<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 姫島(大分県姫島村)

昨日の天気予報では雨でした。雨の島旅は最悪ですので諦めていたのですが、見事に天気予報が外れて10:00頃から晴れてきた。よーし島渡ろう!
d0147406_20542840.jpg

国東半島の先端、伊美港からフェリーで30分弱。姫島にやってきました。
d0147406_20542938.jpg

集落内はほぼ真っ平ら。保戸島とは対照的です。かつて塩を作っていましたが、製塩所は廃止されました。
d0147406_20543054.jpg

名残はレンガ蔵だけに残っています。
d0147406_20543029.jpg

d0147406_2054316.jpg

土地に余裕があるのか、ちゃんと塀や付属屋で屋敷を構え、平屋が多い。
d0147406_20543235.jpg

旅館街がありましたので、県内からの観光客も多いのでしょう。
d0147406_20543279.jpg

d0147406_20543436.jpg

集落の西端に、旧庄屋宅の屋敷があった。村の名士らしく郵便局を営んでました。
d0147406_20543439.jpg

d0147406_20543593.jpg

建物は文化財として保存公開されていた。透き通ったウグイスのさえずりが良かったな。
d0147406_20543678.jpg

d0147406_20543623.jpg

船が12:00発と思い込んで急いで港に戻ったらガラーン、、、あれ?1時間間違えた。
d0147406_20543718.jpg

島に唯一の?食堂で「えびたこ丼」を食しました。車海老は姫島特産ですが、解禁は6月だそうです。したがって、これは冷凍。

宇佐市院内という農村を2時間かけて巡ります。この村には、沢山の石橋が見られます。江戸期から昭和初期まで。全ては無理なのでめぼしいものだけみて廻りました。では一気に、
d0147406_20543815.jpg

d0147406_20543919.jpg

d0147406_20544035.jpg

d0147406_20544165.jpg

d0147406_20544244.jpg

d0147406_2054434.jpg

d0147406_20544417.jpg

d0147406_20544540.jpg

d0147406_20544654.jpg

d0147406_20544799.jpg

しかし、昔の人の技術って凄いなぁ。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-03-29 19:41 | 大分県  

海界の村を歩く 保戸島(大分県津久見市)

大分県豊後水道近辺の二つの島を歩きます。
一つ目は保戸島。聞いたことないでしょう。超マイナーですからね。
d0147406_1994328.jpg

船の出る津久見港。港の対岸は巨大なセメントプラント。近くの石灰の山がゴッソリ削られていました。
d0147406_1994498.jpg

島に近づくにつれ、一風変わった集落の光景が目に飛び込んできた。なんだなんだ。
d0147406_1994583.jpg

d0147406_1994556.jpg

見る限り瓦屋根がほとんど無い。しかも、港近くにはRC造の三階建てが建ち並んでいる。
d0147406_1994717.jpg

島でRC造が密集した集落は、他には長崎県の軍艦島しか知りません。凄いです。
d0147406_1994738.jpg

港近くのRC造三階建てに挟まれた通り。生活を支える店舗や郵便局、漁協が並んでました。
d0147406_1994943.jpg

d0147406_1995092.jpg

古い木造家屋も結構残ってはいます。
d0147406_199512.jpg

そしていよいよ、斜面の密集地帯に入っていきます。
d0147406_1995296.jpg

d0147406_1995375.jpg

d0147406_1995416.jpg

どこに道が繋がっているのかわかんない。すごいすごいと興奮しっぱなし。
d0147406_1995466.jpg

d0147406_1995543.jpg

そしてぱっと視界が広がったぁ
d0147406_1995659.jpg

d0147406_1995794.jpg

d0147406_1995970.jpg

保戸島。かなり特異です。火災を恐れ不燃化、スペースがないので上へ上へと伸びる。太平洋セメントの工場が津久見にあることも要因の一つかな。
必見の集落と言ってイイでしょう。^_^

津久見に戻って内陸の未到地を歩きます。
d0147406_19232260.jpg

d0147406_19232398.jpg

d0147406_19232434.jpg

豊後大野市の三重町
d0147406_19232594.jpg

d0147406_19232626.jpg

d0147406_19232764.jpg

竹田市の玉来
いずれも福岡の民家形態に近い気がします。
d0147406_19232859.jpg

そして最後は湯布院。今や九州を代表する観光地にのし上がった湯布院。
駅前から由布岳に向かって一直線の通りは2kmくらいあるかなぁ。先に何があるわけでもないのに、人が沢山流れてる。
d0147406_19232929.jpg

d0147406_19233058.jpg

作られた町並みだけど、中々楽しいな。
d0147406_19233095.jpg

d0147406_19233152.jpg

人っけのないこの界隈が一番良かったかな。
d0147406_19233297.jpg

d0147406_19233311.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-03-29 18:49 | 大分県  

群馬シルクロード紀行

この週末はあったかかったですね。昨日は群馬県北部の旧養蚕地帯をめぐりました。
娘が、「水曜どうでしょう」の「絵葉書の旅1 part1」上発知のシダレザクラと地蔵の場所に行きたいと言い出したのがきっかけです。わかる人にはわかるかな
https://www.youtube.com/watch?v=A0j5gfUrRWc

しかし、春休み初日のしかも連休。高速道路は大渋滞。大宮まで首都高を利用し、そこから国道17号バイパスで沼田まで。
沼田市から山へ向かって走ると「下発知」「中発知」そして「上発知」(かみほっち)。探して探してありました!ロケ地!
d0147406_1703675.jpg

私の目的は集落の方です。群馬県北部も養蚕業が盛んだった農村。上発知も多分に漏れず。
d0147406_172882.jpg

ずっと東へ移動、旧三国街道の月夜野宿へ。月夜野(つきよの)とは何ともムーディーな響きでしょう。今までバイパスを通過していましたが、旧道にはしっかりと古い町並みが残っていました。
d0147406_1745944.jpg
d0147406_1751792.jpg

「ロマンチック街道」を南へ走ります。吾妻川沿いを一気に!
中之条町伊勢町
d0147406_1784369.jpg
d0147406_1791038.jpg

東吾妻町原町
d0147406_1710297.jpg

東吾妻町大戸
d0147406_17114579.jpg

東吾妻町岩島
d0147406_17125430.jpg

東吾妻町郷原
郷原はよかった!豪華な養蚕農家が集まって残っている場所としては指折りの一つだと思います。
d0147406_17142415.jpg
d0147406_1715651.jpg

長野原町羽根尾
d0147406_17162767.jpg
d0147406_17164943.jpg

よーし、勢いつけてもう一か所!軽井沢を横切り、南軽井沢から信州街道を下仁田へ。峠を下ったところにある西牧初鳥屋集落。ここで日が暮れました。
d0147406_17185036.jpg
d0147406_171922.jpg

復路の関越道も大渋滞。花園ICから熊谷を経て国道125号線で東へ進み、蓮田から東北道で帰ってきました。あー大変でした。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-03-22 17:21 | 群馬県  

海界の村を歩く 島浦島

高千穂の街の朝です。谷に雲が垂れ込めて幻想的です。
d0147406_18384728.jpg

昨日、五ヶ瀬川流域の集落を巡りましたが、とにかく棚田あるいは段々畑で、集落はその上に形成されていました。高千穂の街も全くその延長線上です。
d0147406_18384895.jpg

d0147406_18384850.jpg

だからこのような風景が町の中に現れるのです。
かつては高千穂線が通い、日本一高い鉄橋や渓谷、夜神楽で多くの観光客が訪れていましたが、今や鉄道も廃止になり、すっかり寂れています。
バスターミナル
d0147406_1838494.jpg

高千穂神社
d0147406_18385074.jpg

門前町の旅館街ですが、これは廃業した旅館です。
d0147406_18385135.jpg


昨日歩いた石垣の集落のあった日之影町。五ヶ瀬川に支流の日之影川が合流する場所に谷底の町場が形成されています。
d0147406_18385220.jpg

五ヶ瀬川を挟んで両岸で一つの街。五ヶ瀬川左岸にはバス停や銀行があった。
d0147406_18385239.jpg

d0147406_18385324.jpg

右岸には役場と酒蔵などがあります。
d0147406_18385471.jpg

d0147406_18385519.jpg

パラソルが鮮やか001.gif
d0147406_18385626.jpg

吠えずおとなしいワンちゃん
d0147406_18385636.jpg


さて、今日のテーマは山ではありません。海です。延岡市の北、島浦島に渡ります。浦城港から高速船で10分。
d0147406_18385797.jpg

乗客は10人ほどでした。
d0147406_18385816.jpg

密集系漁村を歩く時の鉄則。すぐ路地に入りたくなりますが、メインストリートを探しそこから攻めよ!です。
鉄則に従って、店のあるところから入っていく。
d0147406_18385853.jpg

かつての海岸線と思われる通り(と言ってもめちゃくちゃ狭いが)に主要な建物や旧家があるのです。これは郵便局。バックはお寺と墓地。ご先祖様に見守られながら皆生活をしているのです。
d0147406_1838594.jpg

集落内は密集系漁村ならではの迷路。
d0147406_1839042.jpg

d0147406_183904.jpg

d0147406_1839150.jpg

歩くにつれて頭の中のマップが出来上がっていく。
これはかつての防波堤が集落内に残っている場所。
d0147406_1839236.jpg

お寺の周りの墓地に登りました。集落が一望できます。
d0147406_183927.jpg

この島は木造ながらモルタル外装の陸屋根がおおい。密集しているから防火対策もあるのでしょう。
d0147406_1839330.jpg

寺から長い階段を下るとこの建物にぶち当たった。酒屋さんでした。
d0147406_1839427.jpg

随所に板壁の民家も残っていました。木の風合いがいいですね。
d0147406_183968.jpg

d0147406_1839784.jpg

二時間たっぷり歩きました。クタクタです。
d0147406_1839816.jpg


陸に戻り遅い昼食。延岡市で行列のできるラーメン屋さん再来軒。いわゆるバリバリのトンコツでした!
d0147406_1839894.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-03-08 18:07 | 宮崎県  

天界の村を歩く 五ヶ瀬川流域

9:15宮崎空港に降り立ちました。これから宮崎県の山村と漁村を巡ります。

まずは、かつての日向地方の中心地だった佐土原を歩きます。町並みサイトの地図を頼りに上田島という場所に着いた。
ん?古い町並みはどこ?ここ商店街?
一軒だけ旧商家が保存されてる。
d0147406_21291581.jpg

せっかくなので入って見ましょうか。
d0147406_21291625.jpg

ガイドの方がいらっしゃって、たっぷり1時間近く説明をしていただきました。
佐土原人形。400年前秀吉の朝鮮出兵で日本に渡った高麗の職人が薩摩焼を始めたのと同じように佐土原焼も始まったのだそうです。今では人形が作られています。
d0147406_21291621.jpg

佐土原のかつての写真。明治期は日向地方の中心地であり県庁所在地だったのですが、その後観光都市宮崎市が県庁所在地となり、佐土原は廃れます。
d0147406_21291780.jpg

この町は城下町時代、外堀の外の町人町だったところの新町という町で、昭和初期の頃の地図だと人形屋が多く、隣に料亭街(下図の黄色)も見られます。
d0147406_21291821.jpg

料亭街の場所には、料亭街が一軒、スナックが一軒ありました。また、別の場所ですがこんなスナックも003.gif
d0147406_2129199.jpg

また、古い街には必ずある和菓子屋さん。鯨ようかん005.gif
d0147406_2129201.jpg


佐土原を後にします。北へ約70km延岡まで走ります。宮崎は全国でもワースト3に入るほど、道路事情の悪い県。ようやく東九州自動車道できて、延岡も近くなりました。
延岡から西へ方向転換し、九州山地の山里を目指します。途中、街道沿のドライブインで宮崎名物チキン南蛮を食しました。
d0147406_21292173.jpg

五ヶ瀬川を遡ること30分。日之影町に来ました。するとある交差点で、「石垣の村」という標識を発見!「なんだ?行ってみよう」ということでハンドルを切ります。
細い林道を行くと棚田と小集落が次々と現れる。地元で採れた石を使っているのでしょう。石垣が美しい。
d0147406_21292360.jpg

d0147406_21292427.jpg

ここは五ヶ瀬川の支流、日之影川右岸の平清水という集落。
d0147406_21292417.jpg

d0147406_2129252.jpg

クルマを停めて歩きます。
d0147406_21292628.jpg

斜面を石垣で切土盛土し屋敷。飼われている牛がモーモーないてます。石蔵もこのエリアの特徴でしょう。
d0147406_21292755.jpg

d0147406_21292812.jpg

そして、深い谷から駆け上がった天界の村が続きます。
d0147406_2129299.jpg

d0147406_21293088.jpg

林道は益々細く荒れてきたので、ここらで谷の県道へ降りることにしました。そこでも美しい石垣を発見!
d0147406_21293110.jpg

そして、谷底の県道に降りたら見覚えのある集落が、、、
なんだぁ石垣の村とは戸川のことだったんだ028.gif来たことあった。。。
d0147406_2129326.jpg


五ヶ瀬川本流に戻って遡ります。日之影町の隣の高千穂町に入りました。ご存知天の岩戸伝説のある地です。
五ヶ瀬川の支流、岩戸川の左岸に広がり連続する棚田集落群が目的です。
d0147406_21293293.jpg

棚田の迫力は凄まじいものがありますが、集落としては今ひとつかな。
d0147406_21293347.jpg

この後五ヶ瀬村も行きましたが同様です。ていうか、寝不足で眠くて堪らん020.gif
16:30早々と高千穂の宿にチェックインしました。
夕飯に高千穂牛がでた。旨かったです。011.gif
d0147406_2129341.jpg

[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-03-07 19:45 | 宮崎県