレポでも。
中村家住宅のそばから眺められた城跡。ここも前回以来に上りました。
d0147406_1955268.jpg


石垣の上からは太平洋と東シナ海が両方眺められた。
片側から順番に修復が進められています。正門周りがこれからで石に番号ふられて整列されていた。
d0147406_1955277.jpg


すぐ近くの山の上に廃墟が。
建設途中で工事が止まったようで、しばらくたっているようだった。
d0147406_1955312.jpg


ところで、iOSバージョンアップしたらサクサク動くようになった。タッチする文字もちょっとだけ大きくなった。

はぁ、半日かかったぁ
けど、気持ちいい!
新緑をお届け!
d0147406_195694.jpg

d0147406_1956105.jpg

d0147406_19561099.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-04-22 18:52 | 沖縄県  

ダイバーシティ

台場にできた新しいショッピングセンター
開業直後でスッゴイ人です。

ダメだ(>_<)写真がアップできません。

東京テレポート駅の近く。三井不動産の新しいシリーズです。おおきいおおきい。
レストランはまだ慣れていないのか、行列で待って入ってもガラガラだぁ。

混乱してる。二食頼んだのに娘のしか来てない。工期がギリでロクに練習していないんでしょう。

by marunouchi_no1 | 2012-04-21 19:18 | 東京都  

北中城 中村家住宅

北中城の中村家住宅を久々に訪れた。

あかん、アプリをバージョンアップしたら、おちまくるようになってもうた。
写真がアップできません。

しょうがない、当分パソコンでアップするしかないですね。
d0147406_9595670.jpg


やはり中村家住宅はいいです。沖縄の伝統民家(上層家)の代表!
d0147406_101694.jpg


そして、数年前まで沖縄一のブルーラインとうたわれた宜野湾市真栄原社交街。
おとり潰しになって完全ゴーストタウンと化していた。
d0147406_1034130.jpg


直観ですがやばそうなので、ささっと取材。
DataBaseの一か所として載せるに足らぬと判断し、コザに同居させてもらうことにします。
紀念すべき2000ヶ所目をこの街で飾りたくはないですし。
d0147406_106288.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-04-18 17:31 | 沖縄県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第10日

中国地方とは一旦お別れし、四国へ渡ります。広島宇品港7:30発→松山 高速船。
d0147406_8202270.jpg


音戸の瀬戸では徐行し、音戸の町並みを眺めながら、完成した新音戸大橋の下をくぐります。昨年、仕事で行った戸田本店が見えました。
d0147406_821023.jpg


松山観光港より松山自動車道で八幡浜まで行きます。八幡浜といえば工場の街というイメージが強かったですが、反していい町並みが見られました。
d0147406_1911511.jpg


工業、漁業、九州へ渡れる港町として繁栄したのでしょう。アーケード街で「八幡浜チャンポン」とかいう歌がずっと流れていて覚えてしまった。
d0147406_1911727.jpg


旧遊廓かなぁ。怪しい一角にらしき建物あり。
d0147406_1911834.jpg


街の背景はみかん畑の山。
天界集落にそそられます。一瞬上ろうかと思いましたが、抑えました。
d0147406_1912023.jpg


内子町。八日市護国は重伝建で有名ですが、今日の目的は大瀬という山の中の町。
d0147406_19181391.jpg

d0147406_19181749.jpg


御旅所という休憩所。これを見ると四国へ来たんだと思いますね。
d0147406_19182218.jpg


グッと東へ移動します。新居浜は住友発祥の企業城下町。前回見事に社宅街をやり過ごしてしまった恨めしい街です。
d0147406_19215645.jpg


重伝建にしてもいいくらい。いや、おそらくなるでしょう。そうなれば社宅街初です。
d0147406_20374362.jpg


すぐ近くの住友倶楽部を取材していて、すぐそばにあったのにやり過ごしていたのでは話になりません。
d0147406_20375177.jpg


おそらくここが所長宅とかでしょう。洋風がニ棟、立派な門付きの和館も別にありました。
d0147406_20375799.jpg


よーし、もうひと頑張り!
別子山の鉱山町跡へいくぞ!
東平。とんでもない山の上です。煉瓦を積んで築かれた施設の遺構が残されています。東洋のマチュピチュってうたわれてたけど、それほど高所。
d0147406_2038283.jpg


社宅街はこの下にありました。
いやはや、新居浜の企業城下町度は全国一かもです。
d0147406_2038852.jpg


と入れ込んで取材をしていたら、予定より30分を超過していた(>_<)
高松空港発19:20の羽田空港行きに対して、カーナビの到着時刻はなん19:35、まにあわんぞ。

山を急いで下り、高速を急いで走り、空港へ1時間で着いちゃったぁ。
うどんとビールで打ち上げてしまお(^-^)/
d0147406_20381481.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-04-15 07:27 | 愛媛県  

にっぽん集落町並み縦走紀行 第9日

第9日、9:11広島駅。
今日は重要未探訪地がないので計画がアバウトです。どこいこか。
広島県と島根県の県境に近い、芸北町八幡高原の農村集落から始めましょう。
d0147406_15253649.jpg


ここは、バイブルの一つ「日本の集落」に掲載されていた場所。茅葺き民家の群があった訳ですが、当然少なくなっていました。だけどいい農村でした。
d0147406_15304473.jpg


そこから広島方面へ戻る途中。安芸太田町の戸河内をチェック。良さそうだなぁと地元孫右衛門さんのサイト郷愁小路を見たら流石にあった。で歩いた。
d0147406_15304460.jpg


ちょうどお昼。こういう田舎にオバやんが焼いてくれる素朴なお好み焼き屋さんがあるんだ。
d0147406_15304543.jpg


食堂と書いてあって、のれんをくぐると、なんとバッチリのオバやんが。
メニューにはいろいろあるが、お好み焼きしか無いという。。。
古い鉄板で焼いてくれた。美味しい!
d0147406_15344274.jpg


いろいろお話を伺いました。この町は材木の切り出しで栄え、近くの三段峡観光で栄えた。が、今や廃れて観光客なぞよりもしない。町は大きいです。
オバやんおいくつ?87歳(^-^)/ お元気ですね。
d0147406_15344219.jpg


広島市にすっぽり囲まれ合併しない府中町。理由は明解、東洋工業マツダの企業城下町だからです。企業城下町探訪では、工場、本社、社宅、幹部社宅、病院、購買部直営スーパー、倶楽部、歓楽街などが取材対象になりますが、マツダの場合ちょっと捉えられない感んじだったので、一部に限りました。
d0147406_18333991.jpg


本社と病院
d0147406_18334058.jpg


門前の小さな飲屋街
d0147406_18334171.jpg


スナックの名前に注目
流石門前町です。
d0147406_18334161.jpg


呉愛宕町を歩きます。映画「海猿」のロケ地ですっかり有名になった急斜面住宅地両城の隣の町。戦災のない呉が見られる貴重なエリアでもあります。
足元の三条通り商店街に古い町家が残ってました。
d0147406_781757.jpg


間を入っていくと斜面とすりばち地形の愛宕町。
d0147406_781743.jpg


ここも凄いぞ
d0147406_781844.jpg


遠くに見える丘の向こう側が両城
d0147406_716534.jpg


高低差は先週の北九州市八幡羽衣町に及びませんが、斜度は圧倒的に両城に軍配。
d0147406_7203148.jpg


北側斜面から南側斜面を見る。
d0147406_7203285.jpg


スゴイを通り越してコワイです。
しかし、この住宅地設計はないよね。
d0147406_7203374.jpg


夜はいらかぐみの孫右衛門さんと飲み会。地魚と酒を堪能しました。そして、続けて
薬研堀通りで広島名物冷麺を、、、
食い過ぎてクルシイ
d0147406_7272657.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-04-14 15:21 | 広島県  

ちょっと前の東京が見られる町 石岡

仕事で茨城県の石岡にいく機会があったので、列車の待ち時間で町を歩いてきました。
d0147406_12445126.jpg


石岡は水戸街道の宿場町ですが、昭和4年に大火があり、今見られるのはその後に復興した町並みです。
d0147406_12445252.jpg


大火があると復興計画の際に防火帯として道路を拡幅します。古い町の多くは道路拡幅で失われるケースが多いのですが、大火復興の町はその必要がなく、結果的に古い町並みが残ります。石岡はその典型的な一例であり、純度の高い昭和初期の町並みと言えます。
d0147406_12445366.jpg


旧水戸街道は電柱が地中化され、町並み修景が進んでいます。しかし、去年の地震では震度六でしたから無傷ではなかった様です。
常磐線石岡駅は、湿地帯に昭和4年の大火後の瓦礫を埋めてその地盤の上に建てられていたそうで、去年の地震で大きな被害を受け、常磐線の復旧には手こずったようです。
d0147406_12542729.jpg


それでもいい町並みになりました。今後ますます観光客も増えるでしょう。
d0147406_12543248.jpg


話変わって東京駅前。
東京中央郵便局の前の地下広場がオープンしました。
d0147406_1361792.jpg


東京の昔の写真が飾られ、一時のギャラリーとなっています。その中、竣工直前の大正12年に関東大震災で焼けた歌舞伎座の写真もありました。貴重な東京の記録です。
d0147406_1361772.jpg


そして、花見も今週末が最後ですね。
週末は「にっぽん集落町並み縦走紀行第4弾」広島〜愛媛 に旅立ちます。
d0147406_1361842.jpg

by marunouchi_no1 | 2012-04-13 09:04 | 茨城県