<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 太平洋 津堅島(沖縄県うるま市)

沖縄本島周辺の離島を歩く旅の2日目。昨日は辛うじて小雨で迎えてくれた琉球の梅雨空は、「ごめんね梅雨だし」とでも言わんばかりに、どしゃ土砂降り。「今日やめよ」というもう一人の自分にムチ打って宿を出る。
d0147406_09161604.jpg

昨日歩いた久高島から北方に眺められた津堅島へ行く。しかし、渡船の出る港は異なっていて、勝連平敷屋港となる。港を出て約30分で津堅港に着岸。
d0147406_10062488.jpg

港から眺める集落は、島としてはちょっと異様である。
d0147406_21382537.jpg

近づいてわかった。並ぶ家々は鉄筋コンクリート造の二階建て民家。
d0147406_21382528.jpg

フラットな陸屋根が二階に深いテラスを形成している。
津堅島は、沖縄戦時下に沖縄本島を守る要塞として激戦地となり、戦後は昭和24年まで全島民が沖縄本島の南風原地区に強制移住させられていた歴史がある。
d0147406_21382665.jpg

戦時下で焼けてしまったからなのか。赤瓦の木造民家は少なく鉄筋コンクリート(RC)造の民家が多い。
d0147406_21382688.jpg


d0147406_21382669.jpg

注目すべきは、平屋のRC造民家で、軒が深く玄関を正面センターに構えた形態は、ほとんど木造の在来民家と同じ構成である。これこそ正常進化形と言ってよいだろう。
(写真がわかりづらくて恐縮だが上下を見比べてほしい)
d0147406_21382604.jpg

防風対策から敷地の外周をコンクリート塀や付属屋で囲った家があった。そのコンクリート壁に妙な窓が、、、
d0147406_21382679.jpg

クルマのフロントガラスを利用して嵌めた窓。中にヒマワリの造花が飾ってあった。
d0147406_21382721.jpg

切石の石塀の残る屋敷
d0147406_21523024.jpg

島の店
d0147406_21523090.jpg

カラオケ屋さんまである^_^
d0147406_21523081.jpg

島の地下は貴重な水源になっている。ここは鳩が見つけた泉という伝説があることから「ホートゥガー」という名がついた。
d0147406_21523122.jpg

津堅島は「ニンジンの島」と呼ばれる。昭和56年に土地改良事業が完了し、全体が大きな農地になっていた。
d0147406_21523198.jpg

本島に戻る。勝連半島からは海中道路と呼ばれる道があって、幾つもの島が結ばれている。
その中から浜比嘉島に渡る。
d0147406_21523151.jpg

浜比嘉島は浜と比嘉という二つの集落があることから、この名がついた。その一つ浜集落を歩いた。
d0147406_21523180.jpg


d0147406_21523240.jpg


d0147406_21523284.jpg

そして、海中道路で繋がった最奥地の離島、伊計島。
d0147406_21523267.jpg

リゾート開発も進行した島であるが、集落は意外にも素朴。
d0147406_21560511.jpg

d0147406_21560592.jpg

土砂降りはますます力を増してきた。もう集落探訪は続行不可能。耐えられず切り上げ、早めの便に切り替えて東京に戻った。
d0147406_21560523.jpg


by marunouchi_no1 | 2015-06-13 08:56  

海界の村を歩く 太平洋 久高島(沖縄県南城市)

5月下旬の週末。暑くなる前に沖縄本島周辺の離島を歩いておこうと計画を立てていたが、梅雨に入ってしまった。予報では残念ながら2日とも雨。予定通り、金曜の夜に那覇に入った。やはり雨。。。

土曜日の朝、窓に雨が殴りつけている。こりゃ粟国島は無理かな。往路のフェリーはなんとか出航するだろうが、復路の9人乗りプロペラ機はおそらく欠航だろう。営業開始時間を待って第一航空へ電話してみたら案の定欠航の予定だという。フェリーで往復もできるが、2時間滞在のために往復4時間以上を費やすのはバカバカしいし、せっかく渡ったのにもったいない。ここは断念するのが正解だろう。どうか勇気ある撤退だと思ってほしい。

d0147406_21213058.jpg

ホテルは那覇バスターミナルの近く。ところが、いつもと違う。バスが居らず建物が閉鎖されている様子。ついに建て替えか。私にとって沖縄で好きな建築の一つであったのに惜しい。

レンタカーに乗って知念に向かう。 安座真港から小さなフェリーで久高島へ渡る。所要時間25分。
d0147406_21314616.jpg

久高島はパワースポットの島として知られ、女性観光客に人気のようで、雨にもかかわらず私の他に女性観光客が数組乗っていた。
d0147406_21314610.jpg

沖縄本島の太平洋に浮かぶ、知念岬の東海上約5.3kmにある周囲7.8kmの島。神話と伝説、美しい海浜、静かなたたずまいと素晴らしい自然環境に恵まれている島だそうだ。
d0147406_21314791.jpg

琉球の始祖アマミキヨが降臨し、五穀を初めて伝えたところといわれ、「神の島」として崇敬を集める霊地でもある。久高島には神話をはじめ祝女(ノロ)制度、イザイホー、ティーダーガーミ(太陽神)祭などが昔のまま伝えられ民俗的に貴重な島として注目されている。
d0147406_21314768.jpg

受け売りはこれくらいにして、歩いてみよう。
沖縄では、竹富島や渡名喜島が国の重要伝統的建造物群保存地区になっていて、歴史的町並みがみられるが、ここ久高島の民家は古いかどうかはわからないし、赤瓦よりセメント瓦が多い。
d0147406_07382725.jpg

d0147406_07382715.jpg

でも、赤瓦だって草葺きからの変化形だし、セメント瓦だって悪くは無い。むしろ、わざわざ赤瓦にした家よりも、自然体で好感が持てる。
d0147406_07541626.jpg

琉球石灰岩あるいはサンゴ礁の石塀が随所にみられる。そして拝所が、沖縄で知りうる他の集落よりも多い気がする。「神の島」たる所以か。
d0147406_07541617.jpg


d0147406_07541715.jpg

高くそびえ立つ給水塔。水の確保は島の生命線だ。
d0147406_07541721.jpg

久高の家々には、庭にコンクリート製の大きなドラム缶みたいなものが、必ず二つある。
写真のおじさんに「何ですか?」と尋ねたら、雨水を貯めるものだという。水が貴重な離島ならではの工夫。今では使っていないそうだ。
d0147406_21012297.jpg

久高は、素朴な琉球の島里が見られる島だった。

本島へ戻る。知念から高速道路を使って一気に北部ヤンバルへ。大宜味村喜如嘉(きじょか)を歩く。
d0147406_23445208.jpg

芭蕉布を特産とすることで有名な集落である。
d0147406_23445200.jpg


d0147406_23445373.jpg

沖縄の集落というと整然と区画されたものが多いが、ここは山裾に沿って形成される本土農村の形態に近しい。
d0147406_23445390.jpg

赤瓦の美しい集落だった。

今帰仁村、屋我地島から大橋で古宇利島に渡る。
d0147406_23445374.jpg

雨なのに青い海はさすが沖縄である。
d0147406_23445495.jpg


d0147406_23445448.jpg

山の斜面に形成された集落の背景には青い海と古宇利大橋。
d0147406_23445473.jpg

橋で渡れるので、気軽に訪れることのできる沖縄の離島集落である。

那覇に戻ってきた。宿に荷物を置いて夕食のため街に出る。このブログでは何度も書いていることだが、沖縄に何度も訪れると、沖縄料理は美味しいけれど、特別に美味しいものではなく、やや飽きる。そこで、私は那覇に来ると決まった四川料理店に行くのである。
d0147406_08555340.jpg

泡盛でも地元の酒、菊の露をあおり、結構酔っ払った。




by marunouchi_no1 | 2015-06-07 21:09