<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

天界の村を歩く 南アルプス 茂倉(山梨県早川町)

d0147406_23332857.jpg

離島を片っ端から攻める「海界の村を歩く」シリーズに取り組んでいると、時折山に行きたくなるものです。
d0147406_23332848.jpg

奄美群島から戻った翌週、雪解けも進んでるでしょうということで、山梨県南アルプス東側の山岳集落を訪ねました。
d0147406_23332984.jpg

早川町茂倉(もぐら)。早川の谷を走る道路から新倉で支線に入り、ひたすら上っていくと突然でっかい集落が出現しました。
d0147406_23332952.jpg

かつて鉱山で賑わったという村。単なる焼畑農業では考えられない家々の集積度にびっくりしましたが、その理由からなるほど納得しました。
斜面はさほど急ではない。等高線の間隔が広がる緩い勾配のエリアに、狙ったように集落が形成されています。
d0147406_23432560.jpg

家々の型は、茅葺屋根ではなく、かつての板葺き、現在は金属板による切妻平入が主流でした。
d0147406_08150818.jpg

斜面集落の真ん中にクルマが通れる横道があって、上下に展開しています。まず、上から入っていきましょう。
d0147406_08150817.jpg

写真ではなかなか伝わらないのですが、向こう側の谷はとても深いです。
南アルプスの西側にある天界の村「下栗」にひけをとらない天界度です。しかも蔵を備えた家が多い。往時をしのばせます。
d0147406_08322900.jpg

横道の下を歩きます。大きな二階家が見られる。
d0147406_08322937.jpg

d0147406_08322969.jpg

集落町並みWalkerのデータベース的には星4つ獲得です。素晴らしい!
まだまだありますね。天界の村は終わりません。
d0147406_08323059.jpg

新倉(あらくら)に戻りました。ここは谷底に面する斜面上集落。奈良田に通じる旧街道から見上げる。崖線の上下に集落が二段に構成されています。
d0147406_08323012.jpg

この家、昔は旅館か何かかなぁ。そんな造り。鉱山下の集落として栄えたのかな。
d0147406_08323049.jpg

崖を上っていくと上部の集落にたどり着く。蔵も立派!
d0147406_08422385.jpg

十分、天界の村っぽいです。
d0147406_09210887.jpg

川原の石を使った石垣が美しい。
d0147406_08422467.jpg

なんか、建物のデザインが皆凝ってるというかセンスがいい。当時の棟梁の力かな。
d0147406_08422488.jpg

早川を下ると対岸にいい感じの集落があった。早川集落です。茅葺トタンカバーの民家が沢山残ってた。
d0147406_08422501.jpg

養蚕によって屋根が改修された民家が多く見られました。
d0147406_08422586.jpg

富士川に戻って甲府へ向かいます。双葉の小作でほうとう食べて、韮崎から清里へ旧道を走ります。
d0147406_08422554.jpg

d0147406_08422663.jpg

旧児玉町の若神子(わかみこ)。佐久甲州街道の宿場町かなぁ。ここらは海鼠壁が多いですが、伊豆から富士川を上って普及したと言われます。
d0147406_08422655.jpg

凝った木組み。
d0147406_08422612.jpg

凝った漆喰塀。
d0147406_08524623.jpg

佐久甲州街道を北へ進み、長野県には入ります。八ヶ岳の麓、南牧村の海尻。
d0147406_08524601.jpg

d0147406_08524676.jpg

海鼠壁の円弧の塀。
d0147406_08524665.jpg

突き当たりに火の見櫓がそびえてた。その先の旧道へ行こうとしたら、上の木と木の間を何かが飛んだ!猿でした😱
d0147406_08524709.jpg

さて、どうやって東京に帰ろうか。
長野県と群馬県の間の峠は皆まだ冬季閉鎖中。しかし、佐久市臼田町から東へ越えていく田口峠だけは開通している。その理由はなぜかわかりますかぁ。
上の地図をご覧ください。青の一点差線が県境ライン。緑が稜線です。広川原&馬坂という集落が長野県なのに峠の東側にある。
d0147406_09015951.jpg

普通に群馬県から全く違和感なくアクセスできて、群馬県羽沢地区の一部のように見えます。しかし、佐久へ行くにはとんでもない険しい峠を越えなければならない。
不思議ですね☺️




[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-27 23:18 | 山梨県  

海界の村を歩く 東シナ海 徳之島(鹿児島県)

徳之島は、鹿児島市の南南西468km、東シナ海と太平洋の接線上に浮かぶ島。徳之島の名がはじめて史書に現れるのは文武天皇3年(699年)で、度感(徳之島)がはじめて大和朝廷とつうじたとされている。徳之島には三つの間切(行政区のことで東間切、面縄間切、西目間切)に役場が置かれていた。(「シマダス」より)
d0147406_09144260.jpg

徳之島か東シナ海編です。まずはグッと南下して、犬田布岬のある犬田布集落から歩きます。
d0147406_21253365.jpg

この商店に惹かれてシャッター押す。周りは農村。
d0147406_21253419.jpg

各戸には必ずと言って良いほど牛舎がある。徳之島は闘牛が有名ですが、どの家々でもモーモーないてます。
d0147406_21253482.jpg

そして、サトウキビ畑。ちょうど収穫の時期で、トラックが道路を頻繁に行き来していました。
トラックは全てISUZU製で、とんでもなく古いボンネットトラックがたくさん現役で働いていました。大切にされているんですね。
d0147406_21253425.jpg

波型折板葺の入母屋屋根は、奄美地方共通の形。かつては草葺きで、戦後この形態に変わったのでしょう。沖縄県が赤瓦やコンクリート造に変わっていったのと対照的です。
d0147406_21323708.jpg

そして、徳之島で最も有名な集落の阿権agon を歩きます。サンゴ石の石垣石塀が多く残る集落。家も大きく、かつての繁栄ぶりをうかがわせます。
d0147406_21323827.jpg

旧平家住宅。村長も務めた旧家です。
d0147406_21323814.jpg

アプローチの石塀が素晴らしい。
d0147406_21323884.jpg

家は住まわれているのでチラ見でしたが、装飾の見事な造りでした。
d0147406_21323894.jpg

そこから歩くこと100m、高い石垣石塀に挟まれた空間が!
d0147406_21323928.jpg

その上をアーケードのように巨大なガジュマルが覆っています。樹齢300年だそうです。
d0147406_21385098.jpg

東シナ海の中心集落である平土野。太平洋岸の亀津に比較するとかなり寂れてる。
d0147406_21385078.jpg

最後に犬の門蓋という岩場を見物。溶岩系かなぁ。

さぁ飛行場へと走り始めたその時、電話がなった。「鹿児島空港で小型機が立ち往生してて離着陸できないようです。鹿児島空港行きの最終便が欠航となりました。」
えーっ帰れないじゃんか!
d0147406_06590596.jpg

至急対策を練って、出た答えがこれだ。
亀徳港→鹿児島港に朝着→鹿児島空港→羽田空港
あーあ、明日の午前は会社出られない。。。
しょうがない、島旅はたまにこういうことが起こるのです。
d0147406_06590569.jpg

海は凪でよく眠れました。薩摩富士がよく見える。
さぁ、急いで帰って、午後の会議に間に合うか!


[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-21 21:18 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 太平洋 徳之島(鹿児島県)

d0147406_20274993.jpg

与論港から4時間20分、徳之島亀徳港に着きました。二等船室雑魚寝は辛いです。
ホテルに荷を置いて、亀津の夕食どころを物色。与論から来たんでとっても都会に感じます。
d0147406_20544675.jpg

割と良さそうな居酒屋があった。おひとり用カウンター席があるのはありがたい。
d0147406_20544795.jpg

刺身盛り合わせ→夜光貝のバターソテー→ネバリの唐揚げ→カマ塩→〆の卵かけご飯 + ビール→焼酎水割り→焼酎ロック
d0147406_20544742.jpg

ネバリの唐揚げの写真を載せましょう。頭から尻尾まで食べられます。2杯目の水割りが効いた。飲んだくれました。
d0147406_20544763.jpg

さて、実際は一旦東シナ海側まで走ってから反時計周りに一周しましたが、わかりやすく東西で分けてレポすることにします。
太平洋岸を亀津から北上します。写真は中心市街地亀津のやや北にある井之川集落。かつては薩摩藩の港があり御用蔵もあったそうです。
d0147406_20544862.jpg

いらかぐみのurano さんが調べて紹介してくれた集落。石垣はありませんが古い民家が多く残っていそう。
d0147406_20544863.jpg

この家など絶対古いでしょう。かつては茅葺ではないでしょうか。屋根瓦を赤くしてシーサーがのれば琉球と同じです。
d0147406_20544811.jpg

これはまたちょっと違った屋根だけど古そう。波型折板葺の屋根。
d0147406_21165989.jpg

それと建物が分棟であるのも特徴。さらに通りに面してコンクリートブロック造の付属屋が並ぶのも特徴。
d0147406_21170024.jpg

コンクリートブロックの塀ですが、横ラインが出っ張っていてウマ積み。なんとも美しい。
d0147406_21170012.jpg

井之川から北へ10分弱走った母間という集落。bomaと読みます。石垣が多く残っているというので行ってみた。
d0147406_21170038.jpg

島内のサンゴ石の塀は、かつては多くあったそうですが、石の隙間にハブが棲みつくというので撤去されていった模様。徳之島の石積み集落は阿権が有名ですが、母間にも残っていました。
d0147406_21170102.jpg

コンクリートの壁も良い味わい出てる。
d0147406_21170109.jpg

d0147406_21170179.jpg

母間の彩りショットです。
d0147406_21170143.jpg

島の北端、金見にある観光名所ソテツトンネル。
d0147406_21170272.jpg

金見集落の波型折板屋根の家並み。金属屋根でも統一感があって良いかも。
d0147406_21170219.jpg

もうどっちかというと東シナ海かな。徳之島では珍しい花崗岩の海岸。

東シナ海編へ続く


[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-21 20:25 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 太平洋 与論島(鹿児島県)

d0147406_12402181.jpg

プリシアリゾートの朝。気持ちよく晴れました。
d0147406_12515439.jpg

朝食バイキングをヘルシーにまとめて、今日は与論島の太平洋岸を巡ります。
d0147406_12515447.jpg

百合が浜は干潮時に行くと沖の島に渡れるそうですが、満潮かつ強風でダメ。北へ上がって、寺田海岸、皆田海岸へ。
d0147406_12515443.jpg

環礁の中で波が静か。エメラルドグリーンの海はとにかく美しい。
d0147406_12515458.jpg

サトウキビの収穫。あちらこちらでやっていました。
d0147406_12515570.jpg

d0147406_12560132.jpg

古里地区の集落。家は二階建ての立派なものも多く、愉快なのは門があること。農業で栄えたのかな。
d0147406_12560254.jpg

よろん焼の窯元。昨日、民俗村でいっぱい並んでいた水瓶の製作から発展したのでしょうか。
d0147406_12560226.jpg

登り窯がありました。
d0147406_12572297.jpg

再び茶花の街です。
d0147406_14074352.jpg

茶花の市街地を抜ける。
d0147406_14074324.jpg

d0147406_14074423.jpg

こういった形態の民家が与論島のプロトタイプのようです。沖縄の赤瓦は皆無。
d0147406_14074438.jpg

そして、もう1つ興味深いのがRC造民家で、梁や柱が伸びていて増築に対応している。こういった形態は沖縄本島からの流れでしょうね。数は少ないけど存在しています。
d0147406_14074518.jpg

茶花市街地のランドマークとなっている煙突。南国開発と書いてあります。
d0147406_14074503.jpg

下ではブルトーザーが収穫して運ばれてきたサトウキビを移動していたから、黒糖工場なのかなぁ。もうもうとした煙を吐いています。
d0147406_14193573.jpg

フェリーの着岸する与論港の待合所でモズク蕎麦を食べました。角煮が入っていましたが、沖縄のソーキそばとは異質のもの。麺は日本そば系でした。
d0147406_14193663.jpg

島への物資は全てこの港からもたらされ、島の特産もこの港から運ばれる。コンテナが沢山積まれてた。
d0147406_14193650.jpg

マリックスラインという定期船で徳之島へ移動します。



[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-20 12:38 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 東シナ海 与論島(鹿児島県)

春になり海が穏やかになってきましたので、しばらく薩南諸島攻めが続きます。
3月下旬の連休前日遅くに鹿児島市内に入りました。飯でも食おうと鹿児島中央駅前をプラプラ歩いていたら、大声で名前を呼ばれてビックリ!会社の九州支店にいる後輩とバッタリ遭遇した。
d0147406_13264814.jpg

私、割とこういうことが多い気がします。縁があるのかな。
d0147406_13264825.jpg

連休初日の土曜日。雨男の神力が通じて、また雨かしら。昼の便で鹿児島空港から与論空港へ飛びます。
d0147406_13264912.jpg

なんせ600km離れてますから遠いのです。プロペラ機で1時間半弱かかりました。雨は止んだ模様。ラッキーです。
d0147406_13264978.jpg

とっても小さな空港ビル。飛行機降りてビルの中抜けてホテルの送迎バスに乗るまで、3分かからない。
d0147406_20075979.jpg

与論島は正式には「よろんとう」ではなく「よろんじま」といいます。鹿児島空港から南へ約600km、沖縄本島最北端の辺戸岬から北へ21kmに浮かぶ隆起サンゴ礁の島。サトウキビ、野菜、花き栽培、肉用牛飼育が営まれています。
最高所は97m、中心集落に茶花を始め9つの集落があります。高度成長期後の昭和40年代後半から島を訪れる若者が増加し、現在でも年間8万人が 、島の美しい自然を満喫しているといいます。
d0147406_20075960.jpg

空港のすぐ近くにあるプリシアリゾートというホテルを予約していました。コテージ形式のなかなかいいホテル。
d0147406_20152523.jpg

オヤジが一人で泊まるような宿ではないですね。ちょっと場違いな感じ。でも、ゆっくりできそうなホテルだ。
d0147406_20152615.jpg

バイクを借りて、さぁ出陣!まずは西海岸、すなわち東シナ海側から攻めましょう。↑海岸に建つ廃墟化した鉄筋コンクリート造の建物。おそらくホテルだったのでしょう。与論島が脚光を浴びた昭和40後半-50年のものでしょうか。
d0147406_20152614.jpg

どんどん南へ進みます。
d0147406_20152677.jpg

道端のいたるところに花があって癒されます。
d0147406_20152657.jpg

最も南にある赤崎の近くに「与論民俗村」というところがあるので入ってみました。茅葺きの復元民家が集まってる。
ところが、何やら騒がしいではないか。
d0147406_20404280.jpg

なんと、美空ひばり、江利チエミさんと共に三人娘とうたわれた雪村いづみさんがいるというのです。明日、トーク&ショーがあるそうで、前日に観光されているところでした。
d0147406_20404222.jpg

ご本人が「撮ってぇ」っていうので撮りました。78歳とか。そうは思えぬおみ脚です。
d0147406_20404327.jpg

この民俗村には、民家の復元だけではなく、民具が収集展示されています。これは、水瓶を集めたもの。水道が引かれた昭和40年代までは、この瓶で雨水を集めて暮らしていたのだそうです。
d0147406_20532320.jpg

復元された芭蕉布の製作小屋。
d0147406_20532336.jpg

与論島の古民家。かつては琉球王国の一部であったのですが、薩摩に編入されたため、出生は同じでありながら現在の沖縄とは違う形態が見られます。
d0147406_20532484.jpg

このおばぁは、98歳とかおっしゃってたかな。この民俗村を50年前に創設した方。とってもお元気でしっかりとおしゃべりなさる、超人です。
d0147406_20532499.jpg

思わぬ人に巡り会えました。
d0147406_20532454.jpg

d0147406_20532576.jpg

東区という街。鉄筋コンクリート造の店や旅館だった建物がありましたから、島南部の中心市街地でしょう。
d0147406_20532521.jpg

しかし、宿泊業を廃業している建物が数軒。やはり、昭和40後半-50の観光で栄えた頃のものでしょう。
d0147406_20532563.jpg

島の西側の背骨に当たる道を北へ戻ります。その途中に朝戸という集落があり、歩いてみた。
d0147406_20532585.jpg

すると、なんと高床式倉庫が茅葺のままで残っているではないか!
d0147406_20532623.jpg

見事ですよ。外周石塀も良い。
やはり薩摩系の諸島には高床式倉庫が残っているのですね。沖縄では見られません。
d0147406_21294417.jpg

城(グスク)地区の街並み。
d0147406_21294464.jpg

d0147406_21294500.jpg

島の中で高い位置にある集落です。
d0147406_21294529.jpg

あった!茅葺屋根をトタンに替えた高床式倉庫。
d0147406_21294577.jpg

奄美大島でよく見られた。同じです。
d0147406_21294658.jpg

そして最後は、島の中心市街地である茶花地区を歩く。
d0147406_21294680.jpg

明日朝、もう一度歩きますが、昭和な町並みですね。
d0147406_21294670.jpg

d0147406_21294611.jpg

プリシアリゾートの夕べ。明日は、島の太平洋側を攻める予定です。



iPhoneから送信


[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-19 13:13 | 鹿児島県  

海界の村を歩く 有明海 湯島(熊本県)

熊本駅前でレンタカーを借り、今日は天草へ向かいます。
d0147406_23131237.jpg

宇土半島の北岸を西へ走ります。有明海の浅瀬がずっと続く。電信柱や竹の杭が海の中に立っています。
d0147406_23131346.jpg

船着場が海に向かって延び、段々下がっている。どういうことかな?
d0147406_20041697.jpg

今日の目的地は、有明海に浮かぶ湯島。こんなところに島があるとは、全く知りませんでしたが、グーグルマップの空中写真で良さそうなので、ピックアップしてました。
d0147406_23131325.jpg

上天草の江樋戸港から、簡単な船で渡ります。
d0147406_23131454.jpg

湯島に着きました。ご覧の通り雛段上の集落です。こうして見上げると、すぐに上りたくなる。
d0147406_23221544.jpg

d0147406_23221523.jpg

しかし、上りの縦道は行き止まって、横道がないため一旦下りて、また隣の縦道を上る、の繰り返しです。
d0147406_23221537.jpg

そうこうしているうちに、斜面中腹の横道に出ました。これは集落をまっすぐ横刺ししているメインストリートのようです。
だから、漁村はメインストリートを探せと何度も自分に言い聞かせているのに、一向に学習しない。
d0147406_23221666.jpg

d0147406_23221665.jpg

山の上のタバコ屋さん。上に商店があるというのは珍しい。
d0147406_23221664.jpg

メインストリートを下ります。
d0147406_23221767.jpg

ここにも中腹の商店あり。
d0147406_23221705.jpg

旧屋敷の残骸。
d0147406_23221770.jpg

いい景色でしょ
d0147406_23221762.jpg

なんじゃ、この壁に富士山のお家は、、、
d0147406_23282435.jpg

あっという間の2時間半
湯島を後にします。
d0147406_23282411.jpg

熊本市内を横切って、阿蘇外輪山の麓にある熊本空港へ向かいます。途中、菊陽町の原水にある鉄砲小路へ。
d0147406_23282483.jpg

ここは郷士集落の形態で、延々と生垣が続くのが特徴。どうかよろしくお願いいたします。
d0147406_23282564.jpg

d0147406_23282542.jpg

d0147406_23282504.jpg

まっすぐなんで、鉄砲なのかな。



[PR]

by marunouchi_no1 | 2016-03-07 22:58 | 熊本県