<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 瀬戸内海 讃岐広島(香川県丸亀市)

d0147406_21263198.jpg

丸亀のビジネスホテルにて朝を迎えました。今日は塩飽(しわく)諸島を攻めます。
d0147406_21010494.jpg

丸亀駅北口駅前は、以前は遊郭でした。「遊里を歩く」シリーズで取材済みではありますが、その名残の建物がまだ残っていました。
d0147406_21010484.jpg

そうそう、この神社すごいんだ。境内に飲み屋街ができてしまっていた(今は無住の様子)。こういうのって割とあります。東京新橋の烏森神社とか。
d0147406_21010505.jpg

ここまで痛んで使われていないと、防災の面からもいつなくなるかわかりませんね。
d0147406_21031859.jpg

讃岐広島は、丸亀市の北12.5kmの海上にあり、塩飽諸島の中で最大の面積です。戦国時代末期、長宗我部氏に敗れた香川一族と長尾一族の落人が住みついたのが始まりとされ、本島と同じく人名の島でもありました。
d0147406_21010546.jpg

丸亀港から高速艇で20分、近づくと島全体が岩盤でできていることが判ります。岩が随所に露出していて高木がない。
d0147406_21010561.jpg

島の東部にある立石地区まで歩いていたら、途中に石の積出場があった。
d0147406_21010608.jpg

そして、その背後の丁場(採石場)に入ってみた。まだ現役で掘り出しているようでした。
島の主要産業は採石業で、島の南西部で古くから花崗岩の青木石が採掘されています。
d0147406_21031908.jpg

立石地区に着きました。目的の「旧尾上家住宅」は海岸近くの集落ではなく、ちょっと離れた山沿いにあります。
d0147406_21031989.jpg

この旧尾上家住宅は、江戸時代に廻船業で財を成した家柄であり、塩飽大工と呼ばれた人たちの建築技術が随所に発揮された建物です。
しかし、こういう富豪の家が集落からちょっと離れた場所にあるケースは他にもあります。なぜでしょうか?
d0147406_21031968.jpg

島の民家は、瀬戸内海で良く見る屋敷全体を建物や塀で囲んだ形式で、本瓦葺きが特徴。江の浦地区でも、集落の山際に石垣を築いた大型の屋敷が散見されました。

塩飽諸島の本島(重伝建地区の笠島地区がある)は既に歩いていますので、午後は変わったところで、瀬戸大橋を支えている島を巡ろうと思います。
d0147406_21054547.jpg

与島は、坂出港の北約10kmに位置します。昭和63年4月瀬戸大橋開通によって車での進入が可能となり、島内にバス停も設けられ、坂出や児島からバスが通うようになりました。
d0147406_21054593.jpg

坂出駅前から「与島FW経由浦城行き」という普通の路線バスに乗ります。路線バスは何食わぬ顔して高速道路に入り、瀬戸大橋を走ります。
d0147406_21032068.jpg

与島PA内にあるバス停で降り、PAの庭の片隅にある村への出口を使い、大橋の下をくぐって歩いて行くと集落の最上部に出ました。
d0147406_21054502.jpg

石垣に挟まれた階段を下りていきます。
d0147406_21054684.jpg

海に降りました。目前には空中を飛ぶ道路がズバッと走っています。すごい風景だ。
d0147406_21054650.jpg

大橋を背景とした与島集落。シュールです。
d0147406_21054634.jpg

与島の家並み。なまこ壁の家も見られ、岡山近いことを感じました。
d0147406_21054698.jpg

d0147406_21054751.jpg

d0147406_21090961.jpg

d0147406_21090996.jpg

与島港のある浦城バス停。待合所は船のキャビンを再利用したものでした。

d0147406_21091013.jpg

大橋ができた直後、与島には民間活力を生かした観光リゾート施設もオープンし、観光客が急増して活況を呈しましたが、その後島で滞在する観光客は減少し、リゾート施設も閉鎖解体され、集落は昔の静けさを取り戻していました。
バス停の「与島FW」とはフィッシャーマンズワーフのことで、例のリゾート施設。今では取り壊され何もない場所です。そこで、児島行きに乗り換えます。
d0147406_21091078.jpg

d0147406_21510274.jpg

櫃石島は、備讃瀬戸の最北端、坂出港の北約16kmにあり、岡山県下津井港のすぐ南に位置しています。主産業は潜水による立貝採取と底引網漁業です。
d0147406_21091034.jpg

d0147406_21091022.jpg

島の連絡板。江戸時代のものが保存されています。
d0147406_21091183.jpg

島内にある石切り場は大阪城築城にも使われた石の丁場。採石の島ということもあり、石垣が見事な集落ですが、建物はあまり古くないと見受けられました。
d0147406_21091160.jpg

d0147406_21091214.jpg

d0147406_21091211.jpg

日が暮れた。寒い!いよいよ本格的な冬ですね。





[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-01-10 20:00 | 香川県  

海界の村を歩く 瀬戸内海 豊島(香川県土庄町)

新年早々の金曜夜、京都駅の地下で京都に住む友人と一杯飲んでから新幹線→瀬戸大橋線で高松に入りました。
「海界の村を歩く」シリーズ第1フェーズの瀬戸内攻めも終盤です。あとは、先日渡ることのできなかった安居島(愛媛県)と大きな能美島&江田島(広島県)が残るのみ。
d0147406_18342953.jpg

今日は、豊島(てしま:香川県)→犬島(いぬしま:岡山県)を歩く計画です。高松市内のホテルから高松港までは歩いて15分くらい。余裕があるので途中にある「すき家」で朝食をとりました。高松港は慣れているので、早目に行くことはないだろう。気が緩んでた。
ところが、客船ターミナルについて掲示されている時刻表を見ると目的の便がない。「こりゃまた、夏季時刻か何か間違えて計画したかぁ」
豊島へは直島経由か小豆島経由で行くことになるが、調べているうちに小豆島行きの高速船の出航時間が迫ってる!エイヤで小豆島土庄行きに乗ってしまった。けど、船内でゆっくり調べたら、実は計画の船はあったのでした。フェリーだった。隣のターミナルから乗るんだった。
「船は乗り場が離れていたり、季節で時刻が変わったりすることがあるんで、出航時間に対して余裕を持って港へ行くべし」とは、私自身の言葉ですが、見事に自分でハマりました。いけません。先日の安居島に続き失敗です。

ということで、犬島を諦めることになってしまいました。小豆島土庄で乗り換え、豊島唐堰港から入ります。
d0147406_19250433.jpg

港近くの唐堰(からと)浜集落。いきなり、この石塀が迎えてくれました。ただの石塀と思うなかれ、使われている石の割肌が荒々しい。瀬戸内の島の多くは岩でできていますから、石は島の中でいくらでも調達できるのです。
d0147406_19360092.jpg

てくてく丘の上まで歩いて上りました。棚田が広がる一角にある「豊島美術館」は学会賞にも輝いた名建築。晴れた日もいいけど、雨のなんかも面白そうです。また来たいと思いました。
d0147406_19360045.jpg

その近くにある丘の上の集落唐堰(からと)を歩きます。
d0147406_19360070.jpg

d0147406_19360101.jpg

アップダウンのある私好みの地形です。そして讃岐の集落らしく、本瓦葺が綺麗です。
d0147406_19360108.jpg

とある民家の玄関先に小さいサインで「cafe 101」とありました。が、いかにも普通の民家で入りづらい。
d0147406_19465547.jpg

ちゃんとしたレストランでした。畳にコタツ。
d0147406_19465576.jpg

床の欄間が綺麗。
静かに食事をしていたのに、地元のおっちゃんが入ってきてうるさくなったのでサッサと食べて店を出ました。
d0147406_20541605.jpg

島内のコミュニティバスで家浦地区へ移動。家浦は豊島の中心集落で、唐堰浜同様に石塀が良い!
d0147406_20541695.jpg

d0147406_20541751.jpg

d0147406_20541769.jpg

色んな積み方が見られます。その上にちゃんと瓦屋根が付いていて綺麗ですね。
d0147406_20541893.jpg

昭和な理髪店がありました。
d0147406_20541880.jpg

うーむ(^_^)
モダン





[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-01-09 20:00 | 香川県