<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ついに一眼レフを売ってしもうた!

Nikon D7000という一眼レフカメラを持っていましたが、もう全然使わなくなったので、それを売って、いま話題のコンデジCanon G7xを買いました。D7000の下取りでお釣りが来ましたからそんな話ではありません。
d0147406_19251573.jpg

d0147406_19251630.jpg

ご覧の通り、小さいです。RICOH GR4と大きさは変わらず、レンズ部分でやや厚めかな??。今まで通り腰につける袋に入ります。
d0147406_1925172.jpg

実は、ツァイスレンズを装着しているSONY RX100とどっちにしようか迷ったのですが、RX100が28mm〜100mm、RX100Ⅲが24mm〜70mmなので、より守備範囲の広いG7xにしました。
d0147406_19251629.jpg

早速、夜景を撮ってみました。手ぶれ補正モードの切り替え方がわかりませんが、よく撮れてそう(一部ぶれてるけど)。
d0147406_19251822.jpg

d0147406_19251840.jpg

d0147406_19251928.jpg

d0147406_19251984.jpg

35mm替算で、24〜100mmは、集落町並みはもちろん、建築の室内撮影から外部ディテール撮影までバッチリでしょう。

これから楽しみです。Sony α7との撮り比べもやってみましょう。

ということで早速撮り比べ003.gif
1、3枚目がSony α7R+ツァイスイエナ
2、4枚目がCanon G7x
ツァイスイエナはやっぱり茶色が綺麗だ。でも、G7xもいいかも。
d0147406_161177.jpg

d0147406_1611763.jpg

d0147406_1611810.jpg

d0147406_1611967.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-01-31 19:13  

日本橋富沢町

東京都心の真っ只中、日本橋に小建築群(いわゆる戦後のバラック街)があるのご存知でしょうか。
そこは人形町と小伝馬町の間にある富沢町。
かつて「浜町川」という堀があったところで、終戦後空襲で焼かれた家屋の廃材で埋め立てた。そこにバラックが建ち並び、現在までに至っているそうです。
d0147406_1944590.jpg

南北300m、3街区弱の間で、取り壊された場所もありますが、6割くらいが残っていました。↑の画像から、いかに小さな住宅かお分かりでしょう。
d0147406_1944640.jpg

↑最も小伝馬町に近い街区。飲食店が多い。
d0147406_1944665.jpg

↑裏側からみたところ。一軒取り壊された跡で壁がみなブロック積みです。外側から施工できなかったからですね。003.gif
d0147406_1944766.jpg

↑真ん中の街区。黄色い家は看板建築ですが 、通りより路地側に看板をあげてるのが面白い。
d0147406_1944838.jpg

間口ちいせぇ
d0147406_1944961.jpg

↑裏側(空地)から見たところ。ちいせぇ005.gif
d0147406_194497.jpg

↑最も人形町側の街区。いちばん長い。しかし、全体が後ろ側にものすごく傾いてます。川を瓦礫で埋め立ててその上に建っているからでしょう。
d0147406_19441054.jpg

d0147406_19441084.jpg

↑ちょうど表側の建物がなくなっていて、裏側が全景で眺められた。
d0147406_1944114.jpg

三階建てもある。裏側では洗濯機が回っていました。
d0147406_19441230.jpg

↑富沢町の近代建築。かつての銀行のようで、基壇だけが稲田石で上は全部擬石!
d0147406_12185741.jpg


日本橋堀留町は非戦災地区。出桁造り町家一軒と銅板看板建築を多数確認しましたが、人形町より少ないですね。かつて歩いてはいましたが、データベースに取り上げていなかったのはそのためです。
白い範囲が非戦災地区で赤い範囲が戦災地区。赤丸が小建築群です。
d0147406_19441220.jpg

最後に、洒落た食器屋さんがありました
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-01-24 19:18 | 東京都  

奥相模 道志みちの集落

道志みち=国道413号線は、神奈川県相模原市から山梨県富士吉田市へ通じる道。富士五湖地方に行った帰り、中央高速や甲州街道が渋滞する時期には抜け道としてよく利用されます。また、二十年前くらいからアウトドアブームに乗って、道志川の河原のキャンプ場がたくさんできて知名度が上がりました。
私は学生時代からこの道が大好きで、ワインディングロードのドライビングテクニックは413で磨かれたといっても過言ではありません。その後は、413の交通量が増えたので、一本北側の大秋山村を抜ける県道に移り、道志みち=国道413号線は通らなくなりました。

ところで、神奈川最終戦は、道志みち沿いの集落となりました。久しぶりです。20年~30年前にはもっとたくさん古民家があったのに、運転に集中して町歩きはしてなかったというのが正直なところ。今頃歩くことになりました。
国道413号線はずいぶんバイパス化が進んでいますので、旧道の集落を東から攻めます。青野原集落。この突き当りの美容院は記憶にありました。
d0147406_20114678.jpg

河原の丸石で積み上げた石垣が美しいのがこのあたりの集落の特徴ですが、この集落だけではデータベースに載せられるレベルではありません。
d0147406_20132560.jpg


路肩に雪が増えてきた。晴天続きなので、路面凍結は免れてよかった。
青根の字平丸地区。道志川の河岸段丘上に段々畑が広がっていました。
d0147406_20154754.jpg

微妙な集落が続く。このワンカットはいいが、ここも単独では載せられません。
d0147406_2017365.jpg


そして、青根の中心集落である字上野田にやってきた。旧道を走ると記憶がよみがえります。そうそう、このあたりで死にそうになったんだ。当時ジムニーに乗っていたんですが、故障でハンドルがまったく効かなくなった。テレビゲームのハンドルのようにくるくる回っても操舵できなかったのです。
そして、その死にそうになったあたりにいい町並みがあった!そうそうあったあった!
d0147406_20204441.jpg

d0147406_2021853.jpg


いいですねぇ
d0147406_20213025.jpg

d0147406_20215992.jpg


道志みちを抜けて山中湖まで行きました。富士山がドドーンと横たわり最高でした。山中湖の小作でほうとうを食べて、帰りは中央道でサクッと帰りました。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-01-18 20:22 | 神奈川県  

丹沢大山宿坊町

車検の終わったS2000を今度は磨くために平塚の工房へ届けました。そして代車のホンダライフで丹沢の山懐にある大山に行ってきました。
d0147406_1756554.jpg

大山は、山腹にある阿夫利神社(古くは雨降山大山寺)への参拝者が宿泊する宿坊から発展した旅館街です。
現在、先導師(宗教活動のみの宿)を含め全部で47の宿があります。参拝を目的として宿泊するので、参籠所(さんろうじょ)と呼ばれてもいます。各宿には、神殿があり、諸般の事情で山に登拝できない人は、ここで参拝をします。
d0147406_17565624.jpg

d0147406_17565719.jpg

車道は川の西側を通っていますが、かつての道は左岸右岸を行ったり来たりしています。
d0147406_17565769.jpg

途中から旧道が分かれ急坂となります。
d0147406_17565850.jpg

d0147406_17565831.jpg

この坂「とうふ坂」という名前で、登山者が名物の豆腐をすすりながら登ったことからその名がついたそうです。
d0147406_17565952.jpg

いたるところに奉納した人や講中の名が刻まれている。
d0147406_1757146.jpg


旅館には豆腐料理の看板も多かった。豆腐屋さんもありました。
d0147406_17565995.jpg

近在だったのにはじめて訪れましたが、いい街でした。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-01-17 17:36 | 神奈川県  

はまさがみ紀行

年末年始の北関東攻め(埼玉県、茨城県、栃木県)のデータベースをアップしスッキリしましたが、また体がうずいて今度は南へ向かいます。

京浜急行に乗って金沢八景で下車、シーサイドラインに乗り換えます。「日本の古い町並み」というサイトで紹介されていた町並みを歩こうと思います。
横浜市内で最も大きな漁港だという柴漁港。
d0147406_1741336.jpg

海辺は埋めたてが進んでいてしばらく平地が続く。
d0147406_17413430.jpg

そこから急斜面に駆け上がる集落が展開します。
d0147406_17413461.jpg

d0147406_17413525.jpg

d0147406_17413536.jpg

d0147406_17413776.jpg

丘の上からは八景島シーパラダイスが見える。
d0147406_17413731.jpg

d0147406_17413882.jpg

d0147406_17413926.jpg

JR磯子駅まで移動して下車。埋立地はマンションばかりで、かつての海岸線から丘上にかけては古い住宅地となっています。そして、目的の浜マーケットに来ました。
d0147406_17413989.jpg

d0147406_17414053.jpg

終戦直後の闇市から発展した商店街かな?横浜では六角橋が有名ですが、面白いですね。
d0147406_17414133.jpg

d0147406_17414183.jpg

d0147406_17414235.jpg

d0147406_17414278.jpg

d0147406_17414460.jpg

2日目は、クルマを新山下のショップで車検に出した後、横浜駅で旧車カラーの踊り子号にひかれて思わず乗ってしまいました。
d0147406_17414498.jpg

そんで、湯河原で下車。ちょっとした旅です。
駅前の老舗っぽいカフェでランチ。
d0147406_17414547.jpg

d0147406_17414630.jpg

そして、湯河原の温泉街を徘徊します。なんとはじめて。灯台下暗しとはこのことですね。
d0147406_17414762.jpg

d0147406_1741486.jpg

いやぁ、風情があります。
d0147406_1741497.jpg

d0147406_17414994.jpg

残っている古い旅館の建物は廃屋が多い。景観的には重要ですが、どうなっちゃうんでしょ。
旅館街の下が湯河原の商店街。
d0147406_17415075.jpg

背後の崖がすげーです。
d0147406_17415114.jpg

湯河原から東京方面へ一駅戻って真鶴駅で下車。タクシー飛ばして福浦漁港へ来ました。ここは以前すでに歩いているんですが、うっかり写真を消去してしまったので、再訪です。
d0147406_17415120.jpg

港から相模湾を臨みます。初島の向こうにどどーんと大島が横たわり、遠くに利島、新島までもが見えました。
さて、筋肉痛で脚が痛いが坂の町を歩きましょう。
d0147406_17415214.jpg

d0147406_17415396.jpg

d0147406_1741538.jpg

やっぱり福浦はいいですね。画家中川一政がこよなく愛した街。
d0147406_1741585.jpg

石垣がいいですね。真鶴で採れる安山岩。そう小松石です。東京でも江戸城石垣や建物で見られます。
d0147406_17415584.jpg

d0147406_17415692.jpg

ここで15:00。あと一時間で日が暮れる。よーし欲張ってもう一箇所。
国府津まで移動し、御殿場線に乗り換えます。
d0147406_1741564.jpg

御殿場線はかつての東海道本線。今は単線ですが、複線時代の線路の跡がわかります。
30分揺られて山北駅。日は山の影に隠れようとしていましたが、間に合ったぁ。
d0147406_1741576.jpg

なかなか良いではありませんか!駅前に角Rの洋風看板建築が向かい合って残っている。出桁造りの町家に石蔵、戦後の不燃系モルタル看板建築群もある。
d0147406_17415874.jpg
d0147406_17415931.jpg

d0147406_1742068.jpg

d0147406_1742074.jpg

そして、ついに日がくれました。クルマもいいけど、鉄道の旅もいいですね。
d0147406_1742175.jpg

d0147406_174222.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-01-12 16:35 | 神奈川県  

2015歩き初めは栃木攻め

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくです。
2015年元旦
d0147406_1835483.jpg


昨年末、埼玉、茨城ととち狂った様に北関東の集落町並みを攻めましたが、新年元旦早々も続きます。
茨城県で残している古河市中田と大子町下野宮を含め、栃木県の未踏地を攻めます。元旦は、昼過ぎから受験勉強の気晴らしもあって娘が同行。
d0147406_18354963.jpg

まずは旧日光街道の利根川を渡った所にある中田という町(上画像)。以前は遊郭もあったそうですが、残念ながら面影なし。で、DataBaseリストからは消去です。小山もなし。
d0147406_18354916.jpg

↑大平町大平。町の由緒は調べていませんが、古い民家がちょいちょいと残ってました。
d0147406_18355082.jpg

d0147406_18355121.jpg

この洋館があったおかげで、リスト抹消を逃れました。「あんたが集落町並みとして取り上げる基準は一体なんじゃ」と言われるでしょう。その答えは「フィーリング」です。相性があったみたいな。いいんです。このサイトは学術性無視して、徹底的に個人的趣味を優先させておりますゆえ。
d0147406_18355148.jpg

そういう意味では、元旦最後に訪れた葛生は良かったぞよ!電線が地中化されて町並み景観がスッキリしていただけではない、過去の栄光を感じました。
d0147406_18355282.jpg

d0147406_18355288.jpg

葛生は石灰の産出で栄えたそうです。いまでも町の背景には現役採掘場の姿があります。やはり町並みというのは、栄えた時期があったからこそハードとしての家屋に金と力が注ぎ込まれており、先祖の残しものをおいそれとは壊せないということもあるんだと思います。過去の栄光を記憶にとどめようとすること=集落町並みの歴史的景観が維持される大きな要因だと思います。
d0147406_18355336.jpg

d0147406_18355358.jpg

学術性は無視してますので、適当に聞き流してやってください。
葛生の町は長く、歩く時間を要し日が暮れてきました。

帰りに湯島天神に寄りたいと娘が言う。祈願したいということで寄りました。さすがに日中の列の長さからは減っているのでしょうが、待たされた。寒かったぁ。
d0147406_18355370.jpg

d0147406_18355417.jpg

↑湯島天神。

1/2早朝、昨夕走った東北道を再び北へ向かいます。
栃木市皆川という集落からですが、微妙に不合格。続いて旧日光街道小金井宿ですが、、、
d0147406_18355584.jpg

d0147406_18355543.jpg

3.11の地震時の損傷かな。瓦が落ちてくるというので、フェンスが立てられていました。なんとか残そうとしているようにも思えます。が、この2棟だけでした。リスト削除やむなし。

d0147406_18355650.jpg

↑宇都宮市白沢。旧奥州街道の宿場だった町です。ここも水路に水車を設置したりして修景に力を入れてました。見どころは、大谷石系の凝灰岩。
d0147406_18355690.jpg
d0147406_18355632.jpg

d0147406_18355749.jpg

↑裏に回るとこのように石蔵がたくさん見られます。006.gif

旧奥州街道沿に北へ上がっていきます。氏家の町は宿場町時代の遺構は乏しいですが、見るべきものはあります。やはり大谷石系の凝灰岩。随所に見られます。
d0147406_18355856.jpg

↑氏家新町の酒蔵。栃木県最古だそうです。
d0147406_18355884.jpg

d0147406_1835597.jpg

↑旧奥州街道沿の商家。表は出桁造りの木造ながら側面は火事の際の延焼防止策として石積み(石張り?)に。
d0147406_1835596.jpg

↑旧奥州街道沿の市街と駅の間の通り。大きな肥料屋があった。

氏家の隣に櫻野という集落があります。さくら野市という名前の由来にもなっている。かつて財をなした旧家の屋敷が並ぶ町です。
d0147406_1836088.jpg

d0147406_1836041.jpg

↑塔を構えた家。すごいっす!

更に北上して大田原まで行きました。しかし、旧市街の道路拡幅工事中で、町並みはわずか2軒しか無かった、、、

気を取り直して南下し馬頭を目指します。途中、大田原市佐良土という集落がありますが、相性が合わずしてスルーパス007.gif連日の探訪4日目ですから疲れてきているのでしょう。
d0147406_1836195.jpg

↑小川という町に差し掛かった。以前歩いているはずだが記憶が薄い。おそらくちゃんと歩いていなかったんだろう、ということで再取材です。
d0147406_1836193.jpg

がんばってクルマ停めただけのことはありました。

さぁ馬頭まで来ました。この町は、建築家隈研吾さんが設計した美術館を見に以前来たことがありますが、町並みはスルーしてた。
d0147406_183627.jpg

確かに家々はたいしたことないのだけれど、ここも電線地中化がなされていて、町並みが綺麗に見えるのです。電線ごちゃごちゃは実は日本的な町並みの特徴であり、何でもかんでも取っちゃうのには反対ですけど、こういうのは理屈抜きに美しくなってます。その努力を買って、取材させていただきました。
d0147406_18362100.jpg

d0147406_183631.jpg

↑こんな看板建築も映えて見えるのです。
d0147406_183637.jpg

おもろい建物

おっとまだ日暮れまでに時間がある。残してる茨城県大子町下野宮を片付けちまえ!003.gif
どどんと東へ30km、大子町。もう北は福島県という位置に下野宮集落があります。JR水郡線の駅もあり、水戸と郡山結ぶ旧街道の宿場町だったのかな。
d0147406_183648.jpg

d0147406_1836414.jpg

d0147406_1836549.jpg

日没前の寂しい町の印象でした。
これで茨城県完結、栃木県も2カ所残すのみです。さぁ帰るんべ。
d0147406_1836539.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-01-03 17:10 | 栃木県