<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

海界の村を歩く 東シナ海 西表島

d0147406_15070011.jpg
(西表島イダの浜)
八重山の島里を巡る旅。最後は西表島です。石垣から高速船で40分。大原港行きは環礁の中を走るので、昨日の鳩間島のようには揺れません。
d0147406_15073354.jpg
西表島も23年ぶり。前はサクッと回って、目ぼしい集落は無しとして、浦内川ツアーとか自然鑑賞でした。今回は、ないと思ってた集落を発掘するぞ!
西表島

石垣島の西30kmにある。県内では沖縄本島に次ぐ大きさで、標高470mの古見岳をはじめ、亜熱帯原生林に覆われた300~400mの山々が連なっている。数10kmに及ぶ河川も多く、下流域ではマングローブ林が広がっている。西表島を評する言葉は数多い。東洋のアマゾン、南海の秘境など。イリオモテヤマネコやセマルハコガメ、サキシマスオウノキなど天然記念物や希少生物の宝庫である。かつては開拓入植を頑固に拒み続けた亜熱帯ジャングルの島だったが、近年は竹富町の一大農業地域、一大観光地域に成長した。(「シマダス」参照)

d0147406_16580678.jpg
石垣港旅客船ターミナルの貼り紙。西表に外から猫を持ち込んじゃダメ!と言わんばかり。
d0147406_15090673.jpg
遅い朝日が昇る。古見浦の干潟が幻想的だ。マングローブの根っこの形が面白い。
d0147406_15095505.jpg
西表島は原生林の島。外周道路が一本で(1/3周は道路無し)古い集落として、西海岸の祖納(そない)くらいしか挙げられていません。
東海岸の古見という集落も、それなりに古いそうですが、どうかな。
d0147406_15103061.jpg
フクギの挟まった石塀の屋敷があった。家の特徴は沖縄らしい形だけど、屋根が面白い。
d0147406_15110284.jpg
トタン葺で棟だけ赤瓦がのっている!こういうの石垣島や鳩間島でも見ましたが、なかなかカッコいいなぁ。ハイブリッドな感じでとても新鮮です。
d0147406_15114091.jpg
この屋根もそう。棟瓦の漆喰が新しいから、トタンと同化して綺麗だ。
d0147406_15150963.jpg
粋な現代建築の住宅がありました。美しいプロポーションです。部屋からは古見浦が一望できるのでしょう。
d0147406_15154457.jpg
後良川の河口。マングローブで埋め尽くされている。
d0147406_15161938.jpg
浦内川の河口。以前、ここから船に乗って川を遡りました。懐かしいなぁ。
d0147406_15272379.jpg
西海岸の祖納浦。ほんと綺麗な海だ。
d0147406_15275664.jpg
古い集落なしと言われている西表島ですが、ここには指定文化財の古民家があります。ということは、あるぞきっと。
d0147406_15293150.jpg
うーむ、あるある。
d0147406_15322887.jpg
2匹のシーサー。ちょっとやりすぎ感あり。
d0147406_15323273.jpg
港に石垣が高く積まれた場所があって、石階段がある。物見台か番所かなんかがあったのかな。そんなイメージ。
d0147406_15323663.jpg
ナンジャ?金星文庫?
d0147406_15324160.jpg
物見台のような石垣大階段を見た。軸が通ってますな。
d0147406_15324564.jpg
物見台の脇を歩いて行く。
d0147406_15332832.jpg
すると、サンゴ礁の石垣の向こうに草屋根が現れた!県指定文化財 新盛家住宅です。
d0147406_15333219.jpg
沖縄県内最古ですって!現存最古の古民家が西表島にあったとは知らなかった。
d0147406_15333602.jpg
上層の民家は赤瓦ですから、沖縄で草屋根はほんと珍しいですよ。
d0147406_15334053.jpg
出ましたトタン+棟のみ赤瓦。というより、トタンが錆びて赤瓦みたいになってる。
d0147406_15334488.jpg
石造りの六角井戸がありました。やっぱ古い集落なんだ。
d0147406_15341339.jpg
石畳の古道まである。
d0147406_15341817.jpg
サンゴ石がサンゴ礁そのもの、素朴ですね。
d0147406_15342102.jpg
この赤瓦の民家は公開されていました。入るとお爺さんの解説に捕まりそうだったので、逃げてきた。。。
d0147406_15342606.jpg
結構石垣石塀が見られます。祖納(そない)星3つはかたいいい集落でした!
d0147406_15362854.jpg
さぁ、いよいよ西表島最奥の集落へ。船浮集落は船でしか行くことができません。離島にあるので表現が難しいですが、文字通り陸の孤島です。西表島外周道路の終点、白浜港から渡船に乗ります。
d0147406_15343048.jpg
もっとチンケかと思ってましたが、割と立派な船でした。
d0147406_15371931.jpg
時間はわずか10分ですが、高速艇なので湾を一跨ぎ。画像は船浮集落。
d0147406_15400583.jpg
船浮港から湾の入り口に鎮座する外離島を眺める。この島、かつては炭鉱があって賑わったんだそうです。西表島に炭鉱とは意外でしょ。
d0147406_15372377.jpg
船浮集落の町並み。
d0147406_15372824.jpg
伝統的な家屋あるいは屋敷構えはほぼない感じ。
d0147406_15373237.jpg
ハーバー。
d0147406_15373773.jpg
沖縄の集落に必ずある広場空間。祭事に使うのでしょう。
d0147406_15382720.jpg
船浮集落の町並み。
d0147406_15383204.jpg
こんなところに研究所?なんとここが、西表島捕獲の地なんです!
d0147406_15383644.jpg
船浮御嶽。
d0147406_15384048.jpg
集落端部の民家
d0147406_15384408.jpg
船浮小中学校。デッカくてびっくり!鳩間島と変わりません。
d0147406_15393035.jpg
ここにも石造りの六角井戸がありました。歴史はあるのでしょう。
d0147406_15393432.jpg
集落から500m離れた、半島の反対側にあるイダの浜を目指します。途中に水場がありました。ここだけヒンヤリしていて不思議。
d0147406_15413592.jpg
イダの浜です。徒歩でしか行けない浜。綺麗でした!
d0147406_15393992.jpg
大原港への帰りに土砂降りの雨。水牛で渡る由布島は取りやめました。ちょっと残しておくのも大事なことです!(海界の村を歩く 最後の八重山紀行 おわり)
d0147406_18010607.jpg


by marunouchi_no1 | 2017-12-24 17:45 | 沖縄県  

海界の村を歩く 東シナ海 鳩間島・竹富島

d0147406_17201269.jpg

(鳩間港)

さて、今回の旅の目的である鳩間島に渡りましょう。

d0147406_18292307.jpg

鳩間島

西表島の北5km、竹富町の最北に位置する島で、「ばとぅま」と発音する。人口は昭和24年に650人のピークに達したが、その後激減している。歴史書に現れるのは18世紀初めで、西表島古見と黒島から約150人を移住させて島建てしたといわれている。明治末期から大正期にかけて発動機船によるカツオ漁が盛んだった。現在では海人草とツノマタ、シャコガイの養殖が営まれている。(「シマダス」参照)

d0147406_17134937.jpg
石垣港からは、安栄観光(八重山観光フェリー)と石垣島ドリーム観光の2つの船が運行しています。私はマリンスポーツは一切しないので、島の滞在時間が手頃な石垣島ドリームの船で渡ります。
d0147406_18482843.jpg
d0147406_17135191.jpg
石垣港から高速艇で55分。波が高く結構揺れました。
「おーりたぼーり」とは八重山の方言で「いらっしゃい」、石垣市街の美崎町ゲートに書かれた「おーりとーり」と同じです。
d0147406_17135557.jpg
海の向こうに見えるは西表島。沖縄県で本島に次ぐ大きさだけあって、ドーンと横たわっています。
d0147406_17150710.jpg
集落を巡りましょう。海岸線に近い横道から行ってみよう!
画像の家はトタン屋根葺き。形態は古そうなので、屋根替えだけしたのかな?
d0147406_17150926.jpg
赤瓦の立派な屋敷が現れた。とはいえ、こういう建物は全て民宿です。
d0147406_17151183.jpg
ドラマ「瑠璃の島」で一躍有名になった鳩間島。その後観光客がドンと増えて、民宿が増えた模様。
d0147406_17151368.jpg
ここも民宿。
d0147406_17151649.jpg
鳩間島簡易郵便局
d0147406_17162728.jpg
鳩間島コミュニティセンター
この辺りに島民利用の施設が集まっているのかな。
d0147406_17163096.jpg
集落内を歩き回ります。沖縄の集落の共通要素ですが、規則正しく町割りがされている。
d0147406_17163256.jpg
こんなモダンな家もある。日本の伝統と米国系モダン(戦後)が入り乱れるのが、現在の沖縄県内集落の特徴。同じ琉球出身の奄美大島とは全然違う。
d0147406_17163423.jpg
d0147406_19183038.jpg
フクギの屋敷林。見事です!
d0147406_17163614.jpg
礎石がサンゴ石。トタン葺きだけど古そうです。ちなみに、一般に赤瓦が古いわけではありません。殿内と呼ばれるような上層の民家は元々瓦屋根ですが、普通の住宅は古くは草葺でした。その後、早い時期であれば赤瓦、時代が下ればセメント瓦やトタンに葺き替えられました。
d0147406_17172089.jpg
ここ鳩間島でも見られたコンクリート製のタンク。屋根集めた雨水を貯めて利用するため。
d0147406_17172373.jpg
鳩間小中学校。校庭で写真撮ってたら「授業中ですよ!」って怒られちゃった。
d0147406_17172560.jpg
下り井戸。集落の地盤レベルから下がった位置に掘り込んだ形で井戸場が形成されています。
d0147406_17172792.jpg
御嶽(うたき)、神の宿る場所。観光客は入ってはならぬ。っていうか、拝殿まではいいと思いますが、そこを越えて入っちゃう観光客がいるんでしょうね。
d0147406_17172925.jpg
島の最高所!だと思う。灯台と一緒に物見台がありました。
d0147406_17183774.jpg
鳩間島灯台。
船の時刻が迫ってるから、急いで下りる。鳩間島は、八重山の中ではあまり産業のない最も田舎な島でした。だから、ドラマのロケ地になって盛り上がったわけですが、これからも頑張ってほしい。
この時期の鳩間航路は、波が高く欠航することもありとか。だから空いているんでしょうけど、渡れてラッキーでした。

d0147406_17183944.jpg

一旦石垣島に戻ります。ランチは、大川界隈の飲食店街にある「コーナーズグリル」で、石垣牛のハンバーガーをいただく。うまい!


d0147406_19582252.jpg

午後は竹富島へ。23年ぶり再訪です。

竹富島

石垣島の南西6km、石垣港からわずか10分で着く島で、地元では「タキドゥン」と発音される。島全域が西表国立公園に指定され、海中公園も2カ所指定されている。1771年に八重山諸島の多くの島々に甚大な被害を与えた、「明和の大津波」の時は、島を取り囲む大きなサンゴ礁に守られ、全く被害を受けなかったという。古くは八重山諸島全体を統括する行政府の置かれていた島でもある。現在でも、赤瓦の屋根、シーサー、サンゴ石を見事に積んだ石垣石塀、白砂の街路など、最も沖縄らしい島と言われ、集落は重要伝統的建造物群保存地区にも選定されている。(「シマダス」参照)

d0147406_17184221.jpg
港から島の内陸にある集落へ向かう。こんな牧場があったかなぁ。
d0147406_17184436.jpg
集落が始まる。東集落から。
d0147406_17184666.jpg
d0147406_17204912.jpg
東集落の旧与那国家住宅。分棟型はじめ屋敷構えをよく残しています。
d0147406_17205159.jpg
裏にあったのは豚の飼育所かな。
d0147406_17205341.jpg
仲筋集落の入口にある「水道記念碑」
d0147406_17205647.jpg
仲筋集落
d0147406_17205833.jpg
仲筋集落
d0147406_17213152.jpg
仲筋集落。このような石蔵が石塀と連続して建つのも沖縄の集落の特徴です。
d0147406_17213316.jpg
赤瓦屋根。白い漆喰はすぐ真っ黒になる。
d0147406_17213778.jpg
西集落
d0147406_17213933.jpg
西集落
d0147406_17224712.jpg
「なごみの塔」
23年前は登った!メチャ怖かった。見るからに華奢なので現在は登れません。登録文化財として保護されていました。
d0147406_17224946.jpg
なごみの塔の下から眺めた西集落。
d0147406_17294973.jpg
↑こっちは23年前の画像。なんだか家が減ったり増えたりしてる、、、
d0147406_17225176.jpg
集落のゲートとなっている物見所。
d0147406_17225450.jpg
そこに立つと海が見えます。奥の島は石垣島。

by marunouchi_no1 | 2017-12-23 17:13 | 沖縄県  

海界の村を歩く 東シナ海 石垣島

d0147406_14585309.jpg
八重山諸島に残している鳩間島を訪ねにやってきました。最初の八重山が1994年で竹富島・石垣島・西表島、2回目が2012年で波照間島・与那国島、3回目が2015年で小浜島・黒島、そして今回4回目になります。
d0147406_07502535.jpg
まずは石垣島を23年ぶりに一周します。
石垣島
那覇から411km、日本列島・琉球弧の南端にある島。沖縄県の最高峰・於茂登岳(526m)の南側に平野が広がり、北部には20kmわたる半島が連なっている。年平均気温24.2℃、
市街地周辺には、伝統的な景観を形作る建物も多数ある。エメラルドグリーンの海、コバルトブルーの空に温暖な気候、これらの恵まれた自然風土と格調高い伝統文化を誇る日本最南端の自然文化都市でもある。(「シマダス」参照)
d0147406_08010903.jpg
1994年の時は、旧空港から時計回りに海岸線を一周しましたが、今回は内陸部の集落から。
d0147406_12371463.jpg
石垣島の内陸部はまるで北海道と見間違うような風景です。つまり近代農業で開発された農村。トウモロコシ畑とサトウキビ畑の違いかな。その真っ只中に川原集落があります。古くからの集落だそうです。
d0147406_12381446.jpg
コンクリート平家建て住宅の屋根の上に細い柱がズクズク立っている。増築用でしょうか。
d0147406_12390222.jpg
日産テラノが停まってた。こういうクルマがバッチリハマる風景だ!
d0147406_13104454.jpg
石垣島といえばお馴染み、川平湾。2013年に川平集落を歩いた時は土砂降りで難儀しました。今日は晴れてる。
d0147406_13113409.jpg
やっぱり沖縄の集落は晴れてないといけませんね。
d0147406_16164674.jpg
沖縄の集落歩くと良くこのようなものを見かけます。
d0147406_13124509.jpg
これ実は、高架水槽置場。現在は海水から飲み水を作っているので水不足の心配はありませんが、各家には高架水槽が常備されていました。画像は川平集落ではありませんが、時折水槽がまだ残っている集落もあります。
d0147406_13134486.jpg
石垣島最北端の平久保岬。
d0147406_13154101.jpg
平久保岬から宮古島との中間にある、隣の多良間島が見えるかと期待しましたが、流石に見えなかった。山の無い島だから無理もないですね。来月行く予定です。
d0147406_14515124.jpg
ほぼ一周して、石垣市街に入りました。「石垣四箇(しか)」と呼ばれる旧市街を歩きます。
琉球国時代、本島の首里に次ぐ都市だったエリア。登野城、大川、石垣、新川の4つの集落の総称です。
d0147406_14515558.jpg
新川(あらかわ)地区。なるほど、赤瓦の民家がありますね。
d0147406_14520149.jpg
旧市街ながら閑静な住宅地という感じ。どこかに赤瓦屋根が見えているくらい、中心市街地の真ん中なのによく残っています。
d0147406_14520621.jpg
手前の敷地にもあったのかな?
d0147406_14521287.jpg
石垣氏庭園
d0147406_14524390.jpg
フクギの屋敷林
d0147406_14524959.jpg
大川地区
d0147406_14525617.jpg
d0147406_14530307.jpg
宮良殿内(みやらどんち)という上層役人の住宅です。
d0147406_14533663.jpg
中心部の繁華街を歩きます。画像は大川の商店街。
d0147406_14534178.jpg
ユーグレブモール。二本のアーケード街があります。
d0147406_14534628.jpg
その真ん中にある「石垣市公設市場」
d0147406_14535160.jpg
夕方だったので鮮魚など並んでいませんでしたが、那覇の牧志公設市場と同じような感じ。
d0147406_14535739.jpg
d0147406_14543276.jpg
周りの町並み。
d0147406_14543633.jpg
そんな中にも赤瓦屋根の木造家屋がある。
d0147406_14544151.jpg
美崎町の飲食店街。陸屋根RC造が並ぶ。
d0147406_14555983.jpg
d0147406_14560322.jpg
赤瓦ばかりではなく、このようなRC造店舗の町並みも戦後の沖縄らしさです。
d0147406_17080933.jpg
裏側もまた渋くて良い。
d0147406_14560711.jpg
d0147406_14580618.jpg
美崎町にある居酒屋で早目の晩飯。結構飲んで食べて3000円いかなかったのは安い!
d0147406_22245658.jpg
夜の石垣美崎町を徘徊。
d0147406_22245834.jpg
緩やかに弧を描いているので町並み景観のシークエンスが良い。
d0147406_22250034.jpg
呼び込みのオネェさんが立ってるので、キャバクラ街の取材は控えめに。
d0147406_22250280.jpg
ここは銀座か那覇松山か。
d0147406_22260687.jpg
やたら賑わっていたビル。屋台みたいな店がたくさん並んでた。ここにも横丁ブームか?
d0147406_22260888.jpg
大川の夜
d0147406_22261020.jpg
八重山の中心市街地、夜の街もさすがです。

by marunouchi_no1 | 2017-12-23 17:00 | 沖縄県