<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

栃木コンプリート紀行

昼過ぎから娘を乗せて栃木県へ向かいました。栃木県は正月に攻めましたが、2カ所を残しています。雪があって行けなかった集落の古峯と中禅寺。
鹿沼インターで降りて、まっすぐ西へ。古峯ケ原(こぶがはら)というところを目指します。鹿沼市街を抜けると右手に古い丁場(石の採掘場)があって凝灰岩の切り立った姿がありました。沿道の家々の塀や蔵はいわゆるここから採れた石でできています。

途中は新緑も相まって素晴らしい風景が続きます。

日光方面と足尾方面に分岐。足尾方面の道を選びます。
d0147406_8223281.jpg

↑しばらく走ると巨大な鳥居が見えてきました。古峯神社の一ノ鳥居です。
d0147406_8223615.jpg

d0147406_8223913.jpg


d0147406_8225493.jpg

↑この鳥居、鋼製ではわが国最大級だそうです。
d0147406_8224510.jpg

d0147406_822482.jpg

d0147406_8225127.jpg

↑周囲は入母屋平屋建ての集落。ニッポンの原風景のような場所でした。

d0147406_8225785.jpg

d0147406_823065.jpg

↑古峯が原に鎮座する古峯神社(ふるみね)。
d0147406_823130.jpg

d0147406_823298.jpg

別名「天狗信仰の社」と言われるほど、天狗だらけでした。

先ほど通った分岐点まで戻り、日光清滝方面へ走ります。ところがこの道が狭くて険しい。楽しいです003.gif
清滝からイロハ坂を上って中禅寺へ。
d0147406_823259.jpg

d0147406_823337.jpg

↑町並みはたいしたことありませんでした。
d0147406_8233100.jpg

↑華厳の滝みて、金精道路を通って群馬県沼田経由で19:30には東京に戻りました。
これで、栃木県の集落町並みはコンプリートです。

by marunouchi_no1 | 2015-04-26 07:59  

海界の村を歩く 紀伊水道 伊島(徳島県阿南市)

今週末土日の二日間で、紀伊水道に浮かぶ徳島県伊島と淡路島の東にある沼島を予定し、2ヶ月以上前に切符を手配していました。出発前日のフライトインフォメーションが携帯電話に届いたのですが、、、ん?往復両便?まさか、、、
間違えて往復とも土曜日だった007.gif 格安航空券なので変更きかず、やむなく日帰りの島旅です。1日で両島は無理なんで、伊島にするか沼島にするか。

徳島阿波おどり空港からレンタカー。伊島のある南を目指します。

d0147406_1736862.jpg

↑蒲生田岬のある半島を越して美波町東由岐を訪ねます。美波町とは聞きなれないですが、旧由岐町のこと。
d0147406_1736956.jpg

d0147406_1736109.jpg

d0147406_17361582.jpg


↑古い石垣製だけど大掛かりな防波堤に守られた漁師町。神社の前に津波到達地の石碑があった。そう、何度も南海地震による津波の被害を受けている。石碑は昭和21年の後に設置されたものです。リアス式海岸は自然の良港であるけれど、押し寄せる津波のエネルギーも増幅してしまうのです。
d0147406_17361868.jpg

d0147406_17361855.jpg
d0147406_17362416.jpg

↑町並みは素晴らしい!この地方ならではの切妻平入の民家が並ぶ。二階に欄干が必ずあるのが特徴です。
d0147406_17362772.jpg

d0147406_17363058.jpg

↑1階には「ぶっちょう」っていう折りたたみ式のベンチが壁についてる。これもこの地方の特徴です。
d0147406_17363332.jpg


徳島市方面へ引き返し、蒲生田岬のある半島の北側の付け根、橘町へ移動します。
徳島県の東海岸は四国への玄関口として航路があったのか。橘町も在郷町というより、港町っぽい。
d0147406_17363657.jpg

d0147406_17363994.jpg

d0147406_1736425.jpg

↓と言いますか、一角がどうも旧遊里っぽい。二階の欄干がそう思わせるのか、スナックや旅館があるからか。
d0147406_1736459.jpg

d0147406_17364817.jpg

d0147406_17365128.jpg


さて、橘町の答島港から伊島行きの船が出る時刻が迫っております。
港?というよりただの埠頭。バス停の待合所大の小屋が目印でした。出航20分前で船は割と混んでる。朝一の便で病院へ通ってるお年寄りが島に帰る便といったところでしょうか。
d0147406_17365414.jpg

d0147406_17365745.jpg

↑伊島へは高速艇で30分。島に近づけど巨大な防波堤に阻まれて集落が見えません。普通、防波堤は集落と港の間にあるものですが、ここでは港も津波水門で守られています。昭和21年の南海地震津波がいかに凄まじかったのか、現在の備えの大きさが物語っています。
d0147406_1737083.jpg

↑港と集落の間には、古い石垣製の防波堤が残っていました。その堤に沿った港側に小屋群が見られた。
d0147406_1737387.jpg

↑さぁ集落に入っていきましょう。量は減ってきているようですが、いわゆる石垣の集落。
d0147406_1737693.jpg

d0147406_1737956.jpg

↑つまり、防風のために石垣と建物で敷地外周を埋め光を取り入れ風を防いだ庭を構築するのが屋敷構えの基本のようです。
d0147406_17371236.jpg

d0147406_17371566.jpg

d0147406_17371883.jpg

↑建物は板張り。屋根はセメント瓦が目立ちました。
d0147406_17372178.jpg

d0147406_17372458.jpg

徳島県内の漁協の中でも一番平均年齢が若いそうです(とわいえ60歳台)。漁業が盛んなのでしょう。
集落は小さく40分もあれば十分な広さでしたが、船便の関係で滞在3時間。ゆっくり見せていただきました。
d0147406_173727100.jpg

↑最後は小松島です。いらかぐみの情報を主に、南小松島の藍商の豪邸がある通りを軽く流す。
d0147406_1737488.jpg


d0147406_17373362.jpg

ふむふむなるほど、いいんだけどなんか盛り上がらない。ということで、日没との勝負ながら、神田瀬川を渡って廃線になった旧小松島駅周辺の町を歩いてみよう。
d0147406_17374279.jpg

d0147406_1738050.jpg


↑ん?匂うぞ001.gif
遊里の匂いだ。
d0147406_17375037.jpg

d0147406_17375356.jpg

d0147406_1738380.jpg


↑寂れ果てた商店街が、夕陽に照らされ、まさに残照です。
d0147406_17375611.jpg

↑最後は徳島にきたんだから徳島ラーメン食べにゃ^_^
d0147406_17375990.jpg

超濃厚!いかにも身体にヨクナイんだが、食べた003.gif

海界の村を歩く 紀伊水道 伊島編 おしまい

by marunouchi_no1 | 2015-04-18 19:37 | 徳島県