<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 鵜来島(高知県)

d0147406_04494879.jpg
(鵜来島)
沖ノ島弘瀬港から30分、鵜来島に渡ります。

鵜来島
宿毛市の南西約23km、黒潮おどる太平洋に臨む島。標高250mの竜頭山が最高点で、断崖絶壁が取り囲む。かつてはイモ、ムギの段々畑が天まで届いていた。沿岸一本釣漁業主であり、磯釣りのメッカとしても有名。島は、伊予宇和島領に属していたが、土予国境争い経て明治7年高知県に編入された。古くは「浮島」とか「天蓋島」または「卯来島」と呼ばれていた。宇和島領350石という高禄の侍の悲恋の伝説があり、島には今も小社が祀られて延元様と呼ばれている。(「シマダス」参考)

d0147406_00133451.jpg

d0147406_04494904.jpg
鵜来島の集落は1つだけ。港に定期船が着くと民宿家中のおかみさんが出迎えてくれました。
d0147406_04494974.jpg
港から階段を上っていって、集落の割と高い場所に民宿家中があります。
d0147406_04495025.jpg
民宿の直ぐ上にある神社から集落を見渡す。
ネットで調べると鵜来島には数件民宿があります。さぞ、観光客が来ていそうですが、実は観光で島にやって来て泊まれるのは民宿家中だけです。
d0147406_04495110.jpg
他の民宿はすべて釣宿。宿の主人はみな宿毛の片島に住んでいる。つまり、渡船に釣客を片島港で乗せ、磯釣りを楽しんだ後、鵜来島に上陸し家に泊まって、翌日また釣りして片島港で降ろすというシステムなのです。なんだか島にとっては寂しいですね。
d0147406_04495184.jpg
さて、歩きましょう。集落の反対側に上ります。民宿家中とその上の神社が見える。
d0147406_04495227.jpg
こっち側の上にはお寺がありました。お寺の前の集会所だった建物。崩れ始めています。
d0147406_04495239.jpg
このお宅の庭先を歩いて山道に出ます。こういう密集系漁村は庭先がパブリックな道です。珍しいと思われるかな?密集系集落全体をマンションと思ってください。前庭はマンションの廊下と同じです。
d0147406_04495310.jpg
山道を上っていくと集落が俯瞰できるビューポイントがあります。
d0147406_04495381.jpg
暑い中、もうちょっと頑張って高いところまで登りました。集落の向こうに海が見渡せる。絶景です。
d0147406_05010927.jpg
山道にカワイイぬいぐるみが落ちてました。昔は子供がたくさんいたんでしょうね。
d0147406_05011085.jpg
海に向かってのっぺらぼうな家の造りは、冬の季節風対策。沖ノ島弘瀬集落と同じです。
d0147406_05011087.jpg
同様に干棚もありました。
d0147406_05011174.jpg

d0147406_05011166.jpg
d0147406_05011289.jpg
d0147406_05011362.jpg
階段が巡る鵜来集落
d0147406_05011361.jpg
港には立派な鉄筋コンクリート造の小中学校校舎がある。戦後、漁業で栄えた面影です。学校の前の日影で島の人達がくつろいでました。
d0147406_05011462.jpg
小中学校は今では廃校になっていて、地域センター的な施設として使われています。
d0147406_05011483.jpg

d0147406_05170857.jpg
民宿に戻って、お風呂に入って夕食。おかみさんに島のことを聞きました。この島でお生まれになり、一度は宿毛へ出たそうですが、子育てが終わってからまた島に戻って来られたのだそうです。島を愛し、なんとか島を守ろうとされていました。今では高齢者20人の島。「無住になるのは時間の問題でしょう」と遠くを見て語られていました。
d0147406_05170948.jpg
民宿の部屋に貼ってあったギョタク。尾長グレって綺麗ですね。これだけ釣客が訪れて来るんだから、なんとか島おこしに繋げられないのかなぁ。
d0147406_05170943.jpg

d0147406_05171067.jpg
翌朝の鵜来港。
d0147406_05171052.jpg
釣客乗せた渡船が停泊していました。
d0147406_05171172.jpg
宿毛片島港に戻り、片島の街を歩きます。片島は宿毛の中心市街地から離れています。漁港の漁師町で、戦後はカツオ漁で栄え、その時代は片島から宿毛中心市街地まで、飲み屋が連なっていたとか。
d0147406_05171164.jpg
宿毛の中心市街地、本町の町並み。
d0147406_05171221.jpg
d0147406_05171241.jpg

d0147406_05330338.jpg
目抜き通りの商店街。Googleマップで見るとアーケード街になっているから、最近アーケードが撤去された模様。
d0147406_05171397.jpg

d0147406_05330469.jpg
一角に名店街というアーケード街がありました。シャッター街でしたが、、、
d0147406_05330514.jpg

d0147406_05330570.jpg
宿毛から北へ愛媛県へと戻ります。愛媛県愛南町御荘平城の旧宿毛街道沿の町並み。
d0147406_05330632.jpg

d0147406_05330684.jpg
旧御荘町の中心市街地だけあって、旅館らしき建物も残っていました。
d0147406_05330760.jpg
旧銀行建築の横を入っていくと、四国八十八ケ所の観自在寺の門前町です。
d0147406_05330707.jpg
そして、今回の旅の最後は、宇和海にリアス式海岸に形成された段畑の集落 遊子(ゆす)。
d0147406_05330824.jpg

d0147406_05330808.jpg
国の重要文化的景観に指定されている遊子水荷浦の段畑。
d0147406_05422436.jpg

d0147406_05422460.jpg

d0147406_05422550.jpg
農業が不振だった時代に農地を開発して徐々に天に向かって伸びていった段畑。先人達の力ってすごいなぁ。
d0147406_05422580.jpg

d0147406_05422666.jpg
かつてはこのような段畑が半島の随所、沖ノ島や鵜来島でも見られましたが、放置され緑化していて石垣の段々は緑で覆い隠されています。遊子この場所は、さぞメンテナンスが大変なことでしょう。
d0147406_05422649.jpg
松山に始まった今回の旅は、ここ遊子で終えることにいたします。












by marunouchi_no1 | 2017-07-29 00:02 | 高知県  

海界の村を歩く 沖ノ島(高知県)

d0147406_22481409.jpg
(沖ノ島弘瀬)
佐田岬半島の天界の村を炎天下の中上り下りして汗びっしょり。宇和島市内のコインランドリーで洗濯タイムをとってから一気に南下し高知県へ入ります。
d0147406_22481508.jpg
高知県宿毛市。今晩はこの町に泊まって、明日朝早い定期船で沖ノ島と鵜来島に渡る予定。
d0147406_22481524.jpg
沖ノ島・鵜来島のニ島は、四国の南西、豊後水道入口に浮かぶ島で、黒潮がぶつかる位置にあり、海釣りフリークには憧れの海域です。したがって、二島へ訪れる島外者のほとんどが釣り目的。22年前に訪れた時、弘瀬の宿での開口一番「どこで釣ってました?」でしたから。
d0147406_22481682.jpg
宿毛片島港、朝7:00発の1便は結構混んでいる。しかも、釣り目的じゃなさそうな若者が多いぞ?!
d0147406_22481685.jpg
1時間35分、沖ノ島母島(もしま)港に着きました。ここに来たのは22年ぶりです。ですが、ついこの前きたような感覚なのは不思議だ。

沖ノ島
宿毛市の西南約24km、黒潮おどる太平洋に臨む島。標高404mの妹背山が最高点で、全島花崗岩に覆われている。かつては段々畑が天まで届いていた。現在は沿岸一本釣漁業が主体だ。近年フィッシング、ダイビングなどのマリンスポーツが人気を集めている。中世から弘瀬が土佐領、母島が伊予宇和島領に属していた。土予国境争いを経て、万治2年(1659)幕府の裁定で土佐側の主張通り国境が確定した歴史を持つ。明治7年高知県に編入される。『今昔物語』に妹背島伝説があり、夢と歴史とロマンの島である。(「シマダス」参考)

d0147406_22481639.jpg
1995年
ここから定点観測で22年前と現在を比較しながらレポしましょう。
d0147406_22481775.jpg
沖ノ島には西向きに九州を眺める形で集落が三箇所あります。北から母島、古屋野、弘瀬。22年前とは逆に、母島〜弘瀬の順に歩く。
d0147406_22481744.jpg
1995年
d0147406_23291688.jpg
2017年
母島はV字谷集落で、谷の両側斜面に石垣を積んで集落が形成されています。
d0147406_23291775.jpg
1995年
d0147406_23291711.jpg
2017年
d0147406_23291878.jpg
1995年
d0147406_23291897.jpg
2017年
斜面には雛壇上に石垣で屋敷地が築かれる。しかし、見比べると現在は家が減って緑が多い。無住が増えて樹木が石垣を覆い始めているのでしょう。
d0147406_23291984.jpg
1995年
d0147406_23291910.jpg
2017年
V字谷の中央の川沿いのメインストリート。道はどんどん下がっていくが(画像左の道)、上部が立体的にプライベートなテラスとして使われている。
d0147406_23292004.jpg
母島から弘瀬へ歩きます。画像は母島港の防波堤。島が岩でできていることがわかるでしょう。
d0147406_23292074.jpg

d0147406_23292125.jpg
船に乗っていた若手集団はカヌー目的でした。
d0147406_23335151.jpg
母島と弘瀬の間にある古屋野を通り過ぎてしまいました。時間は余裕ありますが、この暑さではとても戻る気はしない。パスです。
d0147406_23335175.jpg
弘瀬集落が見えてきました。V字谷の母島とは対照的に弘瀬はオープンなU字斜面に形成されています。懐かしいです。
以下、弘瀬の町並み。
d0147406_23335284.jpg
1995年
d0147406_23335262.jpg
2017年
d0147406_23474825.jpg
1995年
d0147406_23474886.jpg
2017年
おお、建物の塗装の色以外あまり変わってない。
d0147406_23575652.jpg
1995年
d0147406_23575705.jpg
2017年
d0147406_23474997.jpg
1995年
d0147406_23474940.jpg
2017年
三浦の広場、あまり変わらず
d0147406_23474988.jpg
1995年
d0147406_23475051.jpg
2017年
三浦の広場の上にあった連続する干棚(道の上に張り出したテラス)がなくなってたぁ。
d0147406_23475097.jpg
1995年
d0147406_23475184.jpg
2017年
22年前ちょうどペンキ塗りたてだった家は、そのままの色ですが、かなり色褪せてました。
d0147406_23575790.jpg
2017年
d0147406_23575827.jpg
2017年
d0147406_23575988.jpg
2017年
d0147406_23575982.jpg
ふーっ、日影でいっぷく。涼しい風がスーッと吹いて気持ちいい。
d0147406_23580018.jpg
1995年
しかし、どうしてももう1ヶ所↑が見つからない。島の子供に写真見せて聞いてみたら、「知ってるよ!」
d0147406_23580087.jpg
2017年
あったぁ。この危なっかしい場所にまた出会えてよかった。
d0147406_23580091.jpg
1995年
d0147406_23580199.jpg
2017年
d0147406_00023475.jpg
1995年
d0147406_00023469.jpg
2017年
港の防波堤から弘瀬集落を眺める。冬の西風が強いため、家々の海に面する妻面には窓がない「のっぺらぼう」。家は3割くらいなくなったかな。潮風に強い船用の塗料を家に塗っているのか、カラフルなのが弘瀬の特徴なのですが、かなり色が変わってますね。色へのこだわりとかなさそう。定点観測も面白い!














by marunouchi_no1 | 2017-07-28 22:21 | 高知県  

天界の村を歩く 佐田岬半島(愛媛県)

d0147406_18071206.jpg
(愛媛県伊方町豊之浦)
天界の村とは、いわゆる山腹斜面上に形成される山岳集落にこと。私が集落を追っかけるようになったキッカケのテーマでもあります。
なのに海の佐田岬半島とはなんで?と思われるかもしれません。
d0147406_19145157.jpg
画像のように中央構造線の南側にあたる西日本外帯山地が天界の村の集中するエリア。その中でも四国山地が飛び抜けて天界度が高いのですが、四国山地から九州山地にかけて稜線が延びている形になっている佐田岬半島にも天界の村が形成されています。今回は、その佐田岬半島シバリで歩きます。
d0147406_21100900.jpg
佐田岬半島は日本一長い半島で直線距離で40km(海岸線だとその3倍はありそう)。上記のように急峻な地形のため、バスが運行するようになった1960年代まで「陸の孤島」と呼ばれていました。港を持つ大きな集落比較的南側に多いようですが、集落は南北両サイドの斜面にあります。
八幡浜を早朝に出発。夏は日が長いので多くの集落を訪ねることができる。しかし、暑さが朝っぱらから半端じゃない。今日は1日、日傘が欠かせません。
伊方町大浜集落から入ります。
d0147406_21101052.jpg

d0147406_21101165.jpg
早速現れました、伊予青石の石垣。佐田岬半島は変成岩の採れるエリアで、石垣石塀すべてが平べったい青石でできています。
青石の産地というのが、実は紀伊半島から四国を経て九州に至っている。つまり、中央構造線の南側に「三波川変成岩」という青石のエリアが線状に連なっているのです。
d0147406_21101112.jpg

d0147406_21101214.jpg
共同井戸がありました。この集落では一番の撮影ポイントかな。
d0147406_21101205.jpg

d0147406_21101336.jpg
大浜は佐田岬半島では比較的大きな集落でしょう。幅広の道もあって、立派な家屋も見られました。
d0147406_21101368.jpg

d0147406_21101440.jpg
もう一つ、目を引いたのがコンクリート打放しの建物。これがなかなかのモダニズムでして、型枠のあとが美しく風合いがいい!
d0147406_19114039.jpg

d0147406_19114184.jpg
伊方町の中心地である湊浦。深い湾の奥の港町。天界の村とは違い、町家系の建物が並びます。
d0147406_19354901.jpg
洋館を配した家。
d0147406_19355007.jpg
湾の反対側の川永田。ここにも立派な家が多い。
d0147406_19355142.jpg
港町として、あるいは蜜柑で栄えたのでしょうか。
d0147406_19355277.jpg
豊之浦集落。「浦」というからには港町っぽい名前ですが、港の周りには平場が少なく、崖の上の緩斜面に主体の集落が形成されています。
d0147406_19355363.jpg

d0147406_21421972.jpg

d0147406_21422058.jpg
集落に中は縦道も横道も、一部を除いていずれもクルマは入れません。潔くモータリゼーションに対応していない集落です。
d0147406_08430814.jpg
見事な鏝絵の家がありました。
d0147406_21422087.jpg

d0147406_21422102.jpg
佐田岬半島の稜線を跨いで北側斜面に移ります。長い半島の中央あたりかな。
d0147406_21422153.jpg

d0147406_21422286.jpg
伊予青石=三波川変成岩の平板積みの石垣。美しいですね。
d0147406_21422235.jpg
さらに半島北側を西へ(半島先端方向へ)。海岸沿いの道は斜面の中腹をリアス式地形にしたがってクネクネ、しかもすれ違いできない箇所ばかりの細い道ですから、スピードが上がりません。
やっと着いた釜木集落を歩きます。しかしアチー!
d0147406_21535071.jpg
回り込むと集落は思い切り斜面に駆け上がっているぞ。あそこまで登るんだぁ。
d0147406_21535015.jpg
斜面下の神社の前あたり。いい感じでしょ。
d0147406_21535195.jpg
さぁ登るぞ!
d0147406_21535121.jpg
でましたバッテン積み。平べったい変成岩ならではの積み方です。これもまた美しい!
d0147406_21535242.jpg
登ったぁ。眼下に港のある入江。そして対面の斜面中腹にも集落が形成されている。こうして見るとやっぱ天界の村でしょ。
d0147406_22054301.jpg

d0147406_22054432.jpg
半島先端に近い尾根上北斜面の串集落。
d0147406_22054510.jpg
こんな町家っぽい家が向かい合った場所もある。
d0147406_22054546.jpg
集落の大きさは比較的大きい方です。
d0147406_22054671.jpg

d0147406_22054605.jpg
串集落の町並み。石垣が綺麗に積まれていました。
d0147406_22054774.jpg
北斜面を東へ戻って伊方町与侈集落。ここも大きい。しかし暑くて歩く気がしない。勿体無いけどやり過ごす。。。
d0147406_22113586.jpg

d0147406_22054762.jpg
半島北側海岸沿いの明神集落。旧三崎町らしく海辺に石垣積んだ小屋現れた。こりゃ、いくら暑くても歩かないわけにはいかん。
d0147406_22054898.jpg
ひえぇ

d0147406_22113648.jpg
うえぇ
d0147406_22113697.jpg

d0147406_22113753.jpg
高いところまで登りました。
d0147406_22113735.jpg

d0147406_22113868.jpg
最後は南斜面に戻って名取集落。ここは完全に山の中腹にあって、海岸沿いは崖です。
d0147406_22113833.jpg

d0147406_22113987.jpg
ここもほぼクルマは入れません。大きくていい集落です。
d0147406_22113950.jpg
のぼれのぼれぇ

d0147406_22114014.jpg

d0147406_22162181.jpg
蜜柑農家が多いのかな。佐田岬半島の天界の村は、予測していた以上に1つ1つが見応えあり。クルマのは入れない細い道と変成岩の石垣が見事だからなぁ。半島にある集落は見ていないところもすべて良いでしょう。












by marunouchi_no1 | 2017-07-15 18:00 | 愛媛県  

復興の街を歩く 松山(愛媛県)

d0147406_01144486.jpg
(松山市 銀天街)
2017年7月13日。関東地方では全然雨が降らないけど、いったい梅雨は明けているのかいないのか。九州南部では、今日をもって梅雨明けと宣言されました。これから向かう愛媛県松山市から高知県宿毛市にかけては、梅雨明けはまだのようです。
d0147406_01144560.jpg

愛媛県はここんところ良く行くなぁ。四国西海岸は今回でとりあえず完結です。松山の「復興の町」、佐田岬半島の「天界の村」、沖ノ島&鵜来島の「海界の村」を立て続きに歩きます。では、まず復興の町=松山から。
d0147406_01144593.jpg
夕方入って松山市駅前の東京から予約しておいた居酒屋で軽いディナー。夜の街をブラつきます。
d0147406_01144615.jpg
松山市駅前から真っ直ぐ東へアーケード街が延びている。「銀天街」です。銀天街といえば、北九州小倉が最初に命名されたと聞いていますが、戦災復興の象徴的な商店街です。
d0147406_08312590.jpg
戦災都市概況図によれば、松山の中心市街地は、松山城のみが燃えておらず、城をグルッと一周焼失した赤い表示になっている。
d0147406_01255945.jpg
左が銀天街
d0147406_01255979.jpg
右が大街道方面
銀天街の東端で、アーケードは直角に北へ曲がります。ここからさらに繁華街のコアである大街道方面へ。
d0147406_01260050.jpg

d0147406_01260022.jpg
大街道アーケード街の周り、特に東側に四国一とうたわれる夜の飲食店街が広がっています。明日、昼間にじっくり歩きましょう。
d0147406_01260147.jpg
大街道アーケード街の北ゲート近くにあるダイワロイネットに宿をとっていました。さぁ、まずは昨夜歩いた繁華街から攻めましょう。
d0147406_01260102.jpg
大街道商店街。これだけ立派なアーケードはなかなかないなぁ。
d0147406_01260220.jpg

d0147406_01260229.jpg

戦後らしい建物。以外にも看板建築ではない。
d0147406_01260266.jpg
アーケード東の夜の飲食店街。やっぱり夜の方が迫力ありますね。
d0147406_01260394.jpg

d0147406_01364519.jpg
千舟町2丁目の怪しげな町並み。いかにもブルーラインといった佇まい。でも、バラッキーなのはこのあたりだけでした。空き地になってるところにもあったのかなぁ。
d0147406_01364580.jpg
雰囲気あるネオン看板。ラブホなんかもありますから、旧ブルーラインエリアなのかな。
d0147406_01364657.jpg

d0147406_01364686.jpg

d0147406_01364722.jpg

d0147406_01364835.jpg
大街道の一本東側を並走する通りには、古そうな町並みがあった。ここだけ戦災を免れたのかな。
d0147406_01364842.jpg

d0147406_01364936.jpg
暑くて死にそう、、、伊予柑ジュースで体を冷やす。
d0147406_01364983.jpg
千舟通りから南は銀天街です。アーケードのグレードが下がったイメージ。
d0147406_01364953.jpg
銀天街が90度折れ曲がるあたりに味わい深い町並みがあった。
d0147406_01462036.jpg
折れ曲がるところから南へ続く道。
d0147406_01462126.jpg
中の川通りを渡ると戦後モルタル系看板建築がならぶ町並みが見えた。柳井町商店街。
d0147406_01462163.jpg

d0147406_01462127.jpg
柳井町商店街は緩やかにカーブして南下します。ここには、戦後の看板建築が見られる。

d0147406_01462235.jpg
和歌山市駅から伊予鉄道郡中線で一駅、土橋駅で降ります。伊予鉄道の車両は懐かしい京王線7000系のお古。
d0147406_01462233.jpg
土橋駅のすぐ裏に妙な建築群があります。モルタル外装の総二階建が規則正しく並ぶ一角。
d0147406_01462334.jpg
二本の通りがあって、一方にのみ店の看板が見られました。住んでいる家は数軒だけと思われます。かつてはブルーラインだったと言われています。あまり気持ち良い空間じゃないので、取材は控えました。

d0147406_01592604.jpg
城下の北西部である古町や本町を歩きましたが、見所なし。高砂町電停から路面電車に乗って、道後温泉へ。
d0147406_01592772.jpg

d0147406_01592799.jpg
道後温泉の周りの道路整備によって、かつて正面玄関前にあった車道が無くなってます。いいことです。人がいっぱいいるんで、道後温泉には入らず。今までも何度も来てるけど入ったことなし。
d0147406_01592831.jpg

d0147406_01592847.jpg
アーケード街周りを歩き直しましたが、あまり収穫なし。前に取材した旧遊里にネオン街も遂に古い建物が無くなってました。

d0147406_01592958.jpg
まだまだ時間がある。城に登ります。ですが、ここでも城の中には入らず。どうも、プライベートだと建築の中に入りたがらない。仕事モードになるのが嫌なんです。
d0147406_01592939.jpg

d0147406_01593034.jpg
城下の大街道。古い町家があるのは、城で空襲の火の粉が遮られたからなのかもしれない。
d0147406_01593099.jpg

d0147406_01593193.jpg
伊予銀行本店。旧館は長谷部鋭吉設計。新館は日建設計かなぁ。どちらも名建築だと思います。
d0147406_02055619.jpg

d0147406_02055767.jpg

d0147406_02055730.jpg
愛媛県庁。よーし何年か当てよう。様式や外装材から昭和初期、でも帝冠様式じゃないから昭和3年くらいかな?正解は4年でした。
ここは中に入ってみましょうか。
d0147406_02055878.jpg

d0147406_02055818.jpg

d0147406_02055845.jpg
おおっ綺麗。
d0147406_02055910.jpg

d0147406_02055986.jpg

d0147406_02060032.jpg
注意されずどんどん入っていける。
d0147406_02060014.jpg
吹き抜けの最上階にぶら下がってるみたいなこの箱はナンジャ?
d0147406_02113559.jpg

d0147406_02113597.jpg
何とペントハウスにある会議室へ上る階段でした。
愛媛県庁は、デザインもいいけど維持保全状態もいい、感激しました。
d0147406_02113670.jpg
復興の町:松山は、いわゆる闇市からのバラック街の市場や横丁が全く見られませんでした。一方、防火建築帯なんかもなかった。モルタル系看板建築がちょっとあるくらいかな。
















by marunouchi_no1 | 2017-07-13 15:44 | 愛媛県