<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

復興の町を歩く 大牟田(福岡県)

d0147406_19221513.jpg
(大牟田 新銀座商店街)
久留米でかなりの時間を食ってしまいました。夕方までに熊本県南部の日奈久温泉に辿りつかねばなりません。午後は大牟田だけに集中です。
d0147406_19221676.jpg
福岡県の南端にある大牟田は、三井三池炭鉱で栄えた都市です。戦災を受けていますが、戦後間もない時期に形成された昭和な町が期待できます。炭鉱の近代化遺産と戦後の町並み探訪が目的となります。
d0147406_19221794.jpg
まずは、浅牟田町の三井化学大牟田工場から。
d0147406_19221719.jpg
かつての三池染料工業所。三井鉱山の一部門であった三池染料工業所は、1941(昭和16)年に「三井化学工業」として独立しました。
d0147406_19221813.jpg
そこの施設がカッコいい!昭和13年のモダニズム。当時、東洋一の高さだったそうです。階高の高い大きな窓の建物で、壁にはコンクリートの型枠跡が、いい味わいを醸している。
d0147406_20375376.jpg
古い鉄筋コンクリート製の橋。橋を渡ると三井病院があったそうです。
d0147406_20375380.jpg
さて、レンタカーを置いて歩き始めると、バラッキーな建物群があるぞ。
d0147406_20424436.jpg

d0147406_20424524.jpg
なんと木造屋根のアーケード街がずーっと続いている。
d0147406_20424669.jpg

d0147406_20424664.jpg
2つ目の街区。
d0147406_20424702.jpg
衣料関係の店だけがポツポツと営業していました。
d0147406_20494582.jpg

d0147406_20494569.jpg
3つ目の街区。おおっ、サインがまたシブい。冷暖房完備のパーマ屋さん。
d0147406_20522715.jpg
新銀座商店街があるんだから銀座商店街は当然あるよね。ということで、銀座商店街のアーケード。左側の大きな空き地は「松屋」というデパートの跡地。デパートを取り囲むように銀座と新銀座があった。寂しいですね。
d0147406_22083240.jpg

d0147406_22083213.jpg
JR鹿児島本線の線路沿いにあった「年金通り商店街」。年金暮らしのお年寄りでも飲める安さが売り!ここは結構流行ってそうでした。
d0147406_22083332.jpg
昭和11年竣工の大牟田市役所。立派ですなぁ。
d0147406_22083362.jpg

d0147406_22083355.jpg
炭鉱鉄道跡の橋脚の下をくぐると新栄町。
d0147406_22083445.jpg
大牟田駅の1つ隣の駅で、ここにもかつてはデパートがあったそうです。
d0147406_22083493.jpg
銀座商店街や新銀座商店街から大正通りを越すと、中島町という歓楽街になります。
d0147406_22083560.jpg

d0147406_22083542.jpg

d0147406_22083608.jpg
大牟田には中心繁華街から海の方に離れた新地とう場所があって、遊郭があったそうです。そして、中島町はその間に形成された色街。
d0147406_22370734.jpg

d0147406_22370823.jpg
かなり広いエリアでした。
d0147406_23251734.jpg
三川坑跡にある旧三井港倶楽部。明治41年に竣工した社交場でした。
d0147406_23251828.jpg

d0147406_23251803.jpg

d0147406_23251941.jpg

d0147406_23251931.jpg
とても綺麗な建物で、現在は結婚式場・レストランとして活用されています。
d0147406_23252090.jpg
三川坑跡は公開されています。
d0147406_23252088.jpg
かつて実際に炭鉱で働いていた方によって、ボランティアの案内をいただきました。

大牟田は半日では時間が足りません。見られなかった近代化遺産を多く残して、大牟田を後にしました。




by marunouchi_no1 | 2017-06-15 19:07 | 福岡県  

復興の町を歩く 久留米(福岡県)

d0147406_22474269.jpg
(久留米 文化街商店街)
久留米といえば、タイヤの街、タモリや松田聖子の出身地!まぁそんなことと全く関係なく、復興の町をテーマに歩きます。
d0147406_22474390.jpg
久留米の繁華街は、西鉄久留米駅とJR久留米駅との間で、西鉄寄りのエリアです。この街も戦災を受けていますが、免れた場所も混在しています。それが、実際の町並みにどのように現れるのかな?
d0147406_22474305.jpg
西鉄久留米駅と一つの南にある花畑駅との間にかつて遊郭があったそうです。面影がほとんど無いので、探すのに苦労しました。
d0147406_08345235.jpg
旅館一軒とスナックがちょびっと。これじゃぁ、DATA BASE無理だぁ。(画像はその街の中の商店)
d0147406_08345306.jpg

d0147406_22474413.jpg
西鉄久留米駅前に戻って、西に真っ直ぐ伸びていくアーケード「一番街」を西へ。
d0147406_08345359.jpg
ナンジャコレ。傍にすごい建物が、、、カラオケ屋さんでした。
d0147406_08345481.jpg
Googleマップでクルマの入れそうにない細い道を見つけて行ってみるとこのような横丁。
d0147406_08345492.jpg
あけぼの商店街という飲食店街。木に例えると、幹が一番街で、枝があけぼの商店街の関係。闇市系と思います。復興の街の典型。
d0147406_08345563.jpg

d0147406_08345586.jpg
一番街のアーケードを中心にして、あけぼの商店街と線対称の位置にある商店街。こういう枝のアーケードは木造屋根になることが多い。
d0147406_08345615.jpg

d0147406_08585173.jpg
アーケード街は櫛原バイパスで終わり(名前が六ツ門商店街に変わってた)。そして、そこから西側一帯が夜の飲食店街となります。その中にある「新京極通り」。細い路地に長屋やバラックが並ぶ。
d0147406_09075914.jpg
駅前大通りである明治通りを北へ越すと日吉町。ここからが、さらに面白い!「文化街商店街」という、名前も姿もとっても昭和なアーケード街が現れた。
d0147406_09075985.jpg

d0147406_09080022.jpg
そして、枝状に小さな木造屋根のアーケードが横にのびる。
d0147406_09080163.jpg
文化街商店街を中心にした反対側にも
d0147406_19025216.jpg

d0147406_19025243.jpg
文化街商店街を外れた所にも横丁がある。「浮世小路」ブルーラインっぽいなぁ。
d0147406_19025345.jpg
さて、明治通りの北側を西鉄久留米駅方向へ歩いていく。すると、
d0147406_19025347.jpg

d0147406_19025402.jpg
突然、古い町家が現れ始めた。
d0147406_19025491.jpg

d0147406_19025562.jpg
こんな煉瓦外装の蔵も
d0147406_19025503.jpg
つまり、冒頭の戦災都市概況図の赤くないエリア=非戦災地区だからでした。やはり空襲を受けていないと残ってるんだなぁ。







by marunouchi_no1 | 2017-06-13 22:29 | 福岡県  

復興の街を歩く 八幡(福岡県)

d0147406_00385274.jpg
(八幡 祇園町銀天街)
北九州はわが国の近代化とともに工業で発展した地域です。一方、門司、小倉、八幡の市街地は、第二次世界大戦時に空襲によってほぼ全面的に街が焼失しており、戸畑、若松は一部に戦災を受けています。
d0147406_00385306.jpg
(八幡 戦災都市概況図)
今日は、戦災を受けた八幡を中心に、黒崎・戸畑の街も歩いてみました。
d0147406_00385390.jpg

d0147406_00385427.jpg
八幡は戦災復興の街として、見事な中央街路樹の大通りやサークル交差点が計画されました。
d0147406_00385542.jpg
ダイナミックな都市計画だけではなく、戦後の町並みを彩る建築も多くみられます。特に村野藤吾の作品が並んでる。いや「並んでた」かな。近年、八幡図書館がなくなってしまいました。市民会館も解体直前です。福岡ひびき信用金庫は健在!
d0147406_09142400.jpg
中央街路樹のさくら通りに並行して一本西側を通っているのが、祇園町銀天街というアーケード。「祇園町」「銀天街」というと北九州市内のどこに行ってもありますね。
d0147406_19165225.jpg

d0147406_19165277.jpg
いわゆる戦災復興の象徴というべき商店街で、終戦直後に形成された闇市を起源に持つと思われます。
d0147406_19165340.jpg
さてさて、ここからが面白い。アーケードに面していくつもの「市場」がくっついてる。
d0147406_19165307.jpg
このような木造屋根の市場がブドウの房のようにアーケードにぶら下がっているんです。
d0147406_19165498.jpg

d0147406_19165418.jpg

d0147406_19165594.jpg
面白いですね。市場の中の営業している店は1、2軒しかなく空きスペース目立ちますが、戦後の闇市を思わせる空間です。
d0147406_19165599.jpg
八幡の隣街を歩きます。黒崎から。駅前は放射状に街路計画されていて、アーケード街が形成されている。
d0147406_19221051.jpg

d0147406_19221039.jpg
まぁ、お馴染みの空間。
d0147406_19412728.jpg

d0147406_19412726.jpg
そして、練り歩いていると出ました、アーケードにぶら下がった市場。
d0147406_19412867.jpg

d0147406_19412837.jpg
どこも肉屋さんくらいが残って営業している程度ですかね。
d0147406_19412917.jpg

d0147406_19412908.jpg
スナック街の横丁ビル。
d0147406_19413005.jpg
八幡の東隣にあたる戸畑。ここにも駅前からアーケード街が形成されています。整形街区に斜めの通りが交わるので、このような不思議な空間が生まれる。
d0147406_19413018.jpg

d0147406_19413140.jpg
渋いでしょ!






by marunouchi_no1 | 2017-06-09 23:53  

北九州の近代化遺産をめぐる(福岡県)

若松は、かつて筑豊炭田からの石炭積出港として栄えた港町。大正期から昭和初期にかけての近代建築が多く残っており、門司港レトロに続いて注目されています。
d0147406_17542432.jpg
その中にある上野ビルは、旧三菱合資会社若松支店だった建物で、丸ノ内建築所(現在の三菱地所設計)2代目技師長を務めた保岡勝也が、独立して最初に手掛けた事務所建築です。この建物の視察が目的。社長様にご案内いただきました。
d0147406_17542527.jpg
かつては右角が搭状に立ち上がるデザインがなされていましたが、パラペットを高くする改修がなされており、頭の形は変わっています。
d0147406_17542512.jpg
三菱地所合資会社の後、三菱鉱業が引き継いでいましたが、昭和40年代に地元企業の上野海運が取得。以降は、基本的に変更するような改修を行なっておらず、外観も内観もそのまんま。非常にオリジナルの状態がよく保たれています。
大正初期の丸ノ内の事務所建築の図面に見られる特徴と非常によく重なります。つまり、丸ノ内の大正初期の事務所建築を体感することができる。
d0147406_17542674.jpg
画像はビルオーナーである上野海運事務所。映画のセットみたい。
d0147406_17542663.jpg
2階から上はテナントビルになっています。テナントビル玄関。
d0147406_17542705.jpg
昔のまんまで全くいじられていないのにはビックリさせられます。階段の下のトイレなんかも昔のまま。
d0147406_20031492.jpg

d0147406_20031414.jpg
そして、2階から3階にかけての吹き抜けがドーン!素晴らしいの一言です。
d0147406_20031561.jpg
ステンドグラスがあしらわれたトップライト。自然光が柔らかく入って来ます。
d0147406_20031527.jpg

d0147406_20031546.jpg
回廊のディテール。円柱と欄間はスチール製、手摺は木製、回廊の天井はこの時代に流行った金属製パネル。
d0147406_20031611.jpg
3階の回廊。人気のカフェがあります。
d0147406_20073958.jpg

d0147406_20074027.jpg

オサレだし、なにより落ち着ける雰囲気。窓の外は戸畑と若松の間の湾が広がる。OLさんが2名窓に向かって並んで座ってた。癒されますよね。
d0147406_20291420.jpg

d0147406_20291459.jpg
テナントさんは、カフェやブティック、アート系建築設計の事務所が入居しており、ロケでもしばしば使われているようです。5室空いてるそうで、ご希望の方いませんかぁ。
d0147406_20291521.jpg
三菱鉱業時代に社食があったそうで、タイル貼りの綺麗な流しがあった。
d0147406_20291547.jpg
いやぁ、美しい!
d0147406_20291623.jpg

d0147406_20291627.jpg
流しのある部屋は搭状の角。そこから螺旋階段を登ると屋上に出る。いい景色だぁ。
d0147406_20371910.jpg
外装の白煉瓦は、八幡製鉄所の製鉄工程で産まれるスラグ=鉱滓(こうさい)で作った煉瓦だそうで、八幡製鉄所内の事務所(現存せず)なども同様の材料が見られます。
d0147406_23345789.jpg

上野ビルのみならず、倉庫や石炭を研究していた建物、敷地の周りの囲いまでセットで残っているところがすごい。
上野社長、あいがとうございました。
d0147406_23345753.jpg

d0147406_23345867.jpg

d0147406_23345863.jpg
若松は門司とは違い、まだ観光客も少なく、静かな佇まいがあります。
d0147406_23345966.jpg

d0147406_23345906.jpg

d0147406_23350049.jpg
本町の町並み
d0147406_23350065.jpg
戸畑との間の渡船も頻繁に就航しており、魅力的な街として、これからますます磨かれてゆくことでしょう。

✴︎✴︎✴︎
d0147406_23480778.jpg

d0147406_23480758.jpg
旧戸畑市役所を保存リノベーションした戸畑図書館。
d0147406_23480800.jpg
まず外装ですが、基本的に綺麗に更新されています。スクラッチタイルも張り替えられています(張り替えられない場所に元の材料が残っている)。
d0147406_23480819.jpg

d0147406_23480916.jpg

d0147406_23480932.jpg
内部は壁を取り去って軽量化することで、建物に入る地震力を減らし、鉄骨を挿入して補強をしています。したがって、内装一新スケルトン。これはこれで一つのやり方であろうと思いました。
d0147406_23481046.jpg
門司駅近くの赤煉瓦プレイス。
d0147406_23481088.jpg

d0147406_23481183.jpg
10年前だったかな、来た時はまだ使っていて、これからどうやって保存していこうかという頃でしたが、
d0147406_23481132.jpg

d0147406_23500497.jpg
すっかり整備が進んでいました。この白煉瓦も八幡製鉄所の鉱滓(こうさい)煉瓦かな。

by marunouchi_no1 | 2017-06-09 17:38 | 福岡県