<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 日本海 六連島(山口県)

d0147406_14315485.jpg

金曜日の最終便は、予定通り宇部山口空港に21:00着。下関駅行きのリムジンバスに乗ります。22:00過ぎに下関市街に入りました。関門橋をバスからパシャリ。
d0147406_14315586.jpg

ホテルに荷物を置いて、夕食とるため街に出る。下関の歓楽街豊前田も、人通りはあるけれど活気は感じられない。
d0147406_14393345.jpg

クラブ集合ビル。普通の飲食店はもう閉店だぁ。
d0147406_14393331.jpg

今や世界的な日本酒までに登りつめた山口県の酒「獺祭」。ここまで有名になると「飲んでやるもんか」と思ってしまう。
向かいのラーメン屋には入った。
d0147406_14482798.jpg

戦後の集合住宅のようなオフィスのような建物があった。
d0147406_14482709.jpg

「下関第一ビルデイング」
イがィでないところに注目せよ
d0147406_14482893.jpg

さて、日が変わって2/27(土)。雨です。
ホテルの前にそびえる「海峡ゆめタワー」
1996年竣工だから、バブル期に企画されたものでしょう。デザインに時代を感じますが、この頃この手のデザインに魅かれる。どうしてかなぁ。
d0147406_16531066.jpg

d0147406_17003427.jpg

下関駅西口から徒歩5分足らずにある六連島渡船場から、六連島へは20分。
d0147406_16531063.jpg

小さな一集落の島です。
島は台地状になっていて、花卉栽培が生業。唯一の集落は、東側の緩斜面に形成されています。
d0147406_16531111.jpg

港には集落は無く、坂道を上っていくと現れます。この地方の特色である赤瓦の甍並み。
d0147406_16531153.jpg

屋根の重なり具合もよろし!
d0147406_16531198.jpg

こちらは黒い瓦だけど、葺おろしがダイナミック!
d0147406_16531176.jpg

迫力があります。
d0147406_16531263.jpg

急勾配の石段を頑張って上り、神社に境内から見下ろす。いい俯瞰が得られました。
d0147406_16531267.jpg

そして、集落のもう1つの特徴が石垣。島で採れる石材でしょうが、青っぽい石で斜め積みしている。
d0147406_16531225.jpg


そこまで青くはありませんが、愛媛県佐田岬の集落を思わせます。
d0147406_17003471.jpg

町並みショットを何枚か見ていただきましょう。
d0147406_17003469.jpg

割と庭を確保できてる。付属屋は花卉をより分ける作業場のようです。
d0147406_17003565.jpg

石垣と板壁がイイね
d0147406_17003569.jpg

最後に裏山に上りました。目的はこの石を見るためです。世界的にも珍しい「黒雲母玄武岩」が露出する場所だそうです。ただの石じゃないか!
d0147406_17003668.jpg

周りは温室だらけ。花卉栽培の温室で中には色とりどりのお花畑だ。
d0147406_17003649.jpg

海岸線を埋め立てて、原油の貯留施設がありました。なぜ島に作ったんでしょう。
d0147406_17262729.jpg

小倉へ移動します。町歩き中は上がった雨も、また降ってきました。小倉では大雨。時間調整に入ったカフェは銀行の営業室そのままにパン屋カフェしてる。全くオサレとは言えないので、お客は皆高齢者。静かで広々としてイイです。私も高齢者だった。。。
d0147406_17262860.jpg

カフェを出ると雨が上がり日がさしてきた!こりゃ、毎度小倉に来てはスルーし続けてきた、遊里を取材せねば。
d0147406_17262847.jpg

JR沿い、小倉駅と柴川との間にあった旧旭町遊郭。今では空き地の目立つ泡国街です。足を踏み入れようとした時、反対の柴川にかかる木橋が気になった。対岸に出桁町家も見えます。
d0147406_08351937.jpg

で、そっちに誘われ川を渡ることに。小倉は戦災に遭っていますので、どうせ橋のたもとにしか残っちゃいないだろう。小倉駅へ戻る時に旧旭町をサクッと歩けばイイ。
d0147406_08351978.jpg

うむ?繋がっていそう。
d0147406_08351969.jpg

ここは、旧長崎街道の起点だとか。そうか、城下町の入り口。鉄道が敷かれて駅が離れてできて、駅と旧市街の間に商店街や遊郭ができたんだよきっと。
d0147406_08352045.jpg

この家は戦災を免れたのでしょうか。
d0147406_08352080.jpg

d0147406_08352046.jpg

d0147406_08352030.jpg

ここらは戦後と思われますが、イイ感じ。
d0147406_08352116.jpg

このへんが見所スポットかな。
d0147406_08352141.jpg

ホンダS660と町並み。
d0147406_08485588.jpg

旧街道は城の周りを行くので、現在の街割と関係なし。でも面影は残っていました。
d0147406_22583748.jpg

黒崎駅前にある安川電機の本社工場。その一角に、アントニーレーモンド設計の建物があります。私も保存計画に携わったものですが、竣工したというので見せてもらいました。
d0147406_22583785.jpg

中々良い出来ではないか!残してよかったと思っていただけるでしょう。
d0147406_23022351.jpg

担当した会社の同僚と博多駅前で打ち上げです。カンパーイ!




by marunouchi_no1 | 2016-02-27 14:23 | 山口県  

海界の村を歩く 東シナ海 粟国島(沖縄県)

d0147406_18061290.jpg

粟国島は那覇市から約60kmの東シナ海に浮かぶ島。かつて粟の産地として知られており名前の由来ともなっています。
昨日は悪天候で船が欠航したようですが、今日は回復してラッキー。でも、「今日は揺れたね」と島の人が言うほど、海は荒れていました。
d0147406_18061332.jpg

d0147406_18061347.jpg

1945年の沖縄戦で、米軍の上陸地となったため、島は90人の犠牲者を出す惨事となりました。古い家はありませんが、珊瑚礁の石積みとフクギの屋敷林がたくさん残っており、かつての集落の大きさを感じます。
d0147406_18061369.jpg

d0147406_18061367.jpg

沖縄戦線の傷跡でしょうか、赤瓦をのせた木造民家は他の島と比較して少ない。
d0147406_18104247.jpg

d0147406_18104238.jpg

石塀も崩れたもの多い印象です。悲しい歴史です。
d0147406_18104265.jpg

加工した琉球石灰岩の石塀の屋敷もありました。フクギも見事です。
d0147406_18104333.jpg

d0147406_18104371.jpg

セメント瓦の木造民家。セメント瓦をこれだけ綺麗に使っているのもの沖縄の集落の特徴でしょう。
d0147406_18104370.jpg

d0147406_18104415.jpg

d0147406_18104401.jpg

一方、戦後のRC造民家を多く見ることができます。もう50年以上経っているのですから、歴史的建造物といっていいでしょう。庇が薄くて綺麗です。
d0147406_18041273.jpg

d0147406_18041391.jpg

d0147406_18041364.jpg

d0147406_18141349.jpg

RCなのに木造の伝統的な民家と違和感がないと思うのは私だけでしょうか。
d0147406_18041354.jpg

集会所が集落のあちこちにありました。でも無住や空き地が多い。
d0147406_18041379.jpg

商店までトラクターでお買い物。
d0147406_18041431.jpg

沖縄の島はどこへ行っても子供が元気に走り回っています。この島で中学まで過ごした後は、家を離れて暮らさなければなりません。
d0147406_18041467.jpg

粟国島は製塩でも知られています。
d0147406_18141328.jpg

丘の上の中心集落から港へ戻る。
d0147406_18141357.jpg

港近くの集落。こっちの方が新しいかな。
d0147406_18041437.jpg

船が着いて再度本島へ向けて出航するまでの一時間半の島歩きでした。往復で4時間半ですが、、、
d0147406_18041487.jpg

空港食堂で、ポークたまごそば
次の沖縄の旅は今年暮れに予定しております。本島から300km離れた南大東島です。




by marunouchi_no1 | 2016-02-21 16:50 | 沖縄県  

夜の遊里を歩く 那覇(沖縄県)

仕事で那覇に来ています。街を撮り歩きしました。
d0147406_09555259.jpg

泉崎の四川料理屋。那覇にくると必ず寄りますが、未だに読み方がわからない。
d0147406_09555330.jpg

この店で一番辛い料理。具だけ食べてスープは舐める程度。とても飲めない。
d0147406_09555309.jpg

県庁前りゅうぼうのブルーシールアイスクリーム。沖縄では有名なチェーン店です。JAL沖縄便では機内で食べられます。私は往復で必ず食べます。
d0147406_09555319.jpg

国際通りは観光客でいっぱい。トップシーズンです。ちなみにここで泡盛買っちゃいけません。高いです。
d0147406_09555330.jpg

d0147406_09555481.jpg

光が綺麗。
d0147406_09555456.jpg

d0147406_09555450.jpg

牧志のアーケード街。観光客相手に遅くまでやってるんですね。
d0147406_09555464.jpg

d0147406_09555516.jpg

屋根の架構がいいね。戦後復興の町並み。
d0147406_09580701.jpg

ここから遊里を歩きます。
d0147406_09580830.jpg

桜坂。唄の桜坂ではないですが、頭の中にメロディが流れる。
d0147406_09580836.jpg

d0147406_10041847.jpg

登ってまた下がる
d0147406_10041954.jpg

すると桜坂社交街。桜坂セントラルに周りに人がいっぱいいた。計画道路が開通しハイアットリージェンシーが建って町がみるみる変わり始めている。ちょっと前まで寂れていた街ですが、人が集まり始めてる。寂れた頃は集落町並みWalkerデータベース参照。
http://www.shurakumachinami.natsu.gs/03datebase-page/okinawa_data/sakurazaka/sakurazaka_file.htm
d0147406_10114440.jpg

d0147406_10114486.jpg

エロス。ちょっと入るの勇気いります。
d0147406_10114421.jpg

d0147406_10114581.jpg

エロスの裏手にあった社交街はもうなくなってたいました。そこからまた坂を上っていく。
d0147406_10114543.jpg

怪しげなスナック街
d0147406_10114609.jpg

スナックビルの中に入ってみた。突き当たりに赤い光と話し声。ここも入る勇気ない。
d0147406_10114667.jpg

壺屋の方に行きます。この木造の建物。初めて那覇を歩いた時にインパクト受けた建物ですが、まだ健在だ。
d0147406_16271952.jpg

↑この写真はかつてのもの。戦後のバラックスナック街ですが、
d0147406_16271985.jpg

手前の一列がなくなっておりました。徐々に姿を消します。
d0147406_16271988.jpg

壺屋は観光地としてますます変わっていくでしょう。でも、街の時間の積み重ねというものは簡単にはなくならない。
d0147406_16501398.jpg

壺屋から栄町へ移動する途中。なぜかこのアパートに魅かれました。
d0147406_16272041.jpg

栄町社交街にやってきました。うりずんは相変わらず人気ありますね。その奥が栄町市場のアーケード街。
d0147406_16272058.jpg

随所に飲み屋ができていて、ここも人気スポットです。
d0147406_16272067.jpg

d0147406_16272068.jpg

d0147406_16284298.jpg

d0147406_16284343.jpg

d0147406_16284389.jpg

d0147406_16284309.jpg

d0147406_16284476.jpg

社交街を歩く。この街は当分変わりそうにありませんね。
d0147406_16501385.jpg

d0147406_16501496.jpg






by marunouchi_no1 | 2016-02-21 09:43 | 沖縄県  

戦災のない町を歩く 東京台東〜三ノ輪

今日はいらかぐみ東京支部のミニオフ会でした。東京支部の3名が集結する予定でしたが、太泉さんが仕事で参加できなくなり、Uranoさんと万訪の2名での会となりました。
d0147406_21245368.jpg

御徒町駅で集合。まずは台東区小島界隈を歩きます。
d0147406_21245417.jpg

横方向のスクラッチ、釉薬のタイル
d0147406_21245402.jpg

この家も変わらず元気。森永マミー!
d0147406_23562940.jpg


d0147406_21245447.jpg

凝った装飾の銅板看板建築
d0147406_21245557.jpg

おかず横丁
d0147406_21245558.jpg

おかず横丁の酒屋。取引先でしょうか。
d0147406_21245577.jpg

看板建築が並ぶ
d0147406_23562972.jpg

戦後復興エリア
d0147406_21293994.jpg

時代を感じるオフィスビル
d0147406_21293978.jpg

震災復興小学校。このおかげで戦災から集落が守られました。
d0147406_23563091.jpg

d0147406_21293909.jpg

d0147406_21294066.jpg

下谷神社前の町並み
d0147406_21294059.jpg

上野駅のすぐ東側のエリアも非戦災地区です。
d0147406_23563011.jpg

d0147406_23563184.jpg

d0147406_23563186.jpg

d0147406_23563128.jpg

未訪のエリアが残ってた。
d0147406_23563263.jpg

こんなところに踏切がある。線路がビルの下に潜り込んでる。
d0147406_21294067.jpg

おおっ
東京メトロ銀座線の車庫が現れたぁ
d0147406_21294184.jpg

新しい建物だけど古いステンドガラスが再利用されていた。
d0147406_21350824.jpg

通りの先にスカイツリー!
d0147406_23563232.jpg

金美観通りの三階建て町家
d0147406_23563234.jpg

下谷の看板建築群
d0147406_21350851.jpg

入谷のオサレカフェ。
d0147406_21350809.jpg

一見あたらしそうに見える建物も実は大正期!玄関床のモザイク。
d0147406_21350998.jpg

根岸のせんべいや
周りの建物は変わってしまっていました。
d0147406_21350914.jpg

三ノ輪の商店街
d0147406_22072266.jpg

ここでオフ会です。
Uranoさんお疲れ様でした。


by marunouchi_no1 | 2016-02-13 21:16 | 東京都  

戦後復興の町を歩く 東京都台東区 寿〜駒形〜蔵前

d0147406_22371069.jpg

左は私、右は妹。49年前の写真です。今日、52歳になりました。
関係ないけど、台東区寿から蔵前にかけてぶらりしました。
d0147406_22371098.jpg

戦後のモルタル系の木造家屋。元は倉庫だったそうですが、中を改装してカフェになっています。
d0147406_22371133.jpg

改装っていうか内装を引っぺがしてるだけ。でもサビサビのトラス梁とか、壁の木下地とか、いい味出てる。
d0147406_22371145.jpg

d0147406_22371100.jpg

インテリアデザインうまいなぁ。
d0147406_22371262.jpg

d0147406_22371261.jpg

古い家具をバラバラだけど上手に揃えてる。
d0147406_22371248.jpg

d0147406_22371351.jpg

パニーニとカフェラテいただきました。
d0147406_22371301.jpg

d0147406_22493750.jpg

このあたりは戦災地区。したがって戦後復興期の町並みということになります。60年以上経って歴史を感じます。
d0147406_22493846.jpg

パラパラと民家を改装したカフェがある。
d0147406_22493882.jpg

おお、グロリアかな
d0147406_22493890.jpg

こちらはS15シルビア。きまってますなぁ。
d0147406_22493917.jpg

d0147406_22493991.jpg

蔵前橋。この橋は大好きです。美しい。
d0147406_22494029.jpg

蔵前橋の南側はかつて江戸の米蔵並んでいたところ。その跡地が町になっています。その界隈。
d0147406_22494061.jpg

そこに浅草聖ヨハネ教会とい戦前建築がありました。関東大震災の後この場所に移り新築されたのですが、戦災で内部が燃え、戦後に地域の人たちによって復旧されたのだそうです。
d0147406_22494058.jpg

d0147406_22494123.jpg

二階が礼拝所になっていた。屋根の架構が美しい。
d0147406_22514405.jpg

モルタル系の民家の壁に斜めにさす日差しがいい。東京では戦後復興期の町並みが輝き始めています。
d0147406_22574804.jpg

隅田川沿いの古いビルを改装したカフェ
あまり人通りのない町ですが、カフェはいっぱいでした。
d0147406_22574860.jpg

「戦後復興期の町並みを歩く」
東京から始めたいと思います‼️



by marunouchi_no1 | 2016-02-11 22:27 | 東京都  

しなさんぽ

30年前のニコンレンズ50mmと200mmをソニーα7につけて、地元品川を散歩しました。
d0147406_16334049.jpg

天王洲の寺田倉庫周辺
d0147406_16334082.jpg

カモメが飛んだぁ🎶
d0147406_16334181.jpg

走れ走れ
d0147406_16334102.jpg

寺田倉庫の運河側
いつの間にかいい感じに整備されていました
d0147406_16334158.jpg

おりゃぁ
d0147406_16334211.jpg

新東海橋
d0147406_16334281.jpg

井戸の上に座り込み
d0147406_16334277.jpg

品川神社の門前町
d0147406_16334321.jpg

品川宿の裏町
d0147406_16334303.jpg

品川宿の裏町
d0147406_16345449.jpg

うぐいす!
d0147406_16345487.jpg

品川宿
d0147406_16345425.jpg

品川宿
d0147406_16345442.jpg

旧目黒川の運河
d0147406_16345503.jpg

西品川
d0147406_16345556.jpg

東京海洋大学
d0147406_16345522.jpg

品川運河
d0147406_16345558.jpg

品川運河


by marunouchi_no1 | 2016-02-06 16:31 | 東京都  

丸の内 200mm 紀行

会社の上司から、「オレが初任給で買ったカメラとレンズの一式だ」とニコンFE とニッコールのレンズ3本をもらいました。早速、ニコンFマウント→ソニーEマウント アダプターの中古品を手に入れて、丸の内を撮ってみた。
d0147406_08082170.jpg

ニッコールーQ Auto 1:4 f=200
をα7に付けるとこんな感じ。長いです。
d0147406_08082173.jpg

とにかく200mm単眼なんて撮ったことないから、画角が決まらない。一直線の仲通りをパシャ。
d0147406_08082120.jpg

奥行きとか出すようにするとこんな感じかな。
d0147406_08082267.jpg

d0147406_08082233.jpg

前後のボケを意識してパシャ。
d0147406_08082220.jpg

人が入ると良さそう。
d0147406_08082257.jpg

、、、
d0147406_08082345.jpg

d0147406_08082343.jpg

奥行きのあるアングル。人に目がいきますね。
d0147406_08131126.jpg

黒い柱の列
d0147406_08131188.jpg

列柱、、、手持ちだとピンボケの嵐
d0147406_08131116.jpg

だんだんわかってきた、かな
d0147406_08131226.jpg

遠くの建物がしっかり映るのも単眼望遠のなせる技
d0147406_08131261.jpg

d0147406_08131211.jpg

うーむ、人が入るといいね。だけど人の絵を予測できておらず。
d0147406_08131231.jpg

持ち運び大変ですが、面白いかも。いろいろ試してみようと思います。


by marunouchi_no1 | 2016-02-01 07:56 | 東京都