人気ブログランキング |

にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日

川平です。かびらと読みます。
昨夜、一晩中動物の鳴き声がしていて、気になってよく眠れなかった。朝、宿の人に聞いたらカエルだそうです。内地では聴かない鳴き声でした。
カエルが鳴きまくってたから、朝はどしゃ降り。そんな中だけど、川平集落取材するか。

お馴染みサンゴ礁石垣と赤瓦。
特徴はといえば分棟型ではないとこ。座敷と炊事場の部分がつながっています。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_10221038.jpg


うおっ!ジープだ!
やっぱりいいなぁ、ジープ。
また乗りたいな。どノーマルで。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_10221449.jpg


御嶽(うたき)
拝殿は昭和12年築で伝統的な建築技術を知る上で重要なものですと。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_10221810.jpg


川平といえば川平湾。
どしゃ降りなのにこの青さは素晴らしい。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_10222512.jpg


取材が終わったら雨が止んだ
そんなもんです。

今日は石垣島での大イベント
石垣マラソン
4000名が参加しているそうで、あちこちで「マラソンですか」と聞かれる。集落探訪とは関係ないけど、タクシーでマラソンランナーの列を横断して空港に近づけない。大回りしてなんとかなりました。

日本最西端の地、与那国島へ渡ります。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_12103232.jpg


与那国島渡った。
祖納にてランチ
また地元の言葉が全くわからん
外国みたい(台湾すぐ近くだしね)
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_12105136.jpg


祖納は与那国の行政の中心。ビルなんぞはありませんが、大きな屋敷も多く大きな街でした。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_15522761.jpg

にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_15523217.jpg


ここでも子供達が無邪気に遊んでいた。
沖縄八重山地方の離島には小学校と中学校まであって、高校からは石垣になります。だから、この子たちも中学卒業したら親元を離れなければなりません。そのことが逆に親子の結束を強めているそうです。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_1623469.jpg

にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_162408.jpg


祖納の街外れ
海を望む高台に集合した墓地
いわゆる亀甲墓というものです。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_1624335.jpg

川の段差にも
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_1624854.jpg


そして、日本最西端へ
西崎です。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_1625227.jpg

その近くにある久保良集落
日本最西端の商店
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_1625796.jpg


与那国島の3つ目の集落が比川
集落はたいしたことないけど
有名な場所がある
人気テレビドラマのロケで使われた
Dr.コトーこと志木那島診療所。なんと入場料300円だって。当然入りませんよ。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_163290.jpg


最後に祖納集落を俯瞰します。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_163644.jpg


19:00発琉球エアコミューターで那覇へ
那覇からJAL羽田行き最終便に乗り換え。
しかし、日本最西端の島を19:00に出て東京へ帰れるんだから凄いよなぁ。
でも、那覇空港内には食べ物はほとんどなく、これだけ。レンジでチンしてもらって豪華な夕食だ。今回、食べ物はお粗末な旅でした。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_2055795.jpg


さて、縦走紀行としては、とにかくつなげるのが味噌。本来であれば那覇から鹿児島空港へ飛ぶべきですが、便が限られていることとそのためだけに貴重な週末を使わなければならない。昨年末奄美を取材したことだし、ズルいようですがここは東京を経由させていただきます。
にっぽん集落町並み縦走紀行 第2日_d0147406_23435987.jpg


第3日は、羽田から

つづく

by marunouchi_no1 | 2012-01-22 09:16 | 沖縄県  

<< 東京 雪 にっぽん集落町並み縦走紀行 第1日 >>