<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 東シナ海 池島(長崎県長崎市)

d0147406_22245648.jpg

2015年GWの旅も終盤にして最高に関心のある島を訪ねる。
その名は「池島」
池島は、西彼杵半島の旧外海町四方海上役7kmに位置する。九州で最後まで操業を続けていた炭鉱の島である。実は、つい最近、偶然にも「ブラタモリ」で取り上げられていて、その映像から益々関心が高まっていた。
旅4日目にしてかなり疲れているが頑張って早起きし、佐世保を6:00に出発、池島行きの渡船が出る旧外海町神浦港に6:40に着いた。
d0147406_22245654.jpg

途中高い場所から池島を臨んだ。島の大部分が標高約80mの台地で、白い建物がポツポツ見える。あたかもリゾートの島のように見えるが、そうではない真逆の産業の島だ。
d0147406_2224578.jpg

d0147406_22245833.jpg

かつては、半農半漁の島で、多くは船員として出稼ぎの生活が営まれていた。1952年に松島炭鉱が開発に着手し、1959年に操業開始して以来、良質の原料炭を産出し、2001年に閉山するまで42年間操業を続けた。
現在の池島港は、開発前においては自然の砂州に囲まれた「鏡池」と呼ばれる池だったところで、島の名もこれに由来する。炭鉱開発の際に砂州の一部が爆破により崩され海とつなげられた。
港に面する台地の斜面は地形を利用して、堀だし生成された原炭を船に積み込むための巨大な鉱業施設がへばりついている。
港には小さなコミュニティーバスが待機しており、私一人を乗せて走り出した。「神社下でいいですね」と言われ、それは終点のバス停だと知っていたので、「はい」と返事をした。
d0147406_22245987.jpg

丘の上に炭鉱町が形成されている。最盛期は約8000人が生活していたという。戦後開発されたため、近代的な鉄筋コンクリート造の住宅や病院、学校、集会所、スーパーマーケット、娯楽施設などが計画的に造られた。
バスは在来からの集落や鉱業所入口、新店街通りなどのバス停を経て行く。運転手から島のことを聞きながら、終点である島の最奥部に着いた。
d0147406_2225080.jpg

d0147406_222501.jpg

ここには中層の住棟群がある。ブラタモリでも紹介していた。これがかなりカッチョいいのである。誰も住んでいないので立ち入り禁止なのは残念だけれど、これが見たかった!
d0147406_2225177.jpg

d0147406_2225268.jpg

裏手はこの中層住棟の玄関口で横廊下のある五階レベルと同一になっている。
d0147406_2225218.jpg

d0147406_2225353.jpg

d0147406_2225326.jpg

そして、この最奥部エリアからも坑道入口があり、出勤時に迎える看板「ご安全に」帰宅時に送る看板「ご苦労さん」も残ってた。
d0147406_2225798.jpg

d0147406_2225867.jpg

住宅エリアを練り歩く。炭鉱で作られた蒸気を各家庭にも供給するための蒸気配管が町中に巡らされている。
d0147406_2225926.jpg

住宅エリアにあった食料品小売店は今は営業されておらず、「かあちゃんの店」という島唯一の飲食店だけが営業していた。
d0147406_222597.jpg

池島小・中学校。巨大な校舎だが現在生徒は小学生1人。数年前に6億円かけて耐震改修がなされたという。
d0147406_22251054.jpg

d0147406_22251029.jpg

「新店街」と呼ばれていた炭鉱町の中心商業ゾーン。2階建て長屋形式の店舗が表通りに面し、裏通りには娯楽施設があった。
d0147406_22251158.jpg

新店街から坂道を下ると開発以前からの集落に繋がっている。元々は半農半漁の集落であったが、炭鉱町が出来上がったあとは、計画的に造ることができない歓楽街が既存集落を侵食するように形成された模様。ニュータウンうや工場町の外郭に歓楽街が形成されるのと同じ現象と思われる。
d0147406_22251256.jpg

歩いて港に戻ってきた。港近くには炭鉱の観光用ガイダンス施設とショッピングセンターがあった。
d0147406_22251218.jpg

さて、ここで島を離れるか、それとも在来の集落をあるくべきか。
池島の計画では船の時間を考えると、所要時間は2択であった。可能であれば2時間50分、無理そうなら5時間を使える計画としていた。だが私は丘を下る際に、集落全体を俯瞰できたのでそれで良しとし、2時間50分で切り上げた。4日目で疲れていたし、別の町並みも見られるかもと頭をよぎった。だけど頑張って5時間コースにしていたらどうなっていたか。在来の集落の特徴とかがわかり対比の面白さが見出せたであろうし、炭鉱町の商業エリアとつながっていることから、炭鉱会社が計画できない店舗が自然発生的に作られた様子を見ることができたであろう。また、島唯一の食堂でランチできたし、ショッピングセンターのおばちゃんから話も聞けたあろう。「今度」ではおそらくもう聞くことはできないだろう。私はまだまだ未熟だと反省しなければならない。

午前中で池島を切り上げた私は、結局は時間を持て余し大した町並みのない諫早を歩いて早々と空港へ向かった。

久しぶりの長旅は充実した成果を上げられたもののやはり池島コンプリートを逃した点だけは心残りでならない。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-05-10 21:30  

海界の村を歩く 東シナ海 宇久島(長崎県佐世保市)

鷹島から伊万里を経由して佐世保に着いた。これから五島列島北端の宇久島へ渡ろうというわけだが、出航の2時間前に着いてしまった。というのもGWということとこの雨。まずクルマを停められるか。その点は、雨のおかげもあって渡航する人が少ないからか、港の駐車場が空いていたのでOK。
もう一つの心配が「船が出るか」である。港の切符売り場で聞いてみたら、「一便は欠航した。夕方の便はまだわからない。」という。
d0147406_2129657.jpg

新しくできたフェリーターミナルのレストランにてツマミとビールで時間つぶし。
d0147406_2129662.jpg

切符が売り出される出航30分前に窓口に行ったら列ができている。よかったぁ船は出るようだ。
船は九州商船の高速船。ジェットフォイルではないが、近い高速で航行する。しかし、海は相当時化ていて、まるでジェットコースターのように揺れる。さすがに途中から中速走行になった。予定より遅れて宇久平港に到着した。
旅館は船着場から離れている。小雨強風の中、集落の主軸思われる通りを歩いて旅館に辿り着いた。あぁくたびれた。
d0147406_2129771.jpg


宇久島は五島列島の中でもひときわ地味な存在。長崎ではなく佐世保からのアクセスということもあり、また便数も少なく、観光化されていない。したがって、気の利いたリゾートホテルなどあるわけなく、昔からの旅館が数軒ある。それらの旅館もネットでサイトを立ち上げているようなものはないし、楽天トラベルにも加盟していない。宇久町観光協会のHPにかろうじて旅館名と電話番号があり、Yahooで画像検索して、ぼやけた外観などを参考にして中でも良さそうな井原旅館を予約していた。電話での応対はハキハキしてたので悪くはなかった。しかし、あまり期待もしていなかった。通された部屋は小さな一間だし、食事するという部屋にはすでに料理が並べられていた。私はさっさと風呂に入り、浴衣を着て夕食のお膳を前にした。
d0147406_21298100.jpg

冷たいビールで一人で乾杯!この瞬間がいい。そして、食事だが、、、うまいではないか。刺身も地魚で新鮮である。これはよかった。

日が変わり、朝食を済ませ、いざ出陣!宇久平郷と呼ばれる街を歩く。
d0147406_2129938.jpg

d0147406_2129931.jpg

まず、街を貫いている海岸線と平行した主軸の通りを西に行く。いわゆる寂れた商店街で町並み的には今ひとつ。
d0147406_2129107.jpg

d0147406_21291089.jpg

古い民家は入母屋が多く、これが一つの特徴だと感じる。
d0147406_21291186.jpg

そして、主軸の通りから内陸へ向かって歩いていくと石垣石塀が現れ出した。武家屋敷街の様相である。
d0147406_21291273.jpg

d0147406_21291282.jpg

そして立派な石垣があった。説明板があり、「宇久氏7代の館跡」だという。なるほどなるほど。
d0147406_21291311.jpg

その続きに東光寺というお寺があり、また説明板に「平家の落人、7代の墓がある」とある。落人伝説は全国の辺境の地にあり、壇ノ浦系は九州に多く、平清盛のうんたらはあちこちに落ち延びていることになっている。
d0147406_21291477.jpg

d0147406_21291492.jpg

さて、旅館まで戻り今度は東半分を歩こう。こっちは西側と違って密集度が高い。つまり漁村あるいは漁師町の造りである。
d0147406_21291596.jpg

d0147406_21291651.jpg

d0147406_2129179.jpg

二階建てが並んでおり、丘陵地の斜面に駆け上がっている。町並み景観としての見所はこのあたりかな。
d0147406_21291764.jpg

3時間たっぷり歩いてフェリ乗り場に戻った。

佐世保港に着いたのは昼過ぎ。今日午後は、平戸を往復する。
佐世保から北へ30分くらい。江迎町長坂という場所。旧平戸街道の宿場町かな。
d0147406_21291893.jpg

d0147406_21291988.jpg

徒歩時代の旧街道の石段や遊廓っぽいエリアもあった。
d0147406_2129204.jpg

d0147406_21292066.jpg

d0147406_21292117.jpg

中でも見応えがあったのが、醸造元の旧家の家並み。これだけで星が一つ二つ増える。
d0147406_21292244.jpg

d0147406_21292272.jpg

もう一ヶ所興味をひいたのが、新道沿いの戦後看板建築の家並み。モルタル系片流れ屋根が同じデザインで連結しながら並んでいた。

平戸大橋渡る。平戸は何度も来ており、一昨年歩き直しているから通過。今日の目的地は平戸の町の裏側と表現したらいいのか、山の反対側にある薄香という漁村だ。
d0147406_21292345.jpg

大きな入り江状になっている薄香湾に面する天然の良港に鏡川町薄香の漁港がある。昭和30年代は市内でも一番の漁獲量を誇ったという。
d0147406_21292310.jpg

d0147406_21292427.jpg

d0147406_21292448.jpg

平戸の北の的山大島には国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている神ノ浦という漁村があるが、薄香は神ノ浦の町並みと良く似ており、勝るとも劣らない町並みと思った。
d0147406_21292596.jpg

d0147406_2129267.jpg

近年、高倉健主演の映画「あなたへ」のロケ地になったことからロケ地巡り観光で訪れる人も多いようだ。

佐世保の夜。駅前にホテルはあるが、駅前には気の利いた飲食店がない。繁華街は離れている。せっかく来たので、夕飯がてら街に繰り出した。
d0147406_21292783.jpg

d0147406_2129275.jpg

ところが、歓楽街の様子がちょっと他と違う。お水系が少なく風俗店がない。長崎県は観光県で売っている。したがって、性風俗は条例で禁止しているのだそうだ。
それでも小さなキャバレー街みたいなのがあって、そこに観光客の入ってない空いてるラーメン屋があったので入った。
d0147406_21292840.jpg

地元系の老舗だそうで、おばやん3人で切り盛りしてる。
d0147406_21292987.jpg

d0147406_21292915.jpg

焼酎お湯割り頼んだら、原液とお湯が別々に出てきて自分で作れという。これで350円は安いし3、4杯は飲める。おでんとラーメンを食べ終わった時にはかなり酔いが回っていた。
そこへUSarmyが2人入ってきて、焼飯頼んだ。おばやんがTWO オーダーと言ってカタカタと作り始めた。焼飯うまそうだ。私はついに、焼飯まで頼み、全て平らげてしまった。カロリー摂りすぎemoticon-0107-sweating.gif
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-05-10 19:13  

海界の村を歩く 玄界灘 神集島(佐賀県唐津市)

d0147406_19124829.jpg

唐津のホテルの朝。窓の外から聞こえてくるクルマの走る音がシャーっていってる。雨だ。天気予報はあったった。

唐津市街から30分、湊という地区にある小さな港。ここから今日最初の目的地である神集島に渡る。まだ、船も人も全くいない。本当にここから船が出るのか不安になる。
出航予定時刻の10分前に小さな船がやってきた。客を数人乗せて出航。10分の航海である。
d0147406_19124973.jpg

神集島上陸。本土側に自然の地形が防波堤を作ったような港。
神集島は、その台地状の形から軍艦島ともよばれる。古来、大陸と松浦を結ぶ航路上にあたり、渡航船の寄港地となっていた。島名は、神功皇后が朝鮮出兵の時に神々を集めて海上の安全を祈ったことに由来すると伝えられている。

さて、漁村集落攻略の鉄則は「表から攻めよ」である。中心と思われる一角や通りからはじめて、路地は後回しにしろということで、そうすることによって町の構造が理解しやすい。そもそも自分がいってる時なんだが、自分が一番この鉄則を守らない人間でもある。
ここでも海岸の埋め立て地から集落の端っこを目指してしまった。まぁ、どこかで中に入れるだろうとタカをくくっての行動だが案の定どこからも入れやしない。でも、いい建物群である。
興奮を抑えながら出発点に戻り、表攻めにてやり直す。
d0147406_1912503.jpg

ほうほう、良いではないか。なかなか大きく立派な古民家たちだ。昨日歩いた高島とは大違い。島というのは地域が同じであれば皆同じというものではない。島の繁栄は島ごとに異なるものでは、近く同士でも全然違う。本土の隣同士の集落の違いより顕著である。
d0147406_19125142.jpg

d0147406_19125274.jpg

東の端まで歩いた。中心部ではないのだが立派な家が多い。
d0147406_1912524.jpg

d0147406_19125343.jpg

戻り中心エリアを歩く。このエリアは集落の奥行きが深く、古くから形成されたエリアであろうことがわかる。建物もさっきの端っこのものより古いように思う。
d0147406_19125428.jpg

d0147406_19125460.jpg

d0147406_19125592.jpg

d0147406_19125533.jpg

特殊な感じの建物が現れ出した。窓が洋風だったり門が装飾的だったり。もしかしたら、旧旅館か料亭か?ここから海へ出て行ったあたりが船着場である。
d0147406_19125659.jpg

高いところから集落全体を俯瞰する。島内には古墳もたくさんあるという。歴史が深く交易上の重要なポジションにあった神集島は、玄界灘エリアで必見の島里であるといえよう。

d0147406_19125756.jpg

東松浦半島を反時計回りに進む。途中呼子を通過したが多くの観光客が訪れていた。GWとはいえ人気がある。
その呼子と同じ入江に面する鎮西町名護屋を歩く。名護屋といえば、日本史で習ったことがあるだろう。愛知県の名古屋と違う字で同じ発音なので記憶にも残っている。
d0147406_19125888.jpg

名護屋は、壱岐海峡に面した深い入り江に在る港で、荒天時には多数の機帆船や漁船が避泊する、玄界漁業の重要な基地の一つである。港背後の丘陵地に1591年豊臣秀吉が築いた名護屋城跡および陣跡があり、加藤清正の設計であったと伝えられる国史に残る地である。
d0147406_19125820.jpg

d0147406_19125999.jpg

町の北側は入江地形に従ったクネクネスネーク状の通りに面する町だ。
d0147406_19125965.jpg

戸袋に鏝絵が施された家もあった。
そして中央エリアになると町の厚みが増して路地も複雑になる。
d0147406_1913081.jpg

d0147406_1913141.jpg

d0147406_1913113.jpg

旅館や酒屋など、映画のロケにでも使えそうな味わい深い建物もあった。
d0147406_1913257.jpg

d0147406_1913371.jpg

そして、丘の上へと登る道に沿って大きな屋敷があった。丘の上は秀吉が築いた名護屋城跡である。

東松浦半島をさらに西へと走る。この辺りは棚田が有名。水を張った水田の美しい風景が連続する。
d0147406_1913362.jpg

日比水道を大きな吊り橋で渡って鷹島へ。その北西端近くにある阿翁浦免(あおううらめん)という漁村集落訪ねる。町並みとしてどこにも紹介されていないが、航空写真で目をつけた。
d0147406_1913454.jpg

d0147406_1913561.jpg

傾斜地に集落が形成されているため、港から眺めると水面に写り込んで美しい。
d0147406_1913545.jpg

d0147406_1913677.jpg

路地を入っていく。
d0147406_191373.jpg

d0147406_1913771.jpg

d0147406_1913875.jpg

オーソドックスな漁村の構成。かつて海岸線だった線形がそのまま集落の主軸となる通りがあり、主要な建物が面している。
d0147406_1913965.jpg

港に面して観光客相手の海鮮料理屋が数件あり、いずれも昼時で満席だった。
d0147406_1913961.jpg

クルマで戻り、吊り橋近くの和食屋に入った。「おとこめし」というこの店おすすめの海鮮丼を食したが、うまかったぁ。九州は醤油が甘いので、関東人からすると合う料理合わない料理がはっきり分かれる。この海鮮丼は、わさびを溶いた甘い醤油が新鮮な魚介類にバッチリであった!
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-05-05 18:01  

海界の村を歩く 玄界灘高島(佐賀県唐津市)

d0147406_2114469.jpg

唐津は古くから、唐(韓-唐)などの大陸との窓口(津-港)だった街。その唐津湾にポッコリと浮かぶ高島に渡るため唐津市街にやってきた。渡船の時刻には余裕がある。唐津の町並みは一通り取材済みなので、前回たどり着けなかった建物を見に行く。
西唐津に埋立地。大通りから住宅地に右折したら、、、真正面に現れた!
d0147406_2114523.jpg

旧三菱合資会社長崎支店唐津出張所
明治41年竣工。設計は、三菱合資会社丸ノ内建築所。設計顧問に曽禰達蔵が携わった。
丸ノ内建築所とは、私の勤める三菱地所設計に至る創設期の設計組織。会社には三菱一号館からの図面が130年にわたって残されているが、その中に唐津出張所の図面もある。それを調べた上での訪問だったので感動した。
d0147406_2114590.jpg

歴史民俗資料館として活用されていたが、現在は老朽化のため閉鎖されている。
d0147406_2114675.jpg

港も当時の石垣が残っている。
建物は塗装や屋根など剥げ落ちているものの、思ったよりしっかりしている印象だ。
d0147406_211474.jpg

現地で修復か、移築復元か、検討されているようだが、やはり場所の記憶は大事なので是非原位置で継承願いたい。
d0147406_211488.jpg

さて、本題の高島に渡航しよう。唐津城の城郭内にあたる千代田町の桟橋から船に乗る。
d0147406_2114857.jpg

高速艇10分で着いた。結構混んでる。釣り客でもないのに、高島へ何しにいくのだろう。
答えは船を降りてすぐわかった。
d0147406_2115243.jpg

d0147406_2115365.jpg

「宝当神社」という社があり、縁起担ぎで宝くじフリークの聖地になっているのだそうだ。皆桟橋から徒歩3分の宝当神社に参り、帰りにお土産と宝くじを買って、すぐに今きた船で戻る模様。集落など全く興味ない。
d0147406_2115454.jpg

高島の集落は、高い山とは対照的に真っ平らで、切妻の平屋建てが並ぶ。漁業や農業で潤ったというもにではなく、簡素な民家たちである。
d0147406_2115568.jpg

d0147406_2115549.jpg

d0147406_2115637.jpg

特徴は黒板壁といったところか。景色はいいのだけれど集落的には星一つかな。
d0147406_2115791.jpg

d0147406_2115725.jpg

集落の真ん中あたり、例の宝当神社があった。
d0147406_2115810.jpg

ここだけ潤ってるのがあからさまである。まぁ結構なことだけれど、なんとなく面白くないのでお賽銭も参拝もしないで出てきた。宝くじには興味はない。
d0147406_2115930.jpg

d0147406_211596.jpg

しかし、どこにいっても花が綺麗である。帰りの船の出航まで一時間も余してしまった。ド派手な土産もの屋の写真を撮ってたら店の中から店員が出てきたので逃げてきた。入りたくもない。
d0147406_212069.jpg

港に場違いなカフェがあったので、時間つぶしでビールおつまみセットを頼んだ。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-05-03 16:01 | 佐賀県  

海界の村を歩く 玄界灘 宗像大島(福岡県)

2015年も早1/3が終わってしまったが、待ちに待ったGWである。今年は「島攻め」を宣言して全ての計画を3ヶ月前から立て順次実行しているけれど、GWは4泊4日の長旅が組まれている。
5/1(金)夕方のJALで福岡入りし、24時間営業のレンタカー店でクルマを借りて、福岡市から東へ1時間の宗像市へやってきた。国道3号線バイパス沿いの殺風景な場所にあるホテルからこの旅は始まる。

d0147406_20122313.jpg

ホテルの隣にチェーン店のくら寿司があったので晩飯に入ったが、、、まずいemoticon-0101-sadsmile.gif。見ての通りガラガラだし。でも、いっぱい食べて千円でお釣りがきたんだから良しとするか。

d0147406_20122416.jpg

宗像市神湊港から25分。宗像大島行きのフェリー1便は私と多くの釣り人を運んだ。福岡県で一番大きな島は、玄界灘と響灘を分ける位置にある。フェリーターミナルは集落に西の方にあり、海岸線を東へ歩く。
d0147406_20122419.jpg

中に一本入った道が目抜通りのようだが、我慢して入らない。一見して古い建物はなさそうだが、ところどころに石垣が見られ歴史を感じる。
d0147406_20122579.jpg

集落の東端に近いところに郵便局があって、ちょっと西へ戻ったところから一歩入るといい家並みがあった。旅館が向かい合うような場所。かつての船着場近くだったのかもしれない。
d0147406_20122636.jpg

木造三階建ての旧旅館があった。この集落最大の見せ場である。
d0147406_20122740.jpg

d0147406_20122749.jpg

海から奥へと向かう道。細い路地が海岸線と直交する道をつないでいる。
d0147406_20122836.jpg

ここも海から奥へ延びる道。
d0147406_20122987.jpg

ずっと上がって行ったら漁村から農村に切り替わった。茅葺き民家や蔵も見られる。
d0147406_20123028.jpg

海岸線に平行の目抜通りに戻る。
d0147406_20123040.jpg

スナックの看板。明朗会計ならぬ明瞭会計emoticon-0102-bigsmile.gif
d0147406_20123190.jpg

フェリーターミナル付近を通り越して西へ行くと神社の石鳥居が構えている。そこから石段を登ると境内に至る。宗像大社中津宮。
d0147406_20123229.jpg

宗像大島、なかなか渋い。町歩きの初心者にはあまり響かないかもしれないが、上級者にとっては奥が深いかも。
海は凪で内海のようだった。
[PR]

by marunouchi_no1 | 2015-05-02 17:54