<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

がまあんこう紀行

2014年最後は、脈絡なく茨城攻めとなりました。「ガマの油」で有名な筑波山麓からアンコウ鍋の大洗まで、がまあんこう紀行の始まりです。

練馬でいらかぐみ太泉さんを乗せて常磐道を東へ。谷和原ICで降り、国道294を北上します。道路は凍結しているし、辺りは濃霧。注意しながら運転しなければなりません。

石下(いしげ)。濃霧の中、周りが全く見えませんが、幻想的な町歩きとなりました。造り酒屋が二軒ありました。
d0147406_044769.jpg

d0147406_044888.jpg

一風変わった看板建築。通りに対して45度に面してる。両方向から見て目立つことを意図したのかな。
d0147406_044836.jpg

隣町の下妻を探ってみました。一部あったことはありました。
d0147406_044951.jpg

側面の壁がウロコ貼りの銅板外装の町家。
d0147406_044990.jpg


次は筑波山の周りの集落です。筑波山の周りは何度も訪れてますが、二三残っている。
西の麓の沼田は、かつて筑波鉄道の終点だっ街で、長く登山観光の玄関口でした。ところが古い町並みはなく、造り酒屋1軒を訪問するだけ。
d0147406_045048.jpg


筑波山を越えて東麓に下ります。古くは水戸街道の石岡から道が分岐して筑波山を東から登る街道が通っていて、山麓の沿道に小幡という町があって、立派な民家が並んでいます。今日はその隣の須釜を取材。
そして、柿岡という町にやっまいりました。鉄道が通っているわけでもないのに、割と町が大きいです。
d0147406_045097.jpg

d0147406_045149.jpg

茅葺の蕎麦屋もあった。
d0147406_045141.jpg


柿岡からちょっと東へ行ったところにある志筑という集落。これがすばらしい003.gif
d0147406_045279.jpg

茨城県らしい立派な農家の屋敷群

土浦の北、千代田町にあたる旧水戸街道稲吉宿。本陣家の前から。
d0147406_045376.jpg

あるお宅の庭にガマが、、、
d0147406_045395.jpg


高速に乗って北へ移動します。笠間市の宍戸という町。旧街道沿に商家が間隔を空けて並ぶ町並み。
d0147406_045462.jpg

d0147406_045415.jpg

軒の造形
d0147406_045530.jpg


そして、大洗へ。
10年近く前に北海道苫小牧からフェリーで着いた以来かな003.gif
遅めのランチをアンコウ鍋といきましょ。中心よりやや離れた処にある「味処大森」というお店に入った。
d0147406_045696.jpg

「あんこうの吊るし切りが見られますので店先まで」
ほっ005.gif
d0147406_045611.jpg

あっという間に
d0147406_045730.jpg

鍋になっちゃった(今おろしたのとは別ですけど)美味しかった。
d0147406_045754.jpg


大洗の町並み
d0147406_045812.jpg

d0147406_045863.jpg

d0147406_05087.jpg

この八百屋さん、セットみたいだった!
d0147406_05083.jpg

d0147406_05146.jpg


続けて翌日の大晦日も茨城攻め。
旧水戸街道の藤代宿と牛久宿、龍ヶ崎、川港の布川、鹿島神宮まで足を延ばしたけれど全てスカ、スカ、スカのスカパラダイス008.gif
龍ヶ崎の商店街にあったこの民家くらいかなぁ
d0147406_05145.jpg

最後、最東端の旧波崎町まで来てしまった。防風対策の生垣集落の見られる地域。
d0147406_05255.jpg

d0147406_05321.jpg

d0147406_05363.jpg


川尻という集落
ここが2014年最後の集落町並みとなりました。
d0147406_05448.jpg

d0147406_05427.jpg

d0147406_05510.jpg


では、良いお年を001.gif
[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-30 21:26 | 茨城県  

ちちぶらり=ちちぶ+ぶらり

なんだか怪しげな響きになっちまいました。
年末墓参りの帰り道(とはいえ更に遠方へ向かったのですが)に、秩父方面の町のぶらり旅です。

飯能と秩父との間にある吾野という町から。ここは、旧秩父往還の宿場町で、現在の国道299号線から旧道が分かれています。
d0147406_2074424.jpg

国道299号線といえば、今まで何十年も何十回も通りすぎてました。ここに古い町並みがあったとは、不覚でした。
d0147406_2074515.jpg

町並みは切妻平入の典型的なものですが、出桁造りがここまで連なっているのは壮観です。中には二段出桁もありました。
d0147406_2074694.jpg

d0147406_2074660.jpg

下見板張りの洋館が組み合わさった家。お医者さんかな?
d0147406_2074798.jpg

屋根が道路にはみ出してる。っていうか道路が拡がったのかな。
d0147406_2074710.jpg


小鹿野。1年半前に言った時、日暮れ前で慌てた取材だったんで再訪です。
d0147406_2074887.jpg

d0147406_2075023.jpg

冬の太陽は高度が低く、逆光撮影がやりづらい。
d0147406_2075186.jpg

d0147406_2075139.jpg

この商家はデザインがいいなぁ。
d0147406_2075230.jpg

d0147406_2075323.jpg

d0147406_2075452.jpg

ツァイスイエナレンズが引き立つ色!
d0147406_2075424.jpg

裏っ側は蔵が並ぶ
d0147406_2075549.jpg

d0147406_2075625.jpg


最後は秩父甲州街道の旧贄川宿。秩父鉄道終点の三峰口駅に近い。
この国道も何十年何十回通ったことか。旧道に入ってビックリです。あったんだぁ。
d0147406_2075697.jpg

d0147406_2075788.jpg

古い町並みとして純度が高い003.gif
d0147406_2075881.jpg

d0147406_2075846.jpg

名家の大屋敷といった佇まい
d0147406_2075987.jpg

ガス灯の外装が残っていました
d0147406_208048.jpg

d0147406_208035.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-28 18:57 | 埼玉県  

神田三崎町

明治23年、丸の内が岩崎家(後に三菱社)に払い下げられたことは有名ですが、同時に神田三崎町の一角も抱き合わせで売られたことはあまり知られていません。
この図は三菱が住宅地として整備した街区の様子がわかる地図です。(「丸ノ内百年のあゆみ」より)
d0147406_173138.jpg


こちらは、終戦後の東京戦災地図。赤い範囲が焼けたエリアですので、神田三崎町はほぼ全域が戦災にあっています。ということで戦後の町並み。
d0147406_1731364.jpg


さて、水道橋駅西口で降りたところから、一番長い斜めの道に入ります。
d0147406_1731496.jpg


まず現れたのが、変形六叉路。二本の通りが直交し、そこへ45度で二本の通りが突っ込んできている。したがって、こうなる。
d0147406_1731598.jpg


写真中央の茶色い建物の場所に東京館という劇場が建っていました。
d0147406_1731659.jpg

歌舞伎座、明治座と並び称された東京五大劇場の一つといわれていたそうです。また筋向かいには川上座という中劇場もあり、六叉路は劇場街の趣だったのでしょう。(画像は「丸ノ内百年のあゆみ」より)
d0147406_1731924.jpg



闘魂ショップの建物003.gif
d0147406_1731527.jpg


斜め通りは、この住宅地の中で商店街が
造られた。煉瓦造の賃貸長屋だったそうです。写真は斜め通り南端部。
d0147406_1731672.jpg


もう一本の短い方の斜め通りの町並み。
d0147406_1731812.jpg

d0147406_1731761.jpg


それでは、それ以外の通りをくまなく歩きましょう。
街の南端の通りには「日本法律学校」の文字が見られる。現在の日大法学部。
d0147406_1731962.jpg


戦後の看板建築など
d0147406_17311036.jpg

d0147406_17311175.jpg

d0147406_17311283.jpg

d0147406_17311388.jpg

d0147406_17311440.jpg


日本橋川沿のオフィスビル
d0147406_17311313.jpg


水道橋西口会館の階段。昭和30〜40年代かな?
d0147406_17563434.jpg


日本橋川の護岸。ここまでが払い下げを受けた範囲でした。
d0147406_17563480.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-27 15:25 | 東京都  

台北101タワーと麓の集落

台北101タワー
d0147406_19242067.jpg

高っ!
d0147406_19242127.jpg

折角だから登りますか。入場料500元(1500円)、15分ならんで世界最高速(東芝製)で一気に上昇!そして、目の前に広がる360度の展望ですが、、、
d0147406_19242174.jpg

d0147406_19242234.jpg

とてもこわくて窓際に寄れません。そうでした、私は高所恐怖症であった002.gif
しゃがんでやっとこさ写した絵です。まるで航空写真のよう。
d0147406_19242262.jpg

d0147406_19242255.jpg

振動を打ち消すように動くダンパーが露出で見られます。地震でも来てこれが動いた時はみたくないや。
d0147406_19242356.jpg


とっとと降り、近くにある珍しい集落を歩きました。
四四南村という一角。「けん村」という1947年に中国から逃れて来た中国人の集落だそうです。
d0147406_19242482.jpg

d0147406_19242423.jpg

ちょっと変わった作り。建物間の通路に門扉が付いていて防犯性が高く閉じたコミュニティが形成されています。もう今では住んではいないようで、観光施設として保存活用されていました。
d0147406_19242561.jpg

d0147406_19242512.jpg

d0147406_19242798.jpg

d0147406_19242770.jpg

d0147406_19242946.jpg

この対比は面白い!
d0147406_19242886.jpg


しかし、この周りの土手のように土が盛り上がったものはなんなんでしょう005.gif
d0147406_19242983.jpg

d0147406_1924304.jpg


19:20 無事羽田に着きました。001.gif
[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-13 15:35  

台湾講演

昨日から仕事の講演のため台湾台北に来ております。
昨夜は同僚の講演を聴いて、その後に台湾料理を食しに出かけました。
d0147406_17124565.jpg

d0147406_17124564.jpg

私の講演は本日夜なので、日中は台北の古い町並みや建物をみて歩きました。
市役所前駅から台北駅まで地下鉄を利用。
d0147406_17124620.jpg

台北駅からひたすら中山北路二段を北上、そして民生西路へ曲がって西へ歩く。途中の町並みは、台北ならではの「騎路」というピロティアーケードの町並み。
d0147406_17124747.jpg

延平北路二段を越すといよいよ古い街です。淡水 河沿の港町から発達した台北の中でも古い街「老街」。それが「由化街」。
d0147406_17124848.jpg

なにが面白いかって、それは看板建築のオンパレードだからです。日本のそれより早い時期に形成されたそうです。じっくりご覧あれ。
d0147406_17124815.jpg

d0147406_17124916.jpg

d0147406_17125030.jpg

d0147406_17125022.jpg

d0147406_17125129.jpg

d0147406_17125281.jpg

d0147406_17125266.jpg

いやぁ興奮しました。006.gif

ずっと南下して、旧城郭内の街を歩きます。旧城郭の門を過ぎたところにあるのがこの郵便局。
d0147406_17125381.jpg


日本統治時代の商店建築。アーケードの天井が木格天井でした。これ台湾騎路の天井の原型だそうです。
d0147406_17125450.jpg

d0147406_17125419.jpg


旧城郭西門の外にけいせいされた西門街にある公設市場。
d0147406_17125564.jpg


官庁街へ移動します。足がいたーい。
旧電信局は逓信建らしいモダニズム。
d0147406_17125593.jpg


日本総督府だった建物は長野宇平治の作品。
d0147406_17125632.jpg


台北病院。いずれも、日本統治時代のもの。
d0147406_17125715.jpg

d0147406_17125746.jpg

d0147406_17125833.jpg


三井物産、勧業銀行だった建物。現在は銀行が所有。
d0147406_17125845.jpg

d0147406_17125985.jpg

d0147406_17125998.jpg


台北は古い町並みがよく残っています。素晴らしい。何度も来たいな。
あぁしかし、よく歩きました。

さぁてこれから講演だ!がんばろ002.gif
[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-12 16:46  

集落町並みMovie リンクトップ作成しました

YOU TUBEの動画のページが、どうしても二つのアカウントになってしまっているため、集落町並みWalkerサイトに動画リンクページ「集落町並みMovie」を作成しました。
サイトトップページの一番上の「集落町並みMovie」をクリックすると飛びます。

http://www.shurakumachinami.natsu.gs/01top-page/sintyaku-page/movie_top.html
[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-07 22:53  

海界の村を歩く 三河湾 印象記と動画アップしました

先月の「海界の村を歩く 三河湾」
印象記と動画をアップしました。

印象記
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/01top-page/sintyaku-page/insyo_mikawa_wan.html

動画
〈佐久島〉
http://youtu.be/s7YHEIWQKRk
〈篠島〉
http://youtu.be/c5bFWiA81o4

d0147406_747522.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-07 07:41 | 愛知県  

六角橋ふれあいのまち

先日夕方に訪れた横浜「六角橋商店街」を再訪です。
東急東横線白楽駅を降りて、
d0147406_1352688.jpg

ちょっと行くと商店街の通りにぶつかります。左折するとまっすぐに延びている。
d0147406_1352738.jpg

戦後の看板建築の間から顔を覗かせる銭湯。なぜ銭湯っていうのは一歩下がってあるのだろう。そのくせ大掛かりな建築なのはなぜだろう。
d0147406_1352749.jpg

その近くに、戦後の闇市から発達した商店街「六角橋ふれあい通り」の入口が小さく構えてる。
d0147406_1352833.jpg

なんということでしょう!入ってみると別世界。細いアーケードが一直線に300m続いてる005.gif
いちいち解説しませんが、いろんなショットをご覧ください。
d0147406_1352845.jpg

d0147406_1352988.jpg

d0147406_1353058.jpg

d0147406_1353070.jpg

d0147406_1353166.jpg

d0147406_1353132.jpg

d0147406_1353297.jpg

d0147406_1353335.jpg

外側はこんな感じぃ。バラックです。
d0147406_1353372.jpg

d0147406_1353485.jpg

反対側の入口。神奈川大生や地元のおばちゃんがひっきりなしに往来してます。
d0147406_1353497.jpg

表通りの商店街もかなりレトロだぁ
d0147406_1353573.jpg

一箇所空き地があったけど、いつまでも変わらないでいて欲しいな003.gif
d0147406_1353681.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2014-12-06 12:49 | 神奈川県