<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 太平洋 三宅島(東京都)

d0147406_20303293.jpg

御蔵島から眺めた三宅島
d0147406_18352251.jpg

朝降りた船が八丈島を往復して、12:35御蔵港にやってきました。隣の三宅島まで約1時間です。
三宅島伊ケ谷港では数名が降り、民宿夕景のお兄さんが迎えに来てくれていました。民宿のある阿古地区で荷物を降ろして、クルマを借りて島を周ります。

東京の南約180kmの太平洋上に位置し、雄山(813m)を中心とした、東西7.5km、南北8.6kmの火山島。自然環境に恵まれ、緑も豊かで、バードウォッチング、磯釣り、ダイビングのポイントが数多く点在する。そして最近ではイルカウォッチングも加わった。江戸時代は流刑の島となり、1400人ほどが流されている。約50年おきに大噴火を繰り返している活火山で、昭和58年10月の噴火で、南西部の阿古集落が溶岩で埋まり、火山湖沼の新澪池も様相を一変させている一方で、天然記念物アカコッコなどバードサンクチュアリの名に恥じない花と鳥の島だ。(「シマダス」より)

d0147406_18352278.jpg

阿古地区は三宅島最大の集落。かつては温泉街もありました。しかし、昭和58年の雄山の大噴火で溶岩が流れ街を飲み込んでしまった。
d0147406_20303386.jpg

その時の小中学校の校舎がそのままになっていて、噴火の恐ろしさを今に伝えています。
d0147406_20303310.jpg

在りし日の阿古集落。昭和58年の大噴火の時、余震があって集落の住民はバスで避難場所へ移動しつつありました。そして、最後のバスが立った10分後に溶岩流が襲ったそうです。間一髪! 住人の犠牲者はゼロだったそうです。よかったですね。
d0147406_20505282.jpg

溶岩流からかろうじて免れた集落の一部があります。写真手前は溶岩流跡、奥は免れた家々。
d0147406_20505218.jpg

どんな災害の被災地にも免れた街はある。そこが、過去からの記憶をつないでくれる。
d0147406_20505316.jpg

東海汽船の大型船さるびあ号が着岸する港のある伊ヶ谷集落。幕藩時代から重要な港だったそうです。赤茶色の切石による石垣石塀が見られます。
d0147406_20505352.jpg

伊豆諸島ですね、伊豆半島にもこのような石垣石塀の集落があります。
d0147406_20505320.jpg

d0147406_20505433.jpg

集落は急斜面にあるので、屋敷地がひな壇状になっていて、石垣が共通した特徴になっています。
d0147406_20505451.jpg

同じ石を使った石橋。
d0147406_20505492.jpg

島の北にある大久保浜海岸。海水浴場があったからか、低い平らな場所に集落が形成されており、旅館だった建物も複数見られました。
d0147406_21065403.jpg

d0147406_21065556.jpg

大久保浜の町並み
d0147406_20505563.jpg

島の北、神着(かみつき)地区の旧島役所跡にある古民家。現存する伊豆諸島最大の木造建築。
d0147406_20505530.jpg

d0147406_21065558.jpg

神着集落。石垣石塀が集落の統一感によく効いている。
d0147406_21065610.jpg

島の南東部にある坪田地区。ドーンと御蔵島が横たわっています。
d0147406_21065612.jpg

d0147406_21065638.jpg

島の高いところにあるくせに塀が防波堤ぽいのはなぜでしょうか。石塀の代わりということかな。この集落は明日朝再訪したいと思います。
d0147406_21191951.jpg

集落の一番端の民家。
d0147406_05095556.jpg

おや?赤提灯がぶら下がってる?
d0147406_21065723.jpg

なんと居酒屋でした(^O^)
こんなはずれで誰が来るんでしょうかぁ

d0147406_11050796.jpg

日が変わって、今日は昨日と逆に島を反時計回りで一周します。
d0147406_11050792.jpg

島の南にある大路池。二千年前に水蒸気爆発でできたカルデラ湖だとか。周囲の森は天然記念物のアカコッコなど野鳥の宝庫。
d0147406_11050858.jpg

坪田地区再び。昨日は県道より海側でしたので、今日は山側です。
d0147406_11050818.jpg

溶岩で築かれた石垣石塀や石畳が見所の集落。
d0147406_11050988.jpg

このようなたちの低い石塀やコンクリート塀が屋敷を取り囲んでいます。
d0147406_11050988.jpg

石蔵があった。
d0147406_11050974.jpg

万が一の噴火や家事から守るための石蔵も噴火で生成された溶岩でできています。
d0147406_11051065.jpg

島の東、1940年、1962年と2回の海中噴火でできたひょうたん山。
d0147406_11191789.jpg

2000年の噴火で土石流にのまれた椎取神社。今の神社はその後の再建。周りはスダジイの森で、土石流によって覆われた根が呼吸できなくなり、樹々は立ち枯れました。
d0147406_11191701.jpg

雄山全景。三宅島はこの山とともに暮らしてきた。時に恵みを、時に試練を。
d0147406_11191798.jpg

再び、阿古集落跡。
d0147406_11191741.jpg

d0147406_11191867.jpg

温泉郷があり島一栄えていた集落だった。
d0147406_11191868.jpg

1983年の大噴火前
d0147406_11191993.jpg

大噴火による溶岩流の様子
d0147406_11191935.jpg

三宅島の人々は常に噴火とともに暮らしてきたんですね。








by marunouchi_no1 | 2016-06-11 18:06 | 東京都  

海界の村を歩く 太平洋 御蔵島(東京都)

d0147406_20222880.jpg

海界の村を歩く 太平洋 御蔵島
東京の離島です!
d0147406_10301249.jpg

金曜日の夜22:30、竹芝桟橋から伊豆諸島の三宅島、御蔵島を経由して八丈島へ向かう東海汽船さるびあ丸。この船で御蔵島まで7時間半。
d0147406_10301298.jpg

出航しました。東京港はおそろしく凪です。全く波がない。
d0147406_10301326.jpg

伊豆諸島は、東京に近い方から、大島、利島、新島、式根島、神津島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島。アンダーラインが未踏ですが、渡航難易度の高い(天候次第で帰れなくなるリスクの高い)青ヶ島を除く5島を今年攻める予定。まずは、御蔵島から。
d0147406_10301393.jpg

御蔵島の集落は北側に一か所。かつて、三宅島から移り住んだのだそうで、故郷三宅島を眺められる位置に集落が形成されたと言われています。ただ、昔は南郷というもう一つの集落もあったそうですが、今は廃村になっています。
d0147406_10301399.jpg

さるびあ丸の特二等寝台。雑魚寝の二等は避けて、特二等にしましたが、大して変わりません。
d0147406_10301441.jpg

御蔵島に着きました。大勢の人が船をおります。釣り、マリンスポーツ、イルカウォッチングなどが人気。週末を過ごすにはいいですからね、離島は。何度も来てる人も居ました。
d0147406_10301442.jpg

港桟橋から見た島。平地が皆無のスゲ〜山がちの島。
東京の南180kmの三宅島からさらに18km南の太平洋上に位置する、東西5km南北5.5kmのほぼ円形の島。周囲は高さ100m~480mにおよぶ断崖に囲まれ、海上からみるとお椀を伏せたような形をしている。クマザサに覆われた中央の御山(851m)をはじめ高峰が連なり、島全体が急峻な地形の山岳のようにみえる。御山に源を発し発砲に流れる水量豊富な河川は、水力発電に利用され、また「御蔵の減水」として商品化されている。「三島大明神縁起」によれば神の「御倉」とされた島といわれ、島名の由来となっている。
(「シマダス」より)

d0147406_10445563.jpg

港から約60m登ると緩斜面上に集落があります。谷状の中に形成された集落の古い道を上ります。石垣があるので古いと判断。
d0147406_10445553.jpg

下見板張りトタン屋根のカワイイ民家が建っています。おばぁさんに挨拶したら「早いねぇ、今着いたの。」全然訛りなし。いやっぱりここは東京なんだぁ。
d0147406_10445504.jpg

庭先に、海岸から拾ってきた石を積んでつくった社が祀られていた。
d0147406_10445649.jpg

振り返ると海の向こうには三宅島がドーンと居る。村の成り立ちにふむふむ納得。
d0147406_10445645.jpg

d0147406_10445794.jpg

d0147406_10445764.jpg

谷の中に形成された集落。
d0147406_10445792.jpg

かつての写真。茅葺民家がひな壇上に建っている。
d0147406_10445894.jpg

これがごろた石(御蔵島観光資料館にて)。いろんな石の種類があるそうです。
すると、資料館にいた子供達が海を見て大騒ぎし始めた。
d0147406_10445811.jpg

イルカの群れだ!この写真ではわかりませんが、凄い群れを見ることができました。
d0147406_10585497.jpg

d0147406_10585417.jpg

d0147406_10585407.jpg

ごろた石の石垣や石畳
d0147406_10585562.jpg

こんにちは
と島の子供達はちゃんと挨拶してくれる
d0147406_10585564.jpg

保育園
d0147406_10585537.jpg

集落の一番上にある稲根神社
d0147406_10585654.jpg

まだ、船が出るまで3時間以上ある。公園のベンチでごろ寝。ウグイスがさえずり、涼しい風が気持ちいい。
d0147406_11290199.jpg

島で唯一の食堂「美美庵」
島は間違いなく地物なので美味しい!

さぁ、三宅島に渡ろうか。


by marunouchi_no1 | 2016-06-11 09:33 | 東京都  

海界の村を歩く 太平洋 鳥羽諸島 菅島(三重県)

d0147406_19152008.jpg

いらかぐみ2016/伊勢オフ会の後、三度目の鳥羽佐田浜フェリーターミナルにやってきました。鳥羽諸島の四つの島、五つの集落を去年から歩いてきましたが、いよいよ残りの一つ、菅島です。
d0147406_18495853.jpg

《菅島》
鳥羽港の東0.8km、標高237mの大山を中心とした東西に長い島。大半が山地で、家屋は島の北側一カ所に集中する。弥生式土器や須恵器が出土、『吾妻鏡』や『神鳳抄』にも島の名がみえる。漁業就業者が約40%、旅館・民宿などの観光業約40%となっている。水産業は沿岸小規模漁業で一本釣りや海女漁、冬期にはノリ・ワカメ養殖が主となる。洋式灯台の草分けと言える日本最古の菅島灯台や、海女が雌雄のアワビの初獲りを競う「しろんご祭」など、島の素朴さと自然景観、海の幸を求める観光客で通年賑わう。(シマダスより)
d0147406_18495809.jpg

菅島は一つの集落。山がちのこの島では、集落は細長い主に二本の谷に集落が形成されています。
d0147406_18495949.jpg

港に降り立つと丘の上に鉄筋コンクリート造の建物がそびえている。小中学校でしょうか。そして、何やら円筒形の塔がシンボリックについている。一体なんだろうか。
d0147406_18495993.jpg

一番長い谷の集落から歩きます。
d0147406_18495961.jpg

谷の真ん中に道があって、そこに家々が取り付くというオーソドックスなもの。
d0147406_19152038.jpg

その一本道から奥深い敷地にアプローチするための細道。まぁ、普通やな。
d0147406_19152140.jpg

特に目玉もなく、一番奥まで抜けてしまったぁ。これはボツかな002.gif
そこに「菅島灯台600m」の道標が。行ってみるか。ところが、結構キツイ尾根を越える。
d0147406_19285801.jpg

あららカワイイ016.gif
d0147406_19152146.jpg

菅島灯台は明治6年に建てられた日本で最も古いレンガ造灯台だそうです。海上交通の要衝だった伊勢湾の岩礁が多いエリアだそうで、早々に灯台が建設されたんだって。
d0147406_19152153.jpg

今来た道を戻ります。所々に伊勢っぽい民家があることはある、が、、、
d0147406_19152204.jpg

もう一本の谷を入っていく。
d0147406_19285889.jpg

ふむふむ
いいんでないかい003.gif
d0147406_19285847.jpg

下見板張りの民家が出てきた。こっちの谷の方が古そうだ。
d0147406_19285919.jpg

主軸の通りから入る道はこういう感じ。でも奥の家も古そうだ。
d0147406_19285991.jpg

そして、現れたぁ。伊勢地方の民家形態。これで、ボツを免れた!
d0147406_19322662.jpg

急坂を登っていくと出たぁ
そそり立つ家だ!
d0147406_19322669.jpg

反対側の斜面から見てもこんな感じ。スゲい
d0147406_19434393.jpg

d0147406_19434343.jpg

急斜面部の集落。駆け上がり方が、私好み。
d0147406_19434475.jpg

よしよし、まとまった。ですが、星1個かなぁ。目玉がもうちょっとあればねぇ。
d0147406_19434405.jpg

港に戻った。着いた時に見上げた小中学校の円形の塔の意味がわかりました。島のシンボル=菅島灯台だったんだぁ。

これにて、伊勢湾の島はコンプリートいたしました017.gif


by marunouchi_no1 | 2016-06-05 18:13 | 三重県  

いらかぐみオフ会2016 伊勢

いらかぐみ第14回オフ会は、サミットの余韻冷めやらぬ伊勢。近鉄四日市駅でuranoさんと待ち合わせて、レンタカーで三重県の伊勢街道の町並みを歩きます。
四日市市日永と鈴鹿市石薬師は、七ちょめさんが紹介している街道町並みですが、私共のお口に合わず確認だけしてスルー。鈴鹿市神戸(かんべ)から町並み探訪をスタートです。
d0147406_14023659.jpg

四日市市追分で東海道から分岐した後の旧伊勢街道は伊勢神宮を目指して南下、鈴鹿市内を横切るところが宿場町神戸。古い町家が結構残っています。
d0147406_14023626.jpg

町並みの南端エリアの町並み。
d0147406_13580855.jpg

町並みの北端エリア。
d0147406_13580954.jpg

現役の旅館があり、欄干に装飾があった。
d0147406_13580917.jpg

鈴鹿市白子 旧伊勢街道の宿場町でした。
d0147406_13580998.jpg

右 参宮道
左 神戸四日市道
d0147406_16475914.jpg

切妻平入りの町家が一直線に連なる。
d0147406_16475983.jpg

旧伊勢街道 津市 上浜町
なかなか重厚です。画像の屋敷は超でっかく角地に構える。
d0147406_16475934.jpg

この屋敷、板塀が美しかった。
d0147406_16480008.jpg

そして、本ウダツを上げた醤油醸造元「阿部喜兵衛商店」
d0147406_16480063.jpg

出っ歯式のオオダレ
伊勢に近づいていることを感じます。
d0147406_16480051.jpg

津市阿漕(あこぎ)の旧伊勢街道の町並み。
北端のエリアに完璧につながる家並みあり。間口の小さな立ちの高い切妻平入り。
d0147406_17491612.jpg

素晴らしいっす。
d0147406_16480102.jpg

オオダレのある軒先き周りのディテール。
d0147406_17491611.jpg

d0147406_17491681.jpg

d0147406_17491618.jpg

松阪市上川、豊原の旧伊勢街道。
宿場町ではなく街村ですが、そこそこいい。
d0147406_17491725.jpg

オオダレの内側。雨が吹き込まないように軒を思い切り出して、さらにオオダレをつけています。
d0147406_17491765.jpg

そして、今日のオフ会でメンバー全員が集まるのは、参宮線が敷かれてから伊勢市駅と外宮との間に形成された街。
d0147406_17491751.jpg

お宿は木造3階建ての「山田館」です。スッゲェ迫力。年季が入っているを通り越して、建物全体がゆがんでおります。
d0147406_17491770.jpg

シャキッとしてた頃の山田館。
d0147406_20023377.jpg

中をご覧あれ。
d0147406_17491867.jpg

d0147406_20023324.jpg

とにかく軸組や床壁天井全てがゆがんでます、、、
しかし、料理は多くて美味しかったですね。
地震が来ないことを祈りながら寝ました。
d0147406_17593604.jpg

d0147406_17593725.jpg

d0147406_17593748.jpg

翌早朝。朝飯前の町歩きはいらかぐみオフ会の儀式のようなものです。伊勢市河崎地区を歩きました。雨だぁ😓
d0147406_17593739.jpg

朝飯済ませて、山田館の前で全員記念写真を撮った後解散。5人のメンバーで伊勢内宮へ。その途中に二軒茶屋を歩きました。
d0147406_17593886.jpg


d0147406_17593895.jpg

おはらい町と内宮の参拝(一応ね)。
d0147406_17593821.jpg

そして、おきまりの赤福。朝雨降ったんで人出が少なく助かった。
d0147406_17593867.jpg

d0147406_17593938.jpg

外宮と内宮との間にあった遊郭の建物が一軒だけ残っています。麻吉旅館。斜面に建つ六層の旅館は、何度見ても見事だ。

再び伊勢市駅に戻って5人とお別れしました。
また来年お会いできることを楽しみにしております。001.gif

by marunouchi_no1 | 2016-06-05 13:03 | 三重県