<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 太平洋 牡鹿諸島(宮城県)

d0147406_07061353.jpg

2016年夏、お盆明に締切の仕事があったので、お盆の後に夏休みです。家族旅行ですが、前半は宮城県の島巡り。
d0147406_20594339.jpg

東京を夜中の1:00にでて、東日本大震災で大きな被害を受けた町の1つである女川港5:30に着きました。7:00発の江島行き定期船に乗ります。
d0147406_20594409.jpg

江島
女川港から航路距離13.8km、女川町の南東部にある島で、江島を含む8つの島からなる江島列島を形づくり、断崖に囲まれた島々は、特に景観が美しいことで知られている。昔は、断崖の切れ目に桟橋を設け船着場としていたが、今では長さ278mの埠頭が整備され、女川港との間に毎日定期便が運航している。(「シマダス」参考)

外者は私だけ。小さな集落ですが、タップリ3時間半使って歩きます。
d0147406_20594404.jpg

しかし、天気悪し。昨日通過した台風の余波が残っているのか。時折激しく雨が降る。
d0147406_20594541.jpg

登っていくと石垣と階段が。ところが家が建っていない。取り壊された屋敷地が続きます。
d0147406_20594602.jpg

家が現れた。古くはないが石垣との関係がいい。
d0147406_20594634.jpg

d0147406_20594782.jpg

そして、丘の上から見渡してみる。海岸近くに家はなく、全てが斜面と丘の上にある。しかも家は点在し、空き地が多いため棚田の集落のように見えるがそうではありません。
d0147406_20594793.jpg

海は時化てる。実はこの島、2011/3/11に発生した東北地方太平洋沖地震の本震震源地に最も近い離島です。この海の向こうから大津波が押し寄せました。
d0147406_21150822.jpg

d0147406_21150907.jpg

でも、集落は基本的に斜面から丘上にかけてあるので、地震の揺れの被害はあったでしょうが、津波からは救われたように思います。
d0147406_21150945.jpg

集落から港へ下る所に、大津波の到達点を示す石碑がありました。「2011.3.11ここは、東日本大震災津波到達点より高い」と記されています。ここから下には集落は基本的になかった模様。
d0147406_21151026.jpg

もともと、石碑より上に形成されていた。推測ですが、過去の大津波の教訓が生かされていたのではないでしょうか。
d0147406_21151188.jpg

牡鹿半島の周りには、まだ島はありますが、船のダイヤの関係で明日訪れる予定です。
女川から一度南に下がって、松島に行きます。
d0147406_21151157.jpg

日本三景の松島。なんと初めて歩きました(今まで何度も来てはいるが全て通過)。
d0147406_21151225.jpg

d0147406_21151209.jpg

結構な数の観光客だぁ。さすが、日本三景です。
観光地として年季が入ってる。昭和な土産物屋さんあり。
d0147406_21151359.jpg

d0147406_21151307.jpg

瑞巌寺の周りの町並み。江戸時代からの観光地です。
さて、塩釜より奥松島の浦戸諸島の中から、桂島へ渡ります。
d0147406_21221635.jpg

さすが内海、ほとんど波はなく、遊覧船のような定期船です。青山学院の学生がたくさん乗ってた。合宿かな。
d0147406_21221722.jpg

桂島
浦戸諸島のうち、市営汽船で一番最初に着く島で、桂島、石浜の2つの集落がある。瀬戸のマリンレジャーの中心地で、潮干狩や地引網、海水浴のほか、島内のペンションに頼めば水上スキー、バラセーリング、ボートセーリングなどあらゆるマリンスポーツが楽しめる。また、島おこしのひとつとして、菜の花が満開となる季節には「菜の花まつり」を開催。島の魅力を最大限生かした内容で参加者に好評だ。浦戸の島は全て特別名勝「松島」の区域内にあり、優れた自然景観もその魅力のにとつになっている。(「シマダス」参考)

d0147406_21221727.jpg

d0147406_21221872.jpg

石蔵が特徴。
d0147406_21221867.jpg

もう1つの特徴が庭の敷石に仙台石が使われていること。塩竈神社の参道と同様です。
d0147406_21342501.jpg

日が変わって、石巻港から牡鹿の南に並ぶ網地島、田代島に渡ります。船を追っきたカモメは、餌がもらえるものと思って、網地島までずっと飛んでました。
d0147406_21342697.jpg

網地島
宮城県の東部牡鹿半島の西南部、世界有数の捕鯨基地として知られた鮎川港から海上4kmにある。南北5.5km、東西1.5kmと細長く平坦な島で、中央部が標高101mとやや高台になっている。縄文土器や須恵器が出土している。康平5年(1062年)に源頼朝によって滅ぼされた安倍貞任一族の生き残りが逃れ住んだといわれる。元文4年(1739年)ロシアのベーリング探検隊支隊が上陸、日本とロシアとの初交易の場となった。気候は一年中を通して穏やかで、冬でも雪が降ることは少なく、野生のシュロやトベラなどの暖帯性植物が群生する常春の島として観光客の人気も高い。南東部に長渡浜、北西部に網地浜の集落がある。島の周辺一帯は、南三陸金華山国定公園に指定されている。(「シマダス」参考)

d0147406_21342644.jpg

島北部の網地浜地区界隈を歩きます。津波到達点の表示がデカデカと。
d0147406_21342700.jpg

網地浜地区は、かなり廃屋が多く、海水浴場以外はとっても廃れているという印象です。
d0147406_21342734.jpg

歩くこと1時間40分、島の南にある長渡集落にやってきた。集落は網地浜とは別の島かと思うくらい集落の大きと家々のグレードが違う。
d0147406_21505130.jpg

d0147406_21505203.jpg

隣の田代島へ。網地島が海水浴場客で賑わってるとすると、田代島は猫ウォッチング目的の人で賑わってるいるようです。
田代島
北上川河口の東南15kmに位置する。リアス式海岸と風光明媚な自然が自慢で南三陸金華山国定公園の指定を受けている。気候は温暖小雨で、温帯常緑広葉樹のタブや大木が自然繁茂している。集団宿泊授業や子供会などの社会教育活動の施設として「田代島自然教育センター」がある。海上遊具を備えた「ポケットビーチ」では、家族ぐるみで海水浴が楽しめる。「奥羽観蹟聞老誌」によれば、「多曝島(たざらしじま)」の字をあて、波浪が島の断崖に打ち寄せるさまが、あたかも白い練り絹を日光にさらすように見えることから島名がつけられたともいう。(「シマダス」参考)

d0147406_21505285.jpg

d0147406_21505329.jpg

ネコチのなんとまぁ太々しいことか!
d0147406_21505443.jpg

d0147406_21505452.jpg

集落は岬の南北に展開している。
d0147406_21505573.jpg

d0147406_21505666.jpg

田代島は南岸がもろ津波をかぶっており、海岸線から一皮分は更地になっていました。
d0147406_21505651.jpg

田代島にて前半の島旅を終えます。

一気に北へ走り、岩手県雫石町へ向けて移動。
d0147406_20345451.jpg

小岩井農場は歴史ある近代農場ですが、今更ながら訪れた。
d0147406_20345499.jpg

まずは、ガイド付きバスツアーで農場を一周。しかし、一部下車しますがバスから眺めるだけなので、いろいろお勉強にはなりますが、建物をじっくり見ることができません。
ツアー終わってから改めて自分の足で回りました。
d0147406_20345546.jpg

小岩井農場には9つの登録文化財がありますが、この四階倉庫はバスじゃないと見られなかった。
d0147406_20345515.jpg

d0147406_20345635.jpg

d0147406_20345749.jpg

上丸牛舎地区は、まきば園から入れる公開エリア。
d0147406_20345770.jpg

本部事務所や
d0147406_20345871.jpg

購買&理髪、
d0147406_20345876.jpg

自然冷蔵庫など、バスツアーがあったから存在を知って行くことができました。
d0147406_20500897.jpg

高速でさらに北へ移動。秋田県鹿角市花輪までやってきました。花輪ではちょうど、日本三大ばやしの1つ「花輪ばやし」のお祭りの日でした。東北の夏は短い、これでおしまい。
d0147406_20500918.jpg

ここまでやってきたのは、娘の趣味である廃墟巡りのため。私の趣味ではありません。まぁはたから見ると同じでしょうが。
d0147406_20501040.jpg

d0147406_20501048.jpg

尾去沢鉱山跡。なんと近くまで行けてびっくりです。
d0147406_20501199.jpg

尾去沢の街は、鉱山で働く人々が暮らしていたまち。企業城下町でお得意な倶楽部、病院、購買はなくなってたけど、社宅街が残っていました。
d0147406_20592468.jpg

今宵の宿は、秋田と大曲の間くらい、雄物川中流域にある強首温泉の樅峰苑です。かつての豪農の家を旅館として運営している宿。
d0147406_20501218.jpg

d0147406_20501318.jpg

登録文化財にもなっている凄い建物でした。温泉は100%源泉かけ流し。
d0147406_20501353.jpg

翌朝は晴天。強首は雄物川の氾濫原にある集落で、長く無堤防であたっため頻繁に洪水にあっていたそうですが、今は輪中堤が築かれています。
d0147406_20501484.jpg

羽後町の草屋根集落を巡ります。この鈴木家住宅は重要文化財。だが、走り回ってはしゃいでる子供の声がする。
d0147406_21540530.jpg

なんと公開文化財なのに、ここで生活している家族だった。びっくりです。
d0147406_20572002.jpg

d0147406_20572144.jpg

中門造りの茅葺き民家が多く残っていました。
d0147406_20572193.jpg

さぁ旅も終盤。山形県肘折温泉までやってきた。活火山のカルデラの中にある県内最大の温泉街。
d0147406_20572211.jpg

d0147406_20572356.jpg

そして、山形平野を横切って、東の最上町にある瀬見温泉へ。
d0147406_20572320.jpg

いい感じの造り酒屋と
d0147406_20572405.jpg

d0147406_20572537.jpg

老舗の大旅館。

17:30に尾花沢をでて、東京品川には22:30に着きました。2016夏休みが終わりました。



by marunouchi_no1 | 2016-08-20 06:54 | 宮城県  

北信濃ぶらり?がっつり!

d0147406_17123689.jpg

週末、長野県の飯山北竜湖に仕事関係で行くことになりました。休日扱いですし、折角の信州なので、どこかをぶらりしようか。始電の北陸新幹線かがやき501号は、大宮から長野までノンストップ、7:38に着きました。
d0147406_17123778.jpg

長野電鉄長野駅は地下ホームです。前にも乗ったことあるけど、地下だったかなぁ。車両が東急のステンレスカーのお古でした。
d0147406_17123725.jpg

信州中野で下車。とてつもなく強い日射しです。堪らず準備していたUVカット仕様の晴雨両用の傘を出します。裏地が真っ黒。
d0147406_17123810.jpg

信州中野の古い町並みは、駅からかなり離れています。航空写真でもマトを絞るのが難しかったですが、歩きながら経験でたどり着くパターン。
d0147406_17123897.jpg

このあたりでしょう。
d0147406_17123982.jpg

大通りは拡幅されていて一軒以外は残っていない。その一本東側の通りになります。
d0147406_17124053.jpg

一階の軒が深い。新潟に近い多雪地域なだけに、雁木のような空間。
d0147406_21341963.jpg

これは戦後の不燃建築ですが、同じようにキャンティ(片持)の雁木空間が形成されていました。
d0147406_17124052.jpg

バルコニーのようになっている銅板扉。細やかなデザインがいい。
d0147406_17200967.jpg

ナマコ壁は信州全体に見られる特徴
d0147406_17200942.jpg

こういう現代建築もデザインによって古い建物と呼応します。上手なデザインだと思います。
d0147406_17201018.jpg

大通りのモダン商店
d0147406_17285580.jpg

d0147406_17285553.jpg

大通りの今度は一本西側の通り。座敷蔵。
d0147406_17285672.jpg

d0147406_17285709.jpg

そして、夜の飲食店街。数軒の料亭がありました。スナックも。
d0147406_17285741.jpg

帰りの長野電鉄を待っていると、、、何と成田エクスプレスではありませんか。
d0147406_17285746.jpg

須坂駅。地下鉄日比谷線の車両も走ってる。
d0147406_17285862.jpg

d0147406_17382089.jpg

特急で長野駅の1つ手前の権堂駅で下車。地下駅から地上に出ると、東西に一本商店街が走っています。権堂駅から東は夜の飲食店街=鶴賀
d0147406_17285820.jpg

かつてはこの先に遊郭がありました。長野市の遊郭は最初権堂にあったそうで、それが東の鶴賀に移転したとか。
d0147406_17285987.jpg

遊郭の名残はないですが、夜の街の風情はあります。
d0147406_17382197.jpg

権堂のアーケード街。ちょうど七夕祭りの飾り付けがされていました。
d0147406_17382178.jpg

レトロな映画館。
d0147406_17382207.jpg

d0147406_17382230.jpg

アーケードから横の道に入ると蔵造りの建物がちらほら。
d0147406_17382300.jpg

善光寺へ向かう参道の町並み。
d0147406_17382374.jpg

整備されて久しいですが、良いですね。
d0147406_17382305.jpg

最近は長野も街中にマンションが建つようになりました。足元を伝統的な町並みに合わせてる。
d0147406_17382476.jpg

猛暑にもかかわらず、多くの観光客が歩いてました。しかも外国人が多い。
d0147406_17382561.jpg

善光寺大門バス停から戸隠へ向かいます。
⇧中社の大鳥居。神社には参らず、蕎麦食って集落探訪です。
d0147406_20083812.jpg

中社前には門前町がある。
d0147406_20083954.jpg

d0147406_20084039.jpg

立派な門や玄関を備えた大屋根の建物が並んでいます。
d0147406_20084019.jpg

d0147406_20084129.jpg

中社から飯綱方面へ2kmほど下る。
d0147406_20084196.jpg

戸隠神社宝光社とその門前町があります。
d0147406_20084227.jpg

d0147406_20084221.jpg

d0147406_20084219.jpg

なかなか良い町並みです。
d0147406_20084306.jpg

茅葺き屋根も良く手入れされています。
d0147406_20303699.jpg

2日目朝、糸魚川駅4番線ホーム。これから大糸線南小谷駅を目指します。南小谷といえば、中央線あずさ号が乗り入れた場合の終着駅。しかし、北陸新幹線ができた今、糸魚川まわりの方が早いのです。時代が変わりましたね。
d0147406_20303734.jpg

南小谷から南へ村道をテクテク行くと左側に道が分岐しこの標識が立っています。車道がなく、徒歩でしか行けない山村=真木集落へとつづく道。
d0147406_20303762.jpg

分岐点から90分とありますが、往路は7割方登り、かなりキツイ。
d0147406_20303882.jpg

そして、熊に注意!
熊に存在を知らせる鈴がないので、スマホで思いっきりミュージックを流しながら登っていきます。
d0147406_20303883.jpg

熊が水を飲みにきそうな沢で獣の匂いがした。ヤバイです。ビビリました。
d0147406_20502933.jpg

歩くこと100分。見えてきました真木集落。
d0147406_20503015.jpg

d0147406_20503089.jpg

柵がしてある。飼っている動物が逃げ出さないようにしているのかな?
d0147406_20503196.jpg

ドーンと大きな古民家=共働学舎。半自給自足の共同生活をしている。真木集落は約30年前に一旦廃村になりました。その後、共働学舎の人たちが暮らすようになりました。
d0147406_20503105.jpg

30年前といえば、クルマで行けない集落がまだありました。私も探訪始めた頃、そういう集落に行ったことがあります。でも、今では珍しいです。
d0147406_20503269.jpg

大きな二階建ては養蚕農家の名残です。茅葺き屋根もさることながら、メンテが大変でしょうね。
d0147406_20503209.jpg

この2棟は蔵です。ダブルスキンファサード。
d0147406_20503343.jpg

背景は北アルプス。
d0147406_20503331.jpg

d0147406_20503472.jpg

学舎の前庭でゆっくり休んでたら、番犬に見つかってしまった。ツカツカやってきて私を追い返そうとする。犬相手ですが迷惑そうなのでサッサと退散します。
d0147406_20582720.jpg

復路は下りが多いので、無休で歩き70分で南小谷駅に戻ってしまった。この後、千国街道の千国集落を30年ぶりに歩こうと計画していましたが、もう脚が笑ってて無理です。駅前の食堂でカツ丼食べて早いけど松本へ。
ちなみに信州のカツ丼は煮てません。それがまた絶品の美味しさ。マジ美味い!
d0147406_20582836.jpg

d0147406_20582833.jpg

松本でゆっくりしましょう。まずは、女鳥羽川のほとりにある珈琲まるもへ。私の35年来の行きつけの店。
d0147406_20582873.jpg

クールダウンです。
d0147406_21150112.jpg

日が落ちてやっと涼しくなってきた。大手界隈を歩きます。
d0147406_21150143.jpg

そうだ⇧このレンガ造の民家がついに取り壊されるかもしれないと聞いてた。どうなっただろう。
d0147406_21150238.jpg

おおっ、なくなってもうた。
d0147406_21150387.jpg

交差点の角に壁の一部が残置されてた。惜しかったなぁ。
d0147406_21150376.jpg

蕎麦のこばやしで一杯飲んで、最後に夜景を撮りながら松本ぶらり
d0147406_21150432.jpg

こんな横丁あったんだ。夜だから気づく。休日だから賑わいはないが。
d0147406_21150494.jpg

d0147406_21150552.jpg

d0147406_21150567.jpg

白壁通りの黒壁の店蔵
d0147406_21150660.jpg

はぁ、濃い二日間が終わりました。最終のあずさで帰ります。













by marunouchi_no1 | 2016-08-07 16:53 | 長野県